一括表示

  秋終わりは冬初め 投稿者: 緑水

20日は良い天気でしたね
マミーに山靴をプレゼントして 雨具にステッキと三点セットが揃う
山に行けば楽しみも広がるだろうよ バアに成りきれない人なんだ
孫たちも連れていこう タイトルは「地場馬子自然塾」ってね

前菜は横に置いといて
安部奥に富士見ボヘしました

【日  】2005.11.21.〜24.
【行き先】犬伏岳〜大谷嶺 八紘嶺〜安部峠 真富士山
【天 気】快晴      曇り      快晴

 21日・23時30分サンデーの頭を撫でて静に出ていく、もう連れて行くことは出来ないものな。
ナビに導かれるままに行くが 各都市のバイバス道が無料となり快適に進行できた
道は本来こうあるべきだ 全国の高速道路を無料化しろ 経済は飛躍的に伸びるだろう思う
4時半・真富士の里はいいトイレの設備有り 灯りコウコウとして素敵な泊まり場だ一眠りしょうです

 22日・快晴・犬伏岳〜大谷嶺
空は白けてる二時間ほどの眠り、フロントは凍てついてる 今日は上天気だぞなモシ
狭い山間なんだ安部川は水のない空谷だ流れ込む流れもない、山は急峻に立ち上がり雨が降れば暴れ川に成るなあ思う
モミジが全週山を飾る梅ガ島温泉に着く、誰もいない朝の清々しい湯元に参る
犬伏岳への登りは新田から入る、登山口は大谷崩れへとの分岐でチョット思案だなあ
一回りするとなると林道歩きがしんどいなあ 思いながらも犬伏への地道を走っていた

駐車場、朝日が目の前の山から顔をだす、全山が燃えるようなモミジに輝く
好いなあ来て良かったなあ、朝ご飯が美味しいなあ ビールは忘れずにザックの中に入れておこう
8時過ぎに出発っだ、林道わずかで日陰沢の山道に入る。
モノレール線が横を走る、良い道だワサビが栽培されてるのだ、その為のモノレールなんだ
上からオッサンが 好い天気ですね 百姓も歩かないと運動不足だよとワサビ畑の巡回だろう

蓬峠への道は裸木に成った明るい斜面、峠からは大谷崩れの山稜が望める。
巧い具合に付けられた道は 山毛欅や神庭の木が大らかに枝を広げて笑っている見たいに見えるなあ
トウヒの木が増えると山稜台地に入る、山頂は近いようだ
市営小屋への分岐で辿ると、明るい見晴らしの良いところに出た
光の下の山々は何処に成るのかなあ 地形図を持たないのでわかんない
電波が立つマミーに連絡しておこう

犬伏岳への山頂周囲は笹の海だ 開けた所を見渡して行くと
おお〜何と端正な姿の富士山が浮かんでる すそ野まですべらかに裾をひらけてる
素敵だなあ暫し呆然と眺めるのだ 他にも山稜は望めるのだが、富士山だけの眺めに成ってしまうのだった
行こう大谷崩れまで 帰りは遅くなるがいいだろうって
笹と森の中の道は道を外す事はない 足早な通過となる
大谷崩れが近づくと新窪乗越しだ 明るくて好い昼場だ
先客がいた夫婦者か 話ながらのプシュー色んな話が聞けて好い物です
お邪魔の感じがして先に出る

大谷嶺とある 富士山は見えないがいい眺めだ、犬伏岳で見てた三角の山は北岳なんだ 標示板と合わすと南アルプスが全山望めるのだ
笊ガ岳か猫の耳のように尖るピーク、アレは未踏だ行かニヤ〜ならんなあ
間の岳 荒川 赤石 聖みんな歩いた山が望める 雪が付いたら絶景だろうなあ
下りようです雪は粉雪状寒いんだ
先客とすれ違う 林道で追い付いたら拾ってねと挨拶して下る
崩れも安定してる、要ポイントまでわずか後は長い林道が待っているのです
トットコトットコ歩いて レッドペッカーには16時半を廻っていた
薄暗くなる、今日の泊まり場は魚魚の里で落ち着く
川向こうの黄金の湯は灯りコウコウ、好い施設がある好いところです
お休み緑ちゃん 今日は沢山歩いて満足でした。

                 緑水。

2005/11/25(Fri) 21:14:20  [No.1039]


  Re: 秋終わりは冬初め 投稿者:山日和

緑水さん、こんばんは。

> マミーに山靴をプレゼントして 雨具にステッキと三点セットが揃う
> 山に行けば楽しみも広がるだろうよ バアに成りきれない人なんだ
> 孫たちも連れていこう タイトルは「地場馬子自然塾」ってね

いいですねー。孫と一緒に山に登る・・・(実感(^^ゞ)

> 【行き先】犬伏岳〜大谷嶺 八紘嶺〜安部峠 真富士山

犬伏----山伏ではなかったですか?

> 4時半・真富士の里はいいトイレの設備有り 灯りコウコウとして素敵な泊まり場だ一眠りしょうです

灯りコウコウで寝られるんですねー。私は真っ暗、静寂でないとダメです。

> 駐車場、朝日が目の前の山から顔をだす、全山が燃えるようなモミジに輝く
> 好いなあ来て良かったなあ、朝ご飯が美味しいなあ ビールは忘れずにザックの中に入れておこう

いい天気に恵まれましたね。せっかくの遠征ですもんね。

> 光の下の山々は何処に成るのかなあ 地形図を持たないのでわかんない

なんにもなしで登ったんですか(@_@;)

> おお〜何と端正な姿の富士山が浮かんでる すそ野まですべらかに裾をひらけてる
> 素敵だなあ暫し呆然と眺めるのだ 他にも山稜は望めるのだが、富士山だけの眺めに成ってしまうのだった

富士山は眺めるにはいい山ですね。登る気はしませんが・・・

> 間の岳 荒川 赤石 聖みんな歩いた山が望める 雪が付いたら絶景だろうなあ

私も登ったのはいつやら忘れてしまいそうなくらい昔になってしまいました。

> 川向こうの黄金の湯は灯りコウコウ、好い施設がある好いところです
> お休み緑ちゃん 今日は沢山歩いて満足でした。

いい山旅でしたね。(^_^)

                   山日和

2005/11/25(Fri) 22:38:26  [No.1042]


  Re: 秋終わりは冬初め 投稿者: 緑水

オッハ〜 良い目覚め今日も元気だです

>> 孫たちも連れていこう タイトルは「地場馬子自然塾」ってね
> いいですねー。孫と一緒に山に登る・・・(実感(^^ゞ)

手間暇掛かるけれど楽しいものですね 第五回は入道岳と御在所中道に遊びました また報告します

>> 【行き先】犬伏岳〜大谷嶺 八紘嶺〜安部峠 真富士山
> 犬伏----山伏ではなかったですか?

そうですネ 惚けてきてますね 
山伏ノ段は以前に登り残し、黒法師山を帰りの駄賃と思っていたものですからスンマヘン

> 灯りコウコウで寝られるんですねー。私は真っ暗、静寂でないとダメです。

長年の三交代勤務で振動が有ろうが 灯り有ろうが眠れるんです 職業病かな

> いい天気に恵まれましたね。せっかくの遠征ですもんね。
>> 光の下の山々は何処に成るのかなあ 地形図を持たないのでわかんない
> なんにもなしで登ったんですか(@_@;)

天気見定めてから行くのですからハズレは少ないですよ 暇リッチ路銀ナッチですけど心は豊かですよ・・・負け惜しみだ
地形図入りのガイドブックは持って行きますよ

>> 素敵だなあ暫し呆然と眺めるのだ 他にも山稜は望めるのだが、富士山だけの眺めに成ってしまうのだった
> 富士山は眺めるにはいい山ですね。登る気はしませんが・・・

冬期一度は登って下されよ
昔の話、今時期に富士に登った 青氷のアイゼンの効きも僅か、ピッケルの打ち込みも効かない恐い想い出が残る山です
あの日大沢崩れで氷上訓練の学生が多数滑落遭難した年だ 帰って親からこっぴどく怒られたなあです

                    緑水

2005/11/28(Mon) 07:59:44  [No.1066]


  Re: 秋終わりは冬初め 投稿者: 緑水

安部奥に富士見ボヘ続きです

> 薄暗くなる、今日の泊まり場は魚魚の里で落ち着く
> 川向こうの黄金の湯は灯りコウコウ、好い施設がある好いところです
すっかり落ち着いて寝る前に温泉だと出かけた
暗くなって車は2.3台残るだけ、ユックリ湯をと思ったのに、何と店じまいだった

【行き先】23日・曇り・八紘嶺〜安部峠

準備を済ませて6時半に車を出す 何分とも朝の目覚めはすこぶるいいのです。
行き先は八紘嶺から七面山への往復とする、長距離になるなあの思いだ
でもまあ、梅ガ島温泉から身延に抜ける林道を安倍峠まで上がれば可能だろうの読みです。
所がです、林道は山抜けで通行止め 早くも大谷嶺への往復に切り替えだ
7時・下の登山口を出る 山稜にガスが掛かってる
これはアカンなあ 富士山にも会えないカモしれない
歩きよい植林帯の道を上がれば林道だ 案内板は富士見台への印が有り、運良ければ会えるかも知れないなあです。
林道と分かれて自然林の中 気持ちよい登りが続く身体も馴れてくる
尾根が近づくとポッカリと北の空が青い 上がると、おお東の大気には雲に浮かぶ富士の高嶺がビックリするほどの大きさで まるで秀画展示のように掛かっていた
富士山は高いのだ 雲は2000メートル位だろう、雲海の上遥かに高い暫し見とれる
山道は尾根の左側を緩やかに巻くように登る おかげで富士山は望めない
ガスが静に昇りだし展望を隠す
富士見岩は雲中だ 静かな初冬の山稜が上がっていく

鞍部のガスが抜ける所の樹枝には 霧氷の花が着きだした足元は霜柱が立つ
寂しいよね 緩やかに成った山稜を伝うと八紘嶺に着く 見晴らしが無い何の変哲もない山頂だった
七面山へのヤブ分けが下りている 大谷嶺への切り開かれた良い道が下りている
伝うが見晴らしも期待できそうも無い 戻ろう山頂を踏んで早昼とした
時間が早い足持ちぶたさでもう一度山頂へ 時間つぶしに大谷嶺まで行くかな思うが 別の緑が・・・見晴らし無い面白くも無いよなあ言う
そうだ安倍峠に廻れば陽の下だ 好い物に出逢うカモね

下山 人が上がってくる熟年の人ばかりだ 好いよね安全な山を歩けば健康にも好いし 医療費の削減に成るじゃないか「熟年山行医療減税」なんて作れよブツブツ
安倍峠への道はブナ林だ好いところだそして林道に着く 安倍峠登山口とある
旧道はどこから下りるのかな それらしきは無い地形図を持たないのはアホだなあ
サカサ谷は深い何か変な地形だなあ 直接谷に下りようかな思うがヤメとこか
早く温泉で・・・なまくら緑が囁く
林道下りてくと安倍峠への旧道入口が目に付く 入っていくとトトロの入口だ
好い感じ揺らぎの谷間 サラサラと流を伝う しまったなあ上から下りれば良かったのに

林道降り口に来ると四人のお婆さんに出逢う 兄ちゃん(緑のこと兄ちゃん)だって(^^)
言うにここ何処だ・・・えっ、案内板で説明すると こらえらいところに来たんだ、戻るわ兄ちゃんも一緒に行こときた・・・なかなかのバア様達だ 同じ道を帰らなアカンでと分かれました
下りると温泉場は車でイッパイだ 黄金の湯も満タン大賑わいです
こらアカンと魚魚ノ里で 夕日を浴びてユックリの夕げです
閉店2時間前温泉に行く 空いてます素晴らしい湯質はさすが信玄の隠し湯だ
若いお父さんに子ども達 今日は祭日なんだね人出のはずだ
子どもがお父さんの肩に手を回してる パパ孝行チビ行孝は見ていても楽しいものです

                 緑水

2005/11/28(Mon) 07:58:11  [No.1065]


  Re: 秋終わりは冬初め 投稿者: 緑水

安部奥に富士見ボヘ続きです

> 閉店2時間前温泉に行く 空いてます素晴らしい湯質はさすが信玄の隠し湯だ
湯賃は350円とたいへんお値打ちでした(^^)
温まって今夜のお泊まりは真富士ノ里です 19時着でグッスリ昏

【行き先】24日・快晴・真富士山〜自宅へ

軽く目覚まし湯を飲んで出発です 富士をジロジロ眺めて朝ご飯しょうとイロイロ持ち上げです
林道を上がって行くと第一登山口とある 
もう少し上がると鎌沢橋か?、登山口が目に付く ここから登ろうです
真富士ノ峰はスパッと落ちる岩壁を持ち 烏帽子のような特異なかたちの山容が見事だ 登ろうの意欲が湧いてくる

植林の中は下草がかぶり歩かれていない感じだ 草の林道に出る再び植林の中を行くが石仏が置かれており慰めですね
黒部谷縁に出ると自然林モミジが見事だ 明るい沢を挟んで真富士の山頂が被さって来るように望める
植林と雑木の間を上がると立派な林道に飛び出た 展望は開けて遠くの山並みが広がる
看板は登山口ま300メートル先を教えてるが何か変だな思う そのまま登れば良さそうなのに 登山口は林道延長で段々上に成って行くのだね
植林帯を抜けると黒部沢の源流に出た 石仏様が居る背後は岩壁だ右手は滝が落ちている ゴロ石が広がる自然林モミジが奇麗だなあ
谷を渉ると植林帯だ オイ平分岐から第一真富士山に山腹を巻いていく自然林は気持ちが好い
尾根に上がって直ぐに真富士神社奥の院だ 
うわお 二つ山の間に富士山が抜きんでて望めるのだ 真富士山これを言うのか崩れの無い端正な姿で納得だ
でも第一第二なんてセンスないよね いい脹らみの二つの山の間から見える富士の姿に似合う名が欲しいです

明るいユックリの山稜を抜けると 素晴らしい傘雲帽子を被る富士山が真正面に全開だ 明るい裾野は富士宮から海原へと繋がる
此処は岩の有る天上の広場だ 右手は駿河湾が陽光を反射し雄大に広がる
清水港だろう船が見える 人気が有るのは判りますね
第二真富士山に行こう グッと下がって登りに成る
岩場にロープが掛けられてる 山頂には観音様が迎えてくれた
富士の山は傘雲を脱ぎ始めた 第一真富士の山頂の方が良かっただけに廻る順番を間違えたと惜しむのだ
まあいいか遅めの朝ご飯だ キムチうどんタマゴ煮干しで泡が美味いなあ
ガイド本に静岡県地図で山の確認をする 次行く山の姿が浮かぶのです

ユックリの後帰ろうです 下りは早い真富士の里に14時着だ
明るいドライブとなる 順調に流れてそうだ海を見ていこう 
遠州灘に夕日が落ちる 夕日って太平洋に沈むとは思わなかったなあです
違う正確に言うと伊勢湾かな??
さて最大の難関は 1号線から23号線に入るナビの誘導に任せて走るが
高速に入るとラッシュに巻き込まれる 二階建ての道路はナビがダウンで判らなく成る
伊勢湾岸に乗るため緊張がはしる 何と行き過ぎちゃった名古屋高速に行ってしまう
アアどうしよう 大府のインターで下りる 湾岸の大府インターに乗換だ
もたついてヤットコさ湾岸に乗ることが出来た ホッとする
凄い道なんだトリトンのファシング光 周囲のイルミネーションの光は地上の星だきれいだなあ
観覧車はオレンジ色で浮かび上がり 白いコースターは人を惑わすなあです
人の力も偉大だと感じます 我が家まで後20キロです いい秋ボヘでした。

                  緑水。

             

2005/11/28(Mon) 19:59:13  [No.1071]


  Re: 秋終わりは冬初め 投稿者:コダマ

緑水さん、こんばんは。ボヘお疲れ様でした。

以前にたんたんさんのレポにもありましたが、私も富士山の見える山に
登ってみたいと思っていました。富士山にはこの夏挑戦しましたが、
滑って埋まって、通常の何倍もの筋肉疲労でうんざりしました。

> 高速に入るとラッシュに巻き込まれる 二階建ての道路はナビがダウンで判らなく成る

私のナビは少し古くて、私のもここらへんで突如消えて、あれあれあれ?と
湾岸から変な所へ降りてしまった事があります。湾岸道路は夜景がとても印象に
残っていて楽しく拝見しました。広くて飛ばせて気持ちいいんですよね。
トリトンも長島も夜は綺麗ですし。

以前は名古屋まで帰る際に、高速の上からあちこちの花火を一度に見たことがあります。
同乗者が居ると目に入らない光景も、独りの時はたくさん目に飛び込んできます。
このシーズンは真っ赤な夕日が、大きくて綺麗で感動します。

独りのドライブは何故かセンチメンタルになって、雪山を見て涙することもあります。
登山は山だけで無く、付属するいろんな楽しみがあります。
ほんとは寂しいのですが、単独登山もなかなか捨てたもんじゃないのかもしれません。

2005/11/28(Mon) 23:30:56  [No.1081]


  Re: 秋終わりは冬初め 投稿者: 緑水

コダマさんおはよう様です お元気ですか
今日もいい天気ですね

> 私も富士山の見える山に登ってみたいと思っていました。富士山にはこの夏挑戦しましたが、滑って埋まって、通常の何倍もの筋肉疲労でうんざりしました。

富士は日本一の山、富士の姿に惚れ込む人が大勢いますですね
学校時の山岳部顧問先生は 山に登れなくなってから富士の姿を追って写真撮ってたです 山を楽しむのはイロイロ新しい発見をです

>> 孫たちも連れていこう タイトルは「地場馬子自然塾」

富士山、この雄大な景観を見たらどんな顔するか これも楽しみの楽しみのひとつだ

>> 高速に入るとラッシュに巻き込まれる 二階建ての道路はナビがダウンで判らなく成る
> 私のナビは少し古くて、私のもここらへんで突如消えて、あれあれあれ?と
湾岸から変な所へ降りてしまった事があります。

最近の事件で高齢者が高速道路を逆走したり 行きすぎて停車する有りますね
あんな複雑なインターチェンジ スピード弛める出来ないしおたおたしますね
電波の届かぬ高架下などもうパニックですわ

> 登山は山だけで無く、付属するいろんな楽しみがあります。
> ほんとは寂しいのですが、単独登山もなかなか捨てたもんじゃないのかもしれません。

山ボヘは究極の道楽だろうなあ思う
芭蕉や西行には成れなくとも 山頭火、弥次さん喜多さん道中が理想ですわ
惚れっぽいから虎次郎かな この人も好いねえ
いく先々のオモシロ名物、人との出逢い一人ボヘは好いでっせ

またボヘ先から          緑水 

2005/11/30(Wed) 07:33:34  [No.1113]


  Re: 秋終わりは冬初め 投稿者:コダマ

緑水さん、こんにちは。

> 学校時の山岳部顧問先生は 山に登れなくなってから富士の姿を追って写真撮ってたです

私も山に登れなくなっても、きっと山がずっと好きだと思います。
実家に帰れない私は、山が故郷のようなものです。

> あんな複雑なインターチェンジ スピード弛める出来ないしおたおたしますね
> 電波の届かぬ高架下などもうパニックですわ

私も高速でぼんやりしてたら行き過ぎて、次のインターまで走るしか無くて、
余分に料金払ったことあります。(^^; 電車みたいに戻れたらいいのにね。

ナビ怖いです。全然違うとこ指してたりしますし、ゆるやかなカーブでも
「左へ曲がります」って言うし、看板見て走るのが一番だったりします。

> 山ボヘは究極の道楽だろうなあ思う

私もいつか後に残されたとしても、凹まずに山に登り続けたいですね。
(ほんとは先に死にたいのだけれど)
100歳まで登り続けて、名物婆ちゃんになったりして。

2005/11/30(Wed) 10:12:48  [No.1115]


  Re: 秋終わりは冬初め 投稿者:山日和

緑水さん、こんばんは。
いい日ボヘ立ち、気ままな山旅を楽しまれたようで・・・うらやましい限りです(^_^)

このあたりはまったくノーマークの山域、どこで思いつくのですか?
あっちこっちに温泉ができて風呂探しに苦労しない時代になりましたね。

                        山日和

2005/11/29(Tue) 00:42:38  [No.1090]


  Re: 秋終わりは冬初め 投稿者:とっちゃん(こと)

緑水さん、こんばんわ〜。

> マミーに山靴をプレゼントして 雨具にステッキと三点セットが揃う
> 山に行けば楽しみも広がるだろうよ バアに成りきれない人なんだ

奥様にプレゼント、素敵なご夫婦ですね〜。奥様も幸せですね。

> 孫たちも連れていこう タイトルは「地場馬子自然塾」ってね

孫さんに囲まれて、ほほえましい光景が目に浮かびます。

> 安部奥に富士見ボヘしました

緑水さんが、色んな地域に詳しく、即決で出かけられるんですね。羨ましいかぎりです。

ステキな山旅を!。
              

2005/11/28(Mon) 22:33:08  [No.1077]


  Re: 秋終わりは冬初め 投稿者: 緑水

とっちゃんさん、お早うさん〜。

>> マミーに山靴をプレゼントして 雨具にステッキと三点セットが揃う
>> 山に行けば楽しみも広がるだろうよ バアに成りきれない人なんだ
> 奥様にプレゼント、素敵なご夫婦ですね〜。奥様も幸せですね。

そんなこと無いよ まるで反対の性格です
年月重ねて妥協の産物ですかねえ 古漬の味がする ご飯に混ぜると美味しいんだ
火打妙高 大山 富士 イロイロ行ったけれど、その都度二度と行かないのコメントだったなあ

>> 孫たちも連れていこう タイトルは「地場馬子自然塾」ってね
> 孫さんに囲まれて、ほほえましい光景が目に浮かびます。

これは楽しいですね 目がピカピカ光る 見ることする事初めてなんだから
バアちゃんそれに釣られてついてくる 成りきる事それが一番だおもう

> 緑水さんが、色んな地域に詳しく、即決で出かけられるんですね。羨ましいかぎりです。

今回も好い出逢い有りましたよ 夫婦もどき楽しそうでした
女性は旦那を癌で亡くされた 日本百山75登ったとその笑顔は輝いてました
地図も情報も山友もネットで育めばいいとね 

しげき有る山ぼへをです          緑水
              

2005/11/30(Wed) 07:31:53  [No.1112]


掲示板に戻る