一括表示

  地図とコンパスと高度計 投稿者:伊勢山上住人  URL

私は、2度立て続けに山で道迷いをしました。山の先輩から「なにより地形図で常に現在位置を把握するのが先決」と指摘を受け、漫然と眺めていた地図に真剣に取り組んでみました。すると、当然のことながら地形図は寸分の狂いもないきわめて「正確」なものであることに初めて気付きました。その正確さを「体感」していない人もみえると思い、僭越ながら一筆啓上させて頂きます。

準備する物:1/25000地形図、SILVAコンパス、高度計
下準備:地形図に磁北線を何本も引く。(通風山さんのHP参照) http://suzuka.web.infoseek.co.jp/mountaineering/gps/map/map1.html
ゲルインクペンの太さは0.3mm以下で等高線が読めるように

1.尾根を下る

尾根を登ることはきわめて簡単だ。行く手を阻む崖さえなければ、高い方へ登っていけばいつかは山頂に登りつく。しかし、下るのは難しい。尾根がどんどん分岐してゆく。そのような中で、目指す尾根にピンポイントで降り立つことが出来ると、それはもう感動ものだ。その感動を体感して下さい。

体感フィールドとしては、尾根が多く分岐した、藪漕ぎしなくても良い、テープの巻いてない、なだらかな山域を選んでください。今までの山歩きの経験から、等高線の間隔を見れば登り降り出来る勾配かどうかは分かると思います。地形図にピンクや黄ミドリなど、等高線を邪魔しない薄い色の0.3mmゲルインクペンで降りようとする尾根伝いに目的地まで線を引きます。この時、線は適当にではなく、正確に尾根の中心をトレースして下さい。その引いた線の通りに歩きます。

その線をたどって行くと、尾根の分岐点などポイントとなる場所がいくつかあることが分かると思います。そのポイントとなる場所をイメージして下さい。

以上で準備完了です。では現地に向かいましょう。山に登り、尾根下りのスタート地点に近い標高の分かっている所で高度計を合わせます。

スタート地点に来ました。地形図をなるべく平らな所に置きます。向きはどうでもいいです。地形図のスタート地点(現在地)から第一歩を踏み出す線にSILVAコンパスのプレートの右辺・左辺・プレートの中に引いてある線のいずれかを正確に合わせます。コンパスの円の中に地形図に引いた磁北線が入っていれば、いずれの辺・線で合わせてもかまいません。
次にプレートが地形図とずれないように注意しながら、コンパスのリングを回し、リングの中に引かれている線を磁北線と平行になるようにセットします。(北・南は分かっているものと思います)これで、現在地から第一歩を踏み出す方向が決まりました。コンパスを水平に持ち、矢印を体の前方に向けます。磁石の針が枠の中におさまる様に体を回してゆきます。磁石の針が枠の中におさまった時、顔を上げて見える方向が第一歩を踏み出す方向です。歩いてゆきましょう。プレートの辺や線と自分が歩こうと思って地形図に引いた線と、どれ位の長さで重なっていましたか? その長さが1cmだったら250m歩いた所で方向が変わるはずです。尾根はイメージ通りに方向を変えていますか?
「地図を読む」とは、「進む先の地形を予測する」事のようです。

尾根の分岐点、ポイントに来ました。高度計を見ましょう。地形図の標高と合っていますか? ここでまた、地形図を平らな所において、スタート地点で行った作業をします。そして示された方向に次に目指す尾根があります。そこからは見えなくても驚くほど正確に目標の尾根にピンポイントで降り立ちます。

この作業を繰り返してゆけば、目的地にピンポイントで降り立ちます。この感動を是非味わってみてください。

2.山座同定

見晴らしのいい山頂に立つと、周りの山々が見えます。山座同定でSILVAコンパスの威力を証明しましょう。「山と高原地図」の裏に「広域図」があります。地図を平らな所に置きます。向きはどちら向きでもかまいません。今登っている山から名のある山にプレートの右辺・左辺・プレートの中に引いてある線のいずれかを正確に合わせます。コンパスの円の中に表図の範囲を示す枠の南北線が入っていれば、いずれの辺・線で合わせてもかまいません。次にプレートが地図とずれないように注意しながら、コンパスのリングを回し、リングの中に引かれている線を地図の南北線と平行になるようにセットします。地図からコンパスを外します。磁北に合わせる為に、プレートの中心線とリングに刻んである目盛りを読み、そこから7°左に回します。これでセット完了です。コンパスを水平に持ち、矢印を体の前方に向けます。磁石の針が枠の中におさまる様に体を回してゆきます。磁石の針が枠の中におさまった時、顔を上げて見てください。目標の山が真正面に見えています。

通風山さん、この文章使えますか? 使えるようなら通風山さんのサイトで公開して頂けると嬉しいです。

2005/11/27(Sun) 01:17:59  [No.1046]


伊勢山上住人さん、こんばんは。すばらしく分かりやすい説明ですね。
私自信、最近こんな真剣に地図と磁石を見てなかったので赤面の思い
です(^_^;)
ただし、見通しの利かない尾根上で、複雑に尾根が分岐してかつ現在地を特定し難い場合は難しいですね。
現在地を間違えている場合、同じ向きの違う尾根に入ってしまう場合があるので注意が必要です。
高度計も100%信用できませんしね。

GPSは電波の悪い時や、電池がなくなれぱ使い物にならないのでキチン
と地形図を読みこなせなくてはいけませんね。
ところでカシミールの地図は使ってないのですか? 
磁北線表示をオンにすれば何本も勝手に引いてくれて便利ですよ。

                       山日和

2005/11/27(Sun) 17:48:24  [No.1049]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:伊勢山上住人  URL

山日和さん、今日はどちらへお出かけでした?
私は、女房から「いつも山ばっかり行って! 家の事もやって!」
と、禁足令が出まして、終日悶々としていました。

> すばらしく分かりやすい説明ですね。

たまにしか山行きしない人にも理解してもらえるでしょうか?
山行き3年目のビギナーだから書けたと思います。
この内容は図書館で借りた本の内容です。
著者と書籍名を表示しなければならないのですが、忘れました。
著作権侵害ですが、著作者さんお許しください。

> こんな真剣に地図と磁石を見てなかった

もう必死です。人間GPS。常に現在位置を地図上にプロットしながら歩いていました。山の景色を楽しむ余裕全くありませんでした。

> ただし、見通しの利かない尾根上で、複雑に尾根が分岐してかつ現在地を特定し難い場合は難しいですね。

複雑に尾根が分岐している所ほど、この方法は有効だと思います。
一度、そんな場所で試してみてください。ビックリしますよ。
ただ、ぼんやり歩いて、現在位置を特定出来なくなったらもうアウトです。

> 高度計も100%信用できませんしね。

全くその通りです。
前線の通過時などめまぐるしく誤差が変化します。
穏やかな日は、誤差にも傾向があるように思えます。
それを踏まえて使うべきでしょう。

> GPSは電波の悪い時や、電池がなくなれぱ使い物にならないのでキチン
> と地形図を読みこなせなくてはいけませんね。

千石林道Z字状の所、GPSが崖をよじ登っていますが電波のかげんですか?

> ところでカシミールの地図は使ってないのですか? 

チラッと見たのですが、難しそうなのでインストールしていません。
山日和さんは「ウォッちず」を印刷して使用されていますよね。
画面では1/25000より拡大されています。
印刷しても等高線の幅が広く見えましたが、違いますか?
私のPCにプリンター付いていないのです。
拡大印刷できるのなら、プリンター買おうかなと思っています。
最近、細かい所が見難いのです。

桧塚劇場は行きたい所です。赤ーからぐるっと歩き回りたいが、だだっ広い台地はGPS無しでは迷子になりそう。

2005/11/27(Sun) 20:19:25  [No.1051]


伊勢山上住人さん、こんばんは。
右に同じでした・・・(^_^;)

> 複雑に尾根が分岐している所ほど、この方法は有効だと思います。
> 一度、そんな場所で試してみてください。ビックリしますよ。
> ただ、ぼんやり歩いて、現在位置を特定出来なくなったらもうアウトです。

実際全神経を集中させて歩いていても、ちょっとした尾根の張り出しに気付かない場合もあるし、進むべき方向が主尾根でない場合、あるいは地形図に現われない尾根もどきがある場合、またヤブが濃くて全然分からない場合など、状況は千変万化です。
まったく同じ方向を向いた隣の尾根を降りてしまって岩壁やゴルジュに遭遇などよくある話。過信は禁物です。(←今まで幾度となくやってます)

> 千石林道Z字状の所、GPSが崖をよじ登っていますが電波のかげんですか?

電波が弱く、衛星を捉えたり捉えられなかったりでした。深い谷間や樹林の中では難しいですね。 

> チラッと見たのですが、難しそうなのでインストールしていません。

実に簡単です。これを使い出してから地形図を買わなくて済むようになりました。

> 山日和さんは「ウォッちず」を印刷して使用されていますよね。

カシミールを使って国土地理院の「地図閲覧サービス」を利用しています。
これだと常に最新の地図を使えます。

> 画面では1/25000より拡大されています。

これは掲示板へのアップロード用に圧縮した加減ですね。

> 拡大印刷できるのなら、プリンター買おうかなと思っています。

印刷する時に任意の縮尺で拡大、縮小できますよ。

> 桧塚劇場は行きたい所です。赤ーからぐるっと歩き回りたいが、だだっ広い台地はGPS無しでは迷子になりそう。

晴れてれば問題なし。見晴らしがいいのでGPSは必要ありません。

                        山日和

2005/11/27(Sun) 21:52:28  [No.1057]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんにちは(^^)
横レスすみませんm(..)m(^^)

> 実に簡単です。これを使い出してから地形図を買わなくて済むようになりました。
僕もカシミールと山旅クラブの地形図で、本屋で地形図を買わなくなりました(^^)
細かい等高線を読み取るのも拡大して出力できるし、縮尺も経度緯度の線をパソコンで
入れられるので距離も間違わないし。

> カシミールを使って国土地理院の「地図閲覧サービス」を利用しています。
> これだと常に最新の地図を使えます。
売ってる地形図も国土地理院なので同じですが、あるにもかかわらず「林道」が地形図上で消され行っている地域とちゃんと延びたのは延びたように記されている地形図とまちまちですね。

沢登りなどしていると突然林道が出てきて驚いたり、雪の尾根が寸断されていたりと、
最新の地形図にも出ていないことが増えてきたような・・・・。
登山者が林道を目当てにしての遭難もあり得るので林道を記載しないようになってきたとかなんとかという記事を読んだことがありますが、「使いもしない林道の作りすぎ」という批判のがれの様な感じも受けますね・・・。

林道が最新の情報で正確に出ている地形図ってないのかなぁ・・・。
この土曜日も伯母子岳への林道の崩壊や林道の延長で「林道バリハイ」をしてきました(^^;) 林道の崩壊や工事中など最新の情報があればいのになぁ・・・。
個人の山の林道は無理としても、あるものを更新のたびに消すのはやめて欲しいです〜。
http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/obako.htm

2005/11/28(Mon) 09:09:36  [No.1068]


矢問さん、こんにちは。
まったくありがたいソフトですよね。地図を買わなくてもいいメリット以外に、
GPSを使ってれば予定コースの転送、帰ってからのトラックの転送と何回も
楽しめますもんね。
これまでは地図にルート入れて印刷するぐらいしかしてなかったですが、楽し
みがぐっと広がりました。(^_^)

> 林道が最新の情報で正確に出ている地形図ってないのかなぁ・・・。

同感ですねー。そんな地図があれば金に糸目はつけないのですが・・・
ってわけないか(^^ゞ

                      山日和

2005/11/28(Mon) 12:26:51  [No.1069]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^)

> GPSを使ってれば予定コースの転送、帰ってからのトラックの転送と何回も
> 楽しめますもんね。
そうなんです。沢で詰めたときも、自分では完全にこの尾根地点に詰めた、と思っていて帰宅してトラックログを転送して地形図で見ると・・・おおっ、1つ隣だったか! 
とか、その地点を再度思い浮かべて、地図をにらんで、なるほど・・・と反復できます(^^)

> 同感ですねー。そんな地図があれば金に糸目はつけないのですが・・・
> ってわけないか(^^ゞ
オフロードバイクのクラブの人たちの方が林道状況はよく知ってる感じがしますね(^^;)

これからは、GPSの「電池の交換」忠告が良く出る寒い季節となりますよ(^^)
昨日も寒い尾根筋に出ると、何度か出ました。もう幾度となく経験済みで、段々と高度を下げて下山していくと電池のゲージが生き返ってくるのです(^^)
最初の頃はまじめに取り替えていましたが、下山すると使える電池の山、な〜んてことも。携帯などの低温に強いリチウムではなくアルカリはこれから辛い時期ですよ〜(^_-)
だまされないでくださいね(^^) と、いいつつ、放置していると画面が消えてしまうことも。だましだまし手で昨日も抱きしめて暖めてやりました(^^) 下山して車まで持ちました。忠告が出てから1時間半ほど。

2005/11/28(Mon) 18:03:37  [No.1070]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:柳川洞吹

矢問さん こんばんは

山日和さん 横からすみません。

> 最初の頃はまじめに取り替えていましたが、下山すると使える電池の山、な〜んてことも。携帯などの低温に強いリチウムではなくアルカリはこれから辛い時期ですよ〜

質問どえ〜す。
中途半端に使用したアルカリ電池の山をこしらえるくらいなら、
なんでリチウム電池を使わないのですか?

洞吹(どうすい)なぜなぜ質問箱に寄せられたお便りです。
どうしてなんでしょうね。
矢問さんに尋ねてみましょう。

どーして?

                               洞吹(どうすい)

2005/11/28(Mon) 23:46:24  [No.1083]


矢問さん、洞吹さん、こんばんは。
ちなみに私はもったいないので充電式のニッケル水素電池を使っています。
前のデジカメがニッケル水素の単三×4本仕様だったので、満充電した2本
をGPSに入れ、あとの2本をスペアとして持って行きます。この4本1組でな
んとか1日使えますが、冬は厳しいでしょうね。ほんとは放電し切らないと
満充電できないのですが、カラになるまで使うのもなかなか難しいです。

                      山日和

2005/11/28(Mon) 23:55:10  [No.1085]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^)。

> ちなみに私はもったいないので充電式のニッケル水素電池を使っています。
> 前のデジカメがニッケル水素の単三×4本仕様だったので、満充電した2本
> をGPSに入れ、あとの2本をスペアとして持って行きます。
そう言えば・・・と僕も持ってました(^^) サンヨーのデジカメの時に買いました。
僕は3本仕様でしたので予備と合わせて6本あります(^^;)

> ほんとは放電し切らないと満充電できないのですが、カラになるまで使うのもなかなか難しいです。

たいていの人がこれで困るようなので、電池を入れる充電器本体に放電機能付きがありますよ。充電器が放電してから充電開始します。これは大加茂さんに教えてもらいました(^^;) それまではデジカメを部屋でバチバチフラッシュたいたりして使い切ってから
充電してました。放電機能付き充電器も値段は変わりませんよ(^^)

2005/11/29(Tue) 21:47:26  [No.1106]


矢問さん、どうもです。

> 充電してました。放電機能付き充電器も値段は変わりませんよ(^^)

わざわざ充電器買い直すのもね〜(^_^;)

                山日和

2005/11/29(Tue) 22:17:12  [No.1109]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:矢問(やとう)

洞吹さん こんばんは(^^)

> 質問どえ〜す。
> 中途半端に使用したアルカリ電池の山をこしらえるくらいなら、
> なんでリチウム電池を使わないのですか?
高い! それとリチウム電池使用可能機種か確認していない(^^;)
以前、カシオの単三電池を入れるデジカメで、マンガン電池しかダメとは知らず、
アルカリの方がモチが良いだろう、とアルカリ使ったら一発で壊れて、????状態に。結局修理に出すハメに(^^;) それ以来、指定電池種以外はビビってます(^^;)

それと中途半端に使った電池は家から現地までのカーナビ代わりの際に使用していて
全く無駄にはなっていないんです(^^) 車の中は温かくて生き返ってますから(^^)
カー電源のコードは買ってません。やっぱりアルカリ単三は手軽で安い!

2005/11/29(Tue) 21:43:17  [No.1105]


矢問さん、こんばんは。
GPSmap60CSはアルカリ電池とニッケル水素電池が指定ですね。
設定で切り替えるようになっています。
システム設定で「ニッケル水素電池」に設定して使っています。

                    山日和

2005/11/29(Tue) 22:15:48  [No.1108]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、おはようございます(^^)

> GPSmap60CSはアルカリ電池とニッケル水素電池が指定ですね。
> 設定で切り替えるようになっています。
知らなかった〜。ありがとうございます。

> システム設定で「ニッケル水素電池」に設定して使っています。
以前はいつも直前に充電せず日曜日ごとにしていたので、使うのが1週間とか
2週間後になり、自己放電がよく起こって現場ですぐなくなったことがあり
使わなくなりました(^^;)。直前にすればよいことですがf^_^;ポリポリ

http://allabout.co.jp/computer/digitalcamera/closeup/CU20041031A/
このぺーじにもあるように、洞吹さんのおっしゃるリチウム系のリチウムイオン
充電池は使えないのかなぁ・・・・と。これこそ高いか(^^;)

2005/11/30(Wed) 05:43:26  [No.1111]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:柳川洞吹

矢問さん こんばんは

そうですか。
リチウム電池、高いですか。

私、デジカメ買ったとき、充電器とニッケル水素電池のセットも買ったのですが、
メモリー効果のことは知ってましたから、
それが起こりにくいように扱ってましたけど、
山でいつも、すぐ電池切れ使用不能になるので、
充電の手間に見合わず、アホらしくて、使うのやめました。

以来、リチウム電池CR−V3を愛用しています。
こいつは毎週山に行ってバシバシ撮っても、一ヶ月以上ストレスなしに取りまくれますし、
残雪の山に3〜4日入りっぱなしで、1日100枚以上撮るようなときでも、
スペアひとつ持っていれば、電池残量なんか全く気にせずに使えますから、
まあ、考え方は人さまざまですけど、私はこれが楽だし、
私にとっては充分価値があるので、高いとは思わないですね。

                                洞吹(どうすい)

2005/11/30(Wed) 23:59:00  [No.1120]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:矢問(やとう)

洞吹さん こんばんは(^^)

> リチウム電池、高いですか。
高いけど、考えようですね(^^;)

> 充電の手間に見合わず、アホらしくて、使うのやめました。
僕も山行を思い立ってすぐに充電できないので面倒になったのもあります(^^;)

> 以来、リチウム電池CR−V3を愛用しています。
ヨドバシで電池のパンフをもらってきました。国内だけで使用済み電池が
毎年7万トンとか。エコの点でも僕は反省ものですね(^^;)
CR−V3を見ると、アルカリ電池の約7倍、優れた低温特性で−40℃〜60℃。
スキー場でも大丈夫、自己放電率も23℃で年に1%以下・・・やはり寒さには強いですね。あのGPSが対応しているようなら是非、この冬試して体感してみますm(..)m(^^) 使えるかな〜。調べよっと。使ってつぶれたらもうあんな高価なオモチャは買えませんし(^^) >山日和さん、使えるかどうかご存じですか〜

2005/12/01(Thu) 20:23:55  [No.1125]


矢問さん、こんばんは。
いいよネットのHPのQ&Aによると、パナソニックのオキシライド乾電池について
「GARMIN社が正式に対応してないのでご自身の責任において使ってください」と
書いてありました。これを読んだら恐くて使えませんよね(^_^;)

                    山日和

                 

2005/12/01(Thu) 21:25:38  [No.1126]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、おはようございます(^^)。

> いいよネットのHPのQ&Aによると、パナソニックのオキシライド乾電池について
> 「GARMIN社が正式に対応してないのでご自身の責任において使ってください」と
> 書いてありました。これを読んだら恐くて使えませんよね(^_^;)
オキシライドやリチウムでのテストしてくれてないのと違うのかな(^^;)
僕が買ったところにもメール問い合わせ中ですが、同じような回答がくるかも・・。
おっしゃるとおり、「使えるよ〜」とメーカー宣言してくれないとコワイです(^^)
チビチビと5年がかりでカーナビのためにためた小遣いから捻出したお金で買ったので元気でいてくれないと〜。            

2005/12/02(Fri) 05:43:50  [No.1128]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんにちは(^^)

> いいよネットのHPのQ&Aによると、パナソニックのオキシライド乾電池について
> 「GARMIN社が正式に対応してないのでご自身の責任において使ってください」と
> 書いてありました。これを読んだら恐くて使えませんよね(^_^;)
僕が購入したOBPのU氏が自分が試して報告してくださるとのことです\(^o^)/
ライダーなのでバイクに乗って試してくれるのでしょうね〜。
また報告あればお知らせしますね。                

2005/12/03(Sat) 16:12:30  [No.1134]


矢問さん、どうもです。
報告お待ちしてまーす。

       山日和

   

2005/12/04(Sun) 23:50:56  [No.1144]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:とっちゃん(こと)

山日和さん、こんばんわ〜。
 
> 磁北線表示をオンにすれば何本も勝手に引いてくれて便利ですよ。

ええ〜、そうでしたか、いっぱいカシミールの本買ったのに、まだ読んでない所に書いてあるのかなぁ。

教えて〜。


                      

2005/11/28(Mon) 22:41:05  [No.1078]


とっちゃん、こんばんは。
「表示」→「表示の設定」→「磁北線」で「表示する」にすればOK。
ルート作成同様、線の太さや色、間隔も自由に選べるよ。

                山日和

       

2005/11/28(Mon) 23:58:34  [No.1086]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:通風山  URL

伊勢山上住人さん、こんにちは

コンパスの使用法の解説をありがとうございました。
コンパスのサイトから、この親記事にリンクさせていただきます。
ただ、この手の解説で難しいのは、まったくの初心者にはおそらく何がなんだか理解できないと思います。
例が悪いですがマージャンやってるのをマージャンを知らない人が見ていて何を言っているのかわからない状況に陥ることが心配です。
やっぱり実地でやらないとだめなんでしょうね。

ぼくが地形図で一番最初に「ほ〜〜なるほど」と思ったのが、鈴鹿霊仙山の三角点と経塚山と山頂の三つのピークを山座同定したときでした。

尾根をたどる方法として、予め概念図を書いておくという方法もありますよね。
地形図を突き詰めると自分で立体模型を作り出す人もいます。

山日和さんが言われるように、見通しがきかない場合どうするのかとか、気圧の変化による高度の誤差とか、(特に急登、急降下の場所では数分おきにデータを取る腕時計タイプのものでは誤差が出てしまいます)地形図を読むことは奥が深いですね。
まずは地形図を見て立体的にイメージできることでしょうか。

そういえば面白かったことを思い出しました。
数人でコンパスの練習をしているときに全員のコンパスの指す磁北が異なっていました。
なぜでしょうか?

2005/11/27(Sun) 20:02:11  [No.1050]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:伊勢山上住人  URL

通風山さん、こんばんは。

> コンパスのサイトから、この親記事にリンクさせていただきます。

ありがとうございます。評価して頂けたのですね。とても嬉しいです。

> ただ、この手の解説で難しいのは、まったくの初心者にはおそらく何がなんだか理解できないと思います。

やっぱり、そうですか。難しいですね。

> やっぱり実地でやらないとだめなんでしょうね。

実地でやってもらえれば、納得してもらえると思います。ただ、私の書き込みが引き金になって、遭難でもされたらと心配です。

> 山日和さんが言われるように、見通しがきかない場合どうするのかとか、

私が今回降りた尾根は、上からは全く見えません。そこに至るルートもただの、のっぺりした斜面です。その先に尾根があるとはとても思えない所を進むと、トンと尾根に乗っかるのです。前回失敗したのは「尾根然」とした所を進んでしまったのです。試してみてください。
高度計は誤差があるものとして見ています。

> そういえば面白かったことを思い出しました。
> 数人でコンパスの練習をしているときに全員のコンパスの指す磁北が異なっていました。
> なぜでしょうか?

そういう場所があるそうですよ。青木が原のように。
また、ラジオなど磁石が近くにあると狂いますよね。

「私の文章を読んで、遭難しに行かないで下さい」と、祈るばかりです。
通風山さん、ありがとうございました。

(追伸)
とっちゃん(こと)さん、理解して頂けますか?
よく知っている所、迷子にならない所で、試してみてください。

2005/11/27(Sun) 20:50:10  [No.1053]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:通風山  URL

伊勢山上住人さん、こんにちは

> 実地でやってもらえれば、納得してもらえると思います。ただ、私の書き込みが引き金になって、遭難でもされたらと心配です。

大丈夫ですよ。そんなこといったらWEB上すべての登山関係のサイトの書き込みができなくなってしまいますよ。(^^)

また、地図、コンパスで面白い発見などありましたら教えてくださいね。

> > そういえば面白かったことを思い出しました。
> > 数人でコンパスの練習をしているときに全員のコンパスの指す磁北が異なっていました。
> > なぜでしょうか?

答えです。
5人ぐらいでおでこが引っ付くぐらいに輪になって、真面目にそれぞれの地形図とコンパスをにらめっこしていたからです。
お互いの磁石が引っ張り合っていたわけです。
こんなときはひとつのコンパスでやらないとだめですね。

ではピンポイント登山目指してお互いにがんばりましょう。

2005/11/28(Mon) 08:42:45  [No.1067]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:柳川洞吹

伊勢山上住人さん こんばんは

私が初めてプレート付きコンパスを買ったときのことを思い出しています。
山登りをするなら地図とコンパスは必携だ……と、どんな本にも書いてあったからです。

今では笑い話みたいですが、
コンパスとは単に、「ああ、北はこっちかー」という程度の方角を知る道具だとしか思っていませんでした。
自分の進むべき方向を知る、自分の進んでいる方向を図上に求める、
などの使い方があることなど、考えたこともありませんでした。

だから、付いてきた説明書を何度読んでも、使い方が飲み込めなかったのです。
なにをややこしいことを書いてあるのだろうと、
何度も何度も読みましたが、
何を言っているのか、何のためにそうするのか、理解できなかったのですね。

しかし、ある日、山で説明書のとおりやってみて、
ああ、自分はこっちへ行けばいいんだ……ということがわかったとき、
うれしかったですね。

> 体感フィールドとしては、尾根が多く分岐した、藪漕ぎしなくても良い、テープの巻いてない、なだらかな山域を選んでください。

体感フィールドとしてはこれでいいでしょう。
あとは、現実へいかに応用できるようになれるか……でしょうね。
本番のフィールドは、見通しがきかなかったり、
藪こぎのため進んだ距離が把握できなかったり、
地形図では表現されない支尾根が顕著に出ていたり、
尾根下りの出だしが尾根形でなく山の腹で、位置決めをしにくかったり、
いろいろですからね。

> 「地図を読む」とは、「進む先の地形を予測する」事のようです。

まさに、そのとおりですね。
この先、こうなるはずだ……と、常に予測と現実を照合しながら歩くことが、
現在位置を知るうえで、一番の基本だと思います。
そしてピンポイントで目的の場所に到達したときは、快感ですね。

ピンポイント読図でよい山旅を!
                               洞吹(どうすい)


2005/11/27(Sun) 21:36:03  [No.1055]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:伊勢山上住人  URL

洞吹さん、コメントありがとうございます。

> 私が初めてプレート付きコンパスを買ったときのことを思い出しています。

うぶな山歩き3年目が、洞吹さんにも有ったのですね。

> だから、付いてきた説明書を何度読んでも、使い方が飲み込めなかったのです。
> しかし、ある日、山で説明書のとおりやってみて、
> ああ、自分はこっちへ行けばいいんだ……ということがわかったとき、

パソコンの前で考えていてもだめでしょうね。
山でやってみて、その精度にビックリしました。

> 本番のフィールドは、見通しがきかなかったり、

現在位置が把握できておれば、見通しのきかないのは問題ありませんが、

> 藪こぎのため進んだ距離が把握できなかったり、

これが問題です。
まっすぐに進めず、歩きやすいルートを取っているうちに設定コースから外れると、その修正が私には出来ないのです。

> この先、こうなるはずだ……と、常に予測と現実を照合しながら歩くことが、
> 現在位置を知るうえで、一番の基本だと思います。

肝に銘じて、山歩きを楽しみます。
ありがとうございました。

2005/11/27(Sun) 22:04:43  [No.1059]


洞吹さん、こんばんは。

> コンパスとは単に、「ああ、北はこっちかー」という程度の方角を知る道具だとしか
> 思っていませんでした。

私のコンパスの使い方は、いまだに↑この程度です。(^^;

> だから、付いてきた説明書を何度読んでも、使い方が飲み込めなかったのです。

私も何回も説明書を読みました。が、いまだに進歩せずです。

> しかし、ある日、山で説明書のとおりやってみて、

これを読んでいたら、やってみたくなりました。

> 本番のフィールドは、見通しがきかなかったり、
> 藪こぎのため進んだ距離が把握できなかったり、

現実問題、ほとんどが易々とは歩けない場所が多いような気がします。
みなさんが楽しそうなので、ちょっとやってみたらかなりの冒険でした。

> > 「地図を読む」とは、「進む先の地形を予測する」事のようです。
> まさに、そのとおりですね。
> この先、こうなるはずだ……と、常に予測と現実を照合しながら歩くことが、
> 現在位置を知るうえで、一番の基本だと思います。

一連のコメントを興味深く拝見しておりましたが、いちばん解り易かったのは
この部分です。「なるほど〜!」って声に出してしまいました。
登山道で迷った時にも活用できそうです。

ほとんど単独登山なので、私も地図読みがもっと出来るようになりたいです。

2005/11/28(Mon) 23:07:21  [No.1079]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:伊勢山上住人  URL

コダマさん、こんばんは。
洞吹さんへの書き込みに、私が割り込んで良いのかマナー知らずで、お許し下さい。一言書かさせて下さい。

> 私も何回も説明書を読みました。が、いまだに進歩せずです。
> > しかし、ある日、山で説明書のとおりやってみて、
> これを読んでいたら、やってみたくなりました。

実地でやってみてください。その精度の良さに驚愕されること請け合いです。
横から割り込んですみません。

伊勢山上住人

2005/11/28(Mon) 23:38:30  [No.1082]


伊勢山上住人さん、はじめまして。

少し前にサイト拝見させていただきましたが、高所恐怖症の私には
絶対に行けないような場所ですね。

> 実地でやってみてください。その精度の良さに驚愕されること請け合いです。

地図も定規付きのコンパスもありますので、ちょっと練習しなくては。
と!思うのですが、いざ山に入ると怖いんです。
まずはテープのあるバリルートで、テープを見ないようにして練習してみます。
でも私にはまだ課題が沢山あって、みなさんのような域に達していないのです。
まずは登山道歩きを完璧に、です。f(^^;

> 横から割り込んですみません。

いえいえ、気にしないで下さいね。勝手に割り込まないと面白くありませんヨ!(^^)
伊勢山上住人さんの書き込みがきっかけで、とても勉強になりました。
ありがとうございます。
ここは心の豊かな優しい人達ばかりですので、安心して書き込みして下さいね。

2005/11/28(Mon) 23:53:18  [No.1084]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:柳川洞吹

コダマさん こんばんは

> これを読んでいたら、やってみたくなりました。

どんどんやってみてください。
中に失敗はあるかもしれないけど、うまくいったら楽しくなりますから。

> 現実問題、ほとんどが易々とは歩けない場所が多いような気がします。
> みなさんが楽しそうなので、ちょっとやってみたらかなりの冒険でした。

ホイホイと楽に歩けるところばかりじゃなくて、
分速10mのジャングルジム藪こぎなんかもありますからね。

> 一連のコメントを興味深く拝見しておりましたが、いちばん解り易かったのは
> この部分です。「なるほど〜!」って声に出してしまいました。
> 登山道で迷った時にも活用できそうです。

迷うってことは、自分の現在位置がわからないってことですね。
あのー、はっきり言って、迷ってからでは手遅れですから、
迷ったときはズボラせずに、わかっている場所まで戻りましょうか。
もどれたら……の話だけど。(^^;

迷わないために、予測と現実との照合を実行してくださいね。

                                洞吹(どうすい)

2005/11/29(Tue) 00:02:56  [No.1087]


洞吹さん、こんにちは。

> 迷うってことは、自分の現在位置がわからないってことですね。
> あのー、はっきり言って、迷ってからでは手遅れですから、

コンパスの使い方の説明に、見えている山々と自分の今いる位置を
三角に結んで現在地を知るってあったような気がします。
迷ってからでも地図とコンパスを使っても遅くないのでは???
突っ込みではありません。純粋な疑問です。(スミマセン)

> 迷わないために、予測と現実との照合を実行してくださいね。

有り難うございます。そろそろ無茶のできない歳になって参りました。
登山道で迷うのは、卒業したいと思っています。(^^;
こちらでは低山の紅葉が綺麗になって参りました。

2005/11/30(Wed) 10:00:33  [No.1114]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:柳川洞吹

コダマさん こんばんは

> コンパスの使い方の説明に、見えている山々と自分の今いる位置を
> 三角に結んで現在地を知るってあったような気がします。
> 迷ってからでも地図とコンパスを使っても遅くないのでは???
> 突っ込みではありません。純粋な疑問です。(スミマセン)

理論的には可能ですね。
実際に役に立つかどうかは……疑問。
地図読み技術のレベルや迷いの程度にもよるけど。

(うまくいくかな?……その1)
自分のいる場所がわからない人が、
見えている山が地図上のどの山かわかるのかな?
それも、ふたつも特定しないといけない。
見えているのが富士山なら、よくわかるだろうけど。

逆に言うと、
見えている山が図上のどの山かわかる人、
見えている山を地形図と照合して、正確に推測できる技量のある人、
そんな人は、見えているふたつの山の方位から、自分のいる位置を知ることができる。

(うまくいくかな?……その2)
迷ったとき、うまいぐあいに他の山や特徴的な地形が見えるのかな。
雨、ガス、樹林の中、藪の中、谷間。

(うまくいくかな?……その3)
細い尾根上ならまだしも、
だだっ広い場所では、どれだけ精度を出せるかな。
測定角度がわずか1度違っただけで、図上の位置が何百メートルも違うのでは、
測るたびに、いる場所が違ったりしてね。

自分の位置がわかっている場所で、迷ったことにして、
どうなるか、まあ一度やってみてごらんなさい。

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2005/12/01(Thu) 00:53:06  [No.1122]


洞吹さん、こんにちは。

> 理論的には可能ですね。
> 実際に役に立つかどうかは……疑問。
> 地図読み技術のレベルや迷いの程度にもよるけど。

地図読みのレベルはあれども、迷ってからでも遅くない事がわかって
内心ホッとしました。現在地を正確に確定できなくても、
見えている山を知っていて進むべき方向が解っていれば、
たとえ迷っても帰れる率は高くなりますよね。

もし試すとしたら、超低山にします。(^^;;
お忙しい中、詳しい説明を有り難うございました。m(_ _)m

2005/12/02(Fri) 10:37:36  [No.1130]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:柳川洞吹

コダマさん こんばんは

> 地図読みのレベルはあれども、迷ってからでも遅くない事がわかって
> 内心ホッとしました。

あ、ちょっとニュアンスが違うような……
ホッとされると、とまどってしまいます。
「迷ってからでは遅いですよ」と言いたかったのです。

> 現在地を正確に確定できなくても、
> 見えている山を知っていて進むべき方向が解っていれば、
> たとえ迷っても帰れる率は高くなりますよね。

「現在地を確定できないけど進むべき方向が解っている」のは「迷った」のとは、違いますね。
進むべき方向が解っているのだから、そっちへ進んで特徴のある地点まで来れば、現在地がわかる。
こんなことは、誰でも普通にあることです。

迷ったというのは、
「どこにいるのかわからない」&「どっちへ行ったらいいのかわからない」
こうなったとき、見えている山を知っていたとしても、
「うまくいくかな?」なんですが。

よい山旅を!
                               洞吹(どうすい)

2005/12/04(Sun) 11:06:51  [No.1140]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:コダマ  URL

洞吹さん、こんにちは。

>「現在地を確定できないけど進むべき方向が解っている」のは「迷った」のとは、違いますね。
>進むべき方向が解っているのだから、そっちへ進んで特徴のある地点まで来れば、現在地がわかる。
>こんなことは、誰でも普通にあることです。

特徴のある地点まで行けたら、またそこから地図読み開始ですね!
なんせほとんど独学なもので、中途半端なお返事をしてすみません。

洞吹さんも昨日は鈴鹿でしたか。北の方は雨雲がたくさんでしたもんね。
私の家の真上は太陽が出ておりましたが、山に向かうほど空が暗くなって、
どんより気分でしたが登りました。雨だったら私も登らなかったと思います。
今朝はこの地方は朝から雨です。来週は晴れるといいですね!(^^)

2005/12/04(Sun) 11:34:27  [No.1141]


 こんばんは&はじめまして!伊勢山上人さん。

 わたしは、いまだSILVAのコンパス使いこなしてないので恥ずかしい限りです(^^;。
実は、コンパスを無くしてしまったようで、先日の大杉国見山山行はコンパスなし。
 実際のわたしの山行では、コンパスは山座同定ぐらいで余程のことがない限り使わない感じです。コンパスよりも高度計(アバウトですが)の方がよく使います。
 2万5000の地形図はわたしの山行には必須です。
ネットで落とした国土地理院の地図は時間があったり、メモ書きようにプリントアウトして持って行ったりしますが、縮尺・プリントアウトの問題やらあり、2万5000の地形図をもった上での程度です。

 また地形図に現れない小さな支尾根を読んだりするのは、難しいです。
 はじめて行った、奥山谷から明神平に上がったのですが、足元しか見れないホワイトアウトの中どうしようかと思ってたら、熊鈴の音が近づき遠ざかって行きました。その時はコンパスも見てましたが、不安の中、遠くで鳴る熊鈴の音を頼りに明神岳に登りました。
また、10代の頃、何ももたずに自分の庭のように思っていた標高700m程の山で迷って一晩寒い中すごしたことがあります。この時は寒さに震えながら、北極星を見て方向を確認して朝下山しました。
朝食時の家に服などボロボロの体でついたのに、家族は誰も心配していなかった(^^;;

2005/11/27(Sun) 23:25:10  [No.1063]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:伊勢山上住人  URL

zippさん、コメントありがとうございます。よろしくお願いします。

> 実は、コンパスを無くしてしまったようで、先日の大杉国見山山行はコンパスなし。

コンパス無しで山歩きですか。方位は太陽の位置と時計ですか?
山日和さんと出会ったダイラの頭では、あらぬ方向を指し示してしまいました。
私の方位感覚はまるでだめです。

> コンパスよりも高度計(アバウトですが)の方がよく使います。

私も高度計は好きです。気象の影響で20〜30mの誤差は常です。が、知らない尾根を登っていて、稜線との高度差が100mを切ると「もう少しだ」と嬉しくなります。

>  2万5000の地形図はわたしの山行には必須です。
> ネットで落とした地図は、縮尺・プリントアウトの問題やらあり、

最近目が悪くなってきました。1/25000の等高線が見づらくなって・・・

> また、10代の頃、山で迷って一晩寒い中すごしたことがあります。
> 朝食時の家に服などボロボロの体でついたのに、家族は誰も心配していなかった(^^;;

ご両親の太っ腹に「あっぱれ!」ですね。

今後ともよろしくお願いします。 伊勢山上住人

2005/11/28(Mon) 22:09:20  [No.1074]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:とっちゃん(こと)

伊勢山上住人さん、こんばんわ〜。

地図の見方の、書き込み読ませてもらいました。人の分かるように、こういうことを書くには、とっても難しいですね〜。よく、噛み砕いて書いてくださったなぁと思いました。

私も、前にコンパスを買って説明書を読みましたが、あんまりよく分からずに、その説明書を持って行き、山でやってみました。

友達と二人で、やったんですが、一回目と二回目が、全く逆方向に、行く路を示しました。

その時、何をまちがっていたんだろう???って、後から考えたんですが、一つは、地北線にコンパスをあわす時、北と南を間違って合わした。

もう一つ考えられることは、コンパスを行きたい方向に最初に置く時、矢印の方向に向けず、反対の紐のついてる方を行きたい方向に向けて置いた。

の、二つです。考えられない間違いなんだけど、全く初めての場合は、考えられない間違いさえも、分からないというところでしょうか。

ベテランの知人が、全く逆の方向に歩いてしまったと聞いたことがありました。
その時は、地図とコンパスで、何を間違われたのか、うっかりミスなのか分かりませんが。

尾根の中心に線を引いて行くと言うのは、初めて知りました。そんな方法があるんですね。

だだ、実際の山では、いつも尾根芯ばかり歩くとはかぎらないので、応用力が必要なんでしょうね。


伊勢山上住人 さんの、書き込みを参考にして、地図とコンパスを、もう一度見直してみました。いいきっかけにしていただいてありがとうございました。

コンパスには、距離の表示もあるんだと、改めて発見しました。ちゃんと、コンパスを見ていなかったんだと実感。

ただ、地図上では、コンパスから、だいたい何メートルで分岐とか読み取れるにだと思うんですが、私のように、自分が、出発点から何百メートル歩いたかが、分からない人間はどうすればいいのでしょう?

よく自分の歩幅を、測っておいてと聞きますが、歩幅×何歩を数えていくんでしょうか?

体感として、歩いた距離が分かるようになる方法っていうのがあるんでしょうか?どなたか教えて欲しいです。

私は路が呼んでくれることがあったりして、動物的な勘がけっこう当たる時があるのですが、地図とコンパスで知ってる地域でまず練習をやってみたいです。

誠実な、書き込みありがとうございました。この書き込みだけで無謀なことをして、迷う人は無いとおもいます。

知らない者は、最初慎重ですから、あくまでも、参考にしながら、試していくというのが本筋だと思います。

2005/11/28(Mon) 22:07:52  [No.1073]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:伊勢山上住人  URL

とっちゃん(こと)さん、こんばんわ〜。

> 人の分かるように、こういうことを書くには、とっても難しいですね〜。

現場で手を動かせば簡単なことでも、表現するのはまどろっこいです。
読まれる人も、字面を眺めていてもイメージ湧いて来ないし。
「百聞は一見にしかず」です。

> だだ、実際の山では、いつも尾根芯ばかり歩くとはかぎらないので、応用力が必要なんでしょうね。

そうなんです。武平峠から雨乞への道なんか、右へ左へくねくね。一々地形図見て現在位置確認していたら、山頂に着く前に日が暮れてしまうのでは・・・

> 伊勢山上住人 さんの、書き込みを参考にして、地図とコンパスを、もう一度見直してみました。いいきっかけにしていただいてありがとうございました。

「釈迦に説法」 若気(?)の至り、寛容にお許しください。

> ただ、私のように、自分が、出発点から何百メートル歩いたかが、分からない人間はどうすればいいのでしょう?
> よく自分の歩幅を、測っておいてと聞きますが、歩幅×何歩を数えていくんでしょうか?

そうではないと思います。私も自分の歩いた距離感がありません。しかし、今回それは必要ないと思いました。現在位置が特定できる場所から、次に特定できる特徴ある地形まで、それまで歩いてきた行程から「あと何分位で歩けるな」の勘を養えばいいのです。私が失敗した時は、5分以内でたどり着く所を探して、30分以上も歩いて行きました。もう完全なる道迷い。現在位置はさっぱり分かりません。

> 地図とコンパスで知ってる地域でまず練習をやってみたいです。

目から鱗。実地で試してみると、地形図とSILVAコンパスの精度の良いことに驚愕されますよ。きっと!

書き込みありがとうございました。
またよろしくお願いします。     伊勢山上住人

2005/11/28(Mon) 23:18:48  [No.1080]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:mayoneko  URL
Re: 地図とコンパスと高度計 (画像サイズ: 640×480 100kB)

最初は点を追いました。
次は線を結ぶのが楽しい時期でした。
今は面を楽しんでいます。
過去10年間山岳会では、25000とコンパス、高度計を持って歩き回りました。
5年ぐらい前にそれらを捨てました。
道を探すと迷います。
歩けるところを探します。
尾根芯にいると思うと、外します。
だから時々わざと外して歩きます。
自分がどれだけ外しているかと言う実感があるうちは安心できます。
その方が危険な場所も早く察知できます。
獣道が何故そこにあるのか?
二次林と植林の境目。
岩がどの様に落ちてガレを作るのか?デブリは?
好きなところは季節毎に登りたい。
臆病な単独行。
何処までが独りで帰れるゾーンか?
危ない危ない。

28日、午前中。
小鈴谷から伊勢尾、アザミ谷。
アザミ谷を下って冠谷の次の上流の支流、連瀑の谷。
3m〜8mぐらいの5つ程の連瀑の上は、ここも冠滝の上同様何もない。
とても歩き易い右岸尾根をたらたらと・・・そしてお花池へ。

2005/11/29(Tue) 15:10:18  [No.1100]


  Re: 地図とコンパスと高度計 投稿者:伊勢山上住人  URL

mayonekoさん、こんばんは。

mayonekoさんは、山歩き暦15年以上なのですね。

> 最初は点を追いました。

私は点を追えません。標高2000mを超えると高山病になります。

> 次は線を結ぶのが楽しい時期でした。

今私は、この時期なのでしょうか。
線を結ぶことが出来て、有頂天になってしまい、駄文を啓上しました。

> 今は面を楽しんでいます。
> 歩けるところを探します。

その域にまで達したいと願っています。
が、15年後は歩ける体でいるのかどうか? です。

またいろいろ教えて下さい。  伊勢山上住人

2005/11/29(Tue) 21:12:27  [No.1104]


mayonekoさん、こんばんは。
すべての尾根と谷とその間の斜面をルートの対象として見れば、山を面として捉えるのは当然ですね。
その面の中にいかに美しい(自己満足ですが)ラインを引けるかが大きな楽しみです。
特に雪山はそうですね。
でも私は地図もコンパスもよう捨てずにGPSまで使い始めてしまいました。
これは堕落なのか、はたまた進化と呼ぶべきか。

> 好きなところは季節毎に登りたい。
> 臆病な単独行。
> 何処までが独りで帰れるゾーンか?
> 危ない危ない。

わかります。

                     山日和

2005/11/30(Wed) 00:17:08  [No.1110]


掲示板に戻る