一括表示

雪遊び

【山 域】 鈴鹿・湖東  入道岳・津田山(奥島山)
【日 時】 2005.12.28(水)〜29(木)
【天 気】 曇り・曇り
【メンバー】5才 7才 他2名

   28日・晴れ 入道ガ岳

早めの雪プレゼントは嬉しいのだが 降りすぎは思うように出かけられないっうの
北勢には大雪警報が出てる 藤原岳には行けそうもないなあです
朝おきると少し雪化粧してる 入道に行こう雪遊びに絶好のフィルドに成ってるだろうよ

椿に入ると山稜に灰色のバックカーテンが引かれて 茶畑もお家も山景も雪国そのものなのだ
わずか20分も走るだけでそこはもう別世界だった
椿神社は迎春準備で慌ただしそう ダンプは除雪の雪塊を運び出してる
服装準備を万端にして林道を行く
M女史に出会い話ながら行く 元気の良い人だ
堰堤川原は脹らはぎ程の積雪だ 早速雪玉でじゃれあう
植林中は木上に積もりそれ程でもない
進むほどに見る見る雪は増えて M女史のつけたトレースは細く繋がるのだ
二本松コース5手前で早くもデッコ沈没だ
テントを設営基地とした うどん鍋ご馳走を作ろう
湯気ポッポ お腹ヌクヌク 元気モリモリです
パパさん行ける所まで行ってきて トレース有るから迷わないだろう
2時の時点で引き返せよ 降りる時はメールしてと解放した

さあチビらと遊ぼう
膝をこえる雪 除除に登り二本松尾根は明るい 陽の下に町の雪景色が光って見える
尾根上は風に吹かれて雪紋が出来てるのだ 県境のセッピは良く育ってるだろう
避難小屋こえると足跡は消えかけてる 右斜面はタップリの雪が吹き溜まってる
雪玉を転がすとダルマさんとなり跳ねて飛んでいく 大きな雪玉を転がり落とすとパッと広がり小玉となり走る 

M女史が降りてきた どうだった聞けば パパさん頑張ってたよ
山頂鳥居まで行けたの??
凄い雪だけれど私は行ったよと さすがヤマンバ女史だ 敬礼です 
ドカ雪は背を越す度を超してるのだ アセビは大方埋まって歩くに難儀だろうと思う
とてもで無いが登れないだろうな この雪質では思う
遊んでたらパパさん降りてきた 凄い雪だ
話すに7迄行けなかった 腰まで潜る雪に手も足も出なかったと
一人では無理だろうな 雪をクロールで泳がないと進めないよ
初めての経験はビックリばかりで 山遊びにはまりそうだと言葉は弾けてる 

帰りはこの斜面を降りていこうか イコイコ子どもらその気満点だ
少しの躊躇もなくチビさん達 雪中に飛び込んで行くのです
腰まで潜るも巧くシリセイドウー 滑らないと成るとコロコロ転げて降りていく
薄暗い植林の中にテントが目印 一時間の登りに10分の滑り降りだった
もう一遍行くも明日も行くから是までと引き返しだ
急斜面を選びながら転げ降るのでした
こんな雪は滅多に無いよ 雪質をみて滑れるか危ないか見分けられる様にね
好い日 雪遊びでした

    29日・曇り 津田山

一番電車は草津線 京都行きはお気に入りの車内 ゴトゴト揺られながらモーニングと気付け薬を一献いただくの(^^)ニィハオ〜
近江八幡で下車 遠くの山は真っ白けだ比良連峰かなあ 
登山口は湖岸で好い眺めの所だ
長命寺本殿まで804段と きつい登りだなあが続く 
木に積もった雪が融けて雨だれが冷たい
長命寺は名の通り長生き願いする 西国三十一札所だ
三重塔や立派な堂伽藍が在るなあです 変わった岩塊もある
この上から山へ行けますか聞けば ダメとのことだ
地図見れば行けるの判ってるが 子連れだから自重しましようです

林道折れの所から遊歩道が登ってる
ユックリの登り 雪が飾って好い感じだ
足跡が沢山あるなあ 先行者がいるようです
揺ったりの鞍部に降りて津田山への登り
上から降りてくる一団は土地の人達だった
縄を持ってる 何しに登ったのかなあ
山頂はイワクラのある御神域だった
大岩には新しいしめ縄が飾られていた なかなか立派なものです
取り付けの人達だったのだ
ここでうどん鍋のお昼です
湯気ポッポ お腹ヌクヌク 元気モリモリはいつものとおり

この先に展望台が在るそうです 行きましょう
雪はグッ〜と増えて賑やかな道です ルンルンだね軽やかだね
思わぬ位置からパッと視界が広がった 大きな岩場に標示がある行場だ
展望は素晴らしい 琵琶湖に雪の比良山稜が望めるビューポイントだ
暫し見とれる このまま降りていこう
深くなった雪を楽しんで行くと あっだ〜林道にでてしまった
それからモウひと歩きで 湖岸の宮ケ浜水泳場にでるのでした
バスは出た後でした こちらから登れば良かったんだも後の祭りです
待ちはホテルでユックリ余裕の時間でした

チョットしたハプもあったけれど 
今日も楽しく歩けた 人も歩けば棒に当たるですね
次はどこ行こうかなです

                 緑水



  

2005/12/30(Fri) 20:29:53  [No.1296]


緑水さま

> 北勢には大雪警報が出てる 藤原岳には行けそうもないなあです

雪の藤原、私も考えていましたが、洞吹さんの報告を読んで、
え?朝明で道標が隠れてる?とびっくりです。
ワカンはあっても、独りで北へは行けそうにありません。

> さあチビらと遊ぼう

以前お会いしたおチビさん達は、もう大きくなっておられると思うので、
たくさんお孫さんがおられるんですねぇ。(^^)

> 膝をこえる雪 除除に登り二本松尾根は明るい 陽の下に町の雪景色が光って見える

入道でもこんなですか〜。(ーー;

> ドカ雪は背を越す度を超してるのだ

すごいですねぇ、一歩間違えば転落しそうですね。

> 帰りはこの斜面を降りていこうか イコイコ子どもらその気満点だ
> 少しの躊躇もなくチビさん達 雪中に飛び込んで行くのです

緑水さんの手のひらで遊ぶ、おチビさん達の笑顔が目に浮かびます。
我が父は65ですが、もう85くらいの様相。
何もせず電話口ではぼやきばかり、緑水さんを見習ってもらいたいものです。
ここ10年、正月すら実家にも呼んでももらえず、故郷の無いワタクシ。(; ;)

私も孫と山で遊ぶ、元気なお婆ちゃんを目指して頑張るのだ。o(^^)o
心温まる楽しい報告に、いつも癒されてます。

2005/12/31(Sat) 11:27:35  [No.1300]


コダママダムさま 晦日ですね 
まさにさまに成らない内から さまはやめて下されさま

>> 北勢には大雪警報が出てる 藤原岳には行けそうもないなあです
> ワカンはあっても、独りで北へは行けそうにありません。

藤原岳は大雪時に登るに良い山ですよ
電車で行けるから 直ぐにトレースがつきますね
御池にしても国道は雪と成れば カントリースキーヤーがスイスイと入ってるだろうね

> 以前お会いしたおチビさん達は、もう大きくなっておられると思うので、
> たくさんお孫さんがおられるんですねぇ。(^^)

楽しい想い出が残してやれればと思いますね
夏にはアルプスの雄大な景観を見るための準備してるつもり

>> ドカ雪は背を越す度を超してるのだ
> すごいですねぇ、一歩間違えば転落しそうですね。

前に一晩で1メートル積もった 鎌ガ岳の三ッ口谷は滝も何もスッポリと埋まり
両側の斜面は緩やかなV字状の雪谷と成って面白かった
今年もそんな雪状に成る様ですね 

>> 帰りはこの斜面を降りていこうか イコイコ子どもらその気満点だ
>> 少しの躊躇もなくチビさん達 雪中に飛び込んで行くのです

まるでプールに飛び込む様に身を投げ出す 子どもだから出来るワザだね

> ここ10年、正月すら実家にも呼んでももらえず、故郷の無いワタクシ。(; ;)
> 私も孫と山で遊ぶ、元気なお婆ちゃんを目指して頑張るのだ。o(^^)o

今が大切だね 今は直ぐに想い出になっていく つないでいって下さいな
好い可愛いバアちゃんに成れると思うよ
山は一人でも相方とでも大勢でも たい山なんだから楽しいですよね

好い山行きをです         緑水

2005/12/31(Sat) 21:17:25  [No.1314]


緑水さま ←いいの!これにしたの!

> コダママダムさま 晦日ですね 

バーのママみたい。あぁ、大晦日も一人で紅白見ています。
緑水さんのところはみんな集まって賑やかなんでしょうね。

年末も年始も夫は出勤です。24時間体制。(^^; 朝帰ってきたら、
弁当だけ掴んで、そのまま毎日ハンティングに行っちゃうし。
元旦も一人で初日の出。(ーー;

> まさにさまに成らない内から さまはやめて下されさま

敬愛する緑水先生ですもの、当然のことよ。ほほほ。(バーのマダム風)

> 今が大切だね 今は直ぐに想い出になっていく つないでいって下さいな

そうですね!今が大切、今日一日が大切。来る明日が大切。健康に感謝。
やっぱり緑ちゃん良い事言うなぁ!一筋の光が差したような気がしました。
寒そうだけど、やっぱり早起きして、最初の朝陽見よっと。
あーあ、早く寝ようと思ったのに、もう行く年来る年だよ。(^^;

皆さん、よいお年をお迎え下さいませ。駄文を読んで下さりありがとうございました。
どこかでお会いできたら、気軽にお声をかけて下さいね。m(_ _)m from.コダマ

2005/12/31(Sat) 23:52:23  [No.1329]


緑水さん、こんにちは。

> 早めの雪プレゼントは嬉しいのだが 降りすぎは思うように出かけられないっうの

ホントですねー。何ごともほどほどがよろしいようで。
いつもチェックしてる余呉高原のスキー場はなんと360センチ。
毎年50センチ前後ウロウロしてる遊ランド坂内が2メートル近いという豪雪。
冬はとても入れそうにない勢いで積もってます。
春まで待つか・・・(^_^)

> 遊んでたらパパさん降りてきた 凄い雪だ
> 話すに7迄行けなかった 腰まで潜る雪に手も足も出なかったと
> 一人では無理だろうな 雪をクロールで泳がないと進めないよ
> 初めての経験はビックリばかりで 山遊びにはまりそうだと言葉は弾けてる 

はまってきましたねー。山屋誕生ですね(^^)

> こんな雪は滅多に無いよ 雪質をみて滑れるか危ないか見分けられる様にね

そうですね。危険を見分けられる眼力を小さいうちから養っておきたいですね。

                        山日和

2005/12/31(Sat) 16:37:29  [No.1312]


山日和 こんばんはです
今年は善いことが幾つも有った福年に成りましたね

>> 早めの雪プレゼントは嬉しいのだが 降りすぎは思うように出かけられないっうの
> ホントですねー。何ごともほどほどがよろしいようで。

なんぼ積もっても時々には休んで貰わないと 道路がもたんやんかなあ 

> いつもチェックしてる余呉高原のスキー場はなんと360センチ。

椿坂は通行出来ないだろう 雪崩がでるよね
春山は面白く成りそうですね(^^)

>> こんな雪は滅多に無いよ 雪質をみて滑れるか危ないか見分けられる様にね
> そうですね。危険を見分けられる眼力を小さいうちから養っておきたいですね。

ドカ雪は怖いですよね
降りばかりの斜面は良いけれど 少しでも登りの部分が有ればアウトだ
登り返しは絶対できない 雪中で藻掻くだけだもんね雪ブクブク轟沈だ
雪国は屋根の雪下ろしで 雪中へ転落したらまず助からないだろうな
雪が締まれば天国散歩ですね

雪遊びをです             緑水

2005/12/31(Sat) 21:15:36  [No.1313]


  Re: 【地場馬子自然塾 NO8】 投稿者:とっちゃん(こと)

緑水さん、こんばんわ〜。

孫さんたちと、雪遊び歓声が聞こえるようです。そのそばで、ニコニコ顔の緑水さんの笑顔も、目に浮かぶ〜。(*^_^*)

入道は、冬1月の定番の山で、登っています。頂上の展望はいいですもんね。鎌がどんと座っている。

津田山周辺は、1年9ヶ月前の手術の後のリハビリハイクで友人やファミリーで、ぶらぶらと何回か歩きました。

びわ湖の展望がいいですね〜。冬には行ったことがないですが雪をまとった比良がきっと美しいでしょうね。

ほんと、いいおじいちゃんしてますね。

2005/12/31(Sat) 23:46:08  [No.1326]


Re: 【地場馬子自然塾 NO8】 (画像サイズ: 640×480 57kB)

とっちゃん(こと)さん 今年は飲み正月になってしまった 
バアちゃん 風邪ひきで誰も来ない様にしてるから
今日の雨での湿潤は有り難いですね

> 入道は、冬1月の定番の山で、登っています。頂上の展望はいいですもんね。鎌がどんと座っている。

俺らが山です 四季いいのですが冬が一番いいですですね
ブラッとモーニンランチ いつでも閑人のお相手をしてくれますわ(^^)

> 津田山周辺は、1年9ヶ月前の手術の後のリハビリハイクで友人やファミリーで、ぶらぶらと何回か歩きました。

雪が有るだろうで行きました すっかりの雪景色は清々しくてイワクラ〆縄は 入道イワクラに通ずる神ノ道だと直感しましたね

> びわ湖の展望がいいですね〜。冬には行ったことがないですが雪をまとった比良がきっと美しいでしょうね

大和人のルーツが有るところ 色んな所訊ねると心が活き活きしますよね

> ほんと、いいおじいちゃんしてますね。

もう幾らも残ってないですよ
チビらに負けるなあ 感じる所が多々あるものね

好いぶらつきをです          緑水

2006/01/02(Mon) 10:31:03  [No.1368]


掲示板に戻る