一括表示

  【鈴鹿】ヤケギ谷右岸尾根 投稿者:柳川洞吹

【鈴鹿】ヤケギ谷右岸尾根

【山 域】 鈴鹿 宮指路岳周辺
【日 時】 2005/4/23(土)
【天 候】 晴れ
【メンバー】 単独
【コース】 大石橋8:40---ヤケギ谷右岸尾根ca800mコバ10:00/10:10---東海展望10:30
---宮指路岳10:45/10:55---県境稜線二重山稜(昼食地)11:25/12:45
---イワクラ尾根分岐13:25---大岩谷下降13:35---大石橋14:45

小岐須渓谷、大石橋の宮指路岳登山口。
「おはようございます。どちらに登られるんですか?」
先着していた登山者から声がかかった。
洞「おはようございます。宮指路岳です。」
登山者「ああ、それならこっちですよ。」と林道支線を指差す。
洞「……あ、ありがとうございます。」
これで、いきなり違う方向の斜面を登り出すのはなんとなく気が引けたので、
デジカメを出して景色を撮っているふりをして、その人を見送る。

ヤケギ谷右岸尾根。
大石橋の宮指路岳登山口から、
ヤケギ谷を通る登山道に並行して、ヤケギ谷の右岸の尾根上を歩き、
東海展望手前でこの尾根に登ってきた登山道に合流するルートだ。

登山道に入り、すぐ左手の植林斜面を登って尾根に上がる。
尾根上には杣道があって、藪はまったく無く、楽に歩ける。
6年前に初めてこの尾根を登ったときは、
ヤブコギ覚悟で尾根に上がったのに、
まるで登山道のようにスイスイ歩ける尾根にびっくりし、また拍子抜けしたものだった。

植林と自然林の境目を行く。
植林はしっかり枝打ちされており、同じ植林でも放置されている植林と違って、
明るくて気持ちがよい。

歩いているうちにふと見ると、
目の前に長さ1mくらいの黒色の棒が横たわっている。
ヘビだ。
枯れ枝を拾ってチョンチョンとつついてみる。
動かないぞ。
チョンチョン。
するとヘビはしっぽを振った。
おお、なついておるのか。そうかそうか。
チョンチョンチョン。
クニャクニャッ、グググッ、シャキィィィーン。
突然ヘビは頭を上げ、首を垂直方向にS字にして攻撃の構えをとった。
うわうわ、ワシが悪かった。許せ、許せ、許してくれい。
あせって迂回し、走り去る。

ガレの縁から野登山がどっかりと座って見える。
やがて植林が終わると尾根がやせ、椿とツツジ、タムシバが咲く気持ちのいい道になった。
尾根は、ときどき露岩混じりの急登になったり庭園風になったりして、
変化があり面白い。

ca800mのコバで、尾根は90度右に曲がる。
登ってきた正面には、宮指路岳から仙ヶ岳へと続く県境稜線の、
犬帰しの険の荒れたザレ場が見えている。
右すぐ上には東海展望の、その先には三体仏の岩場が見えている。

ここで一息入れて、この先に備える。
道が良くてヤブコギも全くと言ってよいほど皆無なのは、このすぐ先のコルまで。
そこからは、今までとは打って変わった見上げるような急斜面を、
立ち木をうまく使って登っていく。

急登15分。
露岩をうまく巻きながら、ピークに登り詰めると、
仙ヶ岳、仙鶏尾根、野登山、伊勢平野の展望が広がった。
ここからわずかで、ポンと登山道に出る。
ヤケギ谷を通ってくる登山道が、ちょうど尾根に乗った地点で、
東海展望のすぐ手前だ。

ここからは人も行きかうようになり、
宮指路岳、小岐須峠と、早足で進む。
小岐須峠から先は、また静かな山になった。

仏谷源頭を過ぎると、二重山稜になっているところがある。
ここは何度見ても不思議な、そして面白い地形だ。
そして、そのまわりに広がるなだらかで複雑な地形が、
二次林の中でいい雰囲気を作っている。
私の大好きな場所で、今日は、ここに来るのも目的のひとつだ。

静かな樹林の中で心地よい陽射しを浴びながら、
今シーズン最後のうどん鍋が湯気を上げ、ゆっくりとビールを飲み、本を読む。
う〜ん。これ以上の贅沢があろうか。

県境稜線はアセビの花が満開だった。
帰りは、イワクラ尾根の鞍部から大岩谷を下りる。

                       洞吹(どうすい)

2005/04/24(Sun) 16:44:21  [No.130]


洞吹さん、こんばんは。

> 登山者「ああ、それならこっちですよ。」と林道支線を指差す。
> 洞「……あ、ありがとうございます。」
> これで、いきなり違う方向の斜面を登り出すのはなんとなく気が引けたので、
> デジカメを出して景色を撮っているふりをして、その人を見送る。

バリハイストにはよくあるパターンですね。昔大峰の神童子谷を遡行したあとレンゲ峠からレンゲ辻谷
を下りようとしたら、たむろしていた行者の皆さんに「そっちは道ちゃうでー」と叫ばれたのを思い出します。

> まるで登山道のようにスイスイ歩ける尾根にびっくりし、また拍子抜けしたものだった。

このルートは未踏。ぜひ行ってみなければ。

> 突然ヘビは頭を上げ、首を垂直方向にS字にして攻撃の構えをとった。

森の仲間にやんちゃをしたらあきまへん。

> 仏谷源頭を過ぎると、二重山稜になっているところがある。
> ここは何度見ても不思議な、そして面白い地形だ。

ここは去年元越谷遡行後雷に襲われて逃げ込んだ林です。心臓が止まりそうでした(@_@;)

                    山日和

2005/04/25(Mon) 22:46:26  [No.142]


山日和さん こんばんは

このルート、ヤケギ谷右岸尾根は、左岸尾根とあわせて、私の大好きなルートです。
特に、変化のある尾根を辿って、最後に急斜面をよじ登り、
展望のピークからポンと登山道に出る妙が、なんともいえませんぞ。

> 森の仲間にやんちゃをしたらあきまへん。

反省してるでおます。(^^;

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/04/26(Tue) 23:16:57  [No.154]


  Re: 【鈴鹿】ヤケギ谷右岸尾根 投稿者:とっちゃん

こんばんわ〜。鈴鹿にいらしてたんですか。

>長さ1mくらいの黒色の棒が横たわっている。
> ヘビだ。
> 枯れ枝を拾ってチョンチョンとつついてみる。
> 動かないぞ。
> チョンチョン。
> するとヘビはしっぽを振った。
> おお、なついておるのか。そうかそうか。
> チョンチョンチョン。
> クニャクニャッ、グググッ、シャキィィィーン。
> 突然ヘビは頭を上げ、首を垂直方向にS字にして攻撃の構えをとった。
> うわうわ、ワシが悪かった。許せ、許せ、許してくれい。
> あせって迂回し、走り去る。

おかしいね〜。洞吹さんらしい??(@_@)で笑っちゃう。


> ここは何度見ても不思議な、そして面白い地形だ。
> そして、そのまわりに広がるなだらかで複雑な地形が、
> 二次林の中でいい雰囲気を作っている。
> 私の大好きな場所で、今日は、ここに来るのも目的のひとつだ。
>
> 静かな樹林の中で心地よい陽射しを浴びながら、
> 今シーズン最後のうどん鍋が湯気を上げ、ゆっくりとビールを飲み、本を読む。
> う〜ん。これ以上の贅沢が

毎回の、静かな山での楽しみ、リフレッシュして明日に向かえるね。
山に感謝!。

2005/04/26(Tue) 22:56:43  [No.151]


とっちゃん こんばんは

> こんばんわ〜。鈴鹿にいらしてたんですか。

はあい、自分ちの庭に帰ってきた気分ですよ。

> > あせって迂回し、走り去る。

ちょっとワルノリしてしもたです。(^^;

> 毎回の、静かな山での楽しみ、リフレッシュして明日に向かえるね。
> 山に感謝!。

はい、日頃、ストレスの嵐だもんで。
最高のストレス解消です。
ほんとに、山に感謝ですね。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/04/26(Tue) 23:22:13  [No.155]


こんばんは
宮指路のヘビさん昼寝してたですか、
くろ色とは、なんちゅう名のヘビかなあ。

> ヘビだ。
> 枯れ枝を拾ってチョンチョンとつついてみる。
> 動かないぞ。
> チョンチョン。
> するとヘビはしっぽを振った。
> おお、なついておるのか。そうかそうか。
> チョンチョンチョン。
> クニャクニャッ、グググッ、シャキィィィーン。
> 突然ヘビは頭を上げ、首を垂直方向にS字にして攻撃の構えをとった。

このヘビは根性が有るなあ、まだ寒かろうに体温上がって無いだろうにね。
前に八風峠への林道で一目20匹以上のヘビが林道で日向ボッコしているのに出合った事がある。
ビックリしたけど良くみると、ヘビ特有の張りと艶が無いの。
ダラ〜っとしてね、骨が浮いているみたい。遠くから石を投げたらフッと起きて身体が張った、あれは未だ印象に残ってる。

> ca800mのコバで、尾根は90度右に曲がる。
> 登ってきた正面には、宮指路岳から仙ヶ岳へと続く県境稜線の、
> 犬帰しの険の荒れたザレ場が見えている。
> 右すぐ上には東海展望の、その先には三体仏の岩場が見えている。

緑が拝観尾根って呼んでるルートなんだ、三体仏は良い角度でみえるでしょう。
良い山遊びをです      緑水。

2005/04/29(Fri) 20:23:02  [No.170]


緑水さん こんにちは

> 緑が拝観尾根って呼んでるルートなんだ、三体仏は良い角度でみえるでしょう。

拝観尾根ですか。
ほんとに、三体仏が拝みたくなるような角度で空に映えていましたね。
対岸のヤケギ谷左岸尾根とともに、いい遊び場です。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/05/04(Wed) 17:08:54  [No.183]


掲示板に戻る