一括表示

【行き先】 越美・残雪の夜叉ケ池から三周ケ岳(1292.0m)
【日 時】 2005年4月24日(日)
【メンバー】矢問・MICKEY
【コース】 今庄町・広野ダム−登山口−尾根−夜叉ケ池−三周ケ岳

http://homepage3.nifty.com/komachans3/yama3/sansyuu.htm

山日和さんは10日に行ってダムから先のところでデブリに会い、登山口まで林道歩きで
夜叉ヶ池周辺と夜叉ヶ丸へのレポ。洞吹さんは17日に行って登山口まで車で入れて三国
岳へのレポ。2つのレポを読んで、以前から行ってみたかった残雪の三周ケ岳へすごく行
きたくなり、前夜泊でと自宅を出発。午後23時半に広野ダムに着くとトイレの横にチェ
ーンが張られ施錠。「5月中旬まで入山禁止」の注意書きもありダムから先は通せんぼ!。
「そんな馬鹿な・・・。先週、洞吹さんは車でこの林道を登山口まで行けてるのに!」
とりあえず広野ダムのトイレ横で前夜泊。夜中に4〜5台車が来たが、注意書きを読んで
「他の山へ行こう」と行ってしまった。あきらめるべきなのかなぁ・・・。気温4度。

5:10
「行けるところまで行って危険な箇所があれば戻ろう。」とチェーンをくぐり林道歩き。
5kmの往復プラスでは、三周ケ岳と三国岳の二座は時間的にキツイ。三周ケ岳に絞ろう。
林道の斜面はフキノトウが沢山出ている。石が多いが、どう見ても車が通るには支障がな
い。何故今日は通行できないのだろう・・。岩谷川は雪解けの水ですごい勢いと音だ。

6:10
登山口にやっと着いた。幹回り6.4m、樹高34m、樹齢400年のカツラの木がある。
クマ出没の注意書き。登山届けの竹筒がある。
軽く食事にして登山道を行くか尾根を行くか地形図を見ながら考える。
洞吹さんのアドバイスに従って尾根筋をとることにした。取り付き点を模索する。
少し登山道を登り、尾根登りに取り付いた。急斜面だが、木をつかみ登っていける。
雪の量がわからず、ピッケルも12爪アイゼンもワカンも持参した。尾根の取り付きが
相当な斜面でピッケルもアイゼンも要るかと思ったが取り付き点に雪はなかった。
登っている尾根筋にはイワウチワが群生していて一面に綺麗に咲いている。
それが過ぎると笹とシャクナゲのジャングル地帯。雪の重みですべて枝が下を向いていて
登るにはすこぶるじゃまをする。高度も600mを越えると雪が斜面に残っている。
800mを越えるとしっかり残っているが、雪面を登ったりヤブに突入したりの繰り返し
で対応に忙しい。それにしてもシャクナゲが多い斜面の登り枝よけに忙しい。
「おおっ、うっすら雪に足跡がある。山日和さんのかな?洞吹さんのかな?」
雪の急斜面はステップを切ろうとしてもまだ堅くてなかなかうまくいかない。

8:00
雪の尾根を歩いたりブッシュをかき分けたりを繰り返すと周囲の展望が開けだした。
太陽がぐんぐん気温を上げる。雲一つ無い。「暑いねぇ。」とすでにMICKEYは半袖だ。

8:30
夜叉ケ丸の雪の北斜面をトラバース気味に歩き、支尾根を越えると夜叉ケ池だ。
周囲の一部が薄く見えるがまだ凍って雪に包まれて白い。誰もいない静寂の池。
池の北側を回り込み県境尾根に乗った。東側の雪の山々の姿が美しい。
県境尾根は雪がまだ厚いところもあれば笹藪をかき分けて登る所の繰り返しだ。

9:00
岩場だ。右を巻く道をMICKEYが偵察したが厚い雪の壁で回り込めないという。
岩場を直登することにした。尾根が北東から東に曲がった所のピークは少し禿げていて
展望を楽しみながら休憩できる。「まだ三周ケ岳は遠いね」「すごく良い天気で暑いね」

雪の尾根になったり腰高の笹になったり頭までの笹になったりを繰り返す。
「そう言えば洞吹さんが、ヤブの三周って言っておられた」と思い出す。
雪の展望がどんどん素晴らしくなってくる。「素晴らしいね」と二人とも感嘆の声が続く。
最後の雪の斜面をMICKEYはスピードをあげて登っていく。
またついて行けない(^^;)

10:00
三周ケ岳 山頂。「うわ〜、すごいパノラマ!」白山はじめこの前登った荒島岳も見える。
北東方向の展望は実に素晴らしい雪のパノラマ。展望を楽しみながらラーメンを食べる。
ぐるりと能郷白山、伊吹山、金糞岳、霊仙山なども見える。空は雲1つない晴天。

10:30
下山開始。逆の景色を見ながらの下山も実に気持ちが良い。
登りで直登した岩場は左(東)回りで巻いた。雪の厚くて高い壁も乗り越えた。

11:25
夜叉ケ池。やはり誰もいない。僕たちの雪上の足跡がとけて消えかかっていた。
朝より池面の縁の氷もとけているように見えた。
暑くて、もうここで2人とも1リッターのお茶はなく、残り500cc。
登山道で下るか、登ってきた尾根を下るかを検討した。もと来たルートを下ることにした。
下りは楽だ。雪の斜面は尻セードやスキーのように滑って行ける。ウグイスが多い。
シャクナゲジャングルの枝も下りは逆方向なのでそれほどじゃまにならない。

12:45
登山口。11台の車がある。「えっ、車が入れたのか??」と思うと福井県森林管理組合
の車の様だ。1人の男性と会釈。入山禁止で注意されるかと思った・・・・。
林道を15分ほど歩いていると後ろから先ほど登山口に停まっていたうちの4台の軽トラ
等が来て、「荷台に乗れ」と指で合図された。「ありがとうございます。お言葉に甘えま
す」荷台には1人の登山の男性が先客で乗っていた。
「この時期が夜叉ケ池が静かで来たのですが、登山道がすごい雪であきらめました。入山
規制しているのを知っていますか?と言われちゃいました(^^;)」とのこと。

13:10
長い林道を軽トラの荷台に乗って広野ダムのトイレ横まで。「ありがとうございました」
やはり通行止めのチェーンを開けて、そして閉めて施錠されていた。

ダムの周囲の桜はまだ蕾で咲いていない。朝4度だった気温は19度になっていた。
今庄サイクリングターミナルで汗を流した。空いていて貸し切り状態で400円。
往きと同じく復りも今庄−敦賀だけを高速に乗りあとは地道で帰宅した。
登山口から上では、念願だった誰にも会わない静かな夜叉ケ池と三周ケ岳を楽しめた。

2005/04/24(Sun) 23:35:03  [No.137]


矢問さん、こんばんは。

> 5kmの往復プラスでは、三周ケ岳と三国岳の二座は時間的にキツイ。三周ケ岳に絞ろう。

そうですね。林道終点まで入れればダブルで行けたでしょう。でもまたのお楽しみということで・・・(^_^)

> 周囲の一部が薄く見えるがまだ凍って雪に包まれて白い。誰もいない静寂の池。

ここは人さえいなければ素晴らしい場所。池の周囲のゆったりとした空間と、県境稜線の向こう側の
急峻な斜面のギャップがまたいいですね。

> 岩場だ。右を巻く道をMICKEYが偵察したが厚い雪の壁で回り込めないという。

夜叉ヶ丸から見た時も雪壁状で通れないだろうなと思ってました。

> 三周ケ岳 山頂。「うわ〜、すごいパノラマ!」白山はじめこの前登った荒島岳も見える。
> 北東方向の展望は実に素晴らしい雪のパノラマ。展望を楽しみながらラーメンを食べる。
> ぐるりと能郷白山、伊吹山、金糞岳、霊仙山なども見える。空は雲1つない晴天。

よかったですねー。前日は高曇りといった感じで抜けるような青空は拝めませんでした。

> 等が来て、「荷台に乗れ」と指で合図された。「

ラッキーでしたね(^_^)

> ダムの周囲の桜はまだ蕾で咲いていない。朝4度だった気温は19度になっていた。

湖岸をぐるっと一周した時には満開に見えましたが・・・

> 今庄サイクリングターミナルで汗を流した。空いていて貸し切り状態で400円。

今庄インターから南条の方へ少し行った所にある「花はす温泉そまやま」もなかなかいい温泉ですよ。

                 山日和

2005/04/25(Mon) 22:38:10  [No.141]


山日和さん、こんばんは(^^)。

> そうですね。林道終点まで入れればダブルで行けたでしょう。でもまたのお楽しみということで・・・(^_^)
時間も問題でしたが、僕には天敵の暑い日差しがもっとキツかった(^^;)

> ここは人さえいなければ素晴らしい場所。
人の多いときを知らない僕は幸せ者??(^^)v

> 夜叉ヶ丸から見た時も雪壁状で通れないだろうなと思ってました。
登りの時は向こう側が全く見えず状態もわからないしゴソッと落ちたら・・・と恐がりは岩をよじ登りました(^^) 
帰りは岩の下りがいやで、下の状態は見てきたので上からは何とか巻いてやれ〜と壁越えしました。でも上から3mほど滑り降りるのが止まってくれるかチト怖かったです(^^;)

> よかったですねー。
いやホント(^^)頂上近くになって広がりはじめた今まで見えなかった景色に感動し、山頂に行ってこれまた感動しました。疲れが「一瞬」ふっとびました。

> ラッキーでしたね(^_^)
このトラック輸送はホントにラッキーでした(^^)
最初は「連行+注意+始末書」かと・・・(^^;)

> 湖岸をぐるっと一周した時には満開に見えましたが・・・
ほかは咲いていたのですね。トイレ横の桜は完璧に堅いつぼみでしたよ。

> 今庄インターから南条の方へ少し行った所にある「花はす温泉そまやま」もなかなかいい温泉ですよ。
φ(。。;)メモメモ 

尾根の陰部分に残った下りの足跡が山日和さんの足跡だとレポを読んで知り、おおっ!!(^^)とうれしくなりました。
また静かな山へ足跡追っかけします〜m(..)m(^^)

2005/04/26(Tue) 21:42:53  [No.145]


矢問さん、こんばんわ〜。

いつも朝早い出発ですね。朝寝坊の私にはまねできません。いつもぱっと目が覚めるんですか?

>熊出没の注意書き。登山届けの竹筒がある。

越前甲では、地元の消防の方が出没のチラシ配ってはりました。今年は雪が多くて熊ちゃんもお腹すいちゃってるんでしょうか?

> 登っている尾根筋にはイワウチワが群生していて一面に綺麗に咲いている。

イワウチワは可憐で大好きです。尾根一面いいですね〜。

>凍って雪に包まれて白い。誰もいない静寂の池。
20年近く前に、凍った池の上を歩いたことがありました。あれはいったい、何月だったのか、わすれっちゃったのですが。

>三周ケ岳 山頂。「うわ〜、すごいパノラマ!」白山はじめこの前登った荒島岳も見える。
> 北東方向の展望は実に素晴らしい雪のパノラマ。展望を楽しみながらラーメンを食べる。
> ぐるりと能郷白山、伊吹山、金糞岳、霊仙山なども見える。空は雲1つない晴天。

日曜は、ぴかぴかの青空、展望よかったでしょう。

> 逆の景色を見ながらの下山も実に気持ちが良い。

逆の景色はまた新鮮ですね。いつもいつもそう思います。

仲良しご夫婦の次の山旅日記楽しみにしてま〜す。

2005/04/26(Tue) 22:12:59  [No.147]


とっちゃんさん、おはようございます(^^)。

> いつも朝早い出発ですね。朝寝坊の私にはまねできません。いつもぱっと目が覚めるんですか?
子供の頃から目覚まし時計で起きたことありません(^^)
気にしい、神経質、こわがり(^^;)

> 越前甲では、地元の消防の方が出没のチラシ配ってはりました。
これ・・・今年どの山も気になりますね。昨年は食糧不足で冬眠して餓死もでる予測されてましたし、目覚めたら気が荒れてるのと・・。

> イワウチワは可憐で大好きです。尾根一面いいですね〜。
いや〜、あんなに咲いていると、通るのにメチャ気を使いますね(^^;)。踏まないと進めないところも出てくるし(;_;)

> 20年近く前に、凍った池の上を歩いたことがありました。
歩けるの???怖いなぁ(^^;) 氷が割れてはまっても誰もいないし・・・(^^;)。

> 日曜は、ぴかぴかの青空、展望よかったでしょう。
すごかったですね。疲れが吹っ飛び〜(^^)

> 仲良しご夫婦の次の山旅日記楽しみにしてま〜す。
登山口、ヤブ前、山頂ぐらいで会うぐらいの別行動ですけどね(^^;)
女性のパワーには息が続きません・・・。

2005/04/27(Wed) 05:39:36  [No.162]


矢問さん こんばんは

矢問さんといい、山日和さんの2回目といい、
みんな雪崩をうったように、こんどは広野ダム入りですなあ。

> ーンが張られ施錠。「5月中旬まで入山禁止」の注意書きもありダムから先は通せんぼ!。
> 「そんな馬鹿な・・・。先週、洞吹さんは車でこの林道を登山口まで行けてるのに!」

おうおう、なんてこったい……ですね。
とりわけ、山日和さんなんかは2回ともですね。
これで、私の日頃の行いがいかに良いか、よくわかりますね。
ああ、なにも矢問さんの行いが悪いというのではありませんよ。
私の行いが、ずば抜けて良すぎるだけですから。
だから、夜叉姫さまのお招きにあずかることができたのでーす。

> 相当な斜面でピッケルもアイゼンも要るかと思ったが取り付き点に雪はなかった。

そう、私のときでも700m過ぎるくらいまでは、軽いヤブまじりの無雪尾根ですがな。
このころなら800mくらいまでは雪なしかな。

> 太陽がぐんぐん気温を上げる。雲一つ無い。「暑いねぇ。」とすでにMICKEYは半袖だ。

ワシも、たいがい汗っかきじゃが、
「なめくじ隊」も、たいへんじゃのう。

> 三周ケ岳 山頂。「うわ〜、すごいパノラマ!」白山はじめこの前登った荒島岳も見える。

クライマックスですね。いいですねえ。

> 登山道で下るか、登ってきた尾根を下るかを検討した。もと来たルートを下ることにした。

それで正解ですよ。
今年の状況で登山道をおりると、最後の谷道でアイゼン・ピッケル必須になり、
登りの倍の時間かかっても無事に下山できるかどうか……

> 登山口から上では、念願だった誰にも会わない静かな夜叉ケ池と三周ケ岳を楽しめた。

静かな夜叉ヶ池と三周で、良かったですね。
ちなみに、殿方単独で行かないと夜叉姫には逢えませんよ。
特にご婦人連れでは、なおのことですね。
内緒で行かんと。(^^ヾ

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/04/26(Tue) 23:48:42  [No.157]


洞吹さん おはようございます(^^)

> みんな雪崩をうったように、こんどは広野ダム入りですなあ。
見事にダムで人間までせき止められました(ーー;)

> これで、私の日頃の行いがいかに良いか、よくわかりますね。
アハ、アハ、アハハハ(^^;)

> ワシも、たいがい汗っかきじゃが、
> 「なめくじ隊」も、たいへんじゃのう。
あの日は僕だけがナメクジになりました(;_;) 距離よりも太陽との戦い(^^;)

> クライマックスですね。いいですねえ。
あそこまで展望が変わるとは期待以上でした(^^)

> > 登山道で下るか、登ってきた尾根を下るかを検討した。もと来たルートを下ることにした。
> それで正解ですよ。
そう言っていただけるとm(..)m(^^) 池の横に座って地形図見て相当悩みました。登山道からの足跡もうっすら残っていたので。

> 今年の状況で登山道をおりると、最後の谷道でアイゼン・ピッケル必須になり、
> 登りの倍の時間かかっても無事に下山できるかどうか……
登山道の状況を無雪期でさえ知らないし、橋は落ちてるって書いてあったし、橋がないと渡れない水量ならまた悩むし、ロープは車に忘れてきたし(^^;)

> ちなみに、殿方単独で行かないと夜叉姫には逢えませんよ。
ギクッ(^^;) そうか・・・・。

> よい山旅を!
そろそろ沢の時期ですね(^^)

2005/04/27(Wed) 05:46:15  [No.163]


掲示板に戻る