一括表示

  雨乞岳敗退新年山行 投稿者:たろぼう
雨乞岳敗退新年山行 (画像サイズ: 650×429 59kB)

【山 域】 鈴鹿 中部
【日 付】 '06/1/2
【天 候】 雨/雪
【人 員】 2名
【ルート】 大納言谷右岸尾根→・966手前→大納言谷

朝準備をしているとS氏から電話が入り外は雨だと言ってきた。
慌てて外に出たらこちらも雨だった。
まあ山に行けば雪だろうと取り敢えず出かけることにした。

 大河原に着くと鈴鹿スカイラインは通行止めだが一応進入できる
ダムまでは除雪されているがその奥は自己責任での通行。
轍はあるが四駆で何とか尻を振りながら奥に進み大納言谷まで入った。
いままではここから谷沿いの林道を入り南尾根に取り付いていたが
奥の支尾根は年を追う毎に藪がひどくなり歩きにくくなっているので
今回は大納言谷をパスしていきなり尾根に取り付くことにした。
どちらから取り付いても・966で南尾根に合流する。
手始めに上流側の左岸尾根に取り付こうとしたが急坂で止め。

右岸から上り始めると踏み跡はないが代わりに鹿の踏み跡が
しっかり残っていたので有り難く使わせていただくことにした。
これはラクチンと喜んだ。
しばらく登ると植林帯となり風も弱いのか鹿のねぐらが数ヶ所在った。
この調子なら山頂まで行けるかも知れないと喜んだのもこの付近まで。
尾根筋になると藪が待っていた。
積雪のため藪の枝が進路を遮りなかなか進めなくなってきた。
ca820付近からは歩きやすくなる筈と辛抱しながら登る。
暑くなり脱いだフリースをザックの蓋に挟んでおいたのが
ふと見ると無くなっていた。あわてて戻るとやっぱり木に引っかかっていた。

ようやく展望が効く地点まで来た。サクラグチや高円山は何とか見えていたが
鎌や御在所は時々姿を見せるのみで南雨乞はガスに隠れていた。
820を越すとしばらく伐採されているため歩きやすくなり大納言谷側には
雪庇が張り出している。
ようやくスノーシューが快適に使えるようになってきたがアセビの木の傍は
要注意。腰まで踏み抜くと足を抜くのに一苦労である

時間を見るともう昼前。なんとここまで3時間も費やしてしまった。
S氏は翌日も例会があるそうで体力温存のためもあるのか戦意喪失気味である。
新ルートで快適山行をと企てたが新年早々大吉とはならなかった。

もう少し進み966手前で新年会にモード変換。
ツェルトに潜り込み宴会とした。

宴会が終わると雨模様の天気は雪に変わり御在所や鎌は全く見えなくなってしまった。
帰りはあの藪尾根を敬遠しいつもの大納言谷に降下。

2006/01/03(Tue) 19:22:01  [No.1371]


  Re: 雨乞岳敗退新年山行 投稿者:山日和

たろぼうさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくです。
雨乞南尾根は無雪期しか行ってませんが、積雪期はトレースの期待などするべくもなく、
今シーズンの積もり方ではかなり厳しいルートですね。
普段はなんでもないヤブも雪のためにちょうどいい?ところに枝が被さって歩きにくいですね。
苦戦のあとが窺えました。(^_^)
今年もレポよろしくです。

                      山日和

2006/01/04(Wed) 12:03:20  [No.1375]


  Re: 雨乞岳敗退新年山行 投稿者:たろぼう

山日和さん おめでとうございます
某氏より年賀状でこちらにも書き込みをとのことでついお邪魔しました
あわよくば年頭の雨乞岳を独占しようと意気込んで出かけましたが
結果はご覧の通り
次回は早めの出発で再チャレンジです。

2006/01/04(Wed) 23:38:50  [No.1391]


  Re: 雨乞岳敗退新年山行 投稿者:とっちゃん(こと)

たろぼうさん、あけましておめでとうございます。

 南尾根、数年前にも挑戦されてましたね〜。あの時は大納言谷からでしたっけ。確か今回と同じ先端からも、冬じゃなかったかしら?歩かれたような・・・。

 南尾根はSハイの岩野さん例会で一度下っただけで、一度冬に上るか下るかしてみたいなぁと以前思っていたのを思い出しました。

 先端からだと、かなりヤブのようですね。大納言谷もかなりヤブっぽくなっちゃってるのでしょうね。

 Sさんは、3日藤原のようでしたね〜。藤原はどないなってるんでしょう?

2006/01/04(Wed) 21:13:06  [No.1377]


  Re: 雨乞岳敗退新年山行 投稿者:たろぼう

とっちゃん おめでとうございます

>  南尾根、数年前にも挑戦されてましたね〜。あの時は大納言谷からでしたっけ。確か今回と同じ先端からも、冬じゃなかったかしら?歩かれたような・・・。

最近毎年行ってまっせ。でも先端からは今回初めてです

>  先端からだと、かなりヤブのようですね。大納言谷もかなりヤブっぽくなっちゃってるのでしょうね。

雰囲気ならフジキリ谷ですが知人の情報では釣り場から奥は車が入れないとのことで
こちらにしました。昨年はスノーシューを全く使わず東峰まで行けたのですが
今回は最初から装着して藪でノックアウトでした。

>  Sさんは、3日藤原のようでしたね〜。藤原はどないなってるんでしょう?

この雪だと近江側は綿向山くらいしか気軽に行けませんね。
藤原岳に遅めの出発ならば楽勝みたいですね

2006/01/04(Wed) 23:50:48  [No.1392]


  Re: 雨乞岳敗退新年山行 投稿者:コダマ

たろぼうさんへ

再々復活のコダマでございます。(^^;; ご無沙汰しております。
たろぼうさん、お元気そうでなによりです。(^^)
って言っても、たろぼうさんとは車ですれ違っただけで
お顔は存じませんが、らんぼうさんに似ておられるとか。(?)

登山道でも大変なのに、藪で相当大変そうですね。
今年の手ごわい雪で、どこに登ろうか迷っていますが、
登山道でも私には登頂は無理みたい。

みなさんスノーシュー持っておられるのですね。
いろんな種類があってよくわかりません。
アイゼンもワカンも自己流ですし、もう何年も歩いていますが、
文化センターの初級登山教室に通おうかと思っています。(^^;
サイトいつも拝見しております。また報告して下さいね!

2006/01/04(Wed) 21:52:01  [No.1380]


  Re: 雨乞岳敗退新年山行 投稿者:たろぼう

> 再々復活のコダマでございます。(^^;; ご無沙汰しております。

コダマさん こちらこそ御無沙汰しております
藪漕ぎネットでの御活躍毎日楽しく拝見しています
この会議室は昔の雰囲気が残っていて嬉しくなりますね

> お顔は存じませんが、らんぼうさんに似ておられるとか。(?)

誰からそんなことを
人相が悪いのでHPには顔写真を出さないようにしています
あっ それとらんぼうさんは綿向山に登っておられるそうですよ
知っていました?

> 登山道でも私には登頂は無理みたい。

そんなことないですよ
藤原なんか平日でもどなたかが登っておられると思います
遅く行けば踏み跡もしっかりしていますのでちゃっかり
使わしてもらいましょう。

> サイトいつも拝見しております。

有り難うございます。思わず目に涙が・・・。
でもこの会議室みたいに反応が無くカウンターのみ不気味に増える感じで

ところで鹿さんの寝床 地面が溶けていましたが毎日同じ場所で寝ているのでしょうか?
毎日ねぐらを変えるのなら雪をどけてから寝るのか
それとも自然に体温で溶けるのか不思議ですね。

2006/01/05(Thu) 00:13:57  [No.1393]


  Re: 雨乞岳敗退新年山行 投稿者:コダマ

たろぼうさんへ

> あっ それとらんぼうさんは綿向山に登っておられるそうですよ
> 知っていました?

知りませんでした。意外とメジャーな山なんですね。
綿向山には単独で出掛けたのですが、お隣の竜ヶ岳の登山口しか見つからず、
やむなく登ったら両足ヒルだらけになり、その時の精神的ショックを
いまだに引きずってます。綿向山はよく整備されておられるようですね。

> 有り難うございます。思わず目に涙が・・・。

たろぼうさんも面白い方ですねぇ。(^^)

> ところで鹿さんの寝床 地面が溶けていましたが毎日同じ場所で寝ているのでしょうか?

さっきハンターが帰ってきたので聞いてみましたら、日によって違う場所で
寝ているそうです。土は掘らないようですが、鹿の遊び場は出来るそうです。
鈴鹿山脈の動物達が、絶えることなく暮らしていける環境であって欲しいです。

2006/01/06(Fri) 12:14:56  [No.1429]


  Re: 雨乞岳敗退新年山行 投稿者:柳川洞吹

たろぼうさん こんばんは

新年山行、お疲れ様でした。
年始の天気予報がコロコロ変わって、
この日は、あまり天気がよくなかったのでしたね。

> 尾根筋になると藪が待っていた。
> 積雪のため藪の枝が進路を遮りなかなか進めなくなってきた。

藪を倒し、埋めるほどの積雪があればいいのですが、
中途半端な量の積雪は、変に歩きにくいものです。

> ようやくスノーシューが快適に使えるようになってきたがアセビの木の傍は
> 要注意。腰まで踏み抜くと足を抜くのに一苦労である

たろぼうさんは、スノーシューの使い心地、いかがですか。
購入する価値ありや?

> もう少し進み966手前で新年会にモード変換。
> ツェルトに潜り込み宴会とした。

天気の良くない日は、早々とこいつに限ります。

今年もよい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2006/01/04(Wed) 22:12:09  [No.1383]


  Re: 雨乞岳敗退新年山行 投稿者:たろぼう

洞吹さん おめでとうございます

> 中途半端な量の積雪は、変に歩きにくいものです。

南尾根は冬には距離が近く便利なのですが前半部がどうもあきません

> たろぼうさんは、スノーシューの使い心地、いかがですか。
> 購入する価値ありや?

使いかけるとやはり便利ですね
少しかさばりますが装着時間も早いし走るゴミ箱 こりゃ失礼 当方のことでした
に放り込んで置くに限ります

2006/01/05(Thu) 00:28:48  [No.1394]


  Re: 雨乞岳敗退新年山行 投稿者:柳川洞吹

たろぼうさん こんばんは

> > たろぼうさんは、スノーシューの使い心地、いかがですか。
> 使いかけるとやはり便利ですね

ついに私も買ってしまいました。
あした手元に届きます。

> 少しかさばりますが装着時間も早いし走るゴミ箱 こりゃ失礼 当方のことでした
> に放り込んで置くに限ります

走るゴミ箱は、滋賀県にも1台走っとるんやなあ。

よい山旅を!
                               洞吹(どうすい)

2006/01/05(Thu) 22:26:41  [No.1415]


掲示板に戻る