一括表示

【飛騨】下呂・新年山行 (画像サイズ: 468×402 22kB)

【山 域】 飛騨 湯ケ峰
【日 時】 2006/1/4(水)
【天 候】 高曇り
【メンバー】 公開山行 6名

寒波が衰えない 高山の積雪ニュースみてると、どうしたものかと思い悩まないよ
駄目ならさ 露天湯に浸かりイッパイやってれば好いだろうに、出かけようです
何年か前に豊満な女性がタオル一枚で 48時間連続入浴されてるのに遭遇した事がある
名湯を4リッター飲んだとか 傍らにはササが置かれて緑らにも進めてくれた
名画 湯に入る女を連想させる画中の絵となったのである

  そんな事はおいといて また遭遇しないかなあ・・・・

昨年のメンバーは1名だけ参加だ
美濃太田乗換 車内は貸し切り状態です
早速にプシュー
沿線の雪景色は今までに見たこともない山水の風景なのだ
うわ〜 スゲーなあ
みんなが右側に座るから列車が傾くよ
ナンのことはない 右カーブだもんね当たり前だ
白川 金山と列車はおとぎの国を行くようす ゴットンがったんユックリ走る
下呂は不思議と薄日のさす日和です 目差す山姿はアレかなあ〜で望めるのだ

タクシーさんに ここまで行ってくれ地図を出しながら説明する
雪が結構あるから行けるところ迄と承知してくれた
大林の林道は途中までで行けない 4Wじゃなければダメですよ
湯ケ峰へはなんの標示もないのだ この林道だろうから尾根の高見を詰めて行けば登山道に出るだろう
遠い昔に登った記憶を・・・全然よみがえらないのだ
深い雪にあしを取られながら行くと
下の家屋からお内儀が
「どこへいくのですか」の声がきた
「湯ケ峰ですよ」って返せば
「上からの道が良いですよ」親切です
ありがとうアドバイスを受けて だんだん畑の坂道を行く
スノーシューは快適に仕事をするのだ

新しい林道が幾つも分岐する
判らせんがや 意見は幾つも出るが決めるのはリーダーの努め
古い林道のどん詰まり あの尾根に上がれ、そして高見を詰めて行こう
きつい植林の雪斜面には マタギカンジキの蹴り込みが有効だす
それからは只ひたすらに斜面と格闘する K1スタイルです
後続がグ〜っと離れる ツボ足の女性が一人ついてくる強い人だ
尾根芯に乗った登山道だろうが思い甦った 
湯ケ峰の崩壊地が望める、先はまだまだ遠いのだ
時間は11時を廻ってる
背の荷物は重い 鍋釜よぶんな物がイッパイ詰まってるものなあ
斜面は緩くなり小さな高見に立つ 湯ケ峰は谷を隔てた指呼の間にある
12時のサイレンが聞こえる 後続は遙かしたから応声する
飯にしよう ここにザックをデポして空身で行こう 天気は悪くない

うどん鍋が煮える プシューは美味いなあ
鍋が煮え上がる頃 全員集合です
オードブルが出る ワインが出る ご馳走だ(^^)
雪はイッパイ 風は凪ぎ条件の好い新年会になった
食べながらも あそこまで行こうね折角来たんだもの ウンヌン
見かけ以上に先は遠いぜよ 雪もだんだん深くなるのになあ
往復に2時間は掛かるだろう 撤収して温泉場4時に着けるかしら頭をよぎる
腹八分でね 13時出発だ荷物はデポして シートで覆って出る
ラッセル車は当てに出来ないな ぐ〜んと間は開くがトレースが出来れば問題無いだろう
湯平の湯壺への道標は新しい作りで初めて出会う
なぜいま来た道に道標はないのだろ このコース使われてないみたいだね

雪が吹き上げた痩せ尾根 深い雪を切り開いて出れば
解放された湯ケ峰山頂だった
真下に下呂の町並みが有る 前に八尾山だ遠く山並みが果てしなく続いている
山小屋は雪で引き戸が開けられないのだ
一段落すると堪能したようの顔が揃いました
記念撮影バンザイでまたプシュー
町の赤い橋まで降るんですよ
14時下山かいし 
白草山 高森山 寺小屋山など御嶽山を取り巻く御前連山が 灰色の中に浮かび上がってる
が 今年も御嶽山は見ることが出来なかったです
写真を撮りながら チンタラ降りるも時間が気になるのです

デポ地に戻り手早く撤収 下山は来た道を返そう
あとは応用問題で 直線的に林道に戻ろうです
急下りの斜面にはスノーシューは用を足さないのだ
パイプカンジキはチョット役不足だね
マタギカンジキは 踵落としが良く効く戦闘的に優れものだ
壺女はシリセイドーよろしくグングン降っていく なかなかの者です
コース変更ヨーソロ〜ゴー 1時間で登り口に降り着く
あとはひたすら歩いて 橋の下の温泉を目差すのでした

16時15分待望の湯です 浸かれば身体が融けていく気分だね
今回のギャラリーは 京都から来た女性二人足湯を楽しんでる
湯は熱いほど 冷えたビアーは甘露ですねえ
17時ゆだっちゃうなあ タップリと温まってお土産買おう
内湯に出かけた女性軍と帰りの車内です
三次会は美濃太田まで盛り上がりだ 
好い山行になりました
今年も好い遊山を楽しもうです

           緑水
 

2006/01/05(Thu) 22:39:11  [No.1418]


緑水さん、こんばんは。
新年山行、湯ったりほっこり楽しまれたようですね。(^_^)
湯ヶ峰は聞いた事のない山ですが、どこかに載っていますか?
今シーズンはどこへ行っても雪遊びが堪能できそうですね。
雪オフ、ぜひやりましょう。(←風呂屋の看板「ゆーばっかり」や^_^;)

                 山日和

2006/01/06(Fri) 23:42:41  [No.1432]


Re: 【飛騨】下呂・新年山行 (画像サイズ: 640×480 47kB)

山日和 さん 今日はサブ〜い朝です
雪がまた降り出しました 降りたいだけ積もりたいだけ積もれですね

> 新年山行、湯ったりほっこり楽しまれたようですね。(^_^)

もう十周年にもなるかなあ お値打ちワーワー山行です
今回はきつかったです 脹ら脛に痛みが残りました

> 湯ヶ峰は聞いた事のない山ですが、どこかに載っていますか?

「名古屋周辺の山200」「大阪周辺の山250」こなすに量ありです 
行きがけ駄賃 帰りの土産には好い収穫ありますね
今回も湯に浸かっていたら 地元の古老に色々教えて貰いましたです

> 今シーズンはどこへ行っても雪遊びが堪能できそうですね。
> 雪オフ、ぜひやりましょう。(←風呂屋の看板「ゆーばっかり」や^_^;)

遊びとは何ぞや 難ぞか 軟ぞよ 指南ぞや 死なんぞよ
ヤブウグイスもその内 ホーッホケキョって鳴くでしょうね
                 
タップリの雪山堪能をです       緑水。

2006/01/07(Sat) 09:25:23  [No.1433]


掲示板に戻る