一括表示

  快晴の入道ヶ岳 投稿者:伊勢山上住人  URL
快晴の入道ヶ岳 (画像サイズ: 700×525 43kB)

【日時】 平成18年1月9日(祝)
【山域】 鈴鹿
【天候】 無風快晴 (チョッとだけ うす雲)
【コース】登山口駐車場6:55---7:46滝ヶ谷分岐---7:53二本松尾根避難小屋8:00---9:00山頂11:00---11:41井戸谷避難小屋11:51---12:25駐車場

予定通り日本海に低気圧が発生、北風の吹かない絶好の登山日和となりました。
椿大社に近づくと進入禁止の標識。人っ子一人、車一台走っていないが、性格のなすわざかUターン。
大社の裏の道は雪が積もっていたら歩くつもりでいたが、堰堤駐車場まですんなり入れた。

二本松尾根で登る予定。多くの人のトレースに導かれ、安心。トレースが無かったら、一人では道を見つけることは不可能だ。しかし、この圧雪を下るのは滑りそう。
「帰りは軽アイゼンを履くか」

避難小屋から上は積雪も増えてきた。
「トレースを離れ、キックステップしたほうが歩きやすそう」
「いや、一般道ではあちこちに足跡つけるのはマナー違反かな」
トレースの側壁に足先だけ差し込みながら登る。

アセビのトンネルになる。ザックに縛ったスノーシューが木に当たるたび、枝に積もった雪がさらさらと落ちて首筋に入ってくる。始めの内はストックで木をゆすり、雪を落としてから進んでいたが、面倒くさくなる。山頂直下ではトンネルの高さが1mチョットにまで低くなった。またまた今回も四つん這いでハイハイして、通り過ぎた。

山頂本日一番乗り。最高の天気。鎌、御在所がスキッとした姿で出迎えてくれた。かすみに紛れ込みながらも、恵那山、御嶽山まで見通せる。山頂の雪は風で吹き飛ばされ、積雪0cm。でもアセビの間には50cm以上のパウダースノー。すかさず、スノーシューを履く。北東の雪原から見る鎌は、「サウンド オブ ミュージック」の一場面に入り込んだみたいで好きな場所。奥宮にお参りして雪原を鳥居まで戻る。
「チョット物足りないなあ。もう1周するか」
北の頭へ登る。目印テープが雪面ぎりぎり。1m以上積もっているのだろう。アセビの枝先が胸の高さだ。「歩き難い」
景色に感動して、写真を何枚も撮るが、同じ構図ばかり。「能が無いなあ」

下りは通ったことの無い井戸谷道にする。シリセードにちょうどよさそうな傾斜だ。
「止まり方を知らない。登ってくる人がいたら、どうしよう」
と考えている所へ、登ってくる人が見えた。シリセードは今回も見送り、スノーシューで駆け下りる。雪球がなだれのように先を走る。ストップ。
スノーシューを脱ぎ、登りのトレースの3mほど横、谷の真ん中を駆け下る。
「お兄さんが踏んでおいてもらえるから、帰りはシリセードが出来るわ」
私ならハアハア言う急傾斜なのに、皆さん平然と登ってみえる。

駐車場に戻りついても、12時半。「チョット物足りないなあ。私の足も少々強くなったのかな?」
椿大社の前は、人人人で埋め尽くされていた。「わたしゃ、場違いな男だな」

帰りにコダマさんに教えてもらった「桃岩」を見に鬼が牙に寄る。桃岩はすぐに見つかった。しかし、枝に積もった雪の雫が、雨のように降ってくる。ゆっくり出来ず、早々に退散する。

「次の雪山はどこにしようかな」

2006/01/09(Mon) 19:16:04  [No.1437]


  Re: 快晴の入道ヶ岳 投稿者:mayoneko  URL
Re: 快晴の入道ヶ岳 (画像サイズ: 800×600 54kB)

こんにちは
よかったですね。気温も風も、良いお天気でした。
> 下りは通ったことの無い井戸谷道にする。シリセードにちょうどよさそうな傾斜だ。
下りで未踏の谷を下るのは冬は特に要注意ですねー。
勢いがついてしまって下りで外すと谷は尾根と違って戻れなくなります。
身動きがとれなくなります。
> と考えている所へ、登ってくる人が見えた。シリセードは今回も見送り、スノーシューで駆け下りる。雪球がなだれのように先を走る。ストップ。
伊吹山に登ると分かりますが。雪球はけっこうこわいです。
スキーほどではないでしょうけど、上部で斜面を切ってはいけません。
雪崩が起きます。
> スノーシューを脱ぎ、登りのトレースの3mほど横、谷の真ん中を駆け下る。
> 「お兄さんが踏んでおいてもらえるから、帰りはシリセードが出来るわ」
「おじさんのトレースのおかげで安心してくだれます」
と、言ったところでしょうか。

と、えらそうなことは僕には言えないな〜(笑)
1月9日丸尾から御池。
去年は1月5日に続き、また雪明り下山となってしまいました。
今年は丸山は早めに諦め、冷川岳から真の谷。
右俣で天ヶ平。稜線より・801犬返し左岸大滑走尾根を下りました。
その後が大誤算。R306はゲートまで積雪40〜80。
傾斜が無いためのワカンラッセル状態です。ベースのアタントまで2時間。
去年より30分早く着きましたが、19:30でした。

2006/01/10(Tue) 10:03:58  [No.1443]


  Re: 快晴の入道ヶ岳 投稿者:山日和

伊勢山上住人さん、こんばんは。
この日はどこも絶好の雪山日和。入道の雪を堪能されたようでよかったですね。(^_^)
当方は奥美濃でした。無人の雪山をスノーシューで歩き回りました。

> 「いや、一般道ではあちこちに足跡つけるのはマナー違反かな」

いやいや、雪の山はどこを歩こうと自由です。

> 山頂本日一番乗り。最高の天気。鎌、御在所がスキッとした姿で出迎えてくれた。かすみに紛れ込みながらも、恵那山、御嶽山まで見通せる。

ホントにいい天気でした。白山、北アルプスまでしっかり見えてましたよ。

> 下りは通ったことの無い井戸谷道にする。シリセードにちょうどよさそうな傾斜だ。
> 「止まり方を知らない。登ってくる人がいたら、どうしよう」

登山道ではシリセードはやめましょう。トレースをはずしてやるのがマナーです。
人のいない山ではどこでやってもいいですけどね。

> 駐車場に戻りついても、12時半。「チョット物足りないなあ。私の足も少々強くなったのかな?」

それは喜ばしい(^_^) いい雪山を・・・です。


                       山日和

2006/01/10(Tue) 23:12:05  [No.1448]


  Re: 快晴の入道ヶ岳 投稿者:伊勢山上住人  URL

山日和さん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
最近山日和さんの「ためになる」レポが少ないですね。期待しているのですが。

> いやいや、雪の山はどこを歩こうと自由です。

ウサギの足跡は絵になりますが、人の足跡は汚しているようで・・・。
(コダマさんに感化されたかな?)

> 登山道ではシリセードはやめましょう。トレースをはずしてやるのがマナーです。
> 人のいない山ではどこでやってもいいですけどね。

井戸谷道のトレースは谷の真ん中ではなく、木の生え際につけてありました。
なだれを避ける意味もあるのかな? と思いました。

雪山も楽しいですね。
ありがとうございました。        伊勢山上住人

2006/01/10(Tue) 23:41:09  [No.1451]


  Re: 快晴の入道ヶ岳 投稿者:コダマ  URL

伊勢山上住人さま

> ウサギの足跡は絵になりますが、人の足跡は汚しているようで・・・。
> (コダマさんに感化されたかな?)

獣の足跡は可愛いんですよね。(^^) 人間のは…、「で、でかい!」などと
言いながら、自分の足を入れるのですが、歩幅が広すぎて合わなかったりします。

この日は最高のお天気でしたのに、前夜からの腹痛で苦しんでいました。
女性だけにあるアレです。(まだ一応女の子だったりして)
翌朝の快晴の空に、悔しくて悔しくてコタツでふてくされていました。

わざわざ石水渓まで行かれて、桃岩もご覧になられたのですね。
あの岩は雪が積もっていると、いちまいち桃には見えません。
それにしても不思議な岩です。誰がが彫刻したと思えるほどでした。

仕事を辞めてゴロゴロしているコダマでした(^^;

2006/01/11(Wed) 10:30:46  [No.1456]


  Re: 快晴の入道ヶ岳 投稿者:柳川洞吹

伊勢山上住人さん こんばんは

今回は入道でしたか。
ウサギの足跡が楽しいですね。
いい天気でしたのに、早く下山されたのですね。
お昼は山で食べなかったのですか。

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2006/01/12(Thu) 00:19:22  [No.1467]


  Re: 快晴の入道ヶ岳 投稿者:伊勢山上住人  URL

洞吹さん、こんばんは。

洞吹さんは、心理学者ですね。
私の一番喜ぶ「ツボ」を、的確に見抜いてみえます。

> ウサギの足跡が楽しいですね。

そうなんです。今回の写真はウサギの足跡が主題です。

> いい天気でしたのに、早く下山されたのですね。

9時に着いて、2時間山頂にいました。私にとっては長居をした方です。

> お昼は山で食べなかったのですか。

食べました。でも、いつもの行動食でした。

ありがとうございました。             伊勢山上住人

2006/01/12(Thu) 22:50:18  [No.1484]


  Re: 快晴の入道ヶ岳 投稿者:ハリマオ

 伊勢山上住人さん、初めまして。私、雪と南部の山が結びつかなくて、冬は鎌ヶ岳以南に行ったことがありません。雪の入道ヶ岳もなかなか良さそうですね。今年は南部の山が穴場かもしれません。犬返しの険や御所平の写真を撮りに行くのもいいかもしれませんね。

2006/01/12(Thu) 19:43:54  [No.1477]


  Re: 快晴の入道ヶ岳 投稿者:伊勢山上住人  URL

ハリマオさん、初めまして。

ハリマオさんのHPは山へ行く前に参考にさせて頂いています。
google で検索すると、ハリマオさんのHPによく繋がります。

まだ山を歩き出して3年の老けた新人です。
いろいろ教えて下さい。よろしくお願いします。

ありがとうございました。          伊勢山上住人

2006/01/12(Thu) 23:05:11  [No.1485]


  Re: 快晴の入道ヶ岳 投稿者:とっちゃん(こと)

伊勢山上住人さん、こんばんわ〜。

入道に御参りだったんですね。雪の時期には二本松尾根から、登ったことがありません。北尾根の方が、登りが長いんじゃないかな?

北尾根か、宮妻新道からが多いですね。でも宮妻峡でも、猟の集団の方に出会ったことがありました。この時期、どこにいってもであっては、こわごわです。

鈴鹿の特別区は大丈夫なんですが、ちょっとはずれるとだめですね。

入道、ものたらなかったですか。バリバリの山屋さんになってきたんですね。(*^_^*)

2006/01/13(Fri) 21:17:27  [No.1498]


  Re: 快晴の入道ヶ岳 投稿者:伊勢山上住人  URL

とっちゃん(こと)さん、こんばんわ〜。

足のリハビリ具合は如何ですか?

> 北尾根の方が、登りが長いんじゃないかな?

はい。雪の山の初年度、手探り状態です。
桧塚、木原谷と、登りに無雪期の倍の時間がかかりました。
入道も北尾根では4時間かかると思い、避けました。
しかし、しっかり踏み込まれたトレースの上を歩くのは、
さほど時間が超過しないことが今回分かりました。

> 入道、ものたらなかったですか。バリバリの山屋さんになってきたんですね。(*^_^*)

年食った若造が、ちょっとミエをはって、格好つけてみたかっただけです。

雪山の下りは、めちゃくちゃ早く降りられますね。しかも体力の消耗も無く。
少しずつ、知恵と経験と感動が積み重なっていきます。
もう、嬉しくて 嬉しくて。

ありがとうございました。             伊勢山上住人

2006/01/13(Fri) 22:45:59  [No.1503]


掲示板に戻る