一括表示

【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 600×800 396kB)

 山行レポではないけれど、わたしの出遭った台高の巨木を「MotherTrees」として紹介します。

 山中で思わぬ大木に出会うとつひ驚嘆の声をあげ、樹肌をさわり、傍らに腰を掛け、しばらくぼーっとしていたりする。
 この地に生まれ、天変地異にも動ずることなくこの地に生きてきた巨樹。地衣や苔が付き、蔓植物が絡み、時に鳥たちに、風によって種子が運ばれ、樹幹に木を宿す。鳥やケモノが遊び、樹洞では新たな命を誕む。
時に炭俵を背負った人々を巨樹の梢からは見えたかも知れない。
 この巨樹たちは、何を見てきたのだろう。何を聞いてきたのだろう。…と隣に腰をおろせば、すこしはわかるかもしれない。



≪サワグルミ(沢胡桃)P.rhoiforia≫
 落葉高木 渓畔林 花期:5月〜6月 分布:全国


 サワグルミの樹を知ったのは、蓮川・千石谷の支流赤クラ谷の滝(赤クラ滝)の上だった。
この滝上は、広い平流の中、川原といわず流れの中にも真っ直ぐに伸びた樹の林が続いていたのだった。落葉時に入った為、当初何の樹かわからなかったが、新緑の頃再度訪れ、サワグルミであることがわかったのだった。
 同じく渓縁に生育する樹種でも、トチノキやカツラはサワグルミのように純林を作らないようだ。トチノキは、谷沿いに生え、カツラはトチノキ以上にポツポツと渓縁生えている。
サワグルミは、渓畔林のパイオニア植物とも云われ、豪雨等で荒れた谷筋に真っ先に根を張り、成長早く渓中で日光を受けるために高く梢を伸ばす。落葉は、その後入り込む植物たちの土壌を作り出す。

 わたしが知っているこういったサワグルミの林があるのは、上の赤グラ谷、そして木屋谷川の支流の口・奥ワサビ谷の崩壊進んだ林道の上流部だ。

・木梶川・マキノ谷(地蔵谷)の株立ちのサワグルミ。
 幹周:450cm
 マキノ谷の支谷の上流部にある株立ちのサワグルミ。
 株立ち状で、およそ地上高200cmから三本の太い枝を伸ばし、そのうち一本はすぐ枝分かれし、株から四本の木が出ているように見える。


・迷岳東尾根の株立ちのサワグルミ
 幹周:600cm余 (伊勢山上住人さんが計測されたのだがはっきりとした数値は忘れた(^^; )
 迷岳東尾根の岩がゴロゴロした谷窪地形に生えるサワグルミ。
 このサワグルミの樹は、確かに太いのだが、下部からいくつもの枝をだしており、地上高130cmでは、枝と枝の間の空隙も入れてこの幹周の数値になったのだはなかろうか。


・木屋谷川・口ワサビ谷の一本立ちのサワグルミ。
 幹周:565cm
 口ワサビ谷に入ること三度目で、この大樹の存在に気づいた。大木にも関わらず、一見それほど目立たない樹である。
最初計測した時、細引きの目盛りを読むと560cmと出て驚いた。間違いではないかと思い細引きの逆端から目盛りを読むと460cm。日を改めて再度計測すれば、上記の565cm。幹が真円に近いため、見た目以上に実際は太いのだ。

 谷中のサワグルミの林の外れに、一本立ちで背を高く伸ばして存在するスマートな大木だ。
株周りは広く、根を放射状に張り巡らし、高くなるほど幹は細くなる円錐状の形のよい樹である。
株元には、樹洞が開き、中に入ると人が三人ほど座れそうな広さがある。
 一本立のサワグルミの大樹は、稀であろう。それにこの幹周りは、全国レベルでも特筆に価するのではないかと思う。
それに加え、わたしが台高で出遭った、計測した一本立の巨樹でも、ナンバーワンである。

2008/06/22(Sun) 23:02:38  [No.14399]


  Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ 投稿者:伊勢山上住人  URL

zippさん、おはよ〜。 さわやかな朝です。

「美サワグルミ野」のリクエストにお答え頂き、感謝!

文の調子は「げんげ堂」さんのものですね。

>  この地に生まれ、天変地異にも動ずることなくこの地に生きてきた巨樹。

「動ずることなく生きる」人生訓を読み取るのは、私の教養の高さでしょうか?

> ・木屋谷川・口ワサビ谷の一本立ちのサワグルミ。
>  幹周:565cm

口ワサビ谷はまだ歩いていません。
出会うのが楽しみです。

> 最初計測した時、細引きの目盛りを読むと560cmと出て驚いた。間違いではないかと思い細引きの逆端から目盛りを読むと460cm。

伸び縮みの原因が分かりました。

> 株周りは広く、根を放射状に張り巡らし、高くなるほど幹は細くなる円錐状の形のよい樹である。

まったくの美形です。

> 株元には、樹洞が開き、中に入ると人が三人ほど座れそうな広さがある。

真冬に行けば、冬眠中の熊に会えるかも?

> わたしが台高で出遭った、計測した一本立の巨樹でも、ナンバーワンである。

秘密の場所を公開して頂き、感謝。
鈴鹿の巨樹マニアが台高に足を伸ばすきっかけになるかも?

              伊勢山上住人

2008/06/23(Mon) 05:51:29  [No.14406]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 480×640 252kB)

 こんばんは、伊勢山上住人さん。
さわやかなアサっ〜。糠床の香りもいいことでしょう(^^)。


> 「動ずることなく生きる」人生訓を読み取るのは、私の教養の高さでしょうか?
「動じることなく」ってのが、正しいことばづかいのようですな。
へぇ〜、人生訓ですか、…いまさら、という気もしますが(^^;


> 口ワサビ谷はまだ歩いていません。
> 出会うのが楽しみです。
 口ワサビ谷は、まだでしたか?山上住人さんのレポはルートがよくわからないんですが、口ワサビ谷あたりも登っていたような気がしましたが。
場所は大雑把に書いておいたのですがすぐわかるでしょう。探す楽しみが半減しちゃいましたね。


> 真冬に行けば、冬眠中の熊に会えるかも?
 山側向いて穴が開いているので、雪解け水を受ける感じになるから、それはないかな?


> 秘密の場所を公開して頂き、感謝。
> 鈴鹿の巨樹マニアが台高に足を伸ばすきっかけになるかも?
 これは秘密の場所ということでは無いですよ。秘密の場所はいくつか持っていますが(^^;
 そして、鈴鹿巨樹マニアというのは、鈴鹿マニアの一変種であって、そういうきっかけにはならないと想像します(^^)。

 ※画像は、マキノ谷の株立ちのサワグルミ450cm。

2008/06/23(Mon) 23:00:06  [No.14415]


  Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 800×531 132kB)

zippさん、おはよ〜。何とさわやかなアサ〜。
トキナシ緑ちゃんの天下ですね。

> 場所は大雑把に書いておいたのですがすぐわかるでしょう。探す楽しみが半減しちゃいましたね。

迷路に迷い込んで、悩みぬいて、結局目的地にたどり着けないタイプです。
これで、行き当たらなかったら、ドーシヨウ。

>  ※画像は、マキノ谷の株立ちのサワグルミ450cm。

これも行き当たってないです。また迷ってみます。

> ≪サワグルミ(沢胡桃)P.rhoiforia≫
> この樹の下でクルミの実を探しても無駄ですよ(^^)。

へぇ〜、ソーなんだ。
時々見かける小っちゃなクルミの殻はサワグルミじゃないんだ。

画像、木原谷左股の左股。何十年後かには「株立ち」として計測されるかな?

              伊勢山上住人

2008/06/24(Tue) 05:58:55  [No.14422]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 675×900 281kB)



お目当てのブナ 阪神.中日不随 ブナでした

頑張れよ 半身不随吹き飛ばせです












コンニチワ 住人ちゃん 涼しいね半化粧だね。
何かお祭りしましたか。

> トキナシ緑ちゃんの天下ですね。

時無し、グレかよ(^^)
チョイワルジジイ グレたろかしらん


今日はね、マオちゃんと遊び話の成りいきでね 行っちゃいました。
zippおっちゃんも、なんやしらん腰つこてましたよね。

ありゃ山人さんのパクリやったんかいな。

初めての山域であんなお土産持ち込むなんて、おヨヨ思いましたがな。
こりゃ一発かましとかな、思いましてね出かけました。

良かったですよ、台高に負けないよ思いました。
みぶな野って、名前負けするよね、いい所ですわ(^^)

社を祭したく成るような岩棚も有ってね、プシューチュルチュルーでしたよ。



  木梶界隈 遠くになりて 思うも悲し

ではさようなら、

              緑水

2008/06/24(Tue) 16:53:42  [No.14423]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 640×480 237kB)

 緑水さん、古武士のブナを見に行ってきたんですね。

> zippおっちゃんも、なんやしらん腰つこてましたよね。
ん?何のことやら??


> ありゃ山人さんのパクリやったんかいな。
> 初めての山域であんなお土産持ち込むなんて、おヨヨ思いましたがな。
 山人舎さんは、帰ってから検索して知りました。七人山の登山ルートは何処なんやろ?と調べてたんです。
 「古武士」の由来は、山人舎さんのレポからです。


> 良かったですよ、台高に負けないよ思いました。
 緑水さんにそう云ってもらって嬉しいです(^^)
ええブナだったでしょ。

> みぶな野って、名前負けするよね、いい所ですわ(^^)
 緑水さん、オツムDNA。ほぐさないと(^^;
みぶな野は御池岳。幹周り200cmを越える三本のブナのあるところ。ここもええトコですよ。
七人山東峰北尾根のこの場所は、まだ名前がないんですよ。緑水さんならなんて付けるんでしょうね(^^)。

※画像はみぶな野。手前の大きなブナが霧のブナ。

2008/06/24(Tue) 22:11:27  [No.14430]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 480×640 278kB)

 伊勢山上住人さん、おばんです。

> 迷路に迷い込んで、悩みぬいて、結局目的地にたどり着けないタイプです。
> これで、行き当たらなかったら、ドーシヨウ。
 何度も歩いた場所でも、はじめて歩くような感動の山旅ができる山上住人さんは、迷い甲斐があって素晴らしいですね〜。ん?


> へぇ〜、ソーなんだ。
> 時々見かける小っちゃなクルミの殻はサワグルミじゃないんだ。
 やっぱり、山上住人さんもクルミの実が生ると思ってましたね(^^;
オニグルミは、台高にも生えているでしょ。

 画像のカツラ、見たような見てないような…。どちらか云うと朽ちつつあるように見えますね。だからこのカツラは、天変地異を願ってるでしょうな(^^;

2008/06/24(Tue) 22:09:10  [No.14429]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 564×462 42kB)



菅寺の欅古木 古木めぐり








zipp のおっちゃん おはようさんです
鈴鹿山裾雲が上がって、涼しい風が吹いて来たよ。


>  山行レポではないけれど、わたしの出遭った台高の巨木を「MotherTrees」として紹介します。

よよよ、物知りおじちゃん、その本性をみせてくれる酔うになりましたか。
嬉しいことです、このお方も文化を残すひとですね。

鈴鹿の文化人に対抗だ、ウオッ〜 問いの産声 ←時の産声フンギャ〜


>
>  山中で思わぬ大木に出会うとつひ驚嘆の声をあげ、樹肌をさわり、傍らに腰を掛け、しばらくぼーっとしていたりする。

コレ本当のカンゲキだね

>  この地に生まれ、天変地異にも動ずることなくこの地に生きてきた巨樹。地衣や苔が付き、蔓植物が絡み、時に鳥たちに、風によって種子が運ばれ、樹幹に木を宿す。鳥やケモノが遊び、樹洞では新たな命を誕む。

詩人ですねえ、まえから才覚あるなあ思ってましたが、人は見かけとチャウもんです。

>  この巨樹たちは、何を見てきたのだろう。何を聞いてきたのだろう。…と隣に腰をおろせば、すこしはわかるかもしれない。

これはみる人の心で違うねえ、巨樹は周りにいる仲間の木から競争で生き残ったツワモノだ、自然の厳しさ暖かさはその姿を見れば判るね。

日本全国巨樹の会なるものがあるが、町中での巨樹 神社仏閣で見る巨樹は保護され巨樹から見て、人の心を暖かさを感じてるだろう思う。


> ≪サワグルミ(沢胡桃)P.rhoiforia≫
>  落葉高木 渓畔林 花期:5月〜6月 分布:全国
>
>
>  サワグルミの樹を知ったのは、蓮川・千石谷の支流赤クラ谷の滝(赤クラ滝)の上だった。

【台高】巨樹図鑑なるもの、絵入りで公開されんこと望みますよ。
花と違い盗掘はまずない思うが、人がやることはわからんもんね。

ヘリで盗伐して運び出されるかな、そんな事件もあったような記憶がある。



> サワグルミは、渓畔林のパイオニア植物とも云われ、豪雨等で荒れた谷筋に真っ先に根を張り、成長早く渓中で日光を受けるために高く梢を伸ばす。落葉は、その後入り込む植物たちの土壌を作り出す。

なるほど荒れ谷を土石を抱え込んで落着かす、好い仕事するんだねサワちゃんグルになって。。


>  迷岳東尾根の岩がゴロゴロした谷窪地形に生えるサワグルミ。
>  このサワグルミの樹は、確かに太いのだが、下部からいくつもの枝をだしており、地上高130cmでは、枝と枝の間の空隙も入れてこの幹周の数値になったのだはなかろうか。


これは知ってる、水がない夏場は乾くから大きさだけで生息年数はどやって判るの。
ずうたいデカイばかりが巨樹じゃないよな。

>  谷中のサワグルミの林の外れに、一本立ちで背を高く伸ばして存在するスマートな大木だ。
> 株周りは広く、根を放射状に張り巡らし、高くなるほど幹は細くなる円錐状の形のよい樹である。
> 株元には、樹洞が開き、中に入ると人が三人ほど座れそうな広さがある。

絵の木がコレですね。美樹ですね、箱入り娘の様で素直な育ち方だね。

> それに加え、わたしが台高で出遭った、計測した一本立の巨樹でも、ナンバーワンである。

推定でもいいから何歳ぐらいですか、サワグルミの寿命はどれほどなんだろう。

教えてくたチャイ、ジップ先生

                    緑水

2008/06/23(Mon) 08:35:33  [No.14407]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 600×800 366kB)

 緑水さん、こんばんはです。ちょいと蒸し暑さから解放されましたね。


> よよよ、物知りおじちゃん、その本性をみせてくれる酔うになりましたか。
> 嬉しいことです、このお方も文化を残すひとですね。
 緑水さんの世代は、文化包丁・文化鍋に文化住宅などと、なんでもかんでも頭に「文化」を付けてもてはやすような時代でしたっけ?(^^;

> 詩人ですねえ、まえから才覚あるなあ思ってましたが、人は見かけとチャウもんです。
 ワタシ、脱いでもスゴイんですとか(^^;。


> これはみる人の心で違うねえ、巨樹は周りにいる仲間の木から競争で生き残ったツワモノだ、自然の厳しさ暖かさはその姿を見れば判るね。
 然りですね、見る人によって巨樹は違って見えるでしょうね。

> 【台高】巨樹図鑑なるもの、絵入りで公開されんこと望みますよ。
> 花と違い盗掘はまずない思うが、人がやることはわからんもんね。
> ヘリで盗伐して運び出されるかな、そんな事件もあったような記憶がある。
 道路脇に生えているケヤキが盗伐されたというニュースがありましたね。
最近は、ますます人のやることがワケワカメになりましたね〜。


> なるほど荒れ谷を土石を抱え込んで落着かす、好い仕事するんだねサワちゃんグルになって。。
座布団一枚進呈!


> これは知ってる、水がない夏場は乾くから大きさだけで生息年数はどやって判るの。
> ずうたいデカイばかりが巨樹じゃないよな。
生育年数がわからないから、幹周を環境庁なんかが測っているのではないかと思われます。それとて、樹種によって大幅に違います。杉はヒノキより随分早く成長するし、サワグルミも成長の早い樹種です。


> 絵の木がコレですね。美樹ですね、箱入り娘の様で素直な育ち方だね。
 谷だから、上流から岩などが激流と共にやってきてボコボコになって株立ちするってのがサワグルミの常なんだろうけど、稀なるサワグルミなんでしょうね。


> 推定でもいいから何歳ぐらいですか、サワグルミの寿命はどれほどなんだろう。
 山と渓谷社の図鑑には、サワグルミについてこんなことが書かれてあります。
「高さ10〜20m、直径20〜30cmになる。大きいものは高さ30m、直径1mになる。…寿命はせいぜい150年くらい。」
 このことから、直径1mのものが150年生だと考えると、この樹は直径1.8m。単純計算すると150+120で、270年になりますが、どうでしょう(^^;

 ※画像は、芽吹きの頃の様子。

2008/06/23(Mon) 23:03:00  [No.14416]


  Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ 投稿者:マレーネ  URL
Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 600×800 683kB)

zippさん、こんばんは。

>
>  山中で思わぬ大木に出会うとつひ驚嘆の声をあげ、樹肌をさわり、傍らに腰を掛け、しばらくぼーっとしていたりする。
山中でないけれど、矢頭山の登山口の前のキャンプ場の中でみました「矢頭の大杉」です、幹周/9.56m、樹高/42.5m、
私も、この大木見たとき、しばらく、ぼーっと眺めてました。
この木のそばにも、大きな杉の木がかたまってました。


>  この巨樹たちは、何を見てきたのだろう。何を聞いてきたのだろう。…と隣に腰をおろせば、すこしはわかるかもしれない。
樹齢1000年以上とか。人間の一生って、はかないものとか、そんなことも考えてました。
この大杉、県内にあるけれど、意外と一度もみてない人多いように思います。

> ≪サワグルミ(沢胡桃)P.rhoiforia≫
サワグルミという名前が愛らしいですね。


           マレーネ

2008/06/23(Mon) 18:39:12  [No.14410]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 480×640 268kB)

 マレーネさん、こんばんは。

> 山中でないけれど、矢頭山の登山口の前のキャンプ場の中でみました「矢頭の大杉」です、幹周/9.56m、樹高/42.5m、
> 私も、この大木見たとき、しばらく、ぼーっと眺めてました。
> この木のそばにも、大きな杉の木がかたまってました。
 矢頭の大杉ですね。確かに太い樹でした。樹肌をなでなでしましたか?


> 樹齢1000年以上とか。人間の一生って、はかないものとか、そんなことも考えてました。
 そうですね、巨樹の生きた時間に較べれば、儚い時間ですね。けどせいいっぱい生きるしかないですね(^^;

> > ≪サワグルミ(沢胡桃)P.rhoiforia≫
> サワグルミという名前が愛らしいですね。
 マレーネさん、名前はかわいらしいですが、この樹の下でクルミの実を探しても無駄ですよ(^^)。

2008/06/23(Mon) 23:06:30  [No.14419]


zippさんこんばんは


>  山中で思わぬ大木に出会うとつひ驚嘆の声をあげ、樹肌をさわり、傍らに腰を掛け、しばらくぼーっとしていたりする。
>  この地に生まれ、天変地異にも動ずることなくこの地に生きてきた巨樹。地衣や苔が付き、蔓植物が絡み、時に鳥たちに、風によって種子が運ばれ、樹幹に木を宿す。鳥やケモノが遊び、樹洞では新たな命を誕む。
> 時に炭俵を背負った人々を巨樹の梢からは見えたかも知れない。
>  この巨樹たちは、何を見てきたのだろう。何を聞いてきたのだろう。…と隣に腰をおろせば、すこしはわかるかもしれない。


そうなんです。巨樹に出会うとそれを見上げ、歴史を感じ、想像してしまう。そして彼らはまぎれもなく生きている。
草花や奇岩など感じることができない、何かがあるのです。

>  同じく渓縁に生育する樹種でも、トチノキやカツラはサワグルミのように純林を作らないようだ。トチノキは、谷沿いに生え、カツラはトチノキ以上にポツポツと渓縁生えている。
> サワグルミは、渓畔林のパイオニア植物とも云われ、豪雨等で荒れた谷筋に真っ先に根を張り、成長早く渓中で日光を受けるために高く梢を伸ばす。落葉は、その後入り込む植物たちの土壌を作り出す。


勉強になります。ここまでの解説は普通の図鑑には書いてないです。


>  一本立のサワグルミの大樹は、稀であろう。それにこの幹周りは、全国レベルでも特筆に価するのではないかと思う。
> それに加え、わたしが台高で出遭った、計測した一本立の巨樹でも、ナンバーワンである。


くすぐりますねえ。
先週、近江側から御池に入りましたが、帰りのグネグネ道に気が遠くなりました。冷静に考えると家から1時間半も車に乗ったら、台高、湖北、長野も同じ時間でいけることに気づいていたところです。


そういえば、僕がはじめてみぶな野に行けたのは、キハダ池からタテ谷に降り、適当に尾根に取り付いた後、左の支尾根のサワグルミの大木が気になり、尾根を乗り移った結果、3本のブナにたどり着いたのでした。
そして、zippさんの人間GPSの精度が気になり思わず書き込みをしてしまい、とんとん拍子でいつの間にか今度はカツラの木の下にいたのでした。

サワグルミは僕をヤブコギ教団に導いてくれた運命の木なのでした。


                       秋狸

2008/06/23(Mon) 22:38:57  [No.14414]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 480×640 278kB)

 秋狸さん、こんばんは。


> そうなんです。巨樹に出会うとそれを見上げ、歴史を感じ、想像してしまう。そして彼らはまぎれもなく生きている。
> 草花や奇岩など感じることができない、何かがあるのです。
 これで、緑水さんから、常時「秋狸のおっちゃん」呼ばわりされそうですね(^^;
しかし、わたしは秋狸さんほど、巨樹マニアじゃないので、…一応断っとこう(^^)


> 勉強になります。ここまでの解説は普通の図鑑には書いてないです。
 ウソを書いてるところもあるかも?です。
けど、サワグルミが生えている状態を見るとあながち間違ってもなさそうですね。


> くすぐりますねえ。
> 先週、近江側から御池に入りましたが、帰りのグネグネ道に気が遠くなりました。冷静に考えると家から1時間半も車に乗ったら、台高、湖北、長野も同じ時間でいけるこ
 いやいや、時間かかっても鈴鹿に拘った方が面白いですよ、きっと。鈴鹿は近江側から登るのが面白そうだと思います。


> そういえば、僕がはじめてみぶな野に行けたのは、キハダ池からタテ谷に降り、適当に尾根に取り付いた後、左の支尾根のサワグルミの大木が気になり、尾根を乗り移った結果、3本のブナにたどり着いたのでした。
> そして、zippさんの人間GPSの精度が気になり思わず書き込みをしてしまい、とんとん拍子でいつの間にか今度はカツラの木の下にいたのでした。
>
> サワグルミは僕をヤブコギ教団に導いてくれた運命の木なのでした。

 へぇ〜、そんな経緯があったのですか。
タテ谷は、サワグルミ多いですね。下部なんか随分多い。
サワグルミは陽樹ですから、陽の当たる場所に秋狸さんを導いたんでしょうかしらん?
えっ!『ここヤブコギは、ヤブが繁り過ぎて陽も射さんってか』(^^;

 p.s.鈴鹿北部のブナがすらりとしているのは、やっぱり日本海側のブナに近いからなんでしょう。

2008/06/24(Tue) 22:07:43  [No.14428]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 600×799 161kB)

zippさん こんばんは

> 山行レポではないけれど、わたしの出遭った台高の巨木をMotherTrees」として紹介します。

突然サワグルミ! そういや、ウチもトップはサワグルミ。
と言うことは、これはシリーズとして続くと見てよいわけですか? 次はシデの木かな? ワクワク

> この地に生まれ、天変地異にも動ずることなくこの地に生きてきた巨樹。地衣や苔が付き、蔓植物が絡み、時に鳥たちに、風によって種子が運ばれ、樹幹に木を宿す。鳥やケモノが遊び、樹洞では新たな命を誕む。
> 時に炭俵を背負った人々を巨樹の梢からは見えたかも知れない。
> この巨樹たちは、何を見てきたのだろう。何を聞いてきたのだろう。…と隣に腰をおろせば、すこしはわかるかもしれない。

おーっ!zippさんも詩いますね。素晴らしい。
人相とは無関係に誰の胸の中にも詩心は潜んでいます。書くか否かは照れくささに耐えうる体力と精神力があるかどうか。
これはその日の体調によります。
緑ちゃんの詩もなかなか素晴らしいです。

サワグルミは上に上にと成長し、ジャックと豆の木みたいに天に突き上げる姿が印象的です。
また株立ちや、低い位置での枝分かれが測り屋泣かせですね。
何せサワグルミは数が多いので手が回りませんが、鈴鹿でもまだまだ太いのはあると思います。

> サワグルミは、渓畔林のパイオニア植物とも云われ、豪雨等で荒れた谷筋に真っ先に根を張り、成長早く渓中で日光を受けるために高く梢を伸ばす。落葉は、その後入り込む植物たちの土壌を作り出す。

なるほど、自然の堤防を築いているわけですね。ヤナギの仲間もそうですね。
根っこが水流に洗われていることもあり、よく腐らないものだと思います。

>迷岳東尾根の岩がゴロゴロした谷窪地形に生えるサワグルミ。
>このサワグルミの樹は、確かに太いのだが、下部からいくつもの枝をだしており、地上高130cmでは、枝と枝の間の空隙も入れてこの幹周の数値になったのだはなかろうか。

これはちと反則ですね。かといって有効な方法があるわけでもなし。
木に責任はなく、人が勝手に困っているだけですが。

> 谷中のサワグルミの林の外れに、一本立ちで背を高く伸ばして存在するスマートな大木だ。株周りは広く、根を放射状に張り巡らし、高くなるほど幹は細くなる円錐状の形のよい樹である。

一本立ちで円錐、または円筒の木は潔くて好きです。測り易いという潜在意識が働いているかもしれませんが。

> 株元には、樹洞が開き、中に入ると人が三人ほど座れそうな広さがある。

何でかな。もしかして数本の株立ちが再度癒着したという可能性は?

> 一本立のサワグルミの大樹は、稀であろう。それにこの幹周りは、全国レベルでも特筆に価するのではないかと思う。
> それに加え、わたしが台高で出遭った、計測した一本立の巨樹でも、ナンバーワンである。

えらい入れ込んでいますね。台高の王者ですね。
私見ですが鈴鹿ナンバーワンは千種街道の一反ホーソだと思います。
スギなど、太さではこれに勝るものはありますが、魅力ではこのミズナラがナンバーワン。
きのうテレビで心配な報道をやっていました。全国でコナラ、ミズナラの枯れ死が広がっているとか。
テレビではなんとか虫の影響だといって、消毒していました。
しかしもうちょっと掘り下げなくちゃね。なんとか虫が増えたのは温暖化の影響があると思われます。

以下伊勢さんへのレスから引用

>> 鈴鹿の巨樹マニアが台高に足を伸ばすきっかけになるかも?
> 鈴鹿巨樹マニアというのは、鈴鹿マニアの一変種であって、そういうきっかけにはならないと想像します(^^)。

zippさん、鋭い。本質を見抜いていますね。天晴れ天晴れ。
他の人のことは知りませんが、私にとって鈴鹿以外にある巨樹は意味をなしません。
参考にはなるけれど興味の対象外です。
だいたい鈴鹿だけでも手に余っているのに、そんなことやりだしたらキリがないし・・・
巨樹マニアも様々ですが、一般的には全国の神社仏閣等のクスノキ、スギ、イチョウなどのオッカケをやっていますね。
これは登山と関連のない遊びだし、探す楽しみもないですね。でも年寄りにはいい趣味と思います。

会社グルミの不祥事が多いなか、サワグルミの話題は一服の清涼剤でした。

(画像はちょっと感銘をうけた金閣寺山門のイチイガシ)      ハリマオ

2008/06/24(Tue) 20:25:46  [No.14425]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 480×640 273kB)

 ハリマオさん、こんばんはです。

> 突然サワグルミ! そういや、ウチもトップはサワグルミ。
> と言うことは、これはシリーズとして続くと見てよいわけですか? 次はシデの木かな? ワクワク
 サワグルミの樹って、検索しても巨樹などにあまり載らない樹ですよね。
なんで、ハリマオさんちがトップにサワグルミの樹を持ってきたのか知りませんが、わたしの場合は明らかです。計測した一本立の樹の中でナンバーワンの幹周だったから。
 このシリーズのネタはそんなに無いんです(^^;
次回からすでに、樹種別じゃなしに山行レポにくっつけたレポになっちゃうハズ(^^;


> サワグルミは上に上にと成長し、ジャックと豆の木みたいに天に突き上げる姿が印象的です。
> また株立ちや、低い位置での枝分かれが測り屋泣かせですね。
> 何せサワグルミは数が多いので手が回りませんが、鈴鹿でもまだまだ太いのはあると思います。
 サワグルミは、株分れでも株立ちでも、一本一本が枝分かれ少なくすらりとした樹ですね。
オフ会の時、ツインタワー拝見しました。おぉ!と唸らせる樹でした。この樹のあるあたりの千草街道いいですね。


> なるほど、自然の堤防を築いているわけですね。ヤナギの仲間もそうですね。
> 根っこが水流に洗われていることもあり、よく腐らないものだと思います。
 水が常に根を洗っていれば大丈夫なようです。水が溜まっている状態だと成長できないようです。


> これはちと反則ですね。かといって有効な方法があるわけでもなし。
> 木に責任はなく、人が勝手に困っているだけですが。
 そういう樹は、わたしは計らないことにしてたりする(^^;
ただ、カツラはちょっと別かな?
(画像は迷岳東尾根のもの。画像では大きさがはっきりしませんが。)


> 何でかな。もしかして数本の株立ちが再度癒着したという可能性は?
 それはないです。樹肌は、窪み等ありごつごつしていますが、全体で見ると見事な円錐状の美樹です(^^)。

> えらい入れ込んでいますね。台高の王者ですね。
> 私見ですが鈴鹿ナンバーワンは千種街道の一反ホーソだと思います。
> スギなど、太さではこれに勝るものはありますが、魅力ではこのミズナラがナンバーワン。
 実は・・・、22日悪天の中、台高を彷徨い、この565cmより大きな樹を見つけてしまいました。台高で見かけ測定した一本立巨木を更新し、630cmでした。
 一反ホーソ、この名前が凄いですよね。一反ってのは凄い大洞(^^)。
台高のミズナラは、400cm前後はごろごろあるのに、500cmを越すのになかなか出遭えません。


> きのうテレビで心配な報道をやっていました。全国でコナラ、ミズナラの枯れ死が広がっているとか。
> テレビではなんとか虫の影響だといって、消毒していました。
> しかしもうちょっと掘り下げなくちゃね。なんとか虫が増えたのは温暖化の影響があると思われます。
 北陸方面の被害のことかな。
昨年のブナハバチの大量発生じゃないですが、その虫にも数年とか数十年のサイクルがあって出てきているのかもしれません。それは虫の何千年にもわたってDNAに組み込まれた知恵だったり、もしかしたら人が被害を受けているとみなしているミズナラも新たな再生への組み込まれたDNAの仕業かもしれないし。
温暖化についても地球の何千年というサイクルかもしれませんしね。


> 巨樹マニアも様々ですが、一般的には全国の神社仏閣等のクスノキ、スギ、イチョウなどのオッカケをやっていますね。
> これは登山と関連のない遊びだし、探す楽しみもないですね。でも年寄りにはいい趣味と思います。
 神社仏閣など知られている巨樹は、確かに会いに行けば感動するけど、山の知られていない巨樹との出遭いは、そんな予定調和的な?感動じゃないですよね。
この巨樹は、何百年と、もしかしたらわたしを待っていてくれたのじゃないか…、なんてね(^^)。


> 会社グルミの不祥事が多いなか、サワグルミの話題は一服の清涼剤でした。
 座布団2枚ご進呈(^^)。

2008/06/24(Tue) 23:23:40  [No.14432]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 1100×825 459kB)




キハダ胃薬 再生は力なりです






zippのおっちゃん こんにちわ。

マオちゃん先生との会話、オモシロク読ませてもらってますワン
おなごはんには絶対に理解できんお遊びですな。


> > 突然サワグルミ! そういや、ウチもトップはサワグルミ。
> > と言うことは、これはシリーズとして続くと見てよいわけですか? 次はシデの木かな? ワクワク
>  サワグルミの樹って、検索しても巨樹などにあまり載らない樹ですよね。



緑ちゃん的にはなんでも、みんなええやんどす。
サワグルミ?鬼ぐるみかなあ?、昔のこと実を沢山とってきた。

種にすると梅干の親玉みたいなの。三個をね手のひら中に握ってコリコリ握る。
コレが好いんだよね、近衛十四朗?素浪人、刀の使い手剣豪だ。

コリコリ胡桃を音立てると、居合い抜きヨロシク悪人をぶった切る。
サワグルミにはそんな効用も有るんですよ。
因みに緑ちゃん、いまも胡桃コリコリ音させて漫画な。ズノウスッキリ??

>  このシリーズのネタはそんなに無いんです(^^;
> 次回からすでに、樹種別じゃなしに山行レポにくっつけたレポになっちゃうハズ(^^;

そうか そうなんだ、山に入りかけた切っ掛けでその後の展開は変わるよな。

マオちゃんは渓流釣りからだから、樹とか花なんかの探し物山行に興味なんだろうな。
おっちゃんの場合は、どうだろう学しゃ肌なのか調べたがり徹底だね。

緑ちゃんなんかは、純粋だから山頂目指す正等アルピまんですよ。
年食ってきたからね、歩けるうちに名ある名峰に登りたい目指す楽人ですよ。

山日和大番頭さんもそんなところ有るよね、岩.雪.渓谷ふみわけ乗越えがね。
でも、まあ、うん、身体的変化は新しい進歩を授けてくれる。
ヤブのっぱら好いですよね。

読むより聞け、聞くより見よ、見るより触れよですね。

好い葛藤をです。
おじゃましました、

                  緑水

2008/06/25(Wed) 14:01:58  [No.14438]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 480×640 175kB)

 緑水さん、まいどこんばんは!

 キハダの樹皮採った痕ですね。随分下のほうの樹皮を採ってますね。
この痕、天カ平にもたくさん残っているよね。

 シカが冬場によくキハダの樹皮を食べている。それを見て少しちぎって口に掘り込んでみたよ(^^)。
最初、甘いと思ったものの噛むほどにニガ〜イっ!…ぺっ!ぺっ!

2008/06/25(Wed) 21:20:41  [No.14443]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 1100×825 448kB)

コクイ出会いからの尾根940くらい

未だ新しい樹皮採取、とる人いるんだ

30年ぐらい前のものかな






zipp おっちゃん おはようさん。早寝早起きも早すぎる

おっちゃんてホンマに物知りですね、政界にでたら環境省大臣に推薦するよ。

>  キハダの樹皮採った痕ですね。随分下のほうの樹皮を採ってますね。
> この痕、天カ平にもたくさん残っているよね。


コクイあの辺りには沢山あるね、推測すれば。
樹皮採取は女子どもの仕事だろうな、いい値で売れたことでしょうな。

西尾本によればコクイと峠谷で会い当たりはひろい住みや地とありますよね。
遊郭もあったとか、出入りの商人は漢方の買い付けも有っただろう。

ここら辺り探れば面白いですよ、古文も調べてくださいな。
また乗っちゃうからね。

> 最初、甘いと思ったものの噛むほどにニガ〜イっ!…ぺっ!ぺっ!

これはちぇんちぇえらしくないなあ、苦いのが胃に効く。

子どもにセンブリの花を、コレはおしいでーて噛ませてね、あまりのもの苦さに泣いとったなあ。
子どもの苦さ感覚は大人の何倍もあるようです、オトナは苦いの好きだよね。


不思議な体験にも出会ってますよ、この世にないコトがね。ゾク
寝よや

はよ梅雨明けせんかなあ、
                緑水

2008/06/26(Thu) 02:12:14  [No.14461]


Re: 【台高】MotherTrees/サワグルミ (画像サイズ: 640×480 250kB)

 ヘンな時間に起きだしてますな、緑水さん。

> 未だ新しい樹皮採取、とる人いるんだ
> 30年ぐらい前のものかな
 へぇ、最近までキハダの樹皮を採る人がいたんだね。


> おっちゃんてホンマに物知りですね、政界にでたら環境省大臣に推薦するよ。
 その折は、緑水首相の時だよね(^^)。


> 西尾本によればコクイと峠谷で会い当たりはひろい住みや地とありますよね。
> 遊郭もあったとか、出入りの商人は漢方の買い付けも有っただろう。
> ここら辺り探れば面白いですよ、古文も調べてくださいな。
> また乗っちゃうからね。
 根の平辺りでササヤブから現れた石碑って面白そう。
石をきれいにして、紙あてて鉛筆で擦ったら、字が浮かばんかなぁ?
緑水さん、調べてみてください(^^)。


> 不思議な体験にも出会ってますよ、この世にないコトがね。ゾク
> 寝よや
 なんのこっちゃ!?

 金曜土曜はええ天気みたいやなぁ。

2008/06/26(Thu) 22:11:05  [No.14470]


  再度 へんし〜ん 投稿者:ハリマオ


> なんで、ハリマオさんちがトップにサワグルミの樹を持ってきたのか知りませんが、

これはでたらめな順番じゃないよ。
私は樹木図鑑2冊と葉っぱ図鑑を三冊持っていますが、そのうち二社が同じ並びですです。
お偉い学者が科学的根拠に基づいて分類しているものと思われます。
トップにクルミ科、主なものだけ書くと次いでヤナギ、カンバ、ブナ、ニレ、クスノキ、バラ、カエデ、シナノキ、ツツジ・・・となっており、私のHPもそれに倣っております。

>北陸方面の被害のことかな。

白川村のニュースでしたが、被害はほぼ全国的ですね。近在では愛知、岐阜、滋賀も被害区域に入っています。
カシノナガキクイムシ虫でググってちょーだい。

>昨年のブナハバチの大量発生じゃないですが、その虫にも数年とか数十年のサイクルがあって出てきているのかもしれません。それは虫の何千年にもわたってDNAに組み込まれた知恵だったり、もしかしたら人が被害を受けているとみなしているミズナラも新たな再生への組み込まれたDNAの仕業かもしれないし。

人間の寿命は短いので長いスパンの自然現象を見落とし、短絡的で余計な対策をしでかしていることも多々あるでしょうね。
勤勉なバカほどハタ迷惑なものはない・・・という格言があります。

> 温暖化についても地球の何千年というサイクルかもしれませんしね。

そういう説を唱える学者もいますが、アメリカの提灯学者でしょう。
人類の経済活動による恐ろしいほどの急激なCO2の上昇グラフを見ると、とても自然のサイクルとは思えません。
巨視的に見れば人間も自然の産物であり、しでかした結果も自然と言ってしまえばそれまでですが。

> この巨樹は、何百年と、もしかしたらわたしを待っていてくれたのじゃないか…、なんてね(^^)。

さすがにノーテンキな私もそこまでは・・・・(笑)

2008/06/26(Thu) 20:08:37  [No.14466]


 こんばんは、ハリマオさん。

> これはでたらめな順番じゃないよ。
> お偉い学者が科学的根拠に基づいて分類しているものと思われます。
> トップにクルミ科、主なものだけ書くと次いでヤナギ、カンバ、ブナ、ニレ、クスノキ、バラ、カエデ、シナノキ、ツツジ・・・となっており、私のHPもそれに倣っております。

 おお!そうでおましたか。
そうなら、鈴鹿に生育する全樹種を網羅しても困ることはないでしょう(^^)。
 新エングラー分類体系とかゆうやつですな。


> 白川村のニュースでしたが、被害はほぼ全国的ですね。近在では愛知、岐阜、滋賀も被害区域に入っています。
> カシノナガキクイムシ虫でググってちょーだい。
 芦生辺りの被害のニュースを何年か前に聞きました。
某山日和氏は、被害山域に入ってられるようだが、林を見て虫は水なんかしら?(^^;


> 人間の寿命は短いので長いスパンの自然現象を見落とし、短絡的で余計な対策をしでかしていることも多々あるでしょうね。
> 勤勉なバカほどハタ迷惑なものはない・・・という格言があります。

 良かれと思って間違ってやってることって、ようあります。その格言、確言でし。


> そういう説を唱える学者もいますが、アメリカの提灯学者でしょう。
> 人類の経済活動による恐ろしいほどの急激なCO2の上昇グラフを見ると、とても自然のサイクルとは思えません。

 ハリマオさんは、相当ヒネクレタオツムをお持ちの方とお見受けしましたが、地球温暖化とCO2の関係性を信じられているのですね。

> 巨視的に見れば人間も自然の産物であり、しでかした結果も自然と言ってしまえばそれまでですが。

 人間の活動は、自然に多大なる負荷を与えているの事実ですが。


 槌田敦さんという、相当頑固な物理学者の爺さんがいます。
当然、アメリカの提灯学者等ではない方です。
 お暇なときにでも下記URLの論文などお読みくださいまし。
 http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss023/ss0231.htm
 下記にはいろいろと最近の論文も揃ってます。
 http://env01.cool.ne.jp/index02.htm

2008/06/26(Thu) 22:33:04  [No.14472]


掲示板に戻る