一括表示

またまた寒波がやってきた 
遠出アクセス道路が不安です 行き先は関の錫杖岳からにしょう

【日 時】2006.1.8.〜10.

  8日・錫杖岳・小雪

柚之木林道の雪は圧雪ながらも融けかけてる
尻を振りながら 慎重に登山口に到着です
登山口から雪の道だ 清々しい柚之木峠からは見晴らしも良くなり
快適な登りとなる 雪が有るという清らかさは好いものですね

山頂手前は岩峰登りとなる
お助けロープが無ければ登れないだろう
雪が岩に手が冷たい
山頂は羽虫のような雪が舞う

ここの主は降りたのかな
いる人がいないのは寂しいものですね
3時間程の山行散歩でした

  9日・キララ峰・晴れ

馬子塾は5才児とパパさん
行くよ〜ってメールすればすっ飛んで来た
前日の降雪で林道奥までは無理だろうな
水沢から仰ぐ入道君のフンドシ キララちゃんのパンティーは
真っ白に輝いてる
キララ2峰、3、4峰と高みを増す山らしい山の前衛峰なのだ
全姿を望む位置からあの杉林を上がると自然林に入る
ピークを三つ越えるとキラパンちゃんだと説明する

林道の日陰は圧雪でとまれば 登りスタート出来ないだろうな
緩やかに登り橋の袂に車を止めた
4台の車がある先人がいるのだ
登山口までの林道歩き 暖かい日差しでも気温は低めで気持ち好い
雪は腐らないだろう

歩きよい植林中のジグザグ道も チビさんは真っ直ぐに上がる元気良さだ
時々に落雪を楽しんでる
鹿の足跡が縦横にある 雪を逃れて里に降りてるのだろう
自然林に入るとぐ〜っと雪量が増える
しんどくなる ダマシダマシ登るも4峰で愚図りが出る早めの昼にしよう
ポップコーン弾かせ 肉焼いて日溜まりのランチプシュー
それからこれから山らしく成るのよね
痩せ尾根 右側はスパって切れてる 落としたらえらいことだ
3峰の登り 視界が良くなる 鎌尾根が白光してる
セッピが延びてるのだろうな

2峰の登り 押したり引いたりやっとの事で山頂だ
展望は開ける 鎌や御在所はガガたる冬の装いで おいでお出でと誘う
雪イッパイのパンティー 雪玉で遊ぶとだんだん大ちゃくになりぬれろ
腰まで潜る雪を歩く それ以上切ったら雪が崩れるゾー
知り合いと会う
帰りはね 小林新道を降りますよ どうですか誘う
トレースがある 途中で出会った山慣れた5人パーテーの登り跡だ
深い雪の下山 チビさんグングン降りていく
小走りでつかなくては成らないほどに早い早い
お猿の斜面を過ぎると 痩せ尾根になる

右は崖 左は雪急斜面 右はダメ、左は滑り落ちても止まるだろう
巧い具合に降りていく ビックリする程の身体のこなしだ
やっとこ植林帯に入り 程なく鉱山跡だろう山道に到達です
血糊が落ちてる 点々と赤いのが続く 何が撃たれたのかなあ
車の脇の雪は赤桃く染まっていた
 
パパさん限界だ〜弱音がでる 1時間で降りたんだもの早すぎるわ 
チビさん車で寝てる 良く頑張りました

   10日・京都・地蔵山・快晴

平日の草津線は満タン 快速姫路行きも満タン長年ぶりの通勤電車かなです
京都乗換八木行きは33番線 なんだこれは都会のトレーニング場なのだ
平日列車山行はダメですねえです 
亀岡から山は遠くに霞む 保津峡が帰りの乗り場だから長い歩きに成りそうだ
八木から臨時バスで越畑口で降ろされる ピカピカの雪道なのだ
嵯峨越畑集落から芦見峠に出る 雪は脹ら脛ほど有る

地蔵山への登り だんだん増える雪オブジェの中をくぐり抜けていく
31名の行軍は一条の道を作っていく 外せば膝上まで来るのだ
山頂は明るい広場雪原でのランチです
遠く愛宕山の特異なかたちの杉山頂が望める
明るい雑木林は竜ケ岳とか 遊び場は結構あるのだ
北山奥を望む 一際目立つ高みは比叡山 遠くに比良の雪山が光ってる
良いときに来られたものです

愛宕神社にお詣りして
下山は保津峡へモミジ尾根を降りていく
雑木の中の長い降り 日が傾きかけていた
おらが山幾通りもある登山道 愛する人達と歩きました

              緑水

2006/01/13(Fri) 20:57:08  [No.1497]


  Re: 錫杖・キラパン・地蔵山 投稿者:mayoneko  URL
Re: 錫杖・キラパン・地蔵山 (画像サイズ: 398×223 34kB)

こんばんは。
あ、もうすぐおはようですか。
> 柚之木林道の雪は圧雪ながらも融けかけてる
> 尻を振りながら 慎重に登山口に到着です
そうなんです。車が心配。
> 登山口から雪の道だ 清々しい柚之木峠からは見晴らしも良くなり
> 快適な登りとなる 雪が有るという清らかさは好いものですね
錫杖は雪があるといいですね〜。
昔、雪がいっぱい降ったら関から縦走しようと思っていたんだけれど、
忘れちゃっていました。
雪がいっぱい降った時、笹子林道から経ヶ峰がよかったですよ。
途中の三角錐嘉嶺山に寄って、山頂前にはきれいな山小屋もありますし。
>   9日・キララ峰・晴れ
> キララ2峰、3、4峰と高みを増す山らしい山の前衛峰なのだ
> ピークを三つ越えるとキラパンちゃんだと説明する
> 痩せ尾根 右側はスパって切れてる 落としたらえらいことだ
> 3峰の登り 視界が良くなる 鎌尾根が白光してる
> 2峰の登り 押したり引いたりやっとの事で山頂だ
これだけ雪があれば短いけどけっこうアルペンなんですよね。
ゴリラ山の表示はまだありましたか?
なぜゴリラ?
以前レポでも「誰か知ってる?」って書いたけど返事なかったな〜。
誰か知ってます?
> 帰りはね 小林新道を降りますよ どうですか誘う
あっと言う間の小林新道ですね。
早いから下山はいつもです。
>    10日・京都・地蔵山・快晴
> 地蔵山への登り だんだん増える雪オブジェの中をくぐり抜けていく
> 31名の行軍は一条の道を作っていく 
> おらが山幾通りもある登山道 愛する人達と歩きました
うらやましいです。

今日は早く仕事が終わりました。
一眠りすると、きっと寝過ごしそう。
さて今日はどうしましょう?

2006/01/15(Sun) 04:36:43  [No.1531]


mayonekoさん 勤務明けですか 
春のような潤いの有る陽気ですね ブラリとお出かけをです

> 錫杖は雪があるといいですね〜。
> 昔、雪がいっぱい降ったら関から縦走しようと思っていたんだけれど、忘れちゃっていました。

関の観音様からのコースはバリで好いですよ
途中からの錫杖の姿を見ながら 昔修験者は観音山から歩いたのかなあ思う

> 雪がいっぱい降った時、笹子林道から経ヶ峰がよかったですよ。
> 途中の三角錐嘉嶺山に寄って、山頂前にはきれいな山小屋もありますし。

この山の常連さんとは知り合いで 山荘はお月見歌会など教養ある人達の溜まり場ですね

> これだけ雪があれば短いけどけっこうアルペンなんですよね。
> ゴリラ山の表示はまだありましたか?

キラパンちゃんがゴリラ山なんですか???似つかわない名前だなあ 標示見たことなかったです??
里の青少年の家 廻りの山は県立山公園として整備されてる
星ノ広場 親子牧場などありますね 馬子とキャンプしたり何度か行きました
登るとゴリラ山への標示が有るけれど どこが山頂なのか知らないし知ろうともしなかったです

> なぜゴリラ?

ワカランけれどゴリラが生息してたのカモ(^^)ね
似たような人が管理人だったら楽しいでしょうね

> 地蔵山への登り だんだん増える雪オブジェの中をくぐり抜けていく
> 31名の行軍は一条の道を作っていく 
> おらが山幾通りもある登山道 愛する人達と歩きました

好いときに参加することが出来ました
昔の山岳会と違って 同好会と言うか山中間として快く受け入れてくれますよ

> さて今日はどうしましょう?

今日の授かりはナンでしょうかね         緑水

2006/01/15(Sun) 10:05:46  [No.1533]


  Re: 錫杖・キラパン・地蔵山 投稿者:mayoneko  URL
Re: 錫杖・キラパン・地蔵山 (画像サイズ: 800×600 70kB)

> 今日の授かりはナンでしょうかね  
これです。
僕が今まで見てきたうちでは、10年ぶりぐらいですね。
96年ぐらいまではいつもこれぐらいまではいっていましたね。
今年は完全に埋まるかも。
見てみたいです。

中電P8:00→焼尾→鞍掛峠→鈴北岳→丸山→天ヶ平→・801尾根→R306→中電P20:00

もうすぐ僕の電池が切れますのでレポは充電後に・・・・。

2006/01/15(Sun) 23:14:23  [No.1551]


ゴリラ山
ゴリラ山ってどこだ 
聞かれてコリャ一遍みておかなアカンなあで出かけました

  2006.1.16(月)晴れ

昼から用事があるし
かと言って 深夜から出かける気もしないし
さぶいし
近場なんだし
ついでだし
これで5始ですね(^^)

7時35分・市青少年自然公園の上林道キララ橋に着く
自然公園から林道またいでの続き尾根には 斜めに上がる仕事道がある
鎌ノ谷左岸尾根には道は無いよ ヤブなんだ
遠望する 山の作りから見るとこの上の高みが臭い 匂うゴリラの巣が有るような無いような雰囲気がある
斜面に上がると細い茎の笹原 歩くには苦にならない
ケモノ道を辿りながらササを割っていく
斜面の真ん中には掘割りの溝が有り 鉄製の箱は水道設備のようだ

鎌ノ谷が深くなり谷水の音が高く聞こえる 結構水量が有るようだね 
笹原からススキの大株が生える斜面になる
ケモノが足跡いっぱい
ゴリラ チンパンジー パンダが歩いていてもおかしくない様な雰囲気だ
でも歩いていたら凄いコトに成るだろうなあ しょうもないこと思いながらきつい坂をこなしていく
この斜面は植林が刈られた跡 索道がほかられてる
作業道は自然に残ってる
この上の高み チョット緩くなった所がゴリラ山にふさわしいだろう思う

左谷側の斜面は気持ちの良い自然林だ 古い道が残ってる
尾根の上は小林新道なるものだ
キラパンの白い雪代は薄くなり 昨日らいの雨で融けてしまった
山頂まで自然林を伝い キラパンちゃんに上がる
山頂ベンチにヨッコラショ
下界は冷えてるのだろう
反転層は低い位置で煙をたなびかす
丘陵地の低いところはモヤが隠す
ボンヤリとした海岸線は海と陸と空の境界があやふやだ

プシューやりながら
これ又ボンヤリのお天道様あかり
そしてボボボンヤリの 緑水ちゃんはなんとなく眺めてる
鈴鹿市庁舎はモヤの上に突き出てるなあ
するとあの辺りが我が家か
我が家からキラパンちゃん良く見えるのに
ここからは我が家は見えないなあ
当たり前だろう 
お月様は今良く見えるが
お月様からお前なんか微塵程も見えないだろうって
まっ そんなもんだろう

用事がある フト我に戻り帰るのでした
しょうもない独り言でした

             緑水

2006/01/18(Wed) 09:45:29  [No.1565]


  Re: 錫杖・キラパン・地蔵山 投稿者:とっちゃん(こと)

緑水さん、三山一気のレポですね。

錫杖岳は確か一回登ったような気がしてるんですが、冬には登ったことはないです。

キララは身近にありながら、ヒルが確か多いのと、林道がぐにゃぐにゃ通っているので、なんだか今までイメージがぱっとせずまだ未踏の山です。アカヤシオの頃、キララから鎌ガ岳はいつか一回行ってみたいとは思ってるんですが。

冬には、鎌までいけそうでしょうか?

地蔵山はどなたのリーダーだったのですか?Sハイのお仲間でしょうか?たくさん参加されていたんですね〜。これもまた、未踏の山です。

2006/01/15(Sun) 19:04:01  [No.1540]


掲示板に戻る