一括表示

  サン峰ランチ 投稿者: 緑水

寒太郎が戻って来た
この前ほどではないけれど これで雪が締まるだろう

  2006.1.19. サン峰ランチ

サン峰とはね 雪場の時にサンデー君とよくランチに行った峰
サン峰は散歩に通じ サンはお天道様に通じる そんな山なのです

いつものように幕が開き じゃないね
パタパタと準備して バタバタとカブで宮妻キャンプ場に 7:30パッチし到着
サブー冷たいー てが凍えてる
花雪ならぬの小雪が散り舞ってる
ヘルメットを脱ぐとそのままの姿で 右植林帯を登っていく
段々と傾斜は立ってくるが気にしない 上がれば好いのだ
斜面が被ってくる 左に逃げると雑木との境界尾根 それが正規の登山道なのだ

西尾本5・ページ32には面白いことが書かれてる
西平と東平だ そして白ハゲにサンノダケの名もある
このコースは何度も歩いてるのだけれど じっくりさま酔っていないのだ
P606を過ぎると一気登りも緩くなり 身体も温まってる服を脱ごうや
次の登り植林の中にわずかなトラバース道は P791から西に広がるダイラに入っていく道だろう

今までの景色は一変した
緩やかな丸みを帯びた平が広がるだ 
馬酔木の中を堅雪が詰まってる ケモノの足跡がいっぱいだ
木の間を透かしてサンノダケだろうと鎌の鈍峰 その間に三角の鋭峰が望める
地形図を持たないから 尾根谷のつながりはよく判らないが
まあコッチャ向いて行けばいいだろう
雪は締まってどこでも歩けるのだ

結局戻り気味で雲母峰からの尾根に乗る
湯の森谷からのコースを合わせ
白ハゲの吹き晒しの風はきつい
馬の背尾根を合わせるとガレで 露岩を配したサンノダケだ
なぜサンノダケの名が有るのかなあ
ここでサンランチも好いのだけれど 
今日は風雪で寒すぎる
もう少し上がっていこう

登山道を合わせると雪は一気に増えて 足壺がいっぱいだ 
凍ててるから歩きにくいこと 
結局は鎌尾根大1峰に来た
ヤッパここが好いな 尻ひとつ分の広さに花崗岩杭が好いのだ
いつもここでサンデーと雪ランチだったもんね
ピークワンだからこの峰をサン峰としよう 緑だけの名峰だ
雨乞も清水も雪が融けちゃったなあ ヤブが見えてるもの雪待ちだね

さあランチとコンロ出す あら網敷に防風フードが無い
これはアカンわ ナベ煮えないぞ
しかもン酒が入って無いジャン(−−)ガ〜ン
どうして・・・ナベ煮えるまで時間がかかる それまでどうしろ言うのだ
ザック捜せばショウガ湯がでてきた
これで温まろう 締まらないね〜え
プシューは帰ってやれば良かろうです はよ帰ろう

空中回廊みながら あそこも歩かなあかんな思いながら降りました
だれか一緒にどうですか

               緑水

2006/01/20(Fri) 10:26:10  [No.1571]


  Re: サン峰ランチ 投稿者:山日和

緑水さん、こんにちは。

> 寒太郎が戻って来た
> この前ほどではないけれど これで雪が締まるだろう

昨日は締まりすぎて困りました。スノーシューが活躍できなくて。(^_^;)

> サン峰とはね 雪場の時にサンデー君とよくランチに行った峰

これも画像送ってもらいましたね。

> 今までの景色は一変した
> 緩やかな丸みを帯びた平が広がるだ 
> 馬酔木の中を堅雪が詰まってる ケモノの足跡がいっぱいだ
> 木の間を透かしてサンノダケだろうと鎌の鈍峰 その間に三角の鋭峰が望める

いい感じですねー。

> 結局は鎌尾根大1峰に来た
> ヤッパここが好いな 尻ひとつ分の広さに花崗岩杭が好いのだ

無雪期はここで2回ほどランチしたことあります。鎌本峰を正面にいいとこですね。
人も来ないし。

> さあランチとコンロ出す あら網敷に防風フードが無い
> これはアカンわ ナベ煮えないぞ
> しかもン酒が入って無いジャン(−−)ガ〜ン

ありゃりゃ。ガックリでしたね。(^^ゞ
これは私も何回か経験済み。あの瞬間は神も仏もないものかという心境ですね。

> 空中回廊みながら あそこも歩かなあかんな思いながら降りました
> だれか一緒にどうですか

いいですねー。私もずっと懸案ルートのひとつのままです。

                 山日和

2006/01/22(Sun) 11:18:08  [No.1576]


  Re: サン峰ランチ 投稿者: 緑水

山日和 こんにちわ

土日と良い天気でした お楽しみでしたね

>> 寒太郎が戻って来た
>> この前ほどではないけれど これで雪が締まるだろう
> 昨日は締まりすぎて困りました。スノーシューが活躍できなくて。(^_^;)

ホノケは見誤りでしたか
アイゼン ピッケルが要る感じでしたね
融けて凍った雪は始末が悪いです

>> 結局は鎌尾根大1峰に来た
>> ヤッパここが好いな 尻ひとつ分の広さに花崗岩杭が好いのだ
> 無雪期はここで2回ほどランチしたことあります。鎌本峰を正面にいいとこですね。人も来ないし。

以外と風が当たらないの 雪の定番ランチ場です

>> しかもン酒が入って無いジャン(−−)ガ〜ン
> ありゃりゃ。ガックリでしたね。(^^ゞ

マンネリズムどんな簡単な所でも事故が起こる 気を付けましょう

                  緑水

2006/01/23(Mon) 11:45:15  [No.1587]


  Re: サン峰ランチ 投稿者:とっちゃん(こと)

緑水さん、こんにちわ〜。

> サン峰とはね 雪場の時にサンデー君とよくランチに行った峰
> サン峰は散歩に通じ サンはお天道様に通じる そんな山なのです

サンディー君はどうしてますか?サンディ君とは一度もお会いしたことがないのですが。
昨日の山で、ラブ連れた人に出会いました。お名前は?って聞いたら確か「アルタス」っておっしゃってました。

> 西尾本5・ページ32には面白いことが書かれてる
> 西平と東平だ そして白ハゲにサンノダケの名もある

鎌ガ岳と宮妻峡付近の略地図p8で確認していました。

カズラ谷左岸尾根が791pに出会うあたりなんですね。

キララから鎌の稜線あたりもまだ一度も歩いていないなで、その辺も行ってみたいなぁ。

> 今までの景色は一変した
> 緩やかな丸みを帯びた平が広がるだ 
> 馬酔木の中を堅雪が詰まってる ケモノの足跡がいっぱいだ

いいですね〜。

> 馬の背尾根を合わせるとガレで 露岩を配したサンノダケだ
> なぜサンノダケの名が有るのかなあ
> ここでサンランチも好いのだけれど 
> 今日は風雪で寒すぎる
> もう少し上がっていこう

そうですね〜。とってもいい景色の所ですが、風の強い日のランチにはきびしいね。

> 空中回廊みながら あそこも歩かなあかんな思いながら降りました

空中回廊は、数年来の課題のままです。春の赤ヤシオの時期にって思ってましたが、冬雪がついていても大丈夫なんでしょうか?

2006/01/22(Sun) 17:20:23  [No.1577]


  Re: サン峰ランチ 投稿者: 緑水

とっちゃん(こと)こんにちわ

> サンディー君はどうしてますか?サンディ君とは一度もお会いしたことがないのですが。

サンデー君はね 寝てる 傍にいっても寝てる
顔はパンダ顔に似てきた ヨロヨロとかいどなかを歩くだけです
さすがに寒さには強いのか 雪風なんかへっちゃらですね

> 鎌ガ岳と宮妻峡付近の略地図p8で確認していました。
> キララから鎌の稜線あたりもまだ一度も歩いていないなで、その辺も行ってみたいなぁ。

強弱自在にコースは取れるよ 
キララから鎌尾根→イワクラ尾根→入道岳 歩きごたえあります
宮妻ベースに谷尾根とも 一級品メニュー揃えてますです

>> 馬酔木の中を堅雪が詰まってる ケモノの足跡がいっぱいだ
> いいですね〜。

西尾本は良くできた参考書だ
鉱山タタラの隠れた旧跡もあり 神話にもつながる話もある
近いところだ訊ねてくださいです

>空中回廊は、数年来の課題のままです。春の赤ヤシオの時期にって思ってましたが、冬雪がついていても大丈夫なんでしょうか?

大丈夫ですよ 準備万端抜かりなくにですね(−0^)

                緑水

2006/01/23(Mon) 11:43:48  [No.1586]


掲示板に戻る