一括表示

  【越前】堅雪のホノケ山 投稿者:山日和
【越前】堅雪のホノケ山 (画像サイズ: 600×800 178kB)

 天気予報を睨みながら週末を迎えた。当初は赤ゾレ山周辺へ行くつもりだったが、前日の予報では雪。
逆に北の方が天気が良さそうである。そこで急遽浮上したのがホノケ山。
無雪期なら顧みることもない山だが、登山口まで確実に入れて登頂できそうである。

【日 時】2006年1月21日(土)
【山 域】福井県南越前町 ホノケ山
【天 候】晴れのち曇り
【メンバー】6名
【コース】奥野々9:00---10:00第2登山口10:10---10:45 P405---11:55菅谷峠12:10---12:45ホノケ山12:55---13:20菅谷峠14:45---16:00(往復組は16:25)駐車地

 ホノケ山とは変わった名前である。旧南条町の説明板によると、昔京の都(京都からこの山が見えるか?)
や府中(武生)に急を知らせるためのノロシ台があったことから付けられたらしい。
 
 今庄ICを下りて国道365号を武生方面へ向うと「ホノケ山登山口」という立派な看板が立っていた。地元
ではメジャーな山なのだろう。
 最終集落である奥野々から歩き始めるつもりをしていたが、意外にもさらに奥まで除雪が進んでいた。
国道305号の改良工事のようで、二俣の林道が分岐するところまで入ることができたが、工事現場となってお
り駐車スペースがない。
現場に居たお兄さんに止める場所がないか聞いてみると、なんとわざわざ工事車両をどけてスペースを作っ
てくれた。
やさしさに感謝。心配していた天気も想定外の青空が広がり気分も上々である。

 60〜70センチ積もった林道上の雪に乗ってみると、まったく沈まない。春山のような雪質だ。楽チンなの
だがスノーシューハイクには不適当である。
今日がスノーシューデビュー戦の洞吹さんとTさんにはスノーシューの真価を知ってもらえそうもない
のが少し残念だ。
 地形図上の道は破線になってからも国道表示が続いており、3番目の支谷を右に入って尾根に向っている。
ほんとの登山道は最初の支谷で分岐する林道を右に取った終点が登山口になっているのだが、本谷を直進し
てしまい時間をロスしてしまった。
行きには沈まなかった雪面も帰りにはがぼる(福井弁で雪に深くはまるという意味)ようになり、再スタート
点でスノーシュー装着。快適に林道を進んで登山口に到着した。
雪面にはいろんな動物の足跡が縦横無尽に交錯している。
 ここから尾根に乗りP405を目指すが、中途半端に出ているヤブがやや鬱陶しい。高度を上げるに連れ日野
山の堂々とした姿が大きく目に入る。ゆるゆるとした傾斜の尾根はスノーシュー向きなのだが、立ち木や突
き出した枝を右に左にかわしながらの登高は快適とは言い難い。
 広々としたP405からは雑木の尾根がゆったりと続く。左手にはホノケ山の山頂が見えるがまだまだ遠い。
途中尾根がやせた部分もあり、雪が不規則に積もって尾根芯を進みにくいところは斜面を巻き気味に進む。
ちょっとした急傾斜のギャップが出てくると、タブスのスノーハイク用のシューを履くY夫妻は苦戦している。
こういうところでもライトニングアッセントはまったく問題なく良く締まった雪面を捉えていた。(履く必要
のない雪質だったのだが・・・)
しばらくして斜面の登りにくさとヤブでの取り回しの悪さにスノーシューを脱ぐ。やはり足が軽い。
なによりぜんぜん沈まず快適だ。もっと早く脱げばよかった。

 P592への登りから林相ががらっと変わった。足谷山への尾根から続く斜面は大きなブナが目立ち始め、や
っとお待ちかねのいい雰囲気になってきた。やはり山はこれでなくては。
 登りついたP592から北の足谷山へ伸びる尾根もいい林が続いている。
このピークでひと休みしようと思ったが、風が出てきて避ける場所がない。
少し下って菅谷(すけんたんと読む)峠を横切る林道で尾根の陰に入ると全くの無風状態。いい時間になっ
てきた。
だがここで昼飯にすると山頂へ行く気がなくなりそうなのでひとふんばりして山頂を目指した。

 よくクラストした雪面はアイゼンが欲しいくらいよく締まっている。とても1月の雪とは思えない。
長靴のとっちゃんはキックステップも靴のエッジも利かないのでひとりアイゼンを装着した。

 気持ちのいい疎林の尾根を一歩一歩山頂に近付いていく喜びは格別だ。
たかだか740mの低山でこれだけ素晴らしい雪尾根を歩けるのは豪雪の越前ならではである。
 ひとしきり急登を終えて南北に長い山頂部に出た。左には越美国境の山々がキラ星のごとく並んでいる。
三周から美濃俣丸、笹ヶ峰、金草、部子山。遠くにひときわ白いのは白山だ。天気予報からはまったく期待
していなかった大パノラマに胸が躍る。
 山上台地の南端が三角点のあるホノケ山頂上(736.8m)だが、地形図を確かめるとひとつ手前のピークの方
が740mのコンターが入っておりやや高い。
山頂にあるはずの標識もすべては雪の下。南西方向には日本海の展望も開けてきた。
南東に伸びる尾根上のP746が堂々たる姿で鎮座している。
やはり風を除ける場所がないのですぐに山頂を辞して先ほどの峠へ引き返した。

 林道の向こうに見えるカーブミラーは鏡の部分がかろうじて頭を出している。ここでランチタイム。
スコップで円卓を作ろうと思ったが、固くて歯が立たず断念。一列に並んでのお食事となった。
正面には日本海と西方ヶ岳、サザエヶ岳の連嶺、遠くに霞むのは丹後半島か。雪山で海を見ながらランチと
いうのは初めてなので実に新鮮である。

 下りは峠の少し南から東へ派生する尾根を取ることにする。林道と尾根が交差する地点まで林道を進もう
とするが、部分的にかなりの傾斜で積もっており、クラストしたところはサイドキックステップで少し靴底
が乗る程度。
なんとか乗り切れそうな感じだったが不安を覚えるメンバーもおり無理はできない。
ここでふた手に分かれて私ととっちゃんは予定の尾根に向かい、残るメンバーは洞吹さんのリードで元来た
ルートを引き返すことにした。

 慎重に林道のトラバースを終えると、幅広のゆったりした尾根が待っていてくれた。登りで見たこの尾根は実に快適そうだったが、予想通りのいい尾根だ。往路のような素晴らしい樹林はない
が、木和田尾のような気持ちのいい雪尾根歩きが楽しめる。
スノーシューで歩くならこの尾根を登りに取った方が快適だろう。
木の根元にできた空洞にズボっとはまることが増えてきたので再びスノーシューを装着。
 尾根の末端の植林帯を急降下すれば、ピンポイントで駐車地に帰り着いた。
25分後に往復組が到着。昼から雪の予報にも関わらず、最後まで持ってくれた天気に感謝。
ホノケ山、思わぬ拾い物の山だった。

                      山日和

2006/01/22(Sun) 21:38:48  [No.1581]


  Re: 【越前】堅雪のホノケ山 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^)
やっぱり山日和さんからの報告でしたか〜。朝から何度も誰が書くのかな、って興味津々でした(^^)。

>  天気予報を睨みながら週末を迎えた。
先週天気が良ければご一緒できたのにメチャ残念でした(;_;) 

> 無雪期なら顧みることもない山だが、登山口まで確実に入れて登頂できそうである。
のろし台があった山って過去に本で読んでいたので言ってみたかったなぁ〜。

> だがスノーシューハイクには不適当である。
上高地ならそんな雪質でも履いて歩いてはりますね。僕らはツボ足でしたが。

> 今日がスノーシューデビュー戦の洞吹さんとひいちゃんにはスノーシューの真価を知ってもらえそうもない
> のが少し残念だ。
洞吹さん、どうでしたか〜。ひいちゃん、どうでしたか〜。

> ちょっとした急傾斜のギャップが出てくると、タブスのスノーハイク用のシューを履くY夫妻は苦戦している。
なるほど〜。タブスは平原向きだからでしょうね。

> たかだか740mの低山でこれだけ素晴らしい雪尾根を歩けるのは豪雪の越前ならではである。
ぐやし〜い〜

> 三周から美濃俣丸、笹ヶ峰、金草、部子山。
ひぇ〜、さっき「福井の雪山」って本で山行記録を見ていた山々だ〜(^^)

> スノーシューで歩くならこの尾根を登りに取った方が快適だろう。
φ(。。;)メモメモ

> ホノケ山、思わぬ拾い物の山だった。
いいな〜いいな〜。
また素晴らしい雪の稜線で!

2006/01/22(Sun) 21:58:21  [No.1582]


  Re: 【越前】堅雪のホノケ山 投稿者:とっちゃん(こと)



矢問さん、こんばんわ〜。

ほんと、ご一緒できず、残念でした。お仕事の山はなだれにもならず、かたづきましたか?。

> やっぱり山日和さんからの報告でしたか〜。朝から何度も誰が書くのかな、って興味津々でした(^^)。

どう考えても、山さんでしょう!。

> > スノーシューで歩くならこの尾根を登りに取った方が快適だろう。
> φ(。。;)メモメモ

こちらの尾根は、なだらかで幅が広くて快適にスノーシューで登れますよ。
林道とせっているとこさえ気をつければいいですね。

みっきーさんとご夫婦であるいてくださいね〜。

2006/01/22(Sun) 22:56:22  [No.1584]


矢問さん、どうもです。今回はご一緒できなくて残念でした。

> 先週天気が良ければご一緒できたのにメチャ残念でした(;_;) 

そうですね。この日も直前まであっちゃこっちゃと迷い怪しかったのですが、北の天気が好転して
ホッとひと息といったところでした。(^_^)

> のろし台があった山って過去に本で読んでいたので言ってみたかったなぁ〜。

知ってはったんですねー。

> > ちょっとした急傾斜のギャップが出てくると、タブスのスノーハイク用のシューを履くY夫妻は苦戦している。
> なるほど〜。タブスは平原向きだからでしょうね。

スノーシューの性能差(適性と言うべきか)ははっきりしてましたね。このモデルが出てなかったら
スノーシューは一代限りで終わってたかも・・・(^_^;)

> ぐやし〜い〜

へっへっへっ、ええやろー(^_-)

> いいな〜いいな〜。
> また素晴らしい雪の稜線で!

ぜひっ!!

                     山日和

2006/01/23(Mon) 21:38:26  [No.1589]


  Re: 【越前】堅雪のホノケ山 投稿者:とっちゃん(こと)

山さん、こんばんわ〜。

ほんと、お天気がどうなるかと心配して、候補地を考えてくださるの大変だったでしょう。

前日に変更になったホノケ山、なんだかユーモラスな名前だなぁって思っていたら、ノロシから名前がついたんですね。

峠からの展望がめちゃ素晴らしかったですね〜。

ホノケ山と聞いて、山さんにしては、ライトな山の選択だという声も聞かれたけど、ひいちゃんの復帰の山ということもあり、標高は低いがこの山にしょうと思うと、事前におっしゃっていた言葉に山さんの優しさを感じましたよ。(*^_^*)

結局は、低山であっても雪があたっぷりあって雪山を堪能できて、みなさん満足だったと思います。

山さんの古くからのお友達のYさんご夫婦、それから洞吹さん、ひいちゃん、今回仕事で行けなかった矢問さんや、その同級生のBAKUさんも交えてまた計画してくださいね。

洞吹さん、ひいちゃん、スノーシューの感想はどうだったかな?って、よくわかんなかったかも。

山さん、ほんとうに心をくだいて計画してくださって、お世話さまでした。(*^_^*)

2006/01/22(Sun) 22:51:05  [No.1583]


とっちゃん、どうもです。
山さんになっちゃったかー。ボスや長さん、殿下はどうしてるんやろね(^_^;)

> ほんと、お天気がどうなるかと心配して、候補地を考えてくださるの大変だったでしょう。

そうなんです。毎度のことながら気苦労が絶えなくて・・・(;_:)

> 峠からの展望がめちゃ素晴らしかったですね〜。

あの展望は一級品やったね。でもホントは林道敷設、伐採のなせる業なんやけどね。

> ホノケ山と聞いて、山さんにしては、ライトな山の選択だという声も聞かれたけど、ひいちゃんの復帰の山ということもあり、標高は低いがこの山にしょうと思うと、事前におっしゃっていた言葉に山さんの優しさを感じましたよ。(*^_^*)
> 結局は、低山であっても雪があたっぷりあって雪山を堪能できて、みなさん満足だったと思います。

いやー、それほどでも・・・(^_-)

> 山さん、ほんとうに心をくだいて計画してくださって、お世話さまでした。(*^_^*)

山さんって誰やっ、という感じですが、またよろしくです。(^_^)

                        山日和

2006/01/23(Mon) 21:43:45  [No.1590]


  Re: 【越前】堅雪のホノケ山 投稿者:柳川洞吹

山日和さん こんばんは

なんども口にしましたが、「さすが、北陸の山やなー」
この一言に尽きます。
いかにも雪国、
標高わずか737mの低山ながら、たっぷりの積雪に迎えていただきました。

スノーシューデビューの感想は、
今回、ツボ足で充分な締まり雪でしたから、なんと言ったらいいのか、
まだ、スノーシューの実力のほどがよくわかりません。
ただ、思っていたより楽に斜面を登れますね。

この機種独特のギザギザフレーム構造のおかげということですが、
スノーシューが初めての私にしては、
これがあたりまえの性能と思ってしまいます。

>  ホノケ山とは変わった名前である。旧南条町の説明板によると、昔京の都(京都からこの山が見えるか?)

あんさん、直接京都からホノケ山が見えるわけあれしまへんがな。
中継、中継で京の都へ知らせていくのどす。

>  ひとしきり急登を終えて南北に長い山頂部に出た。左には越美国境の山々がキラ星のごとく並んでいる。
> 三周から美濃俣丸、笹ヶ峰、金草、部子山。遠くにひときわ白いのは白山だ。天気予報からはまったく期待していなかった大パノラマに胸が躍る。

素晴らしいパノラマの大展望でしたね。
天気が悪くならなかっただけでも儲けものなのに、
この素晴らしい大展望は、
ホノケ山さんから我々へのの最高の贈り物でした。
これというのも、私が日頃、徳をたっぷり積んでおいたからです。(^^)d

> 正面には日本海と西方ヶ岳、サザエヶ岳の連嶺、遠くに霞むのは丹後半島か。雪山で
> 海を見ながらランチというのは初めてなので実に新鮮である。

確かに、初めてですね。
雪山で海を見ながらのランチは。
新しい「Uガス」は快調でした。

> 昼から雪の予報にも関わらず、最後まで持ってくれた天気に感謝。
> ホノケ山、思わぬ拾い物の山だった。

温泉から上がったら、待っていたように雪が降りだしましたね。
「思わぬ拾い物の山」なんかではなく、
「思ったとおりの極上の山」だったと言わせていただきましょう。
ホノケ山に乾杯!

                               洞吹(どうすい)

2006/01/24(Tue) 21:42:37  [No.1592]


洞吹さん、どうもです。

> なんども口にしましたが、「さすが、北陸の山やなー」
> この一言に尽きます。
> いかにも雪国、
> 標高わずか737mの低山ながら、たっぷりの積雪に迎えていただきました。

ほんまですなー。この感じは他では味わえません。

> この機種独特のギザギザフレーム構造のおかげということですが、
> スノーシューが初めての私にしては、
> これがあたりまえの性能と思ってしまいます。

私が先代スノーシューで苦戦したことは知ってるでしょ。
月とスッポン、地獄でホノケ・・・ですわ(^^ゞ

> あんさん、直接京都からホノケ山が見えるわけあれしまへんがな。
> 中継、中継で京の都へ知らせていくのどす。

あっ、そう。

> 素晴らしいパノラマの大展望でしたね。

カシバードのパノラマ見ました? ようわかるでしょ。(^_^)

> これというのも、私が日頃、徳をたっぷり積んでおいたからです。(^^)d

どっひゃーん。その徳はいったいどこに・・・

> 新しい「Uガス」は快調でした。

早速使ってみよーっと。

> 温泉から上がったら、待っていたように雪が降りだしましたね。
> 「思わぬ拾い物の山」なんかではなく、
> 「思ったとおりの極上の山」だったと言わせていただきましょう。
> ホノケ山に乾杯!

花はす温泉の露天風呂は雪の壁を縫って入る感じで初めての経験でしたね。
ホノケ山バンザイ\(^o^)/

                   山日和

2006/01/24(Tue) 23:13:51  [No.1594]


ご一緒していただいたみなさん
お礼が遅くなりましたが、ありがとうございました。

ご一緒できなかった矢問さん、お休みが取れなくて本当に残念でした。
今回は余りスノーシューを使えなかったですから、ご安心ください。
私も威力がまだ分かっていませんよ。


>  天気予報を睨みながら週末を迎えた。

ころころかわるお天気に気苦労をおかけしてしまいました。赤ゾレ山周辺は楽しみにしていましたが、思いもかけない山にふって頂き、楽しい山を満喫させていただきました。

> 今日がスノーシューデビュー戦の洞吹さんとTさんにはスノーシューの真価を知っても>らえそうもないのが少し残念だ。

はい、残念ながらフカフカ雪の歩きは出来ませんでしたね。でも登りはすべらずしっかり歩けました。流石に話題に上ったライトニングアセントでした。
お世話様になりありがとうございました。

>  ひとしきり急登を終えて南北に長い山頂部に出た。左には越美国境の山々がキラ星のごとく並んでいる。
> 三周から美濃俣丸、笹ヶ峰、金草、部子山。遠くにひときわ白いのは白山だ。天気予報からはまったく期待
> していなかった大パノラマに胸が躍る。

ホントに素晴らしい眺めでした。真っ白い白山が印象的、笹ケ峰も素晴らしかったですね。
日野山が里から天に突き上げ、回りの山並みが幾重にも重なり、素晴らしい光景を久々に眺められ幸せでした。

>残るメンバーは洞吹さんのリードで元来たルートを引き返すことにした。

洞吹さん、2年ぶりでしたのにお付き合いくださってありがとうございました。
気持ちが後ろに引いてしまいご迷惑をお掛けしてしまいました。

2ケ月ぶりのしかも初雪山、折角やさしい山を選択してくださったようですのに
それでも着いていけず本当にすみませんでした。

やぶこぎにご一緒させていただいたとっちゃん、まとめてくださった山日和さん
本当にありがとうございました。

2006/01/26(Thu) 23:09:26  [No.1602]


Tさん、こんばんは。思いのほかいい山、いい天気でよかったですね。

> はい、残念ながらフカフカ雪の歩きは出来ませんでしたね。でも登りはすべらずしっかり歩けました。流石に話題に上ったライトニングアセントでした。

スノーシューの浮力は実感できなかったと思うけど、堅雪でのグリップは感じられたと思います。

> ホントに素晴らしい眺めでした。真っ白い白山が印象的、笹ケ峰も素晴らしかったですね。
> 日野山が里から天に突き上げ、回りの山並みが幾重にも重なり、素晴らしい光景を久々に眺められ幸せでした。

いつもの越美国境稜線からの眺めと違い、間に平野を挟んで遠望する白い山々もまた違った味わいがありましたね。

> 2ケ月ぶりのしかも初雪山、折角やさしい山を選択してくださったようですのに
> それでも着いていけず本当にすみませんでした。

いやいや、自信がないときはやめるのが鉄則です。

> やぶこぎにご一緒させていただいたとっちゃん、まとめてくださった山日和さん
> 本当にありがとうございました。

またよろしくです・・・(^_^)

                     山日和

2006/01/26(Thu) 23:41:32  [No.1603]


山日和さん こんばんは〜

> スノーシューの浮力は実感できなかったと思うけど、堅雪でのグリップは感じられたと思います。

浮力を感じられる程のフカフカ雪を歩きたいですね。
今回は残念でしたが、横すべりしないで歩けたのは流石ライトニングアッセントだと思いました。


> いつもの越美国境稜線からの眺めと違い、間に平野を挟んで遠望する白い山々もまた違った味わいがありましたね。

近い割りに素晴らしい眺めで感謝いたしました。
越美国境稜線からの眺めも懐かしいですね。
あの素晴らしい光景が目に浮かびます。

> いやいや、自信がないときはやめるのが鉄則です。

次回は自信を持って歩きたいと思います。

> またよろしくです・・・(^_^)

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
楽しみにしています。

2006/02/11(Sat) 00:30:32  [No.1711]


  Re: 【越前】堅雪のホノケ山 投稿者:とっちゃん(こと)

Tさん、こんばんわ〜。

復帰の山は、とても展望がよくってよかったですね〜。

リハビリの三回目の山と聞いていましたので途中下山の時には、ご一緒させてもらおうと思っていましたが、さすが、今までバリバリに歩かれていただけあって、登りの心配のいらない力強い歩きに安心しました。

もう、何の心配もない、まさに、本格復帰ですね。ほんとうによかったです。(*^_^*)

さてさて、次のフルメンバーでの山はどこになるのかな?矢問さんも、今度はご一緒できるといいですね〜。
私の方がまだ本格復帰には至りませんが、2年ぶりにご一緒させていただいた、Yご夫婦ともご一緒できるの楽しみにしています。

次回は、おなじみのハンドルネームで投稿くださいね〜。(^_-)-☆

2006/01/27(Fri) 22:00:27  [No.1606]


とっちゃん こんばんは〜。遅レスですみません。

> 復帰の山は、とても展望がよくってよかったですね〜。

はい、初雪山でした。ありがとうございました。

> リハビリの三回目の山と聞いていましたので途中下山の時には、ご一緒させてもらおうと思っていましたが

一回目はポンポン山を一人で歩きましたが、まだ早かったようで逆戻り。
二回目は落ち込んでいる私を友達が引っ張り出してくれ、裏山にお茶しに行っただけ。
三回目は歩く自信が出来て剣尾山を周遊しただけなので・・・
この近所の山仲間はお付き合いが20年近くになります。

> もう、何の心配もない、まさに、本格復帰ですね。ほんとうによかったです。(*^_^*)

本格復帰だなんてとんでもないです。リハビリと仰っているとっちゃんのほうが想像以上にバリバリ歩い
てらしていて、びっくりいたしました。補助具もとれて良かったですね。

> さてさて、次のフルメンバーでの山はどこになるのかな?矢問さんも、今度はご一緒できるといいですね〜。

念願かなってみんなでご一緒できるようになりましたね。良かったですね。

> 次回はおなじみのハンドルネームで投稿くださいね〜。(^_-)-☆

ごめんなさい。
FYAMA時代から山日和さんがTさんの名前で投稿して頂いていましたので、この名前のほうがその時代から
読んでくださってる方に分かりやすいだろうと、山日和さんに名前変更のお願いをいたしました。
とっちゃん、緑水さん、こだまさんも山日和さんからよくお話をお聞きしていましたよ。
ここにこだまさんが復帰された時は懐かしく、色んな事を思い出していました。小麦ちゃん、かわいいですね。

2006/02/10(Fri) 23:59:39  [No.1709]


Tさん、はじめまして。

> ここにこだまさんが復帰された時は懐かしく、色んな事を思い出していました。小麦ちゃん、かわいいですね。

ありがとうございます。以前からお目汚しの駄文ばかりで申し訳ありません。
山歩きはいつも長く感じますので、愛犬を伴っております。(^^)
私は一般的な登山道しか歩きませんが、今後とも宜しくお願い致します。

2006/02/11(Sat) 17:18:48  [No.1712]


こだまさん
ありがとうございます。

ホームペイジ楽しみに見せていただいていますよ。

それより、おめでとうございますって言うことが先ですね\(^o^)/

辛いワンコさんとのお別れが私はすごく辛かっただろうなと自分のことのように感じていました。

ほのぼのとした文章にいつも和ませていただいております。
またいつかご一緒出来たら良いですね。

2006/02/11(Sat) 18:36:41  [No.1713]


Tさんへ

> それより、おめでとうございますって言うことが先ですね\(^o^)/

遅くなりましたが、どうもありがとうございます。って、
なんのことかな〜と考えてしまいました。うーん、うーん、
再婚したことかな。(もう3年も前なのですが)f(^^;
気楽に暮らしておりましたので、再婚なんて全く考えていなかったのですが、
なんせ向こうがしたかったみたいで、(^^; ←家政婦に。

もし結婚するなら登山が趣味の人と心に決めていたのですが、
この歳になって山で出会う方は、皆さん愛妻家ですから。(^^;
ハンターなんて大嫌いだったのですが、愛犬の行き先に困っていて
山ではあまり自分から話し掛けない方なのですが、つい
「犬を飼っていただけませんか?」って、それが縁でした。(笑)

> 辛いワンコさんとのお別れが私はすごく辛かっただろうなと自分のことのように感じていました。

本当に辛くて、愛犬と別れた帰りの車の運転中、3時間ずっと涙が
止まりませんでした。よく事故を起こさなかったものです。
Tさんもなにか悲しい出来事がおありになられたんですね。
悲しい想いをした人は幸せです。たくさんの小さな幸せを発見できます。
重荷を降ろした時の清々しさを求めて、また山に出掛けて行きます。

> またいつかご一緒出来たら良いですね。

こちらこそ宜しくお願い致します。(^-^)

2006/02/13(Mon) 10:42:21  [No.1722]


  Re: 【越前】堅雪のホノケ山 投稿者:ひいちゃん

コダマさん
こんばんは〜

> なんせ向こうがしたかったみたいで、(^^; ←家政婦に。

ははっ ご馳走様です。   どこも一緒ですね↑

> 本当に辛くて、愛犬と別れた帰りの車の運転中、3時間ずっと涙が
> 止まりませんでした。よく事故を起こさなかったものです。
> Tさんもなにか悲しい出来事がおありになられたんですね。

山に関係ないことで申し訳ないですが

中学生のときでした。
外に出てみたら雪の中一匹の首輪のない犬が飛び跳ねていました。
この寒い中暗くなるのに、しかも餌もないのにと家に入れてもらうよう親にお願いしました。
その夜のこと、目を離すとフラフラしているのです。明らかに様子がおかしいと思い
父親が翌日獣医さんに連れて行きました。
フィラリア・・心臓に虫がわく病気でした。
薬を飲ませていたのですが、もう治らないと言われました。
その後色々ありましたが、・・・・
このページに書くべきことではないですね
そんな悲しい何とも言えない別れがあったので思い出していました。

また、いい山のお話をいたしましょうね。

2006/02/23(Thu) 21:52:54  [No.1820]


  Re: 【越前】堅雪のホノケ山 投稿者:矢問(やとう)

Tさん、こんにちは(^^)
いったい、誰カイナ・・・と考えちゃいました。覆面投稿ですね(^_-)

今日はメチャ良い天気ですね。家でゆっくりしています(^^;)

> 今回は余りスノーシューを使えなかったですから、ご安心ください。
ダハハ(^^;)
雪も好きですが、昨日は天気を追いかけて南紀へ。チラッと霜があったくらいで
流石に南紀はあたたかい。同じ近畿でも北と南で大違い。日本は広い〜(^^)。
またご一緒できる日を楽しみしています〜。

2006/01/29(Sun) 14:33:57  [No.1608]


矢問さん こんばんは〜

> Tさん、こんにちは(^^)
> いったい、誰カイナ・・・と考えちゃいました。覆面投稿ですね(^_-)

いえいえ、そんなことないですよ。
ひいちゃんのほうが最近のハンドル?なんです。


> > 今回は余りスノーシューを使えなかったですから、ご安心ください。
> ダハハ(^^;)

某メンバーさん達と第一週の土曜日に行かれていたので、えっ第二週はどうなるのかしら?と心の中で心配していました。
今は、ホッとしていますが・・・

> またご一緒できる日を楽しみしています〜。

はい、皆さんのお陰様です。
楽しみにしています。

2006/02/11(Sat) 00:07:26  [No.1710]


  Re: 【越前】堅雪のホノケ山 投稿者:矢問(やとう)

Tさん こんばんは(^^)

> ひいちゃんのほうが最近のハンドル?なんです。
そうなのか〜。Tさんといい、とっちゃんといい、複数ハンドル持ちか〜(^^)

2006/02/11(Sat) 18:48:43  [No.1715]


矢問さん こんばんは〜

> そうなのか〜。Tさんといい、とっちゃんといい、複数ハンドル持ちか〜(^^)

だっていくらなんでも、○○○でTとは呼んでもらいにくいですから。
でも、両方本名なんですよ。

命名してくださった山日和さんに感謝しないとね(^^ゞ

2006/02/11(Sat) 18:55:21  [No.1716]


Tさん、こんばんは。
命名というにはあまりにイージーで無味乾燥な・・・(^_^;)
単に名前を伏せてただけなので、これからはひいちゃんでもいいと思うけどね。

                  山日和

2006/02/11(Sat) 19:41:39  [No.1717]


  Re: 【越前】堅雪のホノケ山 投稿者:矢問(やとう)
Re: 【越前】堅雪のホノケ山 (画像サイズ: 455×348 66kB)

山日和さん、こんばんは(^^)

山日和さん達が下った尾根を登りに使い、添付画像のように
1.南の尾根を車まで下るルート
2.南の尾根を下り途中からダム?に向かうルート
の2つはどんなかんじかなぁ〜とバーチャル登山しています(^^)
1は痩せ尾根もありそうでコワイかな(^^;)
2はダムで立ち往生してその横のダムまでの道へは出られないのかな、なんてね。
通ってないでしょうけど、このルート、どんな感じを受けますか?

2006/02/17(Fri) 22:41:28  [No.1761]


矢問さん、こんばんは。
実は私も同じようなことを考えてましたよ。(^_^)
ホノケ山から見るP746は堂々とした姿で登高欲をかきたてました。
1、2どちらでも可ではないかと思います。
P746手前のJPで判断してみては・・・

               山日和

2006/02/17(Fri) 23:07:13  [No.1762]


  Re: 【越前】堅雪のホノケ山 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^)。

> 実は私も同じようなことを考えてましたよ。(^_^)
なぜか嬉しいです(^^)

> P746手前のJPで判断してみては・・・
そうしてみます。怖がりですが(^^;)

【コース】奥野々−Ca376−ホノケ山−P746−P471−奥野々
明日にでも山日和さんが下山に使った尾根を逆に登り、下山には南東尾根を使ってみます。
その尾根の状況不明なので、痩せ尾根や積雪状況でP471へ行けそうに無ければP471
手間の尾根を北進下降しダムへとエスケープする予定にして・・・と(^^;)。

2006/02/18(Sat) 21:46:35  [No.1764]


矢問さん、こんばんは。
お気を付けて・・・(^_^)
レポ楽しみに待ってます。

          山日和

2006/02/18(Sat) 23:53:18  [No.1765]


  Re: 【越前】堅雪のホノケ山 投稿者:矢問(やとう)

> お気を付けて・・・(^_^)
凍結道路・・・行きは高いけど高速つかうか・・・。
帰りは地道で帰ろうかな(^^) では(^o^)/

2006/02/19(Sun) 04:23:56  [No.1766]


掲示板に戻る