一括表示

  モーニンランチ 投稿者: 緑水

モーニンランチとは何ぞや
朝ご飯とお昼ご飯の兼用 散歩がてらに気分の良いところで頂くの

  25日・冷川から頭陀の頭に雪原逍遙

冷え込みで堅雪と成っているだろう カンジキを置いて行くべきか
アイゼンは勿論いるだろうです
いつものコースから3時間の登り
新雪は有るものの アイスバーンとなった吹きさらしは堅く
吹き溜まりは膝まで入る まあアイゼンでOKかなです

11時だ 鉄塔1本残して昼にする
陽の光は明るい春山だ タップリ有った雪は融けてしまった
もうひと雪ほしいところだね
御池テーブルランドは 氷雪花咲く時に行きましょう
12時雪原を揺るぎながら降りました

  26日・宮妻渓 空中回廊

今日は冬晴れ予報 ウン良いじゃない
今日のモーニンランチは空中回廊 838pでしょうと出かけました

あかんやん 宮妻さんは灰色です 陽の光は無いやん
ヒュッテ上の林道は凍ってる カブは慎重にカズラ谷入口に落ち着いた
ジャリガ谷は林道の工事で道が延びてる 
堰堤はどこに作るのだろう
山ノ神が祭られてる 
神酒が上げられてる軽く会釈する

尾根に上がろう 鹿の足跡を伝いながら尾根芯にでると 赤い帯印が目に付く
迷うことはない 尾根なりに行けばよいのだ
結構屈曲してるんだよね 
急な登りも有るが 適当に休み斜面のある好い尾根だ
なかなか好い感じ 痩せとるのや小さなセッピ 堅雪と慎重にこなしていく

植林のピーク細雪が薄いベールで空中を隠しだした 
木立を透かして ジャリガ尾根や水沢岳への尾根が 深〜い回廊となり取り巻いてる
両側は急峻に落ちてる 滝の音が聞こえる なにも見えない空中の上だ

とんがり帽子のピークが重なる あの高いのが 838pなのだろうな
登り切ると緩やかな尾根 前面一段高い尖りの右側にはグラが立つてる
左手は雪棚になって風も当たらない 10時だお昼にしよう

プシューは忘れて無いよ 頭陀の時も忘れてたから ボケも結構進んだみたいだね
小雪は過ぎて 見通しが効くようになってきた
中ノ谷を隔てた素直な尾根が上がってる これも良さそうだなあ
サンデーが若い頃 登った様な無いような・・・
今春はこの谷をおさらいするかなまあ 
サン峰ピークワン経由でも好いが 戻るの方が確認意義も高いんだ
また来れば良いんだからさ

11時だ降りようか お風呂に行こう
尾根が幾つも分かれる 無雪ならむずかしいぞなモシ
足跡伝えるから画像を取りながら 揺らぎながらチンタラ降りました(^^)
昼場に赤布印し付けました 迷惑かな 

               緑水

2006/01/26(Thu) 18:43:44  [No.1600]


  Re: モーニンランチ 投稿者:山日和

緑水さん、こんばんは。

> モーニンランチとは何ぞや
> 朝ご飯とお昼ご飯の兼用 散歩がてらに気分の良いところで頂くの

新鮮な言葉ですねー(^_^)裏山だからできる贅沢ですね。

> 新雪は有るものの アイスバーンとなった吹きさらしは堅く
> 吹き溜まりは膝まで入る まあアイゼンでOKかなです

よほどのことがない限りアイゼンを履く習慣がないのですが、どの程度のクラストなんでしょう。

> ジャリガ谷は林道の工事で道が延びてる 
> 堰堤はどこに作るのだろう

左岸に少しだけ入り込んでいた林道でしょうか? ここにも工事の魔手が・・・(;_:)

> 急な登りも有るが 適当に休み斜面のある好い尾根だ
> なかなか好い感じ 痩せとるのや小さなセッピ 堅雪と慎重にこなしていく

ひとりで先に行っちゃったんですね(^^ゞ

> 両側は急峻に落ちてる 滝の音が聞こえる なにも見えない空中の上だ

緊張感が高まりますね。

> プシューは忘れて無いよ 頭陀の時も忘れてたから ボケも結構進んだみたいだね

(^_^)

                     山日和

2006/01/26(Thu) 22:13:49  [No.1601]


  Re: モーニンランチ 投稿者: 緑水

山日和さん おはようサン

今日も冬型、山は雪雲 粉雪が降りてるだろう 里は冬晴れだ

>> モーニンランチとは何ぞや
>> 朝ご飯とお昼ご飯の兼用 散歩がてらに気分の良いところで頂くの
> 新鮮な言葉ですねー(^_^)裏山だからできる贅沢ですね。

サンデーとの朝晩の散歩が無くなって 一人散歩ですわ裏山へ
早起き早帰りで日常が始まります
気ままも良いけれど 締まりがないですね
道路の雪が融ければ春が来る ボヘミアンが待ちどうしいですわ

>>  新雪は有るものの アイスバーンとなった吹きさらしは堅く
>>  吹き溜まりは膝まで入る まあアイゼンでOKかなです
> よほどのことがない限りアイゼンを履く習慣がないのですが、どの程度のクラストなんでしょう。

薄くなった雪が氷と成ってる 成れた人にはアイゼンは要らないかな
Ryokuはね 昔からの山道具は捨てられないの
十代の頃の道具もたまに使う事ある
当日は オオバーシューズ成る物を履いた 裏はフラットで滑りやすい
ご存知でしょうが
古い靴に履く代物で アイゼンやカンジキを付けるのが一般的だよね

>>  急な登りも有るが 適当に休み斜面のある好い尾根だ
>>  なかなか好い感じ 痩せとるのや小さなセッピ 堅雪と慎重にこなしていく
> ひとりで先に行っちゃったんですね(^^ゞ

まあ成り行きです 声かければ居るのだけれど アドバルーンも上げるんだけれど マア自然体が一番でしょう
思い立ったら吉日 近々楽しみ巡るつもり 待ノ廊下へです

                緑水

2006/01/30(Mon) 20:11:16  [No.1611]


掲示板に戻る