一括表示

  【南紀】法師山と百間山 投稿者:矢問(やとう)
【南紀】法師山と百間山 (画像サイズ: 640×480 132kB)

【行き先】  南紀・大塔山地:法師山と百間山
【期 日】  2006年1月28日(土)
【メンバー】 MICKEY、矢問
【コース】  法師山登山口−P1006−法師山(1120.2m)
       −尾根を西進−百間山(999.2m)−百間山登り口
       −千体仏−板立峠−法師山登山口

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/houshiyama.htm

近畿で今日晴天なのは「和歌山南部のみ」の予報を信じ「法師山」を狙うことにした。
朝3時40分に自宅を出て、法師山登山口に7時30分に着いた。
大塔山系のシンボル的な法師山。やはり南紀の山は遠い。

7:40
登山口から急登になる。体がまだ眠っている感じで動きが鈍い。
MICKEYも久々の山行で体力が心配という。これはいつもの牽制球だろう。
木の根が張る人一人分の踏み跡の両側には背丈ほどの笹が続く。
15分ほどで尾根筋の四方向の交差地点。もう暑い。早々と上着を脱いで、左へと登る。
シャクナゲやアケボノツツジの木も多い。花の時期はきっと綺麗だろう。
751m地点を過ぎると、ブナやミズナラなどの綺麗な自然林の道となる。
赤やピンクのテープが意味もないくらい多くついているのがつや消しだ。
息が切れて何度も呼吸を整える。MICKEYのペースは落ちない。
50m位の差がどんどん広がりもうMICKEYの姿は見えない。
「いつものことさ(^^)」と単独行と同じ状況でお互いに山を歩いているのだ。

8:25
P1006。ここからピラミッド型の法師山が綺麗に見える。美しい姿をしている。
その姿に見とれていたが、MICKEYに追いつこうと気を取り戻し、一旦下ってまた登る。
途中で待っていてくれた。土が霜で盛り上がっている。山頂直下の反射板が近づいた。

8:50
法師山 山頂。行動食をとりつつの360度の晴天の中の大展望。「いい山ね」とMICKEY。
まだ登っていない東には大塔山、西には百間山、半作嶺をはじめ、東には以前沢登りで
登った大雲取山、北には冷水山などが見える。反射板も山頂の直ぐしたにあり邪魔になら
ない。三角点も流石に一等三角点。大きな石だ。
ピストンであっさり下山しようというMICKEY。西に屏風のように見える尾根を見ると
尾根筋を歩いてみたくなった。せっかくの機会だし、百間山まで縦走してそこから下山す
ることにした。尾根の状況がわからず時間が読めないが、MICKEYも了解してくれた。
以前読んだ記録では、途中で尾根がややこしく迷った記録や、岩稜帯で苦労した記載が
あったことを記憶している。何とかなるだろう、と百間山を目指していざ西へ。

9:05
まず北の尾根に下る。素晴らしい尾根筋だ。特に左が切れていて高度感を感じる。
トットット・・・と幅の広い尾根道を快速で下っていたが・・・。どうしてこんなに左斜
面が切れているのか・・・地形図と合わない。しまった!自然林の尾根筋に目を奪われて
西の尾根に入り込む地点をすでに過ぎて北東尾根に乗っているのだ!なんてこった!。
がっくり・・。「綺麗な尾根筋ね」と笑顔で言ってたMICKEYが「しっかりしてよね!」
と怒り出す。距離400m、高度差50mをぶつぶつ言われながら登り返す。面目ない。

西の尾根に入り込むところはテープがあるもののややわかりにくい。
踏み跡の幅も人一人分と細い。「ホントに今度は合ってるの?」とMICKEY。「うん」。
P1003は南斜面を巻くように踏み跡を進む。次のP1029は法師山への看板があり、踏み跡
は2方向にある。きっと左は南尾根に通じるものだろうから右の北への進路をとる。
しかしこの踏み跡もそのまま北の尾根を進むものかもしれない。西へ曲がらないので先ほ
どのミスを繰り返してはならないとまた分岐へ戻り左の踏み跡を偵察。やはりこれは南尾
根への踏み跡。先ほどの北の踏み跡を進むと、分岐へ戻り返したすぐ5m程先で踏み跡は
西に折れていた。「熊らしき大きな糞がある」とMICKEY。その後も3度ほど見た。
時々「百間山へ」とかまぼこ板大の札がかかっている。逆に登ってくる人はいないのか。

10:10
岩稜帯。「これか・・・」と周囲を見る。左は滑り台のように一枚岩。右は切れ落ちてい
てハング状だ。岩の中央部のバンドのようなところに足をかけて通るにしても手がない。
MICKEYは切れ落ちている側を通るのでは、というが先がない。岩の上部をつかんで通
過するのが安全のようだ。確保の補助ロープを今日は持っていない。岩がはがれ割れない
ことを祈りつつ慎重に通過する。と、次も岩。左は行けそうもない。右のハング下に人一
人がやっと乗れる幅がある。そこををうまくくぐりつつ下るしかない。その右は落ちてい
る。僕の最も苦手なハング下のくぐり抜けだ。体が硬いし右へ滑り落ちそうで・・。
「こんなの、怖くないわ」とMICKEYは下りてきた。度胸があるヤツだ。
一般ハイカーにはおすすめできない岩稜越えといえるかもしれない。
目の前のP1008へ直登しかけていると踏み跡は左斜面へと続いている。そのまま南尾根
を下ると車を置いた地点へいけるのでその踏み跡かも知れない。迷ったが偵察。
南側のやや傾斜のましな尾根からP1008へ登る踏み跡のようだ。えらく遠回りした。
「直登すれば良かったな」と思ったが後の祭りとはこのことか。

10:50
P1008の四等三角点。岩稜越えで疲れて小休止。晴天でポカポカと暖かい。
しかしここからの西進の下りは北からの冷たい風で寒く、あわてて上着を着た。
北側の景色が素晴らしい。静かな尾根道。今日も誰にも会わない山行となりそうだ。

11:55
百間山。最後の登りは急だった。「着いたな!」「来られたね」と簡単に昼食にした。
法師山や通ってきた尾根筋が見える。山頂の土が減ったのか三角点の土中の部分が相当浮
き出ている。風もなく雲もなく暖かくて眠くなった。20分ほど休憩。
踏み跡は南と西へ2本ある。西へ行けば三ツ森山から半作嶺へと続く。
今日は南へ下り「千体仏」へのルートを下る。杉の植林帯であり結構急な下りだ。
ところどころ階段状に土止めがされている。「スゴイ岩!」とMICKEY。左手に大きな岩
がありそこにはへばりつくように松も生えている。
下りながら正面にときどき法師山の雄姿が見える。

12:35
「百間山登り口」に出た。前は涸れ沢で水が流れていない。「千体仏」方面へは5分。
そして千体仏が林道終点で、そこから林道を進む。「まるで芦生の地蔵峠からの林道下り
みたいね」とMICKEY。ここでも正面に法師山が見える。15分で朝通った県道に出た。
板立峠への緩い登りそして下りをのんびり歩く。下りは楽で良い。車も人も全く来ない。
県道を下って行くと途中に、圧倒される広い範囲の一枚岩のスラブの斜壁がある。

13:10
法師山登山口。和歌山ナンバーの車が1台停まっていた。
昨日MICKEYがやけどをしていたので、帰路にあるやけどにも効くという「鮎川温泉・
黄金の湯」で汗を流そうと思ったのに、残念ながら鮎川温泉はつぶれていた・・・。
南部で梅干しとミカンを買って帰路についた。本当に良い天気の一日だった。

2006/01/29(Sun) 12:44:37  [No.1607]


矢問さん、こんばんは。
この季節に雪を追わないとは珍しい。(^_^;)私は奥美濃でしたよ。
最近はとんとご無沙汰ですが、南紀の山はポカポカしたイメージでのんびりできますね。
百間山はナントカ渓谷から登りましたが、法師山はまだ行ったことがありません。
ふたつの山をつなぐ稜線は面白そうですね。
でもやっぱり遠い・・・

                  山日和

2006/01/30(Mon) 22:02:27  [No.1613]


  Re: 【南紀】法師山と百間山 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、おはようございます(^^)

> この季節に雪を追わないとは珍しい。(^_^;)私は奥美濃でしたよ。
うわ〜、奥美濃は晴れてました?? 雪崩が怖くて(^^;)

> 南紀の山はポカポカしたイメージでのんびりできますね。
不便なので人が入っていないのでしょうね。踏み跡がかすかなのがいいかんじ(^^)
法師山は登山道からテープがつきすぎてましたが(ーー;)

> ふたつの山をつなぐ稜線は面白そうですね。
昨日いろりのページを見ると過去にダンノ凡太郎さんが縦走してますね。
あの尾根を見ると縦走してみたい感じでした。しかしテント担いで彼はよく歩いたなぁ、と感心します。

> でもやっぱり遠い・・・
ほんと、遠いです(^^;) 尾根続きの東西で残した大塔山や半作嶺は林道からサクッと今度は
登って温泉入って帰ろうと思います(^^;)

2006/01/31(Tue) 05:36:22  [No.1614]


  Re: 【南紀】法師山と百間山 投稿者:柳川洞吹

矢問さん こんにちは

もうずいぶん前のお正月になりますが、
矢問さんとは逆まわりの方向で、板立峠から法師山に登って、
このレポートの登山口に降りてきたことがあります。

この山は、頂上の見晴らしは素晴らしいし、
登山道の途中にある、
あの斜めになった、滑り台のような一枚岩が面白いですね。

> やはり南紀の山は遠い。

同感です。
行き帰りだけで疲れました。
越前の山のほうが近いかも。

よい山旅を!
                                   洞吹(どうすい)

2006/02/02(Thu) 17:56:23  [No.1620]


  Re: 【南紀】法師山と百間山 投稿者:矢問(やとう)

洞吹さん、こんばんは(^^)

> もうずいぶん前のお正月になりますが、
> 矢問さんとは逆まわりの方向で、板立峠から法師山に登って、
> このレポートの登山口に降りてきたことがあります。
ぎえ〜っ、正月に?? それも逆コースで?? シンド〜(^^;)

> この山は、頂上の見晴らしは素晴らしいし、
ホントに眺めは良いですね。反射板がチト雰囲気を壊していますが。

> 登山道の途中にある、
> あの斜めになった、滑り台のような一枚岩が面白いですね。
お・も・し・ろ・い・??。MICKEYといいお話し相手となるでしょう\(^o^)/
僕はホンマに怖がりなんです(^^;)

> 行き帰りだけで疲れました。
帰りは2時間ほど死にそうに眠たくなり運転を代わってもらいましたf^_^;ポリポリ

> 越前の山のほうが近いかも。
感動も大きいですしね(^^) またよろしくですm(..)m(^^)

2006/02/02(Thu) 19:48:36  [No.1622]


それって、もしや前日に私やS氏と鎌ヶ岳へ新年山行した年のこと?
あの頃は元気でしたねー(^^ゞ
そう言やぁ、私がひとりで沢へ行く途中、なんかの用事で洞吹さんの家に
寄ったらちょうど山から帰ってきたところで、
「行く?」って聞いたらすぐに用意して出てきたこともありましたねー(^_^;)

                   山日和

2006/02/02(Thu) 20:02:38  [No.1623]


  Re: 【南紀】法師山と百間山 投稿者:柳川洞吹

まいど。

> それって、もしや前日に私やS氏と鎌ヶ岳へ新年山行した年のこと?

そう言われて記録を見てみたら、そうですね。
鎌ヶ岳の次の日……というより、帰った日の晩からまた出掛けたのですな。
もう9年前のことでした。

> あの頃は元気でしたねー(^^ゞ

ほんとに元気だったですねえ。
今では考えられませんなー。
登山口で朝寝坊することもなかったし、連チャンもしたし。
なにより、山に対してハングリーやった。(なんかカッコええのう)
今では、すぐお腹がハングリーになって、
ご存知のように、なんだかんだと理由をつけては、
さっさと、うどん鍋の時間にしてしまうです。(^^;

> そう言やぁ、私がひとりで沢へ行く途中、なんかの用事で洞吹さんの家に
> 寄ったらちょうど山から帰ってきたところで、
> 「行く?」って聞いたらすぐに用意して出てきたこともありましたねー(^_^;)

このときは、たしか鈴鹿のセンコウ谷から帰ってきたところで、
なにか物足りず、
まだ濡れたままの渓流シューズをぶらさげて、
「渡りに泥舟」とばかり乗ってしまいましたね。

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2006/02/04(Sat) 10:24:26  [No.1639]


  Re: 【南紀】法師山と百間山 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんにちは。
29日は都合が悪かったのですか?上天気は2〜3日前から予報されていましたのに。

> MICKEYのペースは落ちない。
> 50m位の差がどんどん広がりもうMICKEYの姿は見えない。
> 「こんなの、怖くないわ」とMICKEYは下りてきた。度胸があるヤツだ。

MICKEYさんは、天気予報ばかりではなく、身体能力も優れた方なのですね。
気を使う必要の無い同行者ですね。

> トットット・・・と幅の広い尾根道を快速で下っていたが・・・。
> 地形図と合わない。西の尾根に入り込む地点をすでに過ぎて
> 距離400m、高度差50mをぶつぶつ言われながら登り返す。

山経験豊富な矢問さんでも、間違えるのですね。
新米の私が迷うのは当然ですね。
でも、間違えたおかげで思いがけない景色に出会ったりします。

アップダウンをかなり繰り返してみえるのに愚痴の出ない所が私と違いますね。

MICKEYさんやけど大事にして下さい。      伊勢山上住人

2006/02/04(Sat) 10:36:26  [No.1640]


  Re: 【南紀】法師山と百間山 投稿者:矢問(やとう)

伊勢山上住人さん、こんにちは(^^)。
(簡単にハンドルを呼びかけるときはどこで区切るのだろう??と思いつつフルで(^^;))

> 29日は都合が悪かったのですか?上天気は2〜3日前から予報されていましたのに。
そうなんですよね〜。いろいろありまして出かけられず空を見上げてグスン(;_;)でした。

> MICKEYさんは、天気予報ばかりではなく、身体能力も優れた方なのですね。
僕と怖がるところがまるで違うので、ホントに良い意味でデコボココンビです(^^;)

> 気を使う必要の無い同行者ですね。
僕が気を使わないのではなくて、MICKEYが気遣ってくれない方が多くて・・な〜んてf^_^;ポリポリ

> 山経験豊富な矢問さんでも、間違えるのですね。
経験はまだまだですね(^^;)
ホントは縦走せずにピストンしようよ、と言ってたMICKEYに時間的に焦らされて注意力が落ちてました(^^;) 流石に左が切れすぎていて景色に感動しつつも頭に入っていた地形図と違うやんか!と目が覚めました。次には「もどらにゃならぬ」と言うときの勇気が要ったこと、要ったこと(^^;) 景色の素晴らしさでごまかし、だんまりを決めました・・・(^^;)。口では負けますし(^_-) 山では要らぬいざこざ、気分のムラは怪我のもとですしね。安全のためにも景色への感謝にも、いらぬ口はつつしんでいて損はなし、ですね。

> アップダウンをかなり繰り返してみえるのに愚痴の出ない所が私と違いますね。
等高線からしてホントにしれていたので行きました。僕も上り下りの繰り返しは辛いですし(^^)

> MICKEYさんやけど大事にして下さい。
ありがとうございますm(..)m また珍道中で笑ってやってくださいm(..)m(^^)

2006/02/05(Sun) 10:52:51  [No.1652]


  Re: 【南紀】法師山と百間山 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、こんばんわ〜。(*^_^*)

法師山と百間山、和歌山の山は未だ行ったことがありません。時間をかけてどこまでも・・矢問さんも、行動的ですね〜。

> シャクナゲやアケボノツツジの木も多い。花の時期はきっと綺麗だろう。

花の時期、よさそうですね。和歌山の花の時期はわからないなぁ〜。5月はじめ?それとも4月下旬かな?

> 751m地点を過ぎると、ブナやミズナラなどの綺麗な自然林の道となる。

木々もいいんですね。大きな木もあるのかしらん?

西に屏風のように見える尾根を見ると
> 尾根筋を歩いてみたくなった。せっかくの機会だし、百間山まで縦走してそこから下山す
> ることにした。

そうだよね。せっかく遠くまで行ったんだもの、行きたくなっちゃううよ。

> 面が切れているのか・・・地形図と合わない。しまった!自然林の尾根筋に目を奪われて
> 西の尾根に入り込む地点をすでに過ぎて北東尾根に乗っているのだ!

自然林の気持ちいい尾根があると、私もそっちに誘われちゃうよ。気持ちよく分かるなぁ。

> 「スゴイ岩!」とMICKEY。左手に大きな岩
> がありそこにはへばりつくように松も生えている。
> 県道を下って行くと途中に、圧倒される広い範囲の一枚岩のスラブの斜壁がある。

そんな場所は、ワクワクして面白そうだね〜。(@^^)/~~~

> 昨日MICKEYがやけどをしていたので、帰路にあるやけどにも効くという「鮎川温泉・
> 黄金の湯」で汗を流そうと思ったのに、残念ながら鮎川温泉はつぶれていた・・・。

期待の温泉だったのに残念でしたね。ミッキーさん、やけどもう治ったでしょうか。

> 南部で梅干しとミカンを買って帰路についた。本当に良い天気の一日だった。

南部の梅干、今週の入院中に、南部が故郷だと言う人と同室でいただきましたが、おいしかったです。

2006/02/05(Sun) 21:52:58  [No.1658]


  Re: 【南紀】法師山と百間山 投稿者:矢問(やとう)

とっちゃん、こんばんは(^^)

> 時間をかけてどこまでも・・矢問さんも、行動的ですね〜。
違う違う(^^;) 考えるのがめんどくさいときは「関西百名山」の本を見て
行ってないところへ行ってるだけ(^^;) それもあと10ちょっとしか残って無くて
奈良の南部や、和歌山ばかり(^^;) 遠い遠い(;_;)

> 花の時期、よさそうですね。和歌山の花の時期はわからないなぁ〜。5月はじめ?それとも4月下旬かな?
わかんないです(^^;)

> 木々もいいんですね。大きな木もあるのかしらん?
登山道沿いに太い木は点在程度。バリハイしたら残っていそうですよ。

> そうだよね。せっかく遠くまで行ったんだもの、行きたくなっちゃううよ。
そうでしょ〜。わかってくれるよね(^^)

> 自然林の気持ちいい尾根があると、私もそっちに誘われちゃうよ。気持ちよく分かるなぁ。
そうなんです。あの尾根、とても綺麗でした。それなら北側の登山口から登った方が
綺麗かも、です。南からは全体像が見える地点があるけど北からはどうかな。

> そんな場所は、ワクワクして面白そうだね〜。(@^^)/~~~
クライミング好きなら(^^;)

> 期待の温泉だったのに残念でしたね。ミッキーさん、やけどもう治ったでしょうか。
ありがとうm(..)m 治りましたよ。やけどより「口」をなおして欲しいけど(^^;)

> 南部の梅干、今週の入院中に、南部が故郷だと言う人と同室でいただきましたが、おいしかったです。
おいしいですね。ウチの息子も昨年は南部で大学の生協で買い付けしてみんなでつけて
持って帰ってきたのもおいしかったですよ(^^)。

2006/02/07(Tue) 22:20:39  [No.1694]


掲示板に戻る