一括表示

  遠足尾根:リベンジ! 投稿者:長谷川雅俊
遠足尾根:リベンジ! (画像サイズ: 800×533 88kB)

 
 今日は半月前にあまりの雪の多さに敗退した、遠足尾根を再挑戦してきました。
しかし先週、御池:奥ノ平で痛めた左膝(あまりに痛くて涙が出ました)がパンクしないか心配でした。

 前回2:15出発で日の出に間に合わなかったので、今回は1:17に出発。しかし尾根取り付きに雪は無く拍子抜け。月も無く、漆黒の世界でライトを点けて登る。
420Mで雪に覆われるようになり、2:17台地に乗る。52度へ進むが、トレースは全く無く、静かで無の世界を黙々と歩く。530Mの分岐で348度へ、十五分程したら廻りの雰囲気が何と無くおかしいので、コンパスをチェックすると、ずれているので、左へ90度曲がる。やはりきちんとチェックしなければ・・・(小生は慣れた頃によく迷うのです!)。3:23:700Mで雪が深くなり、そろそろ膝の内側が痛くなってくる。

 カンジキをアイゼンの上に履き、大日向(やはり気付かず通り過ぎる)を通過してからの明瞭なピークに3:44着。そのまま310度へ歩み、4:12尾根芯に乗る。4:20梨ヶ平分岐、高度計は800M.地図では790M+なのでまず正確だ。このあたりは、左手はセッピになっているので、気をつけねば・・・今回も藪を潜ぐるのに気を取られて、落ちそうになってしまった。4:51地図上でも明白なキレット(ガレのマーキングのある所)を通過、5:18:940Mで樹林帯を抜ける。

 夜景がとても素晴らしい!しかし日の出には早いので、そのまま待つが、さすがに今日は暖かい(こんなに暖かい遠足尾根は初めて)といっても、やはりじっとしていると冷えてくるので、樹林帯まで戻って、ツエルトを被って休む。自分で作ってきたイチゴジャムのサンドイッチを食べて、テルモスのお湯を飲むと体が芯から温まってきた。知らないうちに眠ってしまっていた(昨日は当然徹夜で前日も三時間位しか寝ていない)が、六時に目覚ましで起こされる。

 直に歩き出し、撮影場所で待つ。竜のピークが256度、セントレア?が142度、水平位置に見える一番星が120度に輝いている。RAWで百枚程撮って、7:32:下山。今回は梨ヶ平分岐とキレットの間からホタガ谷へ188度に降りている尾根を降りる事にする。ヤセ尾根を降りていくと植林帯になり、525Mあたりから鹿の遊び場や寝床がたくさんありました。8:52裏道登山道の36番に合流、下っていくと、これから登ってくるグループに出会い、「長谷川さんですか?」と尋ねられる。掲示板でお目にかかる俊さんという方でした。駐車場でお会いしたご夫婦からも尋ねられ、なんでも半月前の小生のトレースを使って熱田労山のグループが遠足尾根を登ったそうです。

 以前はよく、「近藤先生ですか?」と尋ねられましたが、最近は「長谷川さんですか?」といわれるようになり、うれしくもあり、ネットの威力を見せ付けられて怖くもあります。

 しかし、12月〜1月初旬の寒さも何処えやら、やはり今冬は暖かいですね。

2006/01/29(Sun) 23:40:36  [No.1609]


長谷川さん、こんばんは。
相変わらず狂気の世界を彷徨ってますねー(^_^;)
画像を見るとワカンの跡はほとんど沈んでないようですが、これは早い時間だからでしょうか。
土曜日は奥美濃へ行ってましたが、ベタ雪の抵抗に悩まされました。

>  夜景がとても素晴らしい!しかし日の出には早いので、そのまま待つが、さすがに今日は暖かい(こんなに暖かい遠足尾根は初めて)といっても、やはりじっとしていると冷えてくるので、樹林帯まで戻って、ツエルトを被って休む。自分で作ってきたイチゴジャムのサンドイッチを食べて、テルモスのお湯を飲むと体が芯から温まってきた。知らないうちに眠ってしまっていた(昨日は当然徹夜で前日も三時間位しか寝ていない)が、六時に目覚ましで起こされる。

とてもマネできないですが、うらやましい感じもします。自分でサンドイッチ作られるんですねー(^^ゞ

>「長谷川さんですか?」と尋ねられる。掲示板でお目にかかる俊さんという方でした。

私も以前「長谷川さんですか?」と尋ねましたね(^_^)
あれは昼間でしたが、こんな時間に下りてくる人は他にいないから間違えようがないですよね。(^_-)

                       山日和

2006/01/30(Mon) 21:53:56  [No.1612]


  Re: 遠足尾根:リベンジ! 投稿者:長谷川雅俊
Re: 遠足尾根:リベンジ! (画像サイズ: 800×533 57kB)

> 山日和さん今晩は、

> 画像を見るとワカンの跡はほとんど沈んでないようですが、これは早い時間だからでしょうか。

 朝早くしか登った事が無いのでなんともいえませんが、樹林帯を越えてからの遠足尾根はいつもこんなものだと思います。
>

> とてもマネできないですが、うらやましい感じもします。自分でサンドイッチ作られるんですねー(^^ゞ

 必然性があれば、山日和さんも深夜に登るようになりますよ!料理を作るのは好きなので(昔はいつもまきでご飯、スベアでおかずを山の中で作っていました)、ちょくちょく家でも作ります。
 
 又、山でお会いしたいですね・・・
 
                      長谷川

2006/02/02(Thu) 22:12:52  [No.1627]


  Re: 遠足尾根:リベンジ! 投稿者:とっちゃん(こと)

長谷川さん、こんばんわ〜。

再挑戦の遠足尾根、今回は素晴らしい景色ですね。

山で夜明けを見なければ、山の魅力が半減という、長谷川さんの言葉がわかるような美しい写真ですね。

昼間とは光の色も景色も、空気も違って。
 
> しかし先週、御池:奥ノ平で痛めた左膝(あまりに痛くて涙が出ました)がパンクしないか心配でした。

膝の関節大事にしてくださいね。無理は禁物ですよ〜。

>  月も無く、漆黒の世界でライトを点けて登る。

これは、怖いです〜。私には、まねできないなぁ。お月様が出ていれば、勇気でるでしょうが。

> 自分で作ってきたイチゴジャムのサンドイッチを食べて、テルモスのお湯を飲むと体が芯から温まってきた。知らないうちに眠ってしまっていた(昨日は当然徹夜で前日も三時間位しか寝ていない)が、六時に目覚ましで起こされる。

極端な睡眠不足、それでも歩けるんですね。私やったら、行く元気もでないなぁ。
いつも、睡眠時間少ないの?

2006/02/05(Sun) 22:49:19  [No.1664]


  Re: 遠足尾根:リベンジ! 投稿者:長谷川雅俊

 とっちゃん、こんばんは〜。

> 再挑戦の遠足尾根、今回は素晴らしい景色ですね。
>
 何とか、自分なりに気に入った写真が撮れました。二度目の挑戦で撮れたのは運がよかったと思います。
 

>
> 膝の関節大事にしてくださいね。無理は禁物ですよ〜。
>
 ニヤニヤ、歩けるうちは、歩きたいですね・・・
 

> >  月も無く、漆黒の世界でライトを点けて登る。
>
> これは、怖いです〜。私には、まねできないなぁ。お月様が出ていれば、勇気でるでしょうが。
 
 小生はマゾではないですが、恐怖心と言うのは一度経験すると病みつきになりますよ!
>
>
> 極端な睡眠不足、それでも歩けるんですね。私やったら、行く元気もでないなぁ。
> いつも、睡眠時間少ないの?
 
 何時もは六時間位はちゃんと寝ていますよ、しかし山へ入る土曜の夜は二、三時間位かなあ。
この時は、一週間位、Sハイの原稿を書いていたので、毎日三時間位の睡眠で、その後徹夜で登ったので、ちょっときつかったです、もう年ですね。
 では又、お休み〜
 

2006/02/07(Tue) 00:44:07  [No.1685]


掲示板に戻る