一括表示

  モーニンランチ 投稿者: 緑水
モーニンランチ (画像サイズ: 640×480 34kB)

昨日はホンマに良い天気でした
今朝はモウ雨が降っている、春への序曲「ふるふくどん」ですね

  28日(土)入道岳・奥宮  晴れ風強し

宮妻渓からイワクラ尾根にある仏岩・重ね岩にモーニンランチしようと出かけた。
ナンの事はない、林道は新雪でカブでは通れない。
ツルツル滑って危ない危ない、椿さんに廻ろうです。

車は一台ある、先行者は二本松を上がってるのだ。
薄っすらの新雪は明るくて清々しい、登り馴れた道も雪が有れば気持ちが良いものだ。
追い付いて来た人は知り合いだ、ペットボトル小脇に抱えて空身の早足で抜かしていった。
山頂直下、先発の人は早くも下山、風はつむじを巻いて突風が吹く。
早々の引き上げだ。友人も続いて下山、運動がてら朝の散歩だとかです。

馬酔木林を抜けると視界は全開だが立っておれない、身体を揺らす突風に吹かれながら池の平に降りていく。
池の谷から吹き上げる風はつむじを巻き上げる。
県境から巻き降ろす雪は、タップリの吹き溜まりとなり馬酔木林を埋めている。
好いなあ、わずかな距離で、青白緑の別宮に来られるのだから。
太股まで潜る新雪を分けると、新設された奥宮に着く。
風ポケット強くなった陽を受けて尻を落ち着ける、山頂の鳥居が逆光に黒ずみ海が光る。

鍋プシューランチを済ませて北の頭に向かう、深いところは腰まで入るなあ。
吹き晒しの笹原から井戸谷源頭に逃げ込む、風は頭を巻いて過ぎていく。
新しく締め直した入褌ちゃん、真っ白の斜面が落ちている。
コロコロ雪玉を転がして下がると、一団の登山者が上がってくる。
挨拶は「風は強いですか」浜松からの13名です。
遠方からご苦労様です、風よけランチ場をアドバイスする。
感じの好い統率取れたグループでした。

  29日(日)経ガ峰ボッコリ 快晴 無風

快晴無風ヘソ天だ、新雪で化粧直しした御池藤原は賑わってるだろうな。
御藤は静かな日に行こうだ、気に成ってる経ガの続きを見ておこうと出かけた。

笹子林道から嘉嶺に上がり、経ガ峰から大同ノ峰でランチのつもり。
前に来たときには気がつかなかった林道分岐に「経ガ峰」への標示がある。
先客車が一台停まっていた、挨拶して先にでる。

林道終点その先も延長工事中だ。
山靴跡は沢山ある、ついて上がれば明るい茅原の尾根に乗る。
振り向けば鈴鹿連峰が雪をまとって浮かび上がってる。
こんな角度からの眺めは新鮮だ。
遠くの御嶽山、乗鞍、穂高がハッキリ望める。富士も見えるはずと目を懲らすが分かんない。
植林中を抜けると山小屋にでた、誰も居ないお天気だから山頂だろうって。
暖かく明るい山頂、本当に展望のいい山だ、名山だ思う。
この山を愛する人に話を聞く、色んなコースや山小屋再建の話など聞かせて貰った。
西の茅山は「大同ノ峰」に行く。
人の通過点か誰も居ない、足跡もない貸し切りの丘だ。
ユックリのランチを楽しむ。

嘉嶺まで行ってみよう、経ガの山頂を避けて直接小屋に向かう。
笹子への分岐は笹子峰と有る、嘉嶺では無いのかなあ??
植林を抜けると、雑木の明るい道が誘ってくれるのだ。
先人の靴跡がある、予想通りの好い感じの道だ。
嘉嶺への急な登り、茅原の木陰で先人さんは立派な望遠鏡をセットしていた。
話すと、クマ鷹を追っているとか、ここ生息してるんですと。
へ〜っ面白い話を聞かせて貰った、ナイショだけれどもねとか・・
林道工事はこの尾根を越えるそうですよ、今の内かな静なのはと。
山向こうの布引山地には、雑木もいっぱい残ってる。
あの当たりも面白そうだとのこと、話題豊富な人で新しい興味が湧いてくる。

降りは直接林道に降りよう、破線は有るものの廃道のようです。
間伐が邪魔するが、ケモノは巧く避けて歩いてる。
雪が有るとソマ道は良く分かる、アアこんな所にでるんだ。
好い日好い歩き出会いでした。

            緑水。 




 

2006/01/30(Mon) 20:09:49  [No.1610]


  モーランチ 3 投稿者: 緑水
モーランチ 3 (画像サイズ: 640×480 41kB)

2月初日の芽吹き雨の暖かさで 雪は融けちゃってる
空中回廊から眺めた気になる尾根には イワクラ尾根に立つ仏岩だ 
三角錐の端正な姿が好いなあ
奥ノ谷左岸尾根は 689pから仏岩が鎮座する874pへと 短いが面白そうな作り仏尾根と名付けようか
偵察がてら モ−ランチと出かけた

  2日・宮妻渓 ホトケ尾根  高曇り

宮妻林道はすっかり雪が融けて無い 先日とは大違いだ
奥ノ谷は脹ら脛ほどの雪原 雪解け水が音を立てて流れてる
林道は大きく巻き上がるが どこから登るかなあです
マア好いか どこから取付くも 立木が尾根まで続いてるこれも何かの縁だなと小さな谷から入る

尾根芯手前はきつい斜面 立木に掴まり尾根に乗る
やはり踏み跡らしきは有る 689pからは痩せ尾根も立木に助けられて不安は無い
展望も冠だけが冠らしく 空中展望尾根作りはよく判る
鎌の穂先から鎌おねは白く霧氷がついてる 寒波が流れ込んでるな
崩れる露岩はキレットを作ってる 奥ノ谷側は崩壊が激しい

脹らみを登ると ヒョッコリとの感じで仏岩の三角錘が見えた
三角錘は二重に見えるなあ 右手は台座岩で何かしらそれらしく見える
ユックリと味わいながら 仏岩の基部に着く
真正面からは上がれない 左手雑木を掴み台座岩に上がる
右手に廻ると好いランチ場だ 宮妻水系を見渡せる良い場所だ
イワクラ道からの仏岩は 如何にも台座岩に置かれた様な感じで 祭祀が行われてたのかロマンが漂う

重ね岩は直ぐ隣り これも何となく不思議な作りだ
城壁石積みのようで巧い具合に積まれてる 頂部岩は桃太郎の桃のようにパカッて割れている 人工的に割った様に見える
此処からの仏岩の眺めと その手前の供えを乗せる様な岩 色々組み合わせて想像すると面白い
ナベプシューしながら 松を吹き抜ける西風と朧気な陽光をあびてのモーランチです

奥ノ谷降り ビッシリと詰まった雪斜面 ザクザクと降りていく
雪解けせせらぎ青い空 コブシ咲くあの丘〜 春はもうすぐなんだ

                  緑水

2006/02/03(Fri) 08:35:29  [No.1635]


  Re: モーランチ 3 投稿者:山日和

緑水さん、こんばんは。
ずいぶん暖かくなっちゃいましたが、週末は寒波到来。締まった雪が楽しめそうですね。

> 奥ノ谷左岸尾根は 689pから仏岩が鎮座する874pへと 短いが面白そうな作り仏尾根と名付けようか

なるほど、よさそうですね。

> 尾根芯手前はきつい斜面 立木に掴まり尾根に乗る
> やはり踏み跡らしきは有る 689pからは痩せ尾根も立木に助けられて不安は無い
> 展望も冠だけが冠らしく 空中展望尾根作りはよく判る

> 崩れる露岩はキレットを作ってる 奥ノ谷側は崩壊が激しい

面白そうですね。(^_^)

> ユックリと味わいながら 仏岩の基部に着く
> 真正面からは上がれない 左手雑木を掴み台座岩に上がる
> 右手に廻ると好いランチ場だ 宮妻水系を見渡せる良い場所だ
> イワクラ道からの仏岩は 如何にも台座岩に置かれた様な感じで 祭祀が行われてたのかロマンが漂う
>
> 重ね岩は直ぐ隣り これも何となく不思議な作りだ
> 城壁石積みのようで巧い具合に積まれてる 頂部岩は桃太郎の桃のようにパカッて割れている 人工的に割った様に見える

鈴鹿にはなぜこんな面白い岩がたくさんあるんでしょうね。
どうやってできたのか考え出したら夜も寝られません。(^^ゞ

> 奥ノ谷降り ビッシリと詰まった雪斜面 ザクザクと降りていく
> 雪解けせせらぎ青い空 コブシ咲くあの丘〜 春はもうすぐなんだ

あっという間ですねー。
もう少しの間寒い方がいいかな(^_^)

                 山日和

2006/02/03(Fri) 21:46:09  [No.1637]


  Re: モーランチ 3 投稿者:コダマ

緑水さんへ

最近、画像付きメールが届かないので、急に寂しくなりました。
でもますます元気に歩かれておられて安心しました。(^^)

> 雪解けせせらぎ青い空 コブシ咲くあの丘〜 春はもうすぐなんだ

宮妻からで、こんな岩があるんですね。いいな〜。
もう入道の登山道は飽きたし。

家も近いし、お詳しい緑水さんに、ひょこひょこついて行きたいのですが、
夫がうるさいんですよね。(ーー; そろそろ花の山が恋しくなりました。

2006/02/04(Sat) 11:46:51  [No.1645]


  Re: モーランチ 3 投稿者: 緑水
Re: モーランチ 3 (画像サイズ: 1024×768 104kB)

コダマ マダム おはようございます
レポ、コメント久しぶりの出現お待ちしておりました
会議室がいっぺんに 明るく成った感じですね

> 最近、画像付きメールが届かないので、急に寂しくなりました。

画像付きの携帯持っておりませんです どなたかと間違ってるのでは(〜〜;

> 宮妻からで、こんな岩があるんですね。いいな〜。

神道に通ずる奇岩石 祈願石いろいろありますね
八百万の神袂でのモーランチ良いものです 遠い原生の昔に遊べますよ

> 家も近いし、お詳しい緑水さんに、ひょこひょこついて行きたいのですが、
> 夫がうるさいんですよね。(ーー; そろそろ花の山が恋しくなりました。

公開山行してますよ
色んな人がいて勉強に成るし 楽しめます 
フラリと遊びに来て下さいな 愛パパさんとね (^0-)

               緑水

2006/02/05(Sun) 09:31:14  [No.1649]


  Re: モーランチ 3 投稿者:コダマ

緑水さんへ

> 画像付きの携帯持っておりませんです どなたかと間違ってるのでは(〜〜;

携帯とは書いてませんよ〜。携帯のアドレスは身内にしか教えてないし。
私が恩知らずなので、今では画像付きメールを下さるのは緑水さんだけです。

あ、そうそうこの間の公開山行から、宮指路さんもメールを下さるのですが、
冬はあまり登られないようです。だから間違いようが無いのです。キッパリ<( ̄^ ̄)>

カメラ付き携帯でも、最近では0円からありますよ。ブログは簡単に出来ますので
カメラ付きにされてはいかがですか?(^-^)

> 公開山行してますよ

大勢で登るのが苦手なんです。端でポツンとしてしまいます。この間は
宮指路さん親子がいらしたので、正直ホッとしました。

5−6人くらいでないと誰が誰だかわかりません。服装もみんな登山服ですし、
みんな同じ顔に見えて。(^^; 頭は悪いし、ほんとすみません。

緑水さんみたいに明るくて人望のある方でしたら、こんな苦労はしないと
思うのですが、不器用にできてるもので、お心遣い感謝します。m(_ _)m

2006/02/06(Mon) 01:18:50  [No.1668]


  Re: モーランチ 3 投稿者: 緑水

山日和 お早うさん
雪景色だ雪が降ってます 差し込む陽は暖かく明るい

> 週末は寒波到来。締まった雪が楽しめそうですね。

昨日は竜ガ岳でした 新雪に覆われた残雪は温冷蔵か保温されて凍らない
吹きさらしはキンキンに凍ってる 変幻の雪山でした

>> 奥ノ谷左岸尾根は 689pから仏岩が鎮座する874pへと 短いが面白そうな作り仏尾根と名付けようか
>> 崩れる露岩はキレットを作ってる 奥ノ谷側は崩壊が激しい

> 面白そうですね。(^_^)

大阪からは遠くからですから コース組み合わせて楽しんで下さいな
谷尾根変化ありですよ 

> 鈴鹿にはなぜこんな面白い岩がたくさんあるんでしょうね。
> どうやってできたのか考え出したら夜も寝られません。(^^ゞ

鈴鹿の地質が良いんですよね 花崗岩だもの御影石だもんね
老域に入った山稜は奇石 祈願石アチコチ訊ねる モーランチです

>> 雪解けせせらぎ青い空 コブシ咲くあの丘〜 春はもうすぐなんだ

> あっという間ですねー。
> もう少しの間寒い方がいいかな(^_^)

行ったり来たりの春の足音 
イヤイヤ足音の前に 光の春を感じる 大気は冷たく陽は暖かいですね
そして足音は 匂いを連れて来てくれますね
今冬は寒さが早くて 暖かさを待ちます 

              緑水

2006/02/05(Sun) 10:28:59  [No.1651]


  Re: モーランチ 3 投稿者: 緑水

は〜いって呼べば応える コダマさんへ

最近ズーット前から 山で叫ぶことが少なくなってる
鈴鹿山中で 木霊のよく聞こえる場所が思い出せないの

> 今では画像付きメールを下さるのは緑水さんだけです。

じゃお言葉に甘えて送りますです
愛パパさんの検閲は当然ある事でしょう 期待しています

> カメラ付き携帯でも、最近では0円からありますよ。ブログは簡単に出来ますのでカメラ付きにされてはいかがですか?(^-^)

好いですね 問題は費用だけの話 1,000円/月の出費が身に合ってるですかな
便利は不便論者の頑固者です 泡の方が好いのです

>> 公開山行してますよ

単なる道化人ですよ 
騒いでも仲良しそうでも 人は寂しいものですよ
だから集う連むんですよね

> みんな同じ顔に見えて。(^^; 頭は悪いし、ほんとすみません。

知らない方が好い 無が基本だ出発点だね
小麦を見習って下さいな サンデーは聖犬に近く成ってる

               緑水

2006/02/06(Mon) 10:41:01  [No.1673]


  Re: モーランチ 3 投稿者:コダマ

緑水さんへ

> は〜いって呼べば応える コダマさんへ

ハンドルのまんまです。

> 鈴鹿山中で 木霊のよく聞こえる場所が思い出せないの

緑水さんは鈴鹿のいろんなとこ知ってて、いつも楽しそうですね。

> じゃお言葉に甘えて送りますです
> 愛パパさんの検閲は当然ある事でしょう 期待しています

パソコンのメールは私しか見れないから大丈夫ですよ〜。(^-^)v
旦那はパソ音痴。家族みんなで読んでたら、失礼ですもんねぇ〜。(笑)

> 好いですね 問題は費用だけの話 1,000円/月の出費が身に合ってるですかな
> 便利は不便論者の頑固者です 泡の方が好いのです

携帯より泡ですか。(笑) 私はもはや携帯なしでは生きられません。
他には犬と遊ぶことくらいしか、人生のお楽しみなんにも無いもん。

> 知らない方が好い 無が基本だ出発点だね

知れば知るほど知らなかった方が良かったってことありますね。
良い意味でも悪い意味でも。(^^;

> 小麦を見習って下さいな サンデーは聖犬に近く成ってる

自然がいちばんの癒しですね。サンデー頑張れ!

お花の下のお茶会がありましたら、テラさんやみなさん楽しみに
しておられますので、またよろしくお願い致します。m(_ _)m

2006/02/06(Mon) 14:20:31  [No.1675]


  Re: モーランチ 3 投稿者:テラ

コダマさん、緑水さん

> お花の下のお茶会がありましたら、テラさんやみなさん楽しみに
> しておられますので、またよろしくお願い致します。m(_ _)m

名前が見えたので、出てきました。
冬山はお休み中ですが、見てますよぉ。
別に茶会でなくても出て行きますよ。

緑水さんの公開山行の情報はどこで公開してるの?

           テラ

2006/02/06(Mon) 20:52:43  [No.1677]


  Re: モーランチ 3 投稿者:コダマ

テラさんへ

> 冬山はお休み中ですが、見てますよぉ。

冬山もやりましょうよ〜!って、私もスノーシューは持ってないんですけどね。(^^;

> 別に茶会でなくても出て行きますよ。

お茶の先生付きの山行、2001年の6月でした。その時のオフ会参加者は、
緑水さん、宮指路さん、テラさん、たんたんさん、Qちゃん、しののめさん
ハム子さん、コダマでした。お懐かしいですね。(^-^)

> 緑水さんの公開山行の情報はどこで公開してるの?

鈴鹿図書館にあるらしいですよ。この間は緑ちゃんがFAXしてくれたけど、
夫に見つかって「なんだこれ!」って、「見たらわかるじゃん、山岳会じゃん!」
と平然と。ほほほ(笑)

テラさんのお宅からでは鈴鹿は遠いですね。でも確か、名古屋の中川図書館にも
あったような気もしますが、私が代わりに行ってきてあげますよ〜!(^o^)
例会は名古屋のようですので、是非参加してみて下さいね。

2006/02/07(Tue) 11:15:32  [No.1689]


  Re: モーランチ 3 投稿者:とっちゃん(こと)

緑水さん、こんばんわ〜。

> 2月初日の芽吹き雨の暖かさで 雪は融けちゃってる
> 空中回廊から眺めた気になる尾根には イワクラ尾根に立つ仏岩だ 
> 三角錐の端正な姿が好いなあ
> 奥ノ谷左岸尾根は 689pから仏岩が鎮座する874pへと 短いが面白そうな作り仏尾根と名付けようか

あれよあれよというまに、2月になっちゃいましたね〜。
奥の谷左岸尾根、おもしろそうですね。緑水さんは、地図を見ながらいろんな尾根に挑戦ですね。一度行ってみようと思います。

>> 奥ノ谷降り ビッシリと詰まった雪斜面 ザクザクと降りていく
> 雪解けせせらぎ青い空 コブシ咲くあの丘〜 春はもうすぐなんだ

2月4日は立春、春は確実に歩いてくるんだね。

2006/02/05(Sun) 22:10:45  [No.1660]


  Re: モーランチ 3 投稿者: 緑水

とっちゃん(こと)お早うさんです

>> 蛇谷を渉り七ッノヤマから本俸に登ろう 
> 2年前、山さん、洞吹さん達と七ッノヤマ尾根からのぼった日も、すんごい強風と雪の日でした。

手近でルートも色々取れて好い山だ
独立峰の様で入道さんと同じく 風の日は隠れる場所がないです
少人数ならテント雪洞作って ユックリランチできるんだけれどね

>> 吹きさらし山頂 長くは居れない ペットボトルは凍ってる
> シロヤシオの木々は、白い花じゃなく、雪の花を咲かせていましたか。

白雪の花ですよ 白雪姫っのはこおいうのを言うのかな

>> おお!!何年ぶりの「 竜舌 」か 滅多に見ることのない景観だ
> 「竜舌」とは?、どんな風景でしょうか?

画像のような底雪崩なんだけれど 手頃なのが難しいです
竜の場合は 雪面がグナグナとうねり雪先がねじれ巻あがる
いかにも巨大なベロの様だ
崩落がドーンと谷に落ちてブロックに成らない 斜面の状態が揃わないと出ないですね

入道も多積雪後の暖気で 雪面が割れて巨大なナメクジ形の地肌が現れた
滅多に見られない光景で 現場に見に行こう思う次の日は崩落して消えた
なにかの前兆みたいですね

お出かけをです        緑水

2006/02/06(Mon) 10:42:23  [No.1674]


掲示板に戻る