一括表示

 2006年 1月22(日) 単独+ワン  

(登り) 北尾根コース  (下り) 二本松尾根コース

  椿神社奥・登山道案内板前(11:27)〜避難小屋(12:35-55)〜昼食(13:35-50)〜北の頭(14:17)〜
  山頂鳥居(14:36)〜二本松尾根登山口(15:48)〜駐車地(16:00)   メモ上2h34 下1h12  

鳥居前はほぼ満車、なぜか車1台分がぽっかり空いていた。
そこへ後続車が来たので、急いでバックで駐車したら、ガッツン★★★ 
こりゃ空いてるはずだわ。(ーー;  私って、いつも必ずなんかあるよな。
♪これ〜が私の癖なのかぁ〜♪ なんて歌っているばやいでは無い。
今日も一抹の不安がよぎる。 (鳥居の前は注意してネ)

ずいぶん前に登ったコースです 山頂までは急登で長〜い道のり のんびり歩きましょ
単独の方が次々と下りてこられます。このコースは登る方が楽そうなのになぁ…。

8合目付近で団体さんが一斉にアイゼンを片付けている。リーダーの方から、
「この下は雪はありませんか?」と尋ねられ、「ありませんよ〜(^^)」と答えた。
しばらく登ると雪が見えてきたので、アイゼンを出すついでに昼食。

今日はチキンライス弁当と暖かい緑茶。すでに午後1時半をまわっていた。
こんな時間に登るのは、私ぐらいやろな。 (本当は朝の清々しい時間帯に登りたい)

あんなに暖かかったのに、山頂ははげしい強風で立っているのがやっとでした。
とっくに下山して山頂付近には誰も居ない。山は早く暗くなるので、遅くなると
どんどん不安になってくる。そんな時こそ怪我をしないように下山しなくては…。

今日も無邪気にはしゃぐ小麦に癒され、無事下山できました。
山頂では日本の神様の前で、家族の健康を祈りました。
世界には偶像が沢山あるけれど、私は神は光だと思う。心の闇から救って下さる。
苦しい時、辛い時、そっと祈ってみて下さい。心の底から平安が湧きあふれます。

  「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。
        すべての事について、感謝しなさい。」  テサロニケ1-5:16-18

2006/02/03(Fri) 01:12:28  [No.1631]


コダマさん、こんばんは。

>ガッツン★冬の入道ヶ岳

どういうタイトルかいなと思ったら、そういうことでしたか(^_^;)
私もバックではちょいちょいやってしまいます。お気をつけて・・・

>   「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。
>         すべての事について、感謝しなさい。」  テサロニケ1-5:16-18

私は神も仏もない無神論者ですが、あらゆるものへの感謝の気持ちだけは忘れたくないですね。

                    山日和

2006/02/03(Fri) 21:37:37  [No.1636]


山日和さんへ

> どういうタイトルかいなと思ったら、そういうことでしたか(^_^;)

車、大切にしてるのでショックでした。
急に中古車みたいになっちゃった。(笑)

> 私もバックではちょいちょいやってしまいます。お気をつけて・・・

山日和さんでもぶつけることあるんですね。
ちょっと安心したりなんかして。

> 私は神も仏もない無神論者ですが、あらゆるものへの感謝の気持ちだけは忘れたくないですね。

遭難すると、無心論者の方でも「神よ!」と空を見上げるらしいですよ。(^^)
祈っても叶わぬことばかりですが、叶ってばかりじゃ成長しませんもんね。

2006/02/04(Sat) 11:06:19  [No.1642]


  Re: 【鈴鹿】ガッツン★冬の入道ヶ岳 投稿者:とっちゃん(こと)

コダマさん、一挙に二本のレポ嬉しいです。

でも、ガッツンはショックですね〜。
私も、ようやります。ガッツンしなければ、どんだけ貯金できてたことか、あ〜あ(ーー;)

入道は強風で飛ばされそうな日がよくありますね。前行った時も、立ってられませんでした。

油絵を勉強していた頃に出会った親友が、聖書の言葉を届けてくれます。入院中には、神奈川県から来てくれて、聖書をプレゼントしてくれました。
信じるものは救われる。と分かっていても、いまだ信心には至りません。

2006/02/05(Sun) 22:21:05  [No.1661]


とっちゃんさんへ

> 入道は強風で飛ばされそうな日がよくありますね。前行った時も、立ってられませんでした。

入道はいつも強風ですね。一度だけ無風の日があり感激しました。
ついお昼寝してしまいましたよ。

> 信じるものは救われる。と分かっていても、いまだ信心には至りません。

とっちゃんさんはもう救われていますよ。きっとよい方なのでしょうね。(^^)
コメントありがとうございました。

2006/02/06(Mon) 01:42:40  [No.1670]


掲示板に戻る