一括表示

  【京都北山】水無山スノーハイク 投稿者:矢問(やとう)
【京都北山】水無山スノーハイク (画像サイズ: 2048×1536 718kB)

【行き先】  京都北山・水無山スノーハイク(680.7m)
【期 日】  2006年2月4日(土)
【メンバー】 佐野、まるい、ぐり〜ん、矢問
【コース】  朽木・古屋〜弓坂峠〜水無山〜古屋

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/mizunashi.htm

北部は寒波で天気が悪いとか・・・また温かい和歌山にでも行くか〜、と心準備をしてい
たら佐野さんから「水無山に行こう!」と連絡がきた。
どこの?と思ったら数年前に佐野さん達とワカンで北山へ行った際に「雪の頃にでも登り
ましょうか」と芦生の手前で言ってた古屋の集落東にある小高い山だ。
まるいさんとぐり〜んさんのスノーシューデビューにおつきあいするらしい。佐野さんは
ワカン族なのに???「手軽でしんどくないよ〜。スノーシュー貸して〜」の声に「では
行きま〜す!」と返事。

湖西道路はマイナス3度。2台の車が脱輪してレッカー車のお世話になっている。
まだ6時前。集合時間より90分前についてラジオを聞きながら、渋滞に巻き込まれた佐
野号をのんびり待ち、途中で佐野号機をデポし、矢問号で古屋へ。雪はたんまりある。

9:40
古屋の休憩所前を出発。5分徒歩で戻れば弓坂峠への登り口。道標の字は消えて読めない。
横に車が停まり「どこへ登りどこへ下りるの?ふ〜ん弓坂からか。我々ももう少し北の方
から登る予定。また稜線で会ったらよろしく」と去っていった。

スノーシューを装着。「これ、どうするの??左右ってあるの??」と3人。
まるいさんとぐり〜んさんはあいかわさんからの借り物、佐野さんはMICKEYのを借用。
今日は3種類のスノーシューの特徴がわかる。
「さっ、今日はまるいさんとぐり〜んさんが先頭」と佐野さん。いきなり道路からの壁の
登りに四苦八苦。こういうところからの登りかたを2人に伝授するオッサン二人。

沢筋の右岸沿いにまるいさん、ぐり〜んさんが交互に先頭をラッセル。ぐり〜んさんは着
込みすぎてすでに汗。中着を脱ぐ。
斜め傾斜のところはぐり〜んさんのスノーシューはグリップが弱いのでまるいさんが頑張
る。昨日からの新雪の下10センチほどにクラストしている堅い雪の層がある。
GPSの予定軌跡はもう少し左上を走っているが「このまま進もう」と佐野さんの声。
雪の頃はどこでも行けるし、それ行け〜。・・・・緩い分岐で地形図とにらめっこ。
このまま行くと壁が立ってくる。行けないことはないし峠より山頂に近いショートカット
にはなるが・・・。「左の尾根に乗ろう」と夏道(峠道)に復帰すべく急登に決定。距離は
しれている。ここはちょっと女性2人には酷な傾斜だ。
「矢問さん行って」と佐野さん。「はい〜」

最初の半分を矢問、あと半分を佐野さんで峠道を目指す。15分間ほどなので、汗をかく
ほどではないが息が切れる。こういう時期しか出来ないこういう登りは何故か楽しい。

10:30
広くて立派な峠への道に出た。まだ女性2人ははるか下で傾斜のある雪登りに悪戦苦闘。
この峠道は登り口からしばらく入り、直ぐに左の尾根沿いに進むのだろう。
「これも二人には良い体験になるでしょう(^^)」と二人のオッサンは女性2人を待つ。
ここから峠までは快適なスノーシュールートといえる。

10:45
弓坂峠。古い歴史を感じる石碑がある。
「あの〜・・・私、イベントしてもいいですか・・」とぐり〜んさん。「歌でも歌うの?
踊り出すの?」かと思ったら「昨日、節分の丸かぶりしていないんです(^^;)」と太巻き
の丸かぶりだった。コンパスで今年の恵方の南南東を教えてイベント開始!

峠を東に下ると能家の集落へと行くが、今日はここから南の尾根を登り水無山を目指す。
あと距離にして700mもないし、まるいさんぐり〜んさんをまた先頭に進む。
峠から尾根への取り付きにまた四苦八苦の二人。足の向け方、膝や手の使い方を伝授する
オッサン二人。「登れた〜」あとはスノーシューには最適の尾根道が続く。時々青空も顔
を出し左手(北東)の展望が開ける。能家の集落の奥の雪をかぶった地蔵谷峰や能内山が
見える。最後は佐野さんがペースアップして山頂へ。

11:30
水無山。山頂札もない静かな山。赤テープを4つ巻かれた細い木がある。
「ホントにここが山頂かなぁ」「GPSでも間違いなし」「では、バンダナショットと鍋に
しましょう!」とまず写真。雪テーブル作り、ガスの用意、食材の用意と寒さも手伝って
みんなてきぱき。冬期用のPRIMUS「U」ボンベもこの寒さで冬季用もやや元気がない。
「水につけよう」と大きいシェラカップに水をかけたりテルモスのお湯をかけると「ゴー
ッ」と元気に。何度かボンベは暖かいお湯にかかりつつ、カモ鍋は出来た。さらに肉もた
っぷりウインナーもたっぷり入れて「おいしいなぁ」「あったまるね〜」「こんな手軽な
山だと太るなぁ」「ホントホント」最後はうどんを入れて汁も残さず「ごちそうさま〜」

13:00
下山開始。「どう下ります?」「最短距離の尾根で橋を目指そう」と地形図を見て決定。
「私もMSRを履いてみたい」とぐり〜んさん。体験装着と歩行。「グリップが違う」
まるいさんが先頭で進み、途中の尾根分岐が2カ所ある。そこから僕が「うひょ〜」とい
つものようにビュ〜ンと先に下っていった。これがホント楽しい。30分で県道へ出た。
直ぐ横が、登り始めた登り口だ。
「もう少し斜面の登りを試していいですか〜」とぐり〜んさんは斜面を登る。
後ろからアドバイスが飛ぶ。ぐり〜んさん頑張る。「あ〜、満足しました〜(^^)v」

13:45
車道を歩いて車にもどる。「お手軽な山だけどこういう山もいいね〜」
遅く登って早く下れる雪の頃のお手軽山だ。汗もかいていないけど、てんくうの湯へ。
まるいさんは明日クライミング、ぐり〜んさんはスキーへ行くらしい。元気に「乾杯!」

帰りもまだマイナス2度。目の前の車が脱輪して溝内で横向いた。レッカー要請だな・・。

2006/02/05(Sun) 09:30:22  [No.1648]


  Re: 【京都北山】水無山スノーハイク 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんにちは。
法師山への書き込みが、遅くてすみません。
もう次のレポが書き上がってきたのですね。

> (簡単にハンドルを呼びかけるときはどこで区切るのだろう??と思いつつフルで(^^;))

「伊勢山上住人」 長いですね。このフォーラムに「伊勢」さんがみえない様なら今後「伊勢」にしましょうか。

> そうなんですよね〜。いろいろありまして出かけられず空を見上げてグスン(;_;)でした。

私も、今週・来週は山に行けない予定です。

> 「もどらにゃならぬ」と言うときの勇気が要ったこと、要ったこと(^^;) いらぬ口はつつしんでいて損はなし、ですね。

家内安全の要諦ですね。

> 今日は3種類のスノーシューの特徴がわかる。

HPに3種類の足裏の写真を掲載していただけませんか?
(もっとも、結論はすでに出ていますが)

> 雪の頃はどこでも行けるし、それ行け〜。
> こういう時期しか出来ないこういう登りは何故か楽しい。

この感じがいいですね。

> 最後はうどんを入れて汁も残さず「ごちそうさま〜」

自然にやさしい正統派の食事ですね。

> そこから僕が「うひょ〜」といつものようにビュ〜ンと先に下っていった。

MICKEYさんの前では萎縮しているのに、他の女性の前では張り切っていますね。

> 目の前の車が脱輪して溝内で横向いた。レッカー要請だな・・。

四駆 スタッドレス 雪道運転技術 しばらくお預けです。  伊勢山上住人

2006/02/05(Sun) 12:27:47  [No.1653]


  Re: 【京都北山】水無山スノーハイク 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、こんにちは(^^)。(今回はショートネームで)

> 法師山への書き込みが、遅くてすみません。
とんでもありません。

> 私も、今週・来週は山に行けない予定です。
天気が悪いとあきらめもつきますが、良いときは悔しいですよね(^^;)

> 家内安全の要諦ですね。
はい(^^) 昔のパソコン通信時代は「MICKEY」ではなく「おっ家内」で報告を上げてました(^^) 

> HPに3種類の足裏の写真を掲載していただけませんか?
写真、撮ってません(^^;) 僕のはライトニングアセントですが、
女性2人は借り物でMSRの1つ前の機種。もう一つは別メーカーのもので横滑りはグリップがほとんどきかないパイプタイプでした。

> 自然にやさしい正統派の食事ですね。
寒かったのでお汁も大事に飲んで体を温めました(^^)

> MICKEYさんの前では萎縮しているのに、他の女性の前では張り切っていますね。
下りはいつも僕が先にビューンと行ってます(^^) MICKEYは尻セード派で、僕が先に行った雪質を確認してから来ています。僕は捨て石か???

> 四駆 スタッドレス 雪道運転技術 しばらくお預けです。
昨日は合計5台のレッカー作業を見ました。四駆も落ちていましたよ。過信は禁物。
以前乗ってたデリカの四駆はホントに良く効きましたが、乗用車タイプの四駆はどれも
甘い感じがします。いま乗ってる車もなんかオモチャの四駆の感じがします(^^;)
デリカの安定度は抜群でした。排ガス規制が無ければ乗り続けたのに・・・(;_;)

2006/02/05(Sun) 15:22:12  [No.1656]


  Re: 【京都北山】水無山スノーハイク 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、こんばんわ〜。

佐野さんやまるいさん達、囲炉裏の仲間との、スノー衆in北山だったんですね〜。

2に回ってしまっていて、見逃してました。(^^ゞ

>いきなり道路からの壁の登りに四苦八苦。こういうところからの登りかたを2人に伝授するオッサン二人。

矢問さん、おじょうさん二人には、とってもやさしく伝授されていたようですね。(*^_^*)

日曜のスノー衆in奥美濃では、私にも伝授してくださいね〜。急な登りのスノーシューは超苦手なので、MSRの先輩よろしくね!。

2006/02/09(Thu) 22:46:17  [No.1705]


  Re: 【京都北山】水無山スノーハイク 投稿者:矢問(やとう)

とっちゃん、こんばんは(^^)。

> 佐野さんやまるいさん達、囲炉裏の仲間との、スノー衆in北山だったんですね〜。
はい(^^;) 突然和歌山計画してたら雪の地へ呼ばれました〜。
芦生、北山方面は何故か気が楽な点と行き返りも慣れているし、近いしね(^^)

> とってもやさしく伝授されていたようですね。
お優しいのは佐野仙人さんですよ〜(^^)
まるいさん、ぐり〜んさん達の明日からの遠征スノーシューハイクの事前初練習会でした。
 僕はほとんど写真係に徹してました(^^)

2006/02/09(Thu) 23:05:41  [No.1707]


  Re: 【京都北山】水無山スノーハイク 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、こんばんは(^^)。

> お優しいのは佐野仙人さんですよ〜(^^)
> まるいさん、ぐり〜んさん達の明日からの遠征スノーシューハイクの事前初練習会でした。

週末、BAKUさんがアシイー君かな?で、まるいさん達、スノー衆in北八らしいですね。

>  僕はほとんど写真係に徹してました(^^)

名カメラマンしてたんですね〜。

2006/02/09(Thu) 23:52:05  [No.1708]


  Re: 【京都北山】水無山スノーハイク 投稿者:矢問(やとう)

とっちゃん、こんばんは(^^)。

> 週末、BAKUさんがアシイー君かな?で、まるいさん達、スノー衆in北八らしいですね。
BAKUさんも女性に声かけられたら弱いのです(^^)

> 名カメラマンしてたんですね〜。
「迷」カメラマン(^^;) 稜線を歩くみんなを移そうと斜面に進んで腰まで沈んでしまい、1人で必死で脱出してました(^^;)

とっちゃんと行くときの楽しみは、チンタラ山行記しか書けない僕にかわって詩情緒満点の記録報告(^^)v 

2006/02/11(Sat) 18:46:36  [No.1714]


掲示板に戻る