一括表示

  【湖北】妙理山 投稿者:柳川洞吹
【湖北】妙理山 (画像サイズ: 1280×960 259kB)

【山 域】 湖北 妙理山
【日 時】 2006/2/18(土)
【天 候】 晴れたり曇ったり
【メンバー】 単独
【コース】 菅並六所神社8:30---419m標高点9:20/9:25---594m標高点10:15
---東妙理山(△746.7m)10:50/10:55---妙理山(△901.5m)11:35/11:40
---昼食地11:45/12:55---東妙理山13:20---六所神社14:30

ここしばらく単独の山はご無沙汰している。
今年になってからは、正月に綿向山に登ったものの登山者がいっぱいだったし、
その後はパーティ登山が続いていたので、今回は久しぶりの単独の山だ。
近畿北部も高気圧におおわれるというので、湖北の妙理山に行こうと思う。

妙理山は、一般的にはあまり耳にしない山名だと思うが、
滋賀県余呉町、
近江国と越前国を結ぶ北国街道(現・国道365号)の椿坂集落の東にある、標高901.5mの三角点峰だ。
二万五千の地形図には山名は表示されていない。

この山は、6年前、山日和氏とふたりで、
椿坂とは反対側のふもとである菅並の洞寿院から、妙理川に沿う林道を湿雪のラッセルに苦闘し、
まったく山に登らないうちにダウン。
林道終点でうどん鍋を食って帰ってきた山だ。

その後、一昨年、昨年と一人で椿坂側から登ったので、
今年はスノーシューという心強い武器も手に入れたことだし、
今回は菅並から長い尾根を歩こうというわけだ。

久しぶりに菅並に来てみると、
高時川沿いにバイパスができていて、集落の中を通らずに行けるし、
田戸方面には県道のトンネルもできているし、様変わりだ。
丹生ダム建設のための整備だろう。
洞寿院方面も何か作っているようで、朝からダンプカーの往来が激しい。

道路は雪壁の連続に、またまた駐車場所に悩んだが、
県道旧道が冬期通行止めになっている六所神社の前まで来ると、
参拝者用の駐車スペースがあったので、ここに止めさせてもらう。

神社の本殿の裏から尾根に取り付く。
しばらくは急登だが、419m標高点まで登ると、
そこからは、ブナまじりの雑木林の中に純白のプロムナードが延々と続いていた。
すぐ隣には横山岳が大きく聳えている。

気温は駐車地でマイナス2度だったし、雪質は上々、
ほどよくクラストしていて、全くもぐらない。
スノーシューで歩いた跡は、よく目をこらさないとわからないくらいに、うっすらとついている。
ためしにスノーシューを脱いで歩いてみると、時々表面のクラストを踏み抜いてガボるので、
スノーシューは大いに有効だ。

おいっちに、おいっちにと、まるで地面の上を歩いているような感覚で雪上を歩く。
おだやかな日差しは、歩きながら眠くなってくる。
喉を潤そうとザックからスポーツドリンクのペットボトルを出すと、
それは先週の貝月山の飲み残しで、三分の一しか入ってなかった。

それにしても、幅も傾斜もゆったりとした尾根だ。
そしてところどころ、だだっ広いというほか無いように尾根が広がる。
さしたる登りもないまま、頂上に続く台地に登ると、
そこはブナの回廊になっていて、霧氷がきれいだった。

妙理山の頂上へは、頂稜にできている雪庇の下側から登って行くことになるので、
最後の仕上げは2mほどの雪庇登りだ。
左から回り込んで、はい到着。
静かな山。

少し戻って、遠くに真っ白な山並みが見える、見晴らしのいい場所で食事にする。
この高度になるとツボ足でも全く大丈夫なので、
帰りは650mあたりでガボりはじめるまで、ツボ足で降りる。
ツボ足だと走って降りられるので楽だ。
菅並から妙理山へのこの尾根は、まったくスノーシュー向きの、おだやかな尾根だった。

                               洞吹(どうすい)

2006/02/19(Sun) 12:25:51  [No.1767]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者:とっちゃん(こと)

洞吹さん、こんにちわ〜。

妙理山に行ってきたんですね〜。昨年、I夫妻とご一緒するはずも山でしたが、曜日をまちがえて行けなかった山です。

行っていたら、昨年山頂で、お出会いできていたのに残念の二重奏でした。(@_@)

> ここしばらく単独の山はご無沙汰している。

単独の多かった洞吹さんだから、きっと今週はクールダウンで、静かな山旅に浸ってはるやろなぁ〜って思ってました。
山の静けさも心の静けさも満点のブナと霧氷の山、よかったね。(*^_^*)

今回は、東妙理山は経由したんですか?

>菅並から妙理山へのこの尾根は、まったくスノーシュー向きの、おだやかな尾根だった。

また、スノーシュー持って雪の山、ご一緒くださいね〜。

                               洞吹(どうすい)

2006/02/19(Sun) 14:42:45  [No.1768]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者:柳川洞吹

とっちゃん こんにちは

早々とコメントいただいていたのに、遅くなってすみません。
PCの電源に手を伸ばす間もない日があったくらい、
今週は完璧失神の日が続いてしまいました。

> 妙理山に行ってきたんですね〜。昨年、I夫妻とご一緒するはずも山でしたが、曜日をまちがえて行けなかった山です。
> 行っていたら、昨年山頂で、お出会いできていたのに残念の二重奏でした。(@_@)

あの日は雪が降りしきる、なにも見えない頂上でしたが、
今回はお天気の頂上でした。

> 今回は、東妙理山は経由したんですか?

東妙理山、通りましたよ。
ただのコブみたいなとこでしたけどね。

よい山旅を!
                                   洞吹(どうすい)

2006/02/23(Thu) 15:41:27  [No.1807]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者:山日和

洞吹さん、こんばんは。妙理山でしたか。
音波への稜線から大黒山と並んで見えてましたよ。
知ってれば大声で呼んだのに・・・(^_-)

> この山は、6年前、山日和氏とふたりで、
> 椿坂とは反対側のふもとである菅並の洞寿院から、妙理川に沿う林道を湿雪のラッセルに苦闘し、
> まったく山に登らないうちにダウン。
> 林道終点でうどん鍋を食って帰ってきた山だ。

そうでしたねー。あの時はいきなり腰近いラッセルで遅々として進まず、だいぶ歩いたと振り返っても
前の地点がすぐそこでしたもんね。(^_^;)

> 気温は駐車地でマイナス2度だったし、雪質は上々、
> ほどよくクラストしていて、全くもぐらない。

こちらも同じ。スノーシュー要らずでした。

> それにしても、幅も傾斜もゆったりとした尾根だ。
> そしてところどころ、だだっ広いというほか無いように尾根が広がる。

地形図を見てもよさそうな尾根ですね。
妙理山から七々頭ヶ岳へ続く尾根も魅力的な広がりがあるようですがどうでしょうか。

> 妙理山の頂上へは、頂稜にできている雪庇の下側から登って行くことになるので、
> 最後の仕上げは2mほどの雪庇登りだ。
> 左から回り込んで、はい到着。
> 静かな山。

フィニッシュがまたいいですね。湧谷山の最後を思い出します。

> 帰りは650mあたりでガボりはじめるまで、ツボ足で降りる。

滋賀県ではガボってはダメですよ。「にっこむ」と言うらしいでっせ。(^^ゞ

> 菅並から妙理山へのこの尾根は、まったくスノーシュー向きの、おだやかな尾根だった。

これは試してみなくては・・・(^_^)

                       山日和

2006/02/20(Mon) 22:41:14  [No.1777]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者:柳川洞吹

山日和さん こんにちは

> 音波への稜線から大黒山と並んで見えてましたよ。
> 知ってれば大声で呼んだのに・・・(^_-)

こちらからも県境稜線あたりは見えてましたが、
目立つピークがないので、どこがどこやら……でした。

> こちらも同じ。スノーシュー要らずでした。

2月には珍しい、春山のようですね。
今年は特別でしょう。

> 妙理山から七々頭ヶ岳へ続く尾根も魅力的な広がりがあるようですがどうでしょうか。

あちらもゆるやかな尾根が続いていましたが、
一週するとかなりの距離になりますね。

> フィニッシュがまたいいですね。湧谷山の最後を思い出します。

湧谷山がそうですか。
まだ積雪期には行ったことがありませんが。

> 滋賀県ではガボってはダメですよ。「にっこむ」と言うらしいでっせ。(^^ゞ

ええっ、滋賀県ではガボり禁止でしたか。
しかし、にっこむと言われても、味噌煮込みうどんを連想してしまって、
やっぱり「ガボる」がよく言い表していると思いますね。

よい山旅を!
                                   洞吹(どうすい)

2006/02/23(Thu) 15:50:39  [No.1808]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者:矢問(やとう)

洞吹さん、こんばんは(^^)

妙理山って言うのですか。

七々頭ケ岳へいつかは登ろうと思っていて菅並って地名を覚えてましたので
地図を見ていてその山もぐるりと回ったら・・・何時間かかるのだろう(^^;)(^^;)
エエ感じの尾根ですね。おっと1時間も地形図眺めてた〜

2006/02/21(Tue) 22:08:25  [No.1790]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者:柳川洞吹

矢問さん こんにちは

> 妙理山って言うのですか。

そう、「みょうりさん」です。

> 七々頭ケ岳へいつかは登ろうと思っていて菅並って地名を覚えてましたので
> 地図を見ていてその山もぐるりと回ったら・・・何時間かかるのだろう(^^;)(^^;)

私も、ここ回ったら何時間かかることやら……と考えてました。

> エエ感じの尾根ですね。おっと1時間も地形図眺めてた〜

このあたりは、平坦な尾根が長く続く山が多いですね。
雪遊びのいいフィールドだと思いますが、
稜線に登るまでが急傾斜のようだったり、
道路が冬期通行止めで、
歩いて行ったら帰って来られないような長距離だったりして、
現実に実行できる場所を探すのは、なかなか骨が折れます。

こっちから登って、あっちに回って……と、想像がふくらんで、
必然的に、地図を眺めている時間も長くなりますね。
楽しい時間ですけど。

よい山旅を!
                                  洞吹(どうすい)

2006/02/23(Thu) 16:04:37  [No.1809]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者:矢問(やとう)

洞吹さん こんばんは(^^)

> 私も、ここ回ったら何時間かかることやら……と考えてました。
雪がしっかりしていたらそれほど時間かからないかも・・・と考えたのは甘いかな(^^;)。

> 稜線に登るまでが急傾斜のようだったり、
> 道路が冬期通行止めで、
これこれ。これが辛いですね〜。

> こっちから登って、あっちに回って……と、想像がふくらんで、
> 必然的に、地図を眺めている時間も長くなりますね。
熊さんが居なければテント持ってのんびり雪中ハイクもいい尾根のような(^^)

2006/02/23(Thu) 20:52:52  [No.1819]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者:伊勢山上住人  URL

洞吹さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 何より、お得意のピンポイントも自信を取り戻されたようで、
> よかったですね。

落ち込んだり、有頂天になったり、浮き沈みの激しい山旅です。

> それにしても、幅も傾斜もゆったりとした尾根だ。
> 最後の仕上げは2mほどの雪庇登りだ。
> 左から回り込んで、はい到着。

このフォーラムでいっぱいいい情報を得て、四駆を入手できた時には、湖北へ向かいます。
ここ最近、春の陽気です。雪歩き1年生としては、もう少し冬でいて欲しいです。

ありがとうございました。          伊勢山上住人

2006/02/23(Thu) 22:24:08  [No.1821]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者:柳川洞吹

伊勢山上住人さん こんばんは

> このフォーラムでいっぱいいい情報を得て、四駆を入手できた時には、湖北へ向かいます。
> ここ最近、春の陽気です。雪歩き1年生としては、もう少し冬でいて欲しいです。

今シーズンは、早くから寒くなって、雪もたっぷり降ったと思ったら、
例年なら厳冬期の2月中旬に、ずいぶん暖かくなってしまいましたね。
これで冬が終わりだなんてことがないように、お願いしたいものです。

しかし、しかしであります。
これからが残雪のハイシーズン。
湖北を終えて、ボヘミアン達は、北へ、北へ!
越美、奥越、白山と、
めくるめく残雪の山旅レポートの数々が展開されることでしょう。
たぶん……

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2006/02/24(Fri) 00:32:24  [No.1824]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者:伊勢山上住人  URL

洞吹さん、おはようございます。

> 湖北を終えて、ボヘミアン達は、北へ、北へ!
> 越美、奥越、白山と、
> めくるめく残雪の山旅レポートの数々が展開されることでしょう。

鈴鹿より北を知らない私にとって、夢ばかり広がります。
皆さんのレポを楽しみにしています。

> > 私も好きで暗くまで歩いてるわけじゃないんですが・・・(^^ゞ
>
> 矢問さん、ここは山日和語の翻訳を間違えてはなりませんぞ。
> 好きで歩いてるに決まってますがな。

やっぱり。
私も「そうかな?」と、思っていました。    伊勢山上住人

2006/02/24(Fri) 05:50:37  [No.1826]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者: 緑水

柳川洞吹さん おはようサンです

好い画像ですね
赤色シューにストック
コンロにプシュー
背もたれは小山毛欅が二本と
背景は・・・横山方面??
好いランチ場ですね

春よ恋 早く恋 歩き始めた吹ちゃんは
赤い鼻緒のシュー履いて 雪山セッセと歩いてる

何年か前の春残雪 椿坂から妙理山へその先の緩やかな雪尾根は
菅並の洞寿院に降りていた
高時川のダムで大変わりしますね

酔い山旅をです
              緑水

2006/02/24(Fri) 08:28:42  [No.1827]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者:柳川洞吹

緑水さん こんばんは

> 好い画像ですね

ありがとうごさいます。
自分でも気に入ってます。

> 赤色シューにストック
> コンロにプシュー
> 背もたれは小山毛欅が二本と
> 背景は・・・横山方面??

真ん中手前は安蔵山、奥の白いのは三国岳、右へ土蔵岳への県境稜線です。
左端、木の枝に隠れかけているのが上谷山あたり、
横山岳は、右端に菅並からの尾根だけ写っていますが、山頂は右の枠外に切れています。

> 好いランチ場ですね

このあたりは、穏やかな山稜が続いていて、
鍋適地だらけですね。

> 何年か前の春残雪 椿坂から妙理山へその先の緩やかな雪尾根は
> 菅並の洞寿院に降りていた

昨年まで二年続けて椿坂から上がったので、
今年は菅並から行ってみました。

よい山旅を!
                               洞吹(どうすい)

2006/02/26(Sun) 20:17:13  [No.1846]


  Re: 【湖北】妙理山 投稿者:矢問(やとう)

> 【山 域】 湖北 妙理山
ちょっと手前の七七頭ケ岳へいってこようかな。そこから妙理山が眺められるかな。
摺墨集落へいけるなら、そこから七七頭ケ岳へ。
そのあと行けたら新谷山回りでおりようかと。
雪・・・あるのかないのか(^^;) 地道で往復節約します〜。では!

2006/02/25(Sat) 03:53:19  [No.1835]


掲示板に戻る