一括表示

  奥の平で自信回復 投稿者:伊勢山上住人  URL
奥の平で自信回復 (画像サイズ: 700×525 90kB)

【日時】 平成18年2月19日(日)
【山域】 鈴鹿
【天候】 曇り
【コース】鞍掛峠山口ゲート6:13---7:38寒山---9:35冷川岳---12:00奥の平13:00---14:26カタクリ峠---15:30国道---16:30山口ゲート

昨日は法事。快晴の空を恨めしく見上げていた。今日は曇り。景色は期待せず、ただワカンの練習をしたくて、鞍掛峠山口ゲートに車を走らせる。寒山、丸尾から冷川岳に登り、カタクリ峠からmayonekoさんのレポで興味のあったコグルミ谷と犬帰谷の間の尾根を下る周回を計画した。

登り始めてしばらくは全く雪がない。尾根の南半分にやっと雪が見えてきたが、カチカチにクラストしている。この1週間の間に降った雨のためだろう。キックステップを試みるが全く歯が立たない。親指の付け根の足の裏が痛い。タコが出来たのだろうか? 尾根の北半分、乾いた落ち葉を踏みながら登る。

寒山に着いた。ここからの下りは怖い。登山道が崩落でどんどん削られていってるようだ。

急登に差し掛かる。ここも北半分は乾燥した夏道。南半分が雪庇状の雪。キックステップが出来れば、気分的にも楽なのにあえぎながら夏道を登る。

夏道の進路も雪で囲まれた。「仕方がない。アイゼンを出すか」と思ったが、鹿がツボ足で登った跡が固まっている。そこに足を乗せると登っていける。この鹿さん、横道にそれる事なく、まっすぐ上に歩いて行ってくれている。「賢いね。ありがとさん」

傾斜がゆるくなってきた。足跡がたくさん見えてきた。右の方から若者が歩いてくる。松阪高校ワンゲル部だそうだ。顧問の先生に「ここは縦走路ですよ」と教えられ、意外と早く冷川岳に登りついたとビックリした。「この時間なら御池に行ける」

今度は尾根の真の谷側に雪がない。クラストしていても下りは楽勝。かかとキックを3cmのクラストに突き刺しながらカタクリ峠まで下る。カタクリ峠から尾根越えの真の谷まではざら目雪。真の谷から丸山へは、またまたクラスト。「ワカンの練習に来たのに」 アイゼンの代わりにワカンを履く。何とか引っかかる。登りかけると上で声がする。「場違いなアイテム履いてると、笑われる」左に逃げる。どんどん左に歩き、丸山・奥の平・ボタンブチの分岐に登りつく。

すばらしい眺めだ。曇りは曇りでも、高曇り。黒い恵那山・威容を誇る御嶽山・北アルプス・白山・伊吹山・霊仙山。天気予報どおり北は晴れているらしい。裾を広げた白山が光り輝いている。

まだ12時前。丸山は今回パス。ワカンを外し、歩いたことのない奥の平に向かう。ドリーネが異色だが、写真に撮ると単調でつまらない。東のボタンブチの展望には圧倒される。「本家よりすばらしい」

いつまでも眺めていたいが、13時 撤退の時間がきた。奥の平からカタクリ峠に一直線にトラバースを試みる。急傾斜で、ももまで踏み抜く。ワカンをつける。それでも滑る。予期せぬシリセードで5mほど滑落。「あぶない。あぶない」真の谷に降りることにする。ワカンでは降り難い。ツボ足のほうが降り易い。

真の谷に降りてからまた大変。右足をももの付け根まで踏み抜いた。引き抜こうと左足を踏ん張ると左足も、ももまで嵌ってしまった。ストックを刺しても、ズボズボ。「絶体絶命。どうしよう」 細い細い木の枝を頼りに脱出した。

カタクリ峠からの尾根下りは、地図読みバッチリ。ちょっと自信回復。しかし、国道に降りる最後の5mはビビリました。

ワカンの練習にはならなかったが、収穫の多い山行きでした。

2006/02/20(Mon) 00:39:19  [No.1772]


  Re: 奥の平で自信回復 投稿者:とっちゃん(こと)

伊勢さん、こんばんわ〜。

御池岳、奥の平とっても豊かな気分になりますね。

ワカンが十分に活躍できなかったようですが、自信回復なによりです。

両足太ももまでの踏み抜きは、どうして脱出していいやら分からないですが、枝に助けられてよかったです。

土日と、山仲間から御池岳テント泊のお誘いをいただいていましたが、テントを担いでの山はまだ無理なので行けませんでした。

http://homepage3.nifty.com/photocb/index.html

もし、行けていたらどこかでお出会いできたかもしれませんね。

2006/02/20(Mon) 22:44:04  [No.1778]


  Re: 奥の平で自信回復 投稿者:伊勢山上住人  URL

とっちゃん(こと)さん、こんばんわ〜。
レポがいっぱい上がっていますね。まだ読み切れていません。

大学2年生の娘の部屋にこのパソコンは置いてあります。
実は、その娘がこの10日ほど実習やら追試やらありまして、
検索やらレポート書きやらで、パソコンを占有しています。
その隙間を縫って「早く出て行って!」「もうちょっとで済むから」
とのやり取りをしながらレポだけは書きました。
今日はまだ娘は帰って来ていません。

> 土日と、山仲間から御池岳テント泊のお誘いをいただいていましたが、

とっちゃん(こと)さんのフェロモンは強力なのですね。

> テントを担いでの山はまだ無理なので行けませんでした。

あれ? 自粛することもあるんだ。
行け行けドンドンばかりと思っていました。

> もし、行けていたらどこかでお出会いできたかもしれませんね。

人に出会うと「ひょっとしたらフォーラムの人かな?」と思ってしまいます。
私は一目瞭然です。毎回1着しかない赤い服着て、頭に青の日本手ぬぐい。
身長182cm 見かけたら声かけて下さい。

2006/02/21(Tue) 21:50:03  [No.1789]


  Re: 奥の平で自信回復 投稿者:長谷川雅俊


伊勢山上住人さん今晩は、とうとう奥ノ平にたたれましたね、おめでとう御座います。
小生もその日、同じように登ったのですが、荷ヶ岳(冷川岳)で戦意喪失、諦めました(なにぶん人一倍軟弱者ですから・・・)。
 
> カタクリ峠からの尾根下りは、地図読みバッチリ。ちょっと自信回復。しかし、国道に降りる最後の5mはビビリました。
 
 アハハハ、さすが!貴方は山に対峙する能力にあふれていますよ、しっかり磨いてください。カタクリ峠からのコグルミ谷右岸尾根は700Mで三つに尾根が分かれます。色々歩いて見てください、とても勉強になります。ただし、右手の犬帰し谷の方は、とても魅力的で、つい谷に入ってしまいますが、危険ですから気をつけてね。

> ワカンの練習にはならなかったが、収穫の多い山行きでした。
 
 とりあえず必要なくとも、ワカンを履いてどんどん歩いてみてください、それが上達のコツです。ではまた・・・
 
                   長谷川雅俊
 
 

2006/02/21(Tue) 22:15:20  [No.1791]


  Re: 奥の平で自信回復 投稿者:山日和

伊勢山上住人さん、こんばんは。
御池雪原ばっちり楽しまれたようでなによりでした。
ここ数年、この時期は越美通いで鈴鹿とはご無沙汰です。御池がいいのはわかってるんですけどねー。
特にスノーシューを手に入れた今年はなおさらだと思うんですが、どうしても北へ向いてしまいます。

> 東のボタンブチの展望には圧倒される。「本家よりすばらしい」

そうですね。本家よりダイナミックな眺めで私も好きなところ。

> 真の谷に降りてからまた大変。右足をももの付け根まで踏み抜いた。引き抜こうと左足を踏ん張ると左足も、ももまで嵌ってしまった。ストックを刺しても、ズボズボ。「絶体絶命。どうしよう」 細い細い木の枝を頼りに脱出した。

こういう時は落ち着きが肝心。もがけばもがくほど深みにはまってしまいます。
さかさまになっても一服つけるくらいの気持ちで・・・

> ワカンの練習にはならなかったが、収穫の多い山行きでした。

ご同慶の至りです・・・(^_^)

                        山日和

2006/02/21(Tue) 22:33:29  [No.1795]


  Re: 奥の平で自信回復 投稿者:伊勢山上住人  URL

山日和さん、こんばんは。

> 特にスノーシューを手に入れた今年はなおさらだと思うんですが、どうしても北へ向いてしまいます。

私も四駆・スタッドレス・雪道運転技術が手に入ったら、北に行きます。

> そうですね。本家よりダイナミックな眺めで私も好きなところ。

天気予報は曇り。遠望がきくとは予想外の儲け物でした。

> こういう時は落ち着きが肝心。もがけばもがくほど深みにはまってしまいます。
> さかさまになっても一服つけるくらいの気持ちで・・・

結構、窮地を楽しんでいました。

またよろしくです。            伊勢山上住人

2006/02/21(Tue) 22:53:24  [No.1798]


  Re: 奥の平で自信回復 投稿者:柳川洞吹

伊勢山上住人さん こんにちは

> カタクリ峠からの尾根下りは、地図読みバッチリ。ちょっと自信回復。しかし、国道に降りる最後の5mはビビリました。

眺めもよかったし、奥ノ平へも行かれたし、
何より、お得意のピンポイントも自信を取り戻されたようで、
よかったですね。

よい山旅を!
                                   洞吹(どうすい)

2006/02/23(Thu) 16:28:38  [No.1811]


掲示板に戻る