一括表示

  マンサク 投稿者: 緑水
マンサク (画像サイズ: 640×480 37kB)

奥の平で自信回復  伊勢山上住人
メガネよさらば・・・  長谷川雅俊
【越前】雪のホノケ山  矢問(やとう)
【江越】「想定外」の山旅  音波 山日和
【湖北】妙理山  柳川洞吹

皆さんおはようサンです
素晴らしい残雪の山遊び 読ませて貰いました
いや〜好いですね 誰に気兼ねない自在のフィルド 命の笑いが聞こえて来ますですね

緑も恥ずかしながら チンタラ本意のレポ汚しをです

【鈴鹿】丸尾から真ノ谷ランチ
【日 】2006.2.18.(土)晴れ

山遊び連れは雪キャンプ、雪遊びとお誘いが入るが 気ままが好いなあ〜
ブラリと出かけた
冷川Pには車が3台 お池奥ノ平へ賑わってる事だろうな

冷川林道橋を渡ると 防火帯の様な斜面にテープ印しが目に付いた
これは? 何処いくの? 寒山へ直に登ってる? 行ってみようかな

急な植林も尾根に乗ると 明るい尾根は腐る松の大木など寝てる 新しいペグも打たれてる
斜面が立ってくる 雑木の中をヨッコラショ上がれば 残雪詰まる明るいところに出た
雪はしっかりしてる アイゼン付けよう楽だもんね 長靴ピッタリ6本爪

明るい雪中を楽しんでいくと 緩やかな降りになる ペンキテープに引かれて??行って
間違いです戻れば寒山のプレート そうだそうだ以前にR306から登るとここに来る

痩せた急尾根 やせ細ったなあお前さん 何処か悪いのではないの
国道の赤い橋 雪道を一人が歩いてる
尾根はハンサム 右半分は雪無し 左は溜まり雪が畝って登ってる

犬返し谷 扇に開く雪の舞い 御池テーブルは一段高く霧氷をつけてる様だ
暖かい雪の道 上り詰めれば荷ケ岳 ゆっくりの雪原がつながってる
10時半か どうするかなあ 真ノ谷でのキャンプ場でヒト騒ぎしても好いしなあ

あれれ人が来た 黒いレースを顔にかぶってる 虫もいないしナンでかなあ??
レースを上げてお顔を見れば 柔和な好い感じのお父さんだ
話せば雪焼け防止だとか 新茶芽を日焼け防止の応用なのだ ステキ好いなあ
話していたら 軽快な足運びで人が来た
藤原から凄いスピードだ 話すと先週もきて3連続だとか 池の平まで行くとか元気です
疲れを知らない 山歩きが楽しくて仕方ないが伝わってくる

彼らを送って 真ノ谷に降りる雪斜面を伝う
クラストした雪斜面 滑れば止まらないだろうなあ ピッケルが要るなあ
谷に降りる手間へはきつい斜面 アイゼン踵落としで谷芯に降り着く
杉屋敷チョットうえの地点だ Vに切れ込む雪斜面 雪を割ってせせらぎが覗いてる

このまま登り返してテーブルランド行こうかなあ 判ってるしなあ気持ち動かないなあ
V谷を右いったり左いったり 斜面を楽しみながら 青空の雑木林いいなあです

お昼場どうする 谷中は風が昇って薄ら寒いなあ
適当に斜面を上がれば 大木を日陰に適当な雪棚をミッケ 決まりだ 
椅子 テーブル コンロ ナベ プシュー 
ラジオは人生相談 電波は不通 
グツグツ煮える うどんに椎茸餃子に半片お餅 呪いみたいなプシュー

適当な雪を登ればカタクリ尾根 戻りはどうするかなあ 思いながら丸尾を降っていた
673p から冷川への尾根に 目立たないテープが目立つ?
これから降りてみよう 伝えばテープが複数付けられており尾根は切れてる
行けないことはないけれど ヤメとこか
寒山との鞍部 此処から前に下りたような記憶が戻るが きつそうな降りだ

寒山に戻り来た道を伝うが 真っ直ぐ行けば山口に降りるだろう
冷川林道への尾根に乗るには まあこの辺かな新しいペグが打たれた所から降る
右手に尾根が立ち 往の尾根に乗った
乗った尾根も末端で間違う そのまま下がれば絶壁だ 右に振れば橋の袂に降り着く
磁石も地形図も成るべく見ないようにし 鳥瞰を頼りでのパズル解きは脳の刺激に宜しいようです

Pには車が増えてる 今頃「集ひ」はキャンプ焚き火で盛り上がってるだろうなあ
にこやかな夫婦が降りてきた 
御池奥ノ平へダイレクトでしたよ 爽やかな笑顔は満足の顔です
いまが旬のお池テーブルランドですね
遠くに眺めた雪の峰峰
いよいよ奥越のワンダーランド幕開けです

             緑水

 

2006/02/20(Mon) 12:28:52  [No.1773]


  Re: マンサク 投稿者:とっちゃん(こと)

緑水さん、こんばんわ〜。

自由気ままな、山彷徨い。緑水さんらしい、雰囲気がただよってステキです。

思ったように歩き思ったように留まる。いいですね〜。

御池の季節になってきたのですね。

一番に春を告げる木、マンサクの花が丸尾尾根に咲いていたのでしょうか?

2006/02/20(Mon) 22:32:15  [No.1776]


  里山 投稿者: 緑水

とっちゃん(こと)さん 山日和さん そして皆さん おはようサン
雪遊びレポにコメントもせず コメンなさいです m(_ _)m

里山裾は春の妖精 雪解け湿潤の湯気立つ土から顔をだし

残雪深い山の尾根 雪から覗く雑木の枝先 プックリ木ノ芽膨らむ陽春

青空に 我一番と枯れ木に色つく マンサクのちぢみ黄色そそと咲く

  スッパカブ君に乗って アチコチ細道奥まで出歩いてます
☆経ガ峰と布引山地に抱かれる山里 陽が照ると冬枯れ野も明るさが増す
冬雲が時雨を散ると いっぺんに寒々とした空気に包まれる
スッパカブ君 寒さも暖かさも匂いも音も五感直感に伝わる
棚田への楚々道をポラポラと走る
伊賀越えから錫杖湖 雪解け水で満水だ なにも聞こえない早春の絵なか

☆スッパカブ君に乗って おんべ川を遡る
堤防に立派な望遠鏡をセットして 山の彼方を眺めてる男ひとり
石水渓から安楽越えを行くと 望遠鏡をセットした若い男が寒中に立っている
軽く会釈する 生態調査とのこと
前にこの道で ハヤブサがサギを押さえ込んでるのに出会った事を思い出した
大規模な高速道路の工事が着々と進められてる
排気 騒音とうるさく成ることだろう
ケモノが鳥が住み難く成ってる やがて人もそうなる

山女原 笹路山裾を廻り鈴鹿峠 片山神社は崩壊してた
社屋の中に忘れられた神馬の置物 ジーッと見つめる目が気になった
坂下小学校の玄関軒下でいつものナベプシュー
鈴鹿馬子歌会館の管理人と話す
子どもがいなく成った 寂しい街道の宿場通り
関の宿場通り 亀山宿 庄野宿 子どもの影を見ないままに帰った

☆スッパカブ君に乗って 巡見街道を北進した
青川の新町から孫太の山裾を巡ろう
大谷の林道をポラポラと伝う 変哲もない植林のみち
多志田峡不動尊にお参りに行こう
ダンプが通る ぬかるみの道 長いこと来なかった 
骨材ジャリプラントは規模が大きく成っていた

不動尊に湧く霊泉は昔のままだ
遠い昔に牛廻しから多志田渓に降りた 
谷中には修験者の修行岩が有り 魅惑的不思議な渓谷だった
多志田不動には宮守がいて 霊泉の水は銅を含む胃腸に宜しい神水として頂いた覚えがある

採石場から谷沿いは通行禁止の標示があり ブルと採石で塞がれている
でもチョットだけ行かせて貰おう
谷は崩落の石屑で埋まってる 大ブルで均された川床を伝う
両岸はゴツゴツの岩峰が立ち並ぶ ザラザラと岩崩れの音 凄惨な谷風景だ
堰堤を越えると 左に孫田への登れそうな尾根がみえる
前に下りた所のようだ
荒れた谷筋を行く
右の岩ザレは藤原鉱山の採掘台地だろう 直ぐの近さに有る
何か春の妖精いないかな 小鳥の声聞きながら降りました

東禅寺集落にポラポラと行く
高台の日当たりの良い所だ お寺の境内に妖精はいるかな
梅の蕾み堅い フグリの星ブルー色 スミレが一輪枯れ草にピアスしてる
多志田川のふれ合い公園 ナベプシューして帰りとしようか

             緑水

2006/02/24(Fri) 08:31:06  [No.1828]


  Re: マンサク 投稿者:山日和

緑水さん、こんばんは。

> 皆さんおはようサンです
> 素晴らしい残雪の山遊び 読ませて貰いました
> いや〜好いですね 誰に気兼ねない自在のフィルド 命の笑いが聞こえて来ますですね

みんなもぞもぞと動き出しましたねー。(^^ゞ

> いよいよ奥越のワンダーランド幕開けです

おおっ、緑水さんもいよいよですね。\(^o^)/

                  山日和  

2006/02/21(Tue) 22:36:10  [No.1796]


  Re: マンサク 投稿者:柳川洞吹

緑水さん こんにちは

> いや〜好いですね 誰に気兼ねない自在のフィルド 命の笑いが聞こえて来ますですね

「命の笑い」……いいですね。

> いよいよ奥越のワンダーランド幕開けです

今年は大いに期待できそうですよ。
もう一発、二発、寒波が欲しいところですが、
もうみんな、うずうずしていることでしょう。

よい山旅を!
                                   洞吹(どうすい)

2006/02/23(Thu) 17:37:04  [No.1814]


掲示板に戻る