一括表示

【行き先】 若狭・今古川から雲谷山(786.6m)
【日 時】 2005年5月3日(火)
【メンバー】矢問・MICKEY
【コース】 JR三方駅−今古川・林道〜ダム〜遊歩道(左)−F5−二俣
      −地形図469m地点横−裏見の滝15m−奥の二俣−雲谷山(786.6m)
      −第三展望台−三方石観音−JR三方駅

http://homepage3.nifty.com/komachans3/yama3/imakogawa.htm

今古川へは国道27号線「北前川」の信号より2つ南の細い道を入って行く。
民家を過ぎると直ぐに以前はなかった通電柵。奥にはダムも平成13年に出来ている。
「通電柵」を確認後、下山後に暑い帰路歩行を短くするために三方駅に車をデポしに移動。

6:35
三方駅前からいざ出発。「ダムの位置はどの辺かなぁ。右を巻いて苦労した人もいるので
今日は左を巻く予定にしてる」「ちょっと朝はまだ寒いね。気温が6℃って道に出てるよ」

7:00
通電柵を越えて林道へ。堰堤の次に直ぐに橋があり左へ渡り川沿い道へ。歩きづらくなり
左岸の林道へと沢を渡って戻る。ダムの巻きを気にしすぎ。もとから素直に林道を歩くべ
きだった。また橋があり林道は右岸に続く。右に堰堤、左斜面にははしご階段を見ながら
そのまま林道を進む。次の堰堤が見えると右カーブ。下に大きな滝が見える。そして・・

7:35
林道が左に曲がると「デーン」とでかい砂防ダムが見えた。「新今古砂防堰堤」だ。
右にも左にも遊歩道がある。僕らは少し戻って左の階段状の遊歩道を登る。どんどん登る。
登り始めて15分ほどで朽ちた丸太橋の横から枝沢を渡り、道なりに下っていく。
GPSで軌跡を見ながら「ふ〜ん、こんな斜面を進んでいるのか」と確認。

8:00
GPSで現在地の確認。図書「日帰り沢登り」の遡行図で言えば「末広がり8m」の滝の
下の5mの滝の所にポンと難なく出られた!。「今日の最大の心配事が解決した(^^)」
前には左岸下から伸びる道の朽ちた丸太橋。最初の5mは右から巻き、次の末広がり8m
は右水際を登る。S字状ナメ20mも登る。花崗岩のややヌメッた岩で滑りやすい。
「雪解け水で手がしびれるね(^^;)」「こりゃ汗かかなくて済みそうや(^^)」
上の8mは右を小さく巻いた。3〜7mの滝を5つほど「冷たい〜」と叫びながら登って
楽しむと二俣。左の枝沢には10m程の滝。右へと進み、小滝、二段7m、斜瀑8m、
二段5m、斜瀑4mとどんどん直登していく。

9:05
「ナイヤガラみたいよ〜」とMICKEY。谷は左へ大きな岩壁で急に曲がりでそこに滑り
台のように二段15mの滝が吹き出している。MICKEYが登ろうとホールドを見ている。
「登れそうよ(^^)」「ツルンツルンでびしょ濡れか・・。僕は左から素直に巻くわ(^^;)」
次の10m、5mの滝は小さく巻いて進むと・・・
「うわ〜、水が噴き出して滝があるよ!」「あれが本日のメインイベント、裏見の滝や!」。
「あんなに素晴らしいのになんで『恨みの滝』っていうのかなぁ」「字が全く違う(ーー;)」

9:25
これが裏見の滝か。なるほど・・あのバンドを伝って滝の水の裏側を通れるのか(^^)。
「右のバンドから登って右のシャワーをあびながら一段下りて左の滝の裏を通るようやね」
「行ってみる!」とMICKEYが先に行く。シャワーを浴びずぶ濡れにながら1段下りる
所の足場が見えない様子。「もう一歩奥や」「行けた!うわ〜、感激!!滝の裏にいる!」
下からその様子を4〜5枚ほど写真を撮ってから、僕もずぶ濡れであとを登って行った。
次の二条9mの滝は水量が多くて二条にならず、真ん中は岩にぶち当たって、上へと吹き
出している。下から見ると花が咲いたように広がって飛び散っているのが美しい。
水量と水圧もあり滑りまくりそうで、これは左をそそくさと巻いた。
先に行くMICKEYが、二条のトユ状の滝の上で「二条になってるよ」と示してくれる。

9:45
そろそろ二俣。右からの涸れ沢をみて少し登るとここが二俣??
どうも変だ。
左は完全に涸れてるのにこの左俣が本流?? ここが469m地点横??
フルーツゼリーを食べながら、沢の水でジュースも作り休憩しつつ慎重に位置確認する。
「どう見ても変だよな。増水で出来たバイパスか?」
そのすぐ先に二俣があった。やはりさっきの左は増水時にバイパス様に出来たようだ。
左俣へと入る。平流になり新緑がとても綺麗だ。イカリソウやいろんな花が咲いている。
流木がたまっている中州を過ぎると炭焼き窯跡の穴があった。こんな奥でも仕事をされて
いたのだなぁと感心する。
 次の二俣は右俣へ入る。左俣には大岩が詰まっておりその右に滝が落ちる。
右俣へ入ると小滝や18mや15mの直登できるナメ滝が、これでもかと続く。「もう満
腹や!」くの字10mは冷たい水を被りながら登った。MICKEYは「滑りそう」と右を
巻いた。なるほど最後の2m位が滑りそうでいやらしかったが右の岩際をなんとか通過出
来た。直登できる滝が数本続く。「まだ、あるのか〜。飽きさせない沢やね(^^)」
流れが細くなる。枝沢分岐が多くてどれが奥の二俣か慎重に見極めて進む。
左斜面がえらく崩れているなぁと見ながら進むと「ええっ??」林道に出た。
山頂に向かうなら楽ちんと、右へ10mほど進んだが、怪しいのでやめて沢沿いに進む。

11:40
奥の二俣。左俣へ進み右の山頂へと考えていたが、右俣と左俣の間の尾根を登ることに
した。膝高くらいのブッシュで登りやすいし、うっすらと踏み跡もある。後ろを振り返る
と素晴らしい景色で谷筋には雪が点在して残っているのも見える。「水が冷たいはずや」
「ドドドッ」びっくりした! 僕たちに驚き鹿が直ぐ横を下っていった。こっちも驚いた(^^;)

12:00
山頂のやや西側に出て少し行くと山頂と予定していたが、鹿の踏み跡通りに進むと、
な、な、なんと、雲谷山の山頂へダイレクトに「ポン」と出た。\(^o^)/ 
「鹿、さまさまだね!(^^)楽な詰めで汗知らずなんて、僕には最高〜(^^)v」
沢装束からハイカーに変身し昼食タイム。
暑がり2人も今日は快適な気温の日で500CCも消費せずで、飲み物が余っている(^^)v
「ロープもシュリンゲも全く要らない楽しく直登できる滝が多かったな」「おもしろかった(^^)」
北側が開けていて素晴らしい展望が楽しめる。「だれも登ってこない静かな山頂ね」

12:30
下山開始。三方石観音までしっかりした登山道となっているので迷う心配はない。新緑の
登山道は実に気持ちいい。木々で木陰になり暑くもない。松の木が多い。タムシバやツツ
ジも咲いている。左手に沢や滝の音を聞きながら登山道を進むが標高がなかなか落ちない。
男性や女性が6人ほど登ってきた。男性の汗が噴き出している。
「山頂はまだですかね。もうバテバテで・・」「あと10分ほどですよ」「どうして汗を
かいていないのですか??」「沢から登ったので水をあびて体が冷え切っていますので」
標高650m 付近からはブナ林を主とした夏緑広葉樹林が分布している山で、天然のアシウ
スギが混生している林分もわずかながら見られることは注目されている。
登山道途中に3つ分かれしたアシウスギがある。「芦生にある杉ほどには太ってないね」
左手には登ってきた雲谷山が青空にはえて綺麗に見える。

13:25
第三展望台。ちっちゃな意図がわからない部屋を持つ東屋?もある。
三方五湖の展望が素晴らしい。「今日は観光沢登り。下りも綺麗な展望付きとは(^^)。」
第二展望台でも展望を楽しみ、左手には雄滝も遠望でき、登山道は下ることを思い出した
かのようにジグザクに急に下る。

13:50
三方石観音。弘法大師が一夜で彫ったと言われる観音像で有名。もう少しというところで
夜が明けて右手だけが刻まれていないという。手足の怪我には御利益がある観音様。
実家の父母へお守りを買った。「この山は松の木が実に多いですね。松茸山で秋は登れな
いと古い本で読んだことがあります」「それは昔のことで、いまはトンと松茸はとれませ
んよ。昔の名残ですね。」と住職さんが笑っておられた。気温は19℃になっていた。

14:20
車をデポした三方駅。晴天で日差しはキツイが、風が冷たくて気持ちの良い日だ。
すぐそばの国道162号線と27号線との「三方」の交差点のところの「みかた温泉・
きららの湯(600円/人)」で汗を流す。貴重品ボックスはやや手間がかかる機種。
朝と同じく渋滞無しで名田庄、美山を抜けて帰る。実に楽しい「観光沢登り」だった。

2005/05/04(Wed) 14:16:03  [No.182]


矢問さん こんにちは

なかなか涼しい一日が過ごせたようで、なによりです。
昔、沢登りをはじめてすぐのころ、
GWにここを遡行したことがあって、なつかしく拝見しました。
なんと通電柵やダムなんかできているんですね。

当時は、林道の途中に駐車して歩き、小さい橋のところから入渓したのを覚えています。
もう、細かいことは忘れましたが、裏見の滝は面白かったですね。
最後は山頂の少し三方寄りの登山道に出て、100mほど右へ行くと山頂でした。
誰もいない静かな山でしたが、ただ、ハエがものすごくて口もあけられないほどで、
顔の周りに百匹くらい飛び回っていて、展望もなかったので、
滞頂1分で石観音向けて走り下りました。
三方の商店街や駅前を沢装束で通過し、また林道を駐車地まで登っていったので、
疲れましたね。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/05/04(Wed) 17:49:14  [No.184]


洞吹さん こんにちは(^^)
> なかなか涼しい一日が過ごせたようで、なによりです。
晴天、雪解け水、観光と暑さに弱いナメクジ隊も持参の水分もほとんど消費せず、汗もほとんどかかず快適でした\(^o^)/

> なんと通電柵やダムなんかできているんですね。
そうなんです。通電柵を越えるのに川を渡って難儀している記録があったり、ダムを巻くのに相当苦労している記録があったり・・・と入り口部分が核心部か・・と心配(^^;) 
通電柵は引っかけ式のよく畑にあるものだったので慎重にはずしてもどして入りました。クマかイノシシよけなのでしょうね。
ダムはここの風景に合わないくらいでかい! でも巻き道が完成していたようで、楽ちんでした。途中土砂崩れ部分がありましたが、豪雨じゃない限りまだもちそうでした。

> 当時は、林道の途中に駐車して歩き、小さい橋のところから入渓したのを覚えています。
そうですよね。昔の遡行者の記録も図書の記録もそうなってますし。ダムが出来て様変わり〜。

> もう、細かいことは忘れましたが、裏見の滝は面白かったですね。
奈良の沢でもこんなところがありましたが、こっちの方が規模もあり、安全(^^)

> 最後は山頂の少し三方寄りの登山道に出て、100mほど右へ行くと山頂でした。
僕もそう思ってましたが、詰めの尾根を登っていくとピッタリ山頂に出たので、右への軌道修正なしでした(^^)v うっすら鹿の踏み跡のおかげf^_^;ポリポリ

> ハエがものすごくて口もあけられないほどで、
> 顔の周りに百匹くらい飛び回っていて、展望もなかったので
北側の海方面が見えるように伐採してありました。良い眺めになってますよ。確かにハエはほんの少しでしたがいましたね。

> 三方の商店街や駅前を沢装束で通過し、また林道を駐車地まで登っていったので、
> 疲れましたね。
暑がり隊は涼しい朝に歩いて帰りを短くと、駅に置きました(^^)
通電線の横にも縦列で2台はおけますが、民家のそば過ぎて(^^;)
それに、駅から直ぐに温泉ができたのも洞吹さんの遡行後でしょうね(^^) 
奥美濃方面に最近毎週この道を走っていて、この沢へ行ってみて良かったです(^^) なにせ簡単で滝の数にも満腹できてスタートにはもってこいですね(^^)

2005/05/04(Wed) 18:28:04  [No.187]


矢問さん、こんばんは。
この沢は楽しい思い出があります。(^_^;)
遡行そのものは難なく終えたものの、最後の詰めを誤りだいぶ南へ出たようでした。
尾根を北に向かい、反射板のあるところが頂上かと思いましたがどうも違うようだ。
さらに北上する内に
ガスも出てきて、右へ立派な踏みあとが続きました。
これやこれや、頂上はもうええわと何も考えずに下って行きましたが、ふとコンパスを見ると、
なんと真東向き。もう戻る気もなくふもとの集落へ下りましたが、そこは大きな変電所のある
新庄でした。サイフは車の中、一銭の持ち合わせもないままそこにあった雑貨店に入り電話
を借りてタクシーを呼びました。
駐車地までのタクシー代5000円也(;_:)長い登山歴の中で最悪の下山でした。
その印象が強過ぎて、沢の中はあんまり覚えていませーん(^_^;)

                      山日和

2005/05/04(Wed) 19:18:01  [No.188]


山日和さん、こんばんは(^^)。

> この沢は楽しい思い出があります。(^_^;)
おおっ、聞きたい聞きたい(^^)

> 下りましたが、そこは大きな変電所のある新庄でした。
ゲゲッ、山日和さんでもこんなことがあるのですね(^^)
山日和さん、洞吹さんの足跡探しのナメクジ隊もこの足跡は探さないようにします(^_-) でも地図は見てみると・・・おお、変電所ってこれだな、この道かな、途中の屏風の滝ってあるのはどんなかな・・なんて思いだけを巡らせましたm(..)m(^^)

> 駐車地までのタクシー代5000円也(;_:)長い登山歴の中で最悪の下山でした。
僕なら、きっと歩かされるなぁ(^^;) 間違いなく・・・。

> その印象が強過ぎて、沢の中はあんまり覚えていませーん(^_^;)
短い距離にホントに多くの滝だらけでシャワー遊びには手頃ですね。山頂も展望出来るように散髪してありましたよ(^^)

2005/05/04(Wed) 19:31:47  [No.190]


掲示板に戻る