一括表示

  【湖北】七七頭ケ岳 投稿者:矢問(やとう)
【湖北】七七頭ケ岳 (画像サイズ: 320×240 36kB)

【行き先】湖北・七七頭ケ岳(693.1m)
【期 日】2006年2月25日(日)
【メンバー】MICKEY、矢問
【コース】摺墨集落−七七頭ケ岳(693.1m)−P701m−新谷山(662.0m)−摺墨集落

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/nanazu.htm

「丹生富士(にゅうふじ)」と呼ばれ親しまれている琵琶湖の北部にある山。
秋の紅葉の時期が素晴らしいらしいが、雪のある時期に、関西百名山の1つでもあるこの
山を登ってみたかった。
 高速代節約で朝4時半に家を出て、美山町−名田庄村を抜けて地道で摺墨の集落へと向
かう。登山道は上丹生と菅並からとあるが、七七頭ケ岳(693.1m)と新谷山(662.0m)を周遊
してみたいと考え摺墨の集落を起点に考えてみた。
 県道284号を高時川沿いに進むと墓谷山が見えてくる。そして道は左に緩やかに曲が
ると均整のとれた「七七頭ケ岳」の雄姿が正面に見える。「良い感じの山だね」

8:15
集落の消防道具を置く木造の古い建物から先は軽自動車1台もぎりぎりの除雪状態。
ここに置こうかと悩んだが、もうすこし先に入ってみると「滋賀県立大学・集水域実験施
設」と神社のところまで同じ状態で除雪されていた。橋を渡った所のスペースに駐車。
 しばらく摺墨川沿いの雪の積もった林道を歩く。道具小屋がつぶれている。狙いを付け
ていたその横の尾根に取り付く。山名の由来は、「頂に7つの尾根が集まっているから」
とも言われているだけあり、どこの尾根からも楽しめそうな山だ。斜面の雪がところどこ
ろゆるんでいて太ももまで沈む。足を抜くことの繰り返しにすぐ疲れ、スノーシューを装
着。無風だし、早々と二人ともTシャツ1枚になった。
前回のホノケ山ではツボ足に徹したMICKEYも今日は素直に装着。
スノーシューを履くとウソのように沈まなくなった。MICKEYのパワーが全開。
その登りのリズムに息が上がってついて行けない。MICKEYは直ぐに見えなくなった。

8:50
登山道の尾根に合流した。尾根に出てからは、視界が開け墓谷山や残雪時に登った金糞岳
が頭をのぞかせる。西の野坂山地の景色も素晴らしい。小鳥の声が実におおく「気持ちい
いね〜。晴天、無風。爽やかな気分になれるよね〜。」と何度もMICKEYが声を出す。
立派なブナの大木が点在する素晴らしい尾根だ。またまたMICKEYは先に行き、見えな
くなった。右手には花の時期に登った横山岳が堂々とした姿を見せている。

9:45
七七頭ケ岳。先に着いたMICKEYが待っていた。西洞山・西林寺のお堂と観音堂は雪の
中から頭を出している。MICKEYが食事の用意をしている。「おいおい、食事には早すぎ
るし、せっかくだから尾根筋を周遊して新谷山で昼食にしようよ」「早すぎるよね〜(^^;)」
 「るり池」の木札がある。村の舞姫に腫れ物が出来たときに、池の水で洗うと元の美し
い肌に戻ったといわれる「るり池」が山頂近くにあり、今も水を求めに遠くから人が訪れ
るらしいが、今は雪の下。右に左にと広がる大展望を楽しみながらP701mを目指す。
「うわっ・・・」大きな熊の足跡があちらこちらに。「もう冬眠から覚めたのかな・・」
声を出しながら進む。また今度は小熊らしい足跡も・・・。鹿の足跡が小さく見える。

10:40
P701m。杉の植林に包まれて展望はない。この先はしばらく地形図では広い尾根でと
んな尾根かと期待したが植林帯で展望がほとんど無い。方向を失わないようにコンパスが
離せない。植林帯は雪のしまりが悪いところがありスノーシューを履いていてもズボッと
腰まで沈む事がある。僕もMICKEYも何度か罠にかかったように空洞にもがいた。
このあたりにも立派な熊の足跡や兎の足跡があちらこちらにある・・・・。
進路を南にとり下り始めると植林帯から抜け出て自然林になった。こうでないと!
雪の照り返しがまぶしく二人ともサングラスをかける。雲1つない晴天だ。

11:35
新谷山。山頂札はない。植林と自然林の境界という感じ。山頂への西からの尾根筋の自然
林が美しい。南方向には真っ白な雪に包まれた柳ケ瀬や小谷の集落が見える。
スノーシューを脱ぐと「うわっ」太ももまで沈む。
「よし、ここで昼食にしよう」周囲の雪を踏み固めて、雪スコでテーブルをつくり昼食に
した。ポカポカ陽気で風もないが体を冷やしては大変。上着を着てのんびりタイム。
「あたたまるわ〜。山で食べるとホントにおいしいね。」とMICKEY。

50分のランチタイムの後、地形図を確認し下山開始。気になるのは林道手前にありそう
な沢の深さと幅・・・。「雪スコもロープもあるし、なんとかなるか・・・」と出発。
展望はすこぶる良い。左には自分たちが歩いてきた尾根筋を一望にできる。南方向の山の
姿を見ながらの下山は実に気持ちが良い。

枝尾根が多く地形図でみる以上に悩む場面もあり慎重に確認しながら進む。えらく痩せた
尾根部分もあり、足を滑らせたら右も左も急斜面で大変とこれまた慎重にすすむ。自然林
が終わると植林帯になる。沢の流れる音が聞こえてきた。「やはりあるのか・・・」

13:30
沢に出た。東の出合いへ進めば橋もあると読んでいたが、斜面は雪圧で倒れた杉や笹で容
易ではないと見える状態。スノーシューを脱ぎ、林道へ登り返す最も楽な地点を探す。
沢幅は2mくらいだし深さも膝くらい。なんとかまたげそうな場所を見つけた。先に僕が
対岸の急斜面に空身で飛び移り雪スコで林道までのステップを切って、二人とも無事クリ
ア。雪の林道に出てスノーシュを再装着し駐車スペースを目指す。快適、快適。
出合い付近で振り返ると今日歩いた尾根ルートがぐるっと見渡せた。
陽の当たる場所の雪は太陽の熱で溶けてきて重い。影の部分はしっかりしまっている。
顔を出したカーブミラー、そして朝に尾根に取り付いたところを通過。

14:05
駐車スペース到着。「よく歩いたね」とMICKEYも満足そう。
温泉に寄る予定だったが、パスして今夜は「ナルニア国物語」の先行ロードショーのレイ
トショーに二人して行くことに。時間もあるし、往路と同じく地道で帰ることにした。
家に着くと雪焼けで顔がしっかり焼けていた。いい山行だった。 明日は雨の予報だ。

2006/02/26(Sun) 11:04:42  [No.1836]


  Re: 曜日修正 投稿者:矢問(やとう)

【期 日】2006年2月25日(土)

修正:25日は{土曜日}です(^^;) スミマセン。

2006/02/26(Sun) 11:35:28  [No.1838]


  Re: 【湖北】七七頭ケ岳 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんにちは。

外は木の芽起こしの雨が降っています。
鈴鹿・台高の雪は、これで終わりですかね。

私の会社は25日以降の土曜日は出勤です。
「明日は雨。恨めしいなあ」

> MICKEYのパワーが全開。MICKEYは直ぐに見えなくなった。

いつもどおり、MICKEYさん快調です。

> 「気持ちいいね〜。爽やかな気分になれるよね〜。」と何度もMICKEYが声を出す。
> 「あたたまるわ〜。山で食べるとホントにおいしいね。」とMICKEY。
> 「よく歩いたね」とMICKEYも満足そう。
> 今夜は「ナルニア国物語」のレイトショーに二人して行くことに。

MICKEYさんの笑顔が、いいですね。
私も見習いたいが、うまくいかないなぁ。     伊勢山上住人

2006/02/26(Sun) 11:56:22  [No.1839]


  Re: 【湖北】七七頭ケ岳 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、こんばんは(^^)

> 外は木の芽起こしの雨が降っています。
お言葉通り、ウチの日よけに使っている3種類のアケビの木から芽が
起きてきていました(^^) 

> 鈴鹿・台高の雪は、これで終わりですかね。
山は逃げないのに雪はそろそろ姿をかくして次は沢の水として再会(^^)

> 私の会社は25日以降の土曜日は出勤です。
僕は月2回だけ土曜日が交代で休みなんです。
仕事の土曜にピーカンは辛いですね。また逆に休みの土曜に雨も辛い(^^;)
お気持ちよくわかります。

> > MICKEYのパワーが全開。MICKEYは直ぐに見えなくなった。
> いつもどおり、MICKEYさん快調です。
ホントになんで寝不足の朝に息が切れずにサッサッサッとペースを崩さずいけるのか・・。
普段のウップンがパワーの源のようです。要するにガス抜きですね(^^)

> > 「気持ちいいね〜。爽やかな気分になれるよね〜。」と何度もMICKEYが声を出す。
ホントに小鳥のさえずりが多かったのと青空+無風+展望が良かったです。

> > 今夜は「ナルニア国物語」のレイトショーに二人して行くことに。
> MICKEYさんの笑顔が、いいですね。
「ナルニア国物語」のレイトショーでは、子供のようなファンタジーで気持ちだけでも
若返りました(^^) 寝不足+山歩きで眠たくなるかと思ったのですが、目を見開いて観てました(^^) 
山と映画はしょっちゅう一緒に行きますが、流石に映画ではサッササッサと先には行けないMICKEYでした(^^)

2006/02/26(Sun) 19:32:13  [No.1843]


  Re: 【湖北】七七頭ケ岳 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、こんばんわ〜。

七七頭ケ岳でしたか。ここは、笹百合の咲く頃、単独で登った山ですが、冬山はどんなかなぁ〜っと思っていたので、レポありがたいです。

一山だけでなく、健脚夫婦の力を生かして今回も充実の周遊コースだったんですね〜。

花のことは、ガイドの本に載ると、盗掘やらですっかりなくなっていて、かつては、いっぱい咲いていたようなのに、ほとんどなくなってしまってました。

でも、ブナに会える山は、心が癒されてほんまええですね〜。福井や湖北の山のレポこれからも楽しみにしtります。

2006/02/26(Sun) 20:13:49  [No.1845]


  Re: 【湖北】七七頭ケ岳 投稿者:矢問(やとう)

とっちゃん、こんばんは(^^)。

> 七七頭ケ岳でしたか。ここは、笹百合の咲く頃、単独で登った山
へ〜、とっちゃんも経験済みの山だったのですね(^^)

> 今回も充実の周遊コースだったんですね〜。
ガイドブックでもあまりにも短い登山時間だし、なんかおもしろくなさそ〜、と
思っていたら洞吹さんの報告を見て、そこまでは無理だけどぐるっと回れそうやんか、
と思い立って。集落からはずれた山すそは僕の車やとっちゃんの車でギチギチの除雪(^^;)。

> 花のことは、ガイドの本に載ると、盗掘やらですっかりなくなっていて、かつては、いっぱい咲いていたようなのに、ほとんどなくなってしまってました。
あぁ・・・そうだったのですか。るり池と花とがあれば伝説も思いながら登れるのにね。

> でも、ブナに会える山は、心が癒されてほんまええですね〜。福井や湖北の山のレポこれからも楽しみにしtります。
山日和さんや洞吹さんの足跡探しの旅です〜(^^)

2006/02/26(Sun) 21:40:48  [No.1852]


  Re: 【湖北】七七頭ケ岳 投稿者:柳川洞吹

矢問さん こんばんは

なるほど、摺墨からこういう周回コースもありましたね。
摺墨から七頭ヶ岳へ登るという発想が湧きませんでした。

> 「るり池」が山頂近くにあり、今も水を求めに遠くから人が訪れるらしいが、

私が七頭ヶ岳へ登ったのは初夏でしたが、「るり池」の標識に惹かれて、行ってみました。
山頂から50mほど谷間へ急坂を降りたところに、それはありました。
斜面の山肌に、壊れかけたボロボロの差し掛け屋根がこしらえてあって、
その下にある、直径50センチくらいの浅い甕みたいな水溜めの中に、
水が湧いているのでもなく、滴り落ちているのでもなく、
それはそれは薄汚いよどんだ水が、ただ溜まっているだけでした。
とても飲める代物ではなく、飲んだら一発で下痢しそう。
完全に名前負けしていましたね。

> P701m。杉の植林に包まれて展望はない。この先はしばらく地形図では広い尾根
> でどんな尾根かと期待したが植林帯で展望がほとんど無い。

あらら、やっぱり植林尾根でしたか。
妙理山の尾根から七頭ヶ岳の尾根を見たとき、
なんか途中に植林帯があるみたいやな……とは思ってましたが。

> 進路を南にとり下り始めると植林帯から抜け出て自然林になった。こうでないと!
> 雪の照り返しがまぶしく二人ともサングラスをかける。雲1つない晴天だ。

そうですね。
やっぱり、こうでないと。

よい山旅を!
                               洞吹(どうすい)

2006/02/26(Sun) 21:01:46  [No.1850]


  Re: 【湖北】七七頭ケ岳 投稿者:矢問(やとう)

洞吹さん、こんばんは(^^)

> なるほど、摺墨からこういう周回コースもありましたね。
ただ、下山時の林道が気になってました。大きな沢がありその斜面が積雪でミルフィーユ状態だったら、沢を越えるために降りるのものぼるのも大変だろうなぁって。
地形図のメチャ小さい点々が気になって気になって(^^;)

> 摺墨から七頭ヶ岳へ登るという発想が湧きませんでした。
集落だったのできっとそこまでは行けるだろうと。さらにその先に鳥居マーク。
洞吹さんの報告にもあるように集落の参拝者のためにそこまで入れるかもって、勝手に
除雪の想像してました(^^)。

> 山頂から50mほど谷間へ急坂を降りたところに、それはありました。
たった50mでしたか。雪原だった(^^)

> その下にある、直径50センチくらいの浅い甕みたいな水溜めの中に、
> 水が湧いているのでもなく、滴り落ちているのでもなく、
> それはそれは薄汚いよどんだ水が、ただ溜まっているだけでした。
ぎぇっ、たった直径50センチ(@_@); 洗面器状態ですね(^^;)

> とても飲める代物ではなく、飲んだら一発で下痢しそう。
> 完全に名前負けしていましたね。
それを遠くからホントにくみに来るのだろうか・・・???

> あらら、やっぱり植林尾根でしたか。
地形図を見ると「大雪原」の夢をふくらませていましたが、やはり植林しやすい
ところは人間様は逃しませんね(^^;) 林道の形がずっとありました。
熊の足跡もそこを行ったり来たりの足跡。

> 妙理山の尾根から七頭ヶ岳の尾根を見たとき、
> なんか途中に植林帯があるみたいやな……とは思ってましたが。
妙理山、なかなか距離あることを実感しました。テント泊するにも熊の訪問はコワイし(^^;)

真っ白だった三周、最高でしたでしょうね(^^) 長時間の大満腹でしょう(^^)。

2006/02/26(Sun) 21:50:23  [No.1853]


  Re: 【湖北】七七頭ケ岳 投稿者:山日和

矢問さん、こんばんは。
最近は北へ北へと向いてますねー。(^_^)
この山は未踏ですが、妙理山からぐるっと周回するのも面白そうだと地形図を見てました。
ランチタイムもゆっくりになりましたね。あまり早く下山しすぎると損ですよ。(^_-)
また越美の山でよろしくです。

                   山日和

2006/02/26(Sun) 23:06:57  [No.1856]


  Re: 【湖北】七七頭ケ岳 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^)。

> 最近は北へ北へと向いてますねー。(^_^)
スノーシューの元を取らねばと(^^;)

> この山は未踏ですが、妙理山からぐるっと周回するのも面白そうだと地形図を見てました。
めっちゃ遠いけど、雪がもっと締まっていたらタッタッタッと進めて可能とも思えましたよ。

> ランチタイムもゆっくりになりましたね。あまり早く下山しすぎると損ですよ。(^_-)
山日よりさんの善玉ウイルス効果です(^_-)
MICKEYには「荷物が多いからバテるのと違うの?行動食で良いのに」といわれつつ、
テーブル作って温かい物を作って食べると「やっぱりおいしいね〜(^^)。」と。どっちやねん!

> また越美の山でよろしくです。
3月の第2土曜晴れたらどこかおすすめないですか〜。山日和さんのご予定は??

2006/02/27(Mon) 21:21:28  [No.1858]


掲示板に戻る