一括表示

  【越前】手倉山尾根散歩 投稿者:柳川洞吹

【山 域】 江越国境周辺 
【日 時】 2006/3/11(土)
【天 候】 晴れのち高曇り
【メンバー】 単独
【コース】 広野ダム8:20---登路尾根取り付き8:40---ca620m尾根台地10:00/10:15
---726m標高点10:45/10:55---ca800m尾根台地11:30/13:00
---岩谷林道14:25/14:35---広野ダム14:55

(どうしても画像が添付できなかったので、画像なしにします。)

えらく歯切れの悪いタイトルになった。
うまくいけば「江越・上谷山」くらいのタイトルにしたかったのだが、
今回は、こうとしか書きようがないので仕方がない。
この土曜も近畿地方全域が高気圧におおわれるというので、雪を求めて北へ。
南越前町の広野ダムへと向かう。

昔、初めてこの山域に山日和氏と訪れ、
豊富な雪と近江・越前・美濃国境稜線の白い山並みに心を奪われてからというもの、
広野ダム詣でが毎年続いている。

ダム湖畔には先着車4台。
うち1台2人がスキー登山の出発準備中のほかはガランとしている。
国境稜線の山に登るには、この時間から出発していては遅すぎるから、
ガランとしているのは当たり前だ。
しかし、ワシの今日の計画は、岩谷川左岸の手倉山の尾根に上がり、
たっぷりの雪の中で、ゆっくりうどん鍋を食べるという趣向なので、
のんびりとしたものだ。
時間が許せば上谷山までなんて、棚ボタ的考えも頭の片隅にはあるが、
このワシのお気楽登山の企画では、時間が許すわけはない。

スキー組が出発し、最後にワシがワカンとピッケルをザックにつけて出発。
今日は目的の尾根への登下降が急なので、スノーシューはクルマでお留守番だ。
林道の雪の上に乗ると、けっこう沈むので、すぐワカン装着。
岩谷川沿いの林道の毎年ナダレで埋まる場所は、お約束どおりナダレていた。

最初に出てきた取り付きやすそうな支尾根から登り始めることにする。
取り付きやすいというのは、文字通りコンクリート壁もなく尾根に取り付けるというだけのことで、
支尾根自体は急登だ。
ゆっくりゆっくりと登って行くと、見る間に高度が上がり、ダム湖が眼下に見えてくる。
暑いくらいの日差しに、気持ちのよいそよ風。
小鳥の囀り。
もう春の風情で、のどかだ。

手倉山の尾根に上がるまで、比高300mほどなので、1時間程度で上がれると思っていたが、
今日はこの季節にしては気温がバカ高いせいか、雪がグズグズで時間ばかりかかる。
途中、ヤブにのった雪が薄すぎてはまりこんだり、
全く雪の切れた部分で藪コギ空中戦のためにワカン着脱もあって、案外時間がかかってしまった。

手倉山の幅広い尾根に上がると、ブナ林の散歩道が待っていた。
これこれ、これを歩きたかったのよね。
少しずつ高度を上げていく台地が続く尾根をゆっくり歩く。
尾根の上でも今日の雪はよくもぐるので、速くは歩けない。
表面から20センチくらいまで、もう春山終了の最後の残雪のようなグズグズ雪だ。
体力も消耗するし、時計の進み方もやけに早い。
計画では手倉山まで行って、岩谷のキャンプ場へ降りようかと思っていたが、
もう手倉山もどうでもよくなってきた。

ca800mの台地でうどん鍋モードに突入を敢行する。
眼前は、笹ヶ峰、美濃俣丸、街道ノ尾の1025m峰、1144m峰のパノラマだ。
1144m峰のうしろに、ちょこんと横長の頭を見せているのは三周ヶ岳だが、
2週間前の神々しいほどの白さは失せて、白黒マダラの山肌になっている。
季節は確実に進んでいるのだ。

ビールを飲みながら文庫本を開き、うどん鍋をつつく。
いつものパターンだが、ただこれをするために山へ入っているようなものだから、
絶対登頂という目的がないときは、山の頂上などどうでもいいのだ。

下山は、地図読みで見当をつけた適当な尾根を降りていくのだが、
同じような尾根がいくつも並んでいるし、地形図はそこまで細かい尾根表現が描かれていない。
高度計をにらみながら、周囲の様子や尾根の先を見ながら、下る尾根を特定するのだが、
どれかは林道まで降りられる尾根だし、どれかはやがて谷に消えてしまう尾根で、
まるでロシアンルーレットの気分だ。
結局、この尾根と決めた一番立派そうな尾根を選んで下っていくことにする。

ここで、GPSについて考えてしまった。
地形図を読んだ結果はそれとして、GPSがあれば「念のため」現在位置も方向も確認できるというが、
読図に絶対の自信があれば、念のための確認など不要ではないか……。
念のための確認をするということは、
自ら読図の結果に100%の自信がないということではないか……。

そのとき下降に選んだ尾根は、地形図のこの尾根であるということには自信があった。
だが、しかし……。
最初は立派な尾根がゆったりと下っていた。
そのうちに、左右の尾根がゆったりし始め、高くなってきた。
ということは、この尾根は急峻に両側の谷の二俣へ向かって落ち込んでいく……

雪は緩み、滑ると身体ごと流れていく。
両側が急になってきたので、注意して下る。
段差を雪とともに滑り降りると、その下で膝から下が雪に埋まったまま一瞬で雪が固着し動けない。
あわてて足を掘り出す。
たった膝まで埋まっただけでこれだ。
もし身体が腰まで埋まってしまったら、コンクリート詰めになったようなものだろう。

ついに尾根は二俣に尽きた。
左側の谷を埋めた雪に乗る。
このまま雪の詰まった谷を下れば楽そうに思えたが、どこからか水音が聞こえる。
谷歩きは水に落ちないとも限らないし、滝や堰堤という伏兵の可能性もあるのでやめて、
雪を渡って一本左の尾根に上がった。

今回は下り始めの読図に失敗したが、
地形から見ると、今いるこの尾根が本来下ろうと思っていた尾根の下部に間違いない。
しかし下りすぎていて、目的の方向とは違う方向の支尾根に乗っているので、
さらに左へ山腹を150mトラバースして、本来の尾根に復帰した。

さらに尾根を下る。
やがて眼下に林道が見えてきた。
尾根は傾斜の強い下降を続けているが、それにしても林道との高度がありすぎる。
もしかして……。
むくむくと湧いてきた不安は、尾根の末端に出て的中した。
そこは林道の切り通し、コンクリート吹きつけの20mほどの側壁の上だった。

地形図には崖記号は無かったのになあ。
これでは林道に降りられない。
頭の中が真っ白になった。
落ち着け、落ち着け。

周囲の状況を読む。
側壁面はほぼ垂直なので、完全に無理。
左側の谷は、すぐ上手にある堰堤からこちら側が切り立っていて、
斜面に不安定な雪も着いているので、谷にも降りられない。

ただひとつ、側壁と谷壁の接点のラインが、わずかに手がかり足がかりとなる立ち木が途中まである。
その下は雪の斜面、おそらく林道の法面だろうが、わずかに傾斜が緩んでいるように見える。
ここしかない。
最悪でも中段の立ち木から懸垂下降をすれば、なんとか降りられる高さだろう。

ワカンをはずしてザックに付け、ロープを出して腰ベルトにカラビナで掛けておき、
下降開始。
足元も不安定な雪だが、絶対に落ちないよう、潅木を掴みながら慎重に降りる。
中段の立ち木からは左の谷側に足を下ろせたが、
そのまま下がるとシュルンドが口をあけて待っているので、
木の枝つかみの空中戦トラバースで元のラインの立ち木の下に復帰。
最後は、うまく木の枝懸垂で法面を滑りおりて、林道に着地。

降りてきたところを見上げると、
自分でも、ようこんなとこ降りてきたな……と思うくらいの急斜面の尾根だった。
切り通しだけは、たとえGPSがあったとしても、どうにもなりませんな。

ダム湖畔まで戻ったら、まだ早い時間だというのに、山スキー組以外の車はみんな帰ったあとで、
またしてもガランとしていた。

                                洞吹(どうすい)

2006/03/13(Mon) 00:03:03  [No.1907]


洞吹さん、こんばんは。

> えらく歯切れの悪いタイトルになった。
> うまくいけば「江越・上谷山」くらいのタイトルにしたかったのだが、

広野ダムへ行ったのに「越前」とはどういうことかと思いましたが・・・納得(^_^;)

> 昔、初めてこの山域に山日和氏と訪れ、
> 豊富な雪と近江・越前・美濃国境稜線の白い山並みに心を奪われてからというもの、
> 広野ダム詣でが毎年続いている。

あれは何年前でしたかねー。快晴の手倉山から上谷山でしたね。真っ白な山頂からの眺
めに言葉が出ませんでしたね。

> しかし、ワシの今日の計画は、岩谷川左岸の手倉山の尾根に上がり、
> たっぷりの雪の中で、ゆっくりうどん鍋を食べるという趣向なので、

ぜいたくな計画ですねー。貧乏性の私は高速代を償却するためになんとしても登ろうと
するのです。(^_-)

> 今日はこの季節にしては気温がバカ高いせいか、雪がグズグズで時間ばかりかかる。

この日はとにかく暑かったですね。

> 手倉山の幅広い尾根に上がると、ブナ林の散歩道が待っていた。
> これこれ、これを歩きたかったのよね。

この尾根はほんと、いいですねー。

> 2週間前の神々しいほどの白さは失せて、白黒マダラの山肌になっている。

そんなに変わってましたか。そう言えば美濃側から見ても黒いところが目立ってました。

> ここで、GPSについて考えてしまった。
> 地形図を読んだ結果はそれとして、GPSがあれば「念のため」現在位置も方向も確認できるというが、
> 読図に絶対の自信があれば、念のための確認など不要ではないか……。
> 念のための確認をするということは、
> 自ら読図の結果に100%の自信がないということではないか……。

そりゃそうですよ。100%の自信がないから確認するんですよ。99%の自信があったとして
も・・・あとの1%の間違いでとんでもないところへ下りるかもしれない。
でもこれは好き好きで、地形図オンリー派はそれはそれでいいと思います。
私自身GPSは8割方便利なおもちゃとして使ってるだけです。

> そのうちに、左右の尾根がゆったりし始め、高くなってきた。
> ということは、この尾根は急峻に両側の谷の二俣へ向かって落ち込んでいく……

やっちゃいましたね。(^_^;)

> 尾根は傾斜の強い下降を続けているが、それにしても林道との高度がありすぎる。
> もしかして……。
> むくむくと湧いてきた不安は、尾根の末端に出て的中した。
> そこは林道の切り通し、コンクリート吹きつけの20mほどの側壁の上だった。

またまたやっちゃいましたね。大ピーンチ!!

> ワカンをはずしてザックに付け、ロープを出して腰ベルトにカラビナで掛けておき、
> 下降開始。
> 木の枝つかみの空中戦トラバースで元のラインの立ち木の下に復帰。
> 最後は、うまく木の枝懸垂で法面を滑りおりて、林道に着地。

スペクタクルでしたねー。ハラハラドキドキしましたが、この文を書いてるということ
は無事だったということなので安心しました。(^_^)

> 切り通しだけは、たとえGPSがあったとしても、どうにもなりませんな。

これは地形図とにらめっこして経験とカンで判断するしかないですね。
お疲れさまでした。

                        山日和

2006/03/13(Mon) 21:35:54  [No.1910]


  Re: 【越前】手倉山尾根散歩 投稿者:柳川洞吹

山日和さん こんばんは

> あれは何年前でしたかねー。快晴の手倉山から上谷山でしたね。真っ白な山頂からの> 眺めに言葉が出ませんでしたね。

あれから、雪山に病みつきですがな。

> ぜいたくな計画ですねー。貧乏性の私は高速代を償却するためになんとしても登ろう
> とするのです。(^_-)

ぜいたくでしょう。
なあに、山に入る目的が違うんだから、ワシもワシなりに充分償却済みなのですよ。
それに、ETCの各種割引が始まってからは、今までの2回分の費用で3回以上いけますからね。

> そりゃそうですよ。100%の自信がないから確認するんですよ。99%の自信があったとしても・・・あとの1%の間違いでとんでもないところへ下りるかもしれない。
> でもこれは好き好きで、地形図オンリー派はそれはそれでいいと思います。
> 私自身GPSは8割方便利なおもちゃとして使ってるだけです。

このときワシがGPSを持っていたなら、地図など放り投げて、絶対にGPSを見ていたでしょうね。
100%の神の手を。
そう、最後は神の手に絶対的にすがるのだから、
最初から神の手を当てにして、地図読みをやめてしまいそう。
ワシ、絶対に楽なほうへ流されるから、やっぱりGPSは持たないほうがいいみたい……
と、自分で思うなあ。

> > 尾根は急峻に両側の谷の二俣へ向かって落ち込んでいく……
> やっちゃいましたね。(^_^;)

へえ、やっちゃいましたあ。(^^;

> またまたやっちゃいましたね。大ピーンチ!!

もひとつ、やっちゃいましたあ。(^^;;

>> 切り通しだけは、たとえGPSがあったとしても、どうにもなりませんな。
> これは地形図とにらめっこして経験とカンで判断するしかないですね。

林道着地部分の等高線間隔は粗かったのになあ。
まあ、本日のイベントのひとつと言うことで。(^^ゞ

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2006/03/14(Tue) 22:11:40  [No.1917]


柳川洞吹さん お早うさん

>【山 域】 江越国境周辺 
> えらく歯切れの悪いタイトルになった。

(^^)アバウトな好いタイトルですね
これでこそ吹節山行だ 参考になりますです

> 広野ダム詣でが毎年続いている。

この日は良いお天気で雪は緩んでたですか 根までは腐ってなかった雪質だった様ですね

> ワシの今日の計画は、岩谷川左岸の手倉山の尾根に上がり、たっぷりの雪の中で、ゆっくりうどん鍋を食べるという趣向なので、のんびりとしたものだ。

前にね 広野集落裏のお寺から手倉へ延びてるレポしたよね
古い道が有って なかなか趣のあるコースなんですよ 
マア そんなことどうでも良いことなんですが 行きたいところ登るでね

> ca800mの台地でうどん鍋モードに突入を敢行する。
> 眼前は、笹ヶ峰、美濃俣丸、街道ノ尾の1025m峰、1144m峰のパノラマだ。

この残雪道をやらなくてはならないのに なかなか気持ちが盛り上がって来ない 何でかなあ 何でかなあです
未だ栃ノ木峠は通れないだろうしね 木ノ芽トンネルは通れますか??

> いつものパターンだが、ただこれをするために山へ入っているようなものだから、絶対登頂という目的がないときは、山の頂上などどうでもいいのだ。

♪ソウダそうだ ソウダ山の村長さんソウダー飲んで死んだそうだ・・・・
♪葬式マンジュウ美味かったソウダ・・・・
子どもの頃歌った童歌を思い出したよ 絶対なんて絶対にあり得ないもんね

> ここで、GPSについて考えてしまった。
> 地形図を読んだ結果はそれとして、GPSがあれば「念のため」現在位置も方向も確認できるというが、読図に絶対の自信があれば、念のための確認など、不要ではないか……。
> 念のための確認をするということは、
> 自ら読図の結果に100%の自信がないということではないか……。

GPSかあ 便利なものが便利なんだろうなあ
不便なことは便利を生む絶対条件なのかな なぜなら人は楽を求めるニーズを生む ニーズを満たせば銭になる 巨万の銭が得れば楽できる
待てよ ニーズを満たす為には苦しい努力がいるよなあ 
?あれ 楽を求めながらナゼ山に登るの また降りてくるのにね アホなことするんだ
でもね結果 苦しいことは楽しいことなんだ 無駄なことは有益であり アホすることは賢人なんだね 納得なっとく一Qさん(^^)

> さらに尾根を下る。
> そこは林道の切り通し、コンクリート吹きつけの20mほどの側壁の上だった。
> 側壁面はほぼ垂直なので、完全に無理。
> ここしかない。

意を決したんですね
緑もねこの様な思いありますが 一度だけ元来た強烈な逆登り返ししました
まあその時のパワーは凄いのが出るものですね
早立ち早帰りが身を助けます いい時間の帰着よかったですね

旨いうどんナベ食いに山に憩うです       緑水。

      

2006/03/14(Tue) 10:04:57  [No.1912]


  Re: 【越前】手倉山尾根散歩 投稿者:柳川洞吹

緑水さん こんばんは

> この残雪道をやらなくてはならないのに なかなか気持ちが盛り上がって来ない 何でかなあ 何でかなあです
> 未だ栃ノ木峠は通れないだろうしね 木ノ芽トンネルは通れますか??

気分が盛り上がらないのですか?
もったいないですね。
たっぷり雪なのに。
栃ノ木も木ノ芽TNも、まだ通行止めでやんす。

> ♪ソウダそうだ ソウダ山の村長さんソウダー飲んで死んだそうだ・・・・
> ♪葬式マンジュウ美味かったソウダ・・・・
> 子どもの頃歌った童歌を思い出したよ 絶対なんて絶対にあり得ないもんね

どんな歌なんですか。
今度、歌ってくださいな。

> GPSかあ 便利なものが便利なんだろうなあ
> 不便なことは便利を生む絶対条件なのかな なぜなら人は楽を求めるニーズを生む ニーズを満たせば銭になる 巨万の銭が得れば楽できる
> 待てよ ニーズを満たす為には苦しい努力がいるよなあ 
> ?あれ 楽を求めながらナゼ山に登るの また降りてくるのにね アホなことするんだ
> でもね結果 苦しいことは楽しいことなんだ 無駄なことは有益であり アホすることは賢人なんだね 納得なっとく一Qさん(^^)

緑水山勝手寺の禅問答だあね。

> 意を決したんですね
> 緑もねこの様な思いありますが 一度だけ元来た強烈な逆登り返ししました
> まあその時のパワーは凄いのが出るものですね

ここまで降りたら、急斜面すぎて、もう登れやしませんですよ。

> 早立ち早帰りが身を助けます いい時間の帰着よかったですね

日暮近いなら、あせりますね。
あせると、ろくなことにならない。

> 旨いうどんナベ食いに山に憩うです。

はい、ただそれだけで充分です。

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)       

2006/03/14(Tue) 22:23:37  [No.1919]


  Re: 【越前】手倉山尾根散歩 投稿者:とっちゃん(こと)

洞吹さん、こんばんわ〜。

上谷山は、行きたくていけていない山のひとつ。

昨年、意を決して一人で行こうとして、一人では、無理ってアドバイスで取りやめた山です。

その時はGPSなるものも持ってなかったし、笹竹を切った棒を何本も準備して赤いテープをつけたのを何本も準備したりして。

また、今年も同行者がいなくて見送りです。 そのうちいけるやろってことにしとこう。

これ読んでると、雪が道との間がつながってる、2月に行くのがええんやろね。

GPSあっても、雪が残って降りられる場所まで分からんもんね。

2006/03/15(Wed) 21:22:28  [No.1926]


  Re: 【越前】手倉山尾根散歩 投稿者:柳川洞吹

とっちゃん こんばんは

> 上谷山は、行きたくていけていない山のひとつ。

天候、積雪量、雪の締まり具合などが絡み合って、ずいぶん影響しますからね。
うまくタイミングが合っても、まあ、遠いことは遠い。

> これ読んでると、雪が道との間がつながってる、2月に行くのがええんやろね。

「雪が切れていなくて、ずっと雪の上を歩いていける」
そういう意味のことですかね。

2月は2月で、普段の年なら雪がどんどん降っている時期だから、
まだ雪が締まっていなくて、ラッセル敗退もある話しですよ。
場所によってはナダレの危険もあって、アプローチ自体が困難にもなるしね。

3月、雪が締まってきて、
一方、麓のほうから雪がだんだん消えかけていくけれど、上はまだまだ雪たっぷり、
こんなあたりがねらい目でしょうね。

> GPSあっても、雪が残って降りられる場所まで分からんもんね。

歩く尾根を林道が横切っている場合は、気を付けないと、えらい目にあうことがありますよ。
別の機会にでも、ついでの下見を先にしておけば、安心ですね。

よい山旅を!
                             洞吹(どうすい)

2006/03/16(Thu) 18:19:17  [No.1941]


掲示板に戻る