一括表示

【鈴鹿】クラシ北尾根から北東尾根へ

岩稜と怪峰ジャンダルムの北尾根。
秘境「ブナのタワ」の北東尾根。
クラシをめぐる、鈴鹿バリエーションの極致を行く。
(たいそうなキャッチフレーズですなぁ)

【山 域】 鈴鹿 クラシ周辺
【日 時】 2003/10/4(土)
【天 候】 晴のち曇り
【メンバー】 単独
【コース】 朝明8:50---中峠10:00/15---下水晶吊り橋10:25
---オゾ谷出合10:45/55---ワサビ峠11:55/12:00
---ジャンダルム12:35/13:40---クラシ14:05---ブナのタワ14:50
---900m標高点14:55---クラシ谷出合15:25/30
---根ノ平峠16:05/10---朝明17:10

目が醒めた。やけに明るい。
クルマの中、シュラフにくるまっていた頭を起こして時計を見る。
うわっ、7時50分だ。またやってしまった。
普段仕事で早起きするので、休日で気が緩んでしまったのだろう。
起きられると思って、目覚ましもセットしていなかった。
でも、いつぞやみたいに、
起きたら11時やった……のではないだけ、良しとしよう。

快晴だ。
クルマを登山口に回して、うまく空いていた無料駐車場に止める。
これで生ビールが一杯飲める。
久し振りの鈴鹿だ。
朝明の駐車場から奥に続く道は舗装されてしまっていて、
なんだかよそよそしい感じがした。
しかし、伊勢谷小屋を過ぎると、
自分のフィールドと思える山に帰ってきた思いからか、
だんだん懐かしい古里の雰囲気に包まれていくような気がして、
言葉では言い表わせない安堵感が胸いっぱいに広がってきた。

きょうは、ヒロ沢の出合あたりからのクラシ北尾根を、
末端からトレースしてやろうと意気込んでいたのだが、
2時間も寝過ごしていてはどうにもならん。
お金峠あたりからの北尾根に変更だが、
場合によってはこれも覚束ない時間だ。

中峠を越えて下水晶吊り橋を渡る。
右へ行くか、左へ行くか。
ここで10時25分では、やはりお金峠経由でもしんどい。
オゾ谷からワサビ峠に上がることにして、左折する。
計画がだんだん縮小されてくるが、自業自得のためしかたがない。
オゾ谷は、以前一回だけ、バタバタと降りてきただけなので、
きょうは雰囲気をよく味わいながら登るのもいいだろう。

オゾ谷出合の神崎川は、きれいな渓谷美を見せてくれる、私の好きな場所だ。
しばし休憩する。
オゾ谷出合からは、オゾ谷の左岸につけられた道を辿る。
中流部に入ると、谷は平坦な広がりを見せ始め、
美しいラインを描く古い道形に導かれて、
雑木林の中に見事な古い石積みが続いている鉱山跡に出た。
昔、マンガンの鉱山があったらしく、
右手の斜面には、坑口の穴もいくつか見える。

ここからはトリカブトが乱れ咲く中の沢床歩きとなり、
やがて達する三俣を右にとって、ワサビ峠への谷を詰める。
詰めの最後は、足元の決まらないグズグズの斜面を、
滑りながらの急登でワサビ峠に立った。

この峠は落ち着いた好ましい雰囲気を持っていて、
鈴鹿の峠の中でも大好きな峠だ。
ここで12時。
ここから北尾根に入るが、
あと30分行動して適地があれば昼食ということにする。
(その2へ続く)




--------------------------------------------------------------------------------

46. 【鈴鹿】クラシ北尾根から北東尾根へ(その2)
 2003年10月05日 日曜日 20時59分 柳川洞吹

(その1からの続き)
ワサビ峠からの出だしの急登が終わり、痩せてきた尾根を辿る。
この尾根を初めて通った時は下降方向だったが、
シャクナゲジャングルがもっとすごかったように記憶している。
しかし、きょうの印象はそうでもなく、比較的楽に通れる。
山に通ううち、あれからもあちこちで、
人も通らぬシャクナゲジャングル尾根を通ってきたので、
感覚がマヒしてきたのか。

小ピークを過ぎ次のピークに向かって登ると、
不意に眼前が開け、
行く手に突忽とした怪峰が、ぬーっとそそり立っている。
「うわ〜。これかぁ。」
これがクラシ北尾根のジャンダルムか。
なるほど……ジャンダルムだ。違いない。
誰が言い出したのか、クラシのジャンダルムでクラジャンかい。

以前通過したときは下降だったため、こいつはよくわからなかったが、
登り方向だといやでもわかる。
うーん、なかなかの景色だ。
それに、
ここからは両側がすっぱり切れ落ちた岩稜を登るのがルートらしいが、
ほんまにこれでええのかな。
登ったところで詰まったら、苦労するぞ。
落ちたらただでは済まんなあ。
いやいや、スリルやねえ……などといろいろ思いながら、
潅木をホールドにして慎重に登る。
何があってもこの手は離せないね。

岩稜は登ってしまえばそこまでだったが、
以前はこれを下ったのか、こんなスリルの岩稜下りは記憶にないので、
横手から樹林帯へ巻き降りたのかも知れない。
いやあ、楽しませてくれるコースだ。

やがて「クラジャン」に着いた。
頂稜は木が密生していたが、
端のほうに狭いが平坦な格好の場所があったので、ここで昼食とする。
「昼食に最低でも1時間はかける会」の会則を遵守し、
ゆったりとビールとラーメンのランチタイムだ。

目の前には銚子から銚子ヶ口への稜線が連なり、
はるか遠くには藤原岳から続く御池のテーブルランドが横たわって、
端っこの鈴ヶ岳のポッコリ山が面白い。
その後ろには伊吹山が見える。
眼下には、谷尻谷、北谷尻谷が大きく樹林を広げていた。

午前中は晴れていたが、
午後になってだんだん曇ってきたし、風も強くなってきた。
食後のコーヒーを終えて出発、
ひと登りでクラシの台地に乗り、ブナの林を縫ってクラシに着いた。
(その3へ続く)




--------------------------------------------------------------------------------

47. Re:【鈴鹿】クラシ北尾根から北東尾根へ(その3)
 2003年10月05日 日曜日 21時09分 柳川洞吹

(その2からの続き)
クラシからは、クラシの北東に突き出す尾根を下降し、
900m標高点ピークを経て、クラシ谷の出合へと降りる計画だ。
ただ、ここは派生する尾根が多く、
ルートの尾根も一本尾根ではないので、
うまく行ったらお慰みってとこですか。

クラシから、コンパスを振って下降に入るが、
行きたい方角の斜面は樹木が密生しているので、
止む無く少し右に振って下降を始める。
北東に突き出す尾根にうまく乗らなくてはならないのだが、
樹林で見通しが悪い。
それでも、行く手に谷の斜面が広がりだしたところで、
注意していた左上に尾根が見えたので、
少し登り返し気味に左へトラバースして、ルートの北東尾根に乗る。

進むうちに、尾根が左右に直角に分岐しているところに来た。
地形図では980mで予測される地形だが、ここは1020m。
シビアなルートファインディングを予想して、
きょうは高度計を二つ持ってきている。
すごいだろう。
二つの高度計の差異は5m。
まだ北に向くのは早い高度だ。
これは地形図に現われない分岐だろう。ここは右の尾根を取る。

その先、一部歩きやすいところもあったが、
概ね樹林が濃く、視界がきかない。
980mで少し北へ振り、950mで尾根の腹を北東へ降りて、
その先に続くはずの尾根に向かう。

ここもうまくこなし、やがてブナが並び立つ小さなコルに着いた。
ルートファインディングの緊張がふっと緩み、
なんとなく心が安らぐ佇まいのコルだ。
ふと「ブナのタワ」という言葉が頭に浮かんだ。
そうだ、ここをブナのタワと呼びたい。
このコルに立つ人は、はたして一年に何人いることだろうか。
そんな場所だが、
自分だけの心の中の秘境が、ここにはある。

「ブナのタワ」からすぐ先、
少し登り返して着いた標高900mピークにも、
少し色付きはじめた大きなブナの木が一本、
「よく来たな」という感じで私を迎えてくれた。

ここでルートは東に向く。
しばらく平坦な尾根を辿ると、
やがて南東に分岐する尾根に乗って、クラシ谷出合目指して下降していく。
相変わらず樹林で視界は悪いが、
細かく分岐する尾根を選びながら下降していくと、
流れの音が聞こえ始めた。

最後は尾根の末端が崖になったので、
右側の浅い谷に回りこんで降りると、クラシ谷に降り立つ。
川に沿って左へ30mほど歩くと、
神崎川沿いの登山道に出た。
ほぼピンポイントでクラシ谷出合へ降りることができたので嬉しい。
満足して、クラシ谷を後に、根ノ平峠へと向かった。
きょうは明るいうちにクルマへ帰り着く。

                    洞吹(どうすい)




--------------------------------------------------------------------------------

48. Re:【鈴鹿】クラシ北尾根から北東尾根へ(その1)
 2003年10月06日 月曜日 00時32分 山日和

 洞吹さん、こんばんは。
いつもながらの遅い起床ですねぇ。(^_^;)私と行く時は
意外と早く目が覚めているようにも思えるのですが・・・

 クラジャンの登りはそんな印象でしたか。初めて訪れたの
はクラシのてっぺんでバッタリと会ったときでしたね。(^_^)
 あのあたりはどちらを向いても谷と尾根が町を隔てている所。
鈴鹿でも一番奥深い感じのする地域ですね。

 下りの尾根は私が5月に下りかけて見事にはずしてしまった尾根。
「なんで?」という感じですね。

>きょうは高度計を二つ持ってきている。
>すごいだろう。

 それは凄い。(゜o゜) でも正確な高度計ひとつの方がいいかも。(^_-)
P900手前のコルは地形図で見てもいい感じですね。

>きょうは明るいうちにクルマへ帰り着く。

 いつもすみませんね。(^_^;)


         山日和




--------------------------------------------------------------------------------

50. Re2:【鈴鹿】クラシ北尾根から北東尾根へ(その1)
 2003年10月10日 金曜日 01時59分 柳川洞吹

山日和さん こんばんは

>意外と早く目が覚めているようにも思えるのですが・・・

やっぱり相棒がいると、自分のペースだけというわけにいきませんので、
そこは、「和をもって貴しとなす……」ということで。
でも、平日よりゆっくり寝られますので、ラクチンです。

> 下りの尾根は私が5月に下りかけて見事にはずしてしまった尾根。
>「なんで?」という感じですね。

あらためてレポート見ると、そうですね。
でも、さっさと違う尾根を降りて行ったみたいだけど……
地図出さんとあきまへんで。
山日和さんと沢へ行くと、あんまり地図出さんもんやから、
こっちもついズボラになってしまいます。

> それは凄い。(゜o゜) でも正確な高度計ひとつの方がいいかも。(^_-)

そうか。ふたつの高度を足して2で割ってるようではダメか。

>P900手前のコルは地形図で見てもいい感じですね。

ここは、ぽっかりと開いたミニ桃源郷でした。
心安らぐ場所です。
私は、ある場所にあまり勝手な名前を付けることも、
誰かが勝手な名前で呼ぶことも、あまり好まないのですが、
ここは、「ブナのタワ」と呼びたくなってしまいました。

よい山旅を!
               洞吹(どうすい)




--------------------------------------------------------------------------------

49. Re:【鈴鹿】クラシ北尾根から北東尾根へ(その1)
 2003年10月06日 月曜日 23時47分 宮指路
hirotakamnn@ybb.ne.jp

洞吹さん、ご無沙汰しております。

久しぶりの鈴鹿の報告で嬉しくなりレスさせいただくことにしました。
オゾ谷からクラシ・・・おお何と懐かしい響きか・・・
あのグズグズの斜面・・・思い出されます。
そこを過ぎて、眼前に聳え立つ怪峰が例のクラジャンなんですね。
私も木の枝につかまって必死に登った覚えがあります。あの時はここをどうやって降りるんやろと思いました。ホンマにコンパスも持たずに無謀な探検でした。
でも何とか無事に降りられたのはただ運が良かっただけなんです。
どこをどう降りたのやら今だに分からない始末です。























--------------------------------------------------------------------------------

51. Re2:【鈴鹿】クラシ北尾根から北東尾根へ(その1)
 2003年10月10日 金曜日 02時00分 柳川洞吹

宮指路さん こんばんは

>久しぶりの鈴鹿の報告で嬉しくなりレスさせいただくことにしました。

なんと鈴鹿のバリハイは、これが初レポートなのです。
淋しくなりましたね。

>オゾ谷からクラシ・・・おお何と懐かしい響きか・・・

このあたり、他人に出合うことも少なく、
鈴鹿の奥地の感がします。
いいところです。

これから鈴鹿バリハイのベストシーズン。
まだまだ行きたい場所はいっぱいあります。
地図を眺めていたら、いつまでも飽きませんね。

よい山旅を!
                洞吹(どうすい)

2006/03/17(Fri) 19:20:59  [No.1955]


掲示板に戻る