一括表示

【鈴鹿】七人山の秋を歩く

神崎川源流から七人山の秋を訪ねて

【山 域】 鈴鹿 雨乞岳周辺 七人山
【日 時】 2003/10/25(土)
【天 候】 晴のち曇り
【メンバー】 単独
【コース】 朝明渓谷7:45---根ノ平峠8:55/9:05---コクイ谷出合9:55
---尾根取付き10:10---七人山(東峰)11:15/13:25
---七人山のコル13:40---神崎川源流14:20/30
---コクイ谷出合15:10---根ノ平峠15:50/55---朝明渓谷16:40

コクイ谷の出合の流れを、石飛びで渡ると、
杉峠から流れ来る神崎川源流に入った。
右岸につけられた登山道を辿ると、
谷間のあちこちに、開けた台地が連なっており、
崩れかけた炭焼窯の跡も見られる。

谷が尾根の鼻を巻いて大きく左へ曲がるところから、
七人山東峰への尾根に乗った。
広くはないが狭くもない二次林の尾根には、
ほとんど下ばえはなく、どこでも歩いていける。
急登とコバが適度な間隔で続いていて、登りやすい。

やがてブナが目立つようになり、太いブナもあちこちに見られる。
明るく気持ちのよい尾根だ。
こんないい尾根が、こんなところにあったんだ。
そんな嬉しい出会いは、道なき山を辿る者の特権だ。

高度を上げていくにつれて、木々の色付きが増していく。
しばらく急登が続いた後、傾斜が緩むと、
ゆったりとした雰囲気に包まれた、七人山東峰に着いた。
わずかに風がそよいでいるが、全く静かな山頂だ。
あたりの木々は紅葉を始めており、
緑、黄、赤のグラデーションが美しい。

一本のブナにもたれて、さっそくランチタイムの店開きだ。
缶ビールを空けつつ、
今シーズン最初のうどん鍋をコンロにかける。
風が冷たくなってきたので、薄いフリースを羽織った。
もう手袋もほしいくらいだ。
暖かいうどんのツユを飲み干しても、寒さは衰えなかった。
時折り注ぐ陽射しが、冷えた身体に心地よい。

コーヒーを淹れて、ブナにもたれたまま文庫本を開く。
しばらく活字を追っていた両の目は、いつの間にか閉じてしまっていた。
安息の時間。
ふっと気が付き目を開らくと、
そこには、変わらず茶色の絨毯を一面に敷いた樹林が、
少しパステル調の彩色がほどこされたような木の葉を微風にそよがせながら、
静かに広がっていた。

帰りは七人山のコルに出る。
ここからは、再び神崎川源流へ降りる。
雨乞岳から武平峠へ降りる登山道とは反対側の斜面を、
少し左へトラバース気味に下っていくと、
すぐ顕著な尾根に乗った。

念仏ハゲのガレ斜面を左隣りの尾根に見ながら下っていく。
途中から少し藪っぽくなってきたが、
歩くのに差し支えるほどではない。
尾根形がなくなり、広い斜面になると、
だんだん傾斜が増してきて、
最後は滑り降りるように、谷へ降り立った。

杉峠からの登山道が、対岸の斜面上部、30mほど上を通っているはずだが、
ここは切り立っているので登れない。
しばらく河床を下っていくと、
傾斜の緩んだ斜面があったので、そこを登る。
すぐに水平道に出たので、これを辿ると、
どうやらこれはケモノ道だったようで、
ヒズメの跡で耕されたようになっている。
道はしばらくするとまた河原へ降りてしまった。

左岸に緩い谷が入り、そのケモノ道はこれを登っている。
それを辿って少し登って見たが、登山道は見当たらない。
もっと上部を通っているのだろう。
こうなったら、斜面を登って道を探すより、
谷通しに歩いたほうが早いし楽だ。

谷に戻り、数回流れを渉りながら、しばらく下っていくと、
左岸斜面から登山道が降りてきた。
道はそのまま川を渉ると右岸の台地に上っていく。
そこは、今朝、
七人山東峰の尾根に取り付いた炭焼窯跡のところだった。
静かだ。

                   洞吹(どうすい)




--------------------------------------------------------------------------------

80. Re:【鈴鹿】七人山の秋を歩く
 2003年10月28日 火曜日 23時57分 山日和

洞吹さん、こんばんは。
七人山、いいですねぇ。どのあたりから尾根に乗られたのでしょうか。
私は東峰から真南へ向う尾根を下りたことがあります。
最後は小さい谷からクラ谷へ合流しましたが、とてもいい雰囲気でした
これから鈴鹿のベストシーズンですが、通う回数が少し減りそうです。

来月からETCを使うと高速料金が半額になるそうな・・・すぐに申し込まねば。

              山日和




--------------------------------------------------------------------------------

82. Re2:【鈴鹿】七人山の秋を歩く
 2003年10月29日 水曜日 22時25分 柳川洞吹

山日和さん こんばんは

>七人山、いいですねぇ。どのあたりから尾根に乗られたのでしょうか。

コクイ谷出合から杉峠へ向かって、10分くらいのところでした。

>私は東峰から真南へ向う尾根を下りたことがあります。
>最後は小さい谷からクラ谷へ合流しましたが、とてもいい雰囲気でした

それは、私も去年歩きました。
これも、いい尾根でしたね。

>来月からETCを使うと高速料金が半額になるそうな・・・すぐに申し込まねば

ほんとですか?
どこにそんな情報がありました?
(ETC装備してる本人が知らない……)

それがほんとなら嬉しい話ですが、
もしかして、ガセネタか、
石原都知事発言の曲解伝聞ではありませんか?

よい山旅を!
               洞吹(どうすい)

2006/03/18(Sat) 08:57:33  [No.1975]


掲示板に戻る