一括表示

【鈴鹿】段木から寒風の赤坂谷源流へ

2004年の初登り、段木に、赤坂谷に、
そして洞吹の心にも寒風は吹きすさぶ。

【山 域】 鈴鹿 釈迦ヶ岳北方
【日 時】 2004/1/3(土)
【天 候】 晴のち曇り、一時小雪
【メンバー】 単独
【コース】 八風射撃場8:50---段木の尾根取付き9:15---段木10:20/10:35
---縦走路11:25---赤坂谷源流11:45---昼食12:05/13:30
---八風中峠14:35/14:40---八風射撃場15:40

さあ、新年初登りはどこへ行こうか。
おせちの残りで一杯やりながら、ワシは一所懸命考えた。
正月から誰も来ないような静かなところで、
楽に行けるところで、ええところ……
ヘソマガリのワシとしては、当然考えることだ。
そうや、雪の赤坂谷源流はまだ一度も行っとらん。
よっしゃ、三重県側から県境稜線越えて赤坂谷源流へ行こう。

こうして2004年も、ピークを目指さないズボラ山旅が始まった。
しかし、伊勢の国から県境稜線を越えて赤坂谷に入るたびに、
どうも裏口入門しているようで、なにか後ろめたいものを感じる。
せめてもの贖罪に、段木の尾根で汗を搾って行こう。
……と言えばなにやら殊勝な心掛けのように聞こえるかもしれんが、
実は赤坂谷に入るのに一番近道なのじゃ。

いつもは銃声がうるさい八風射撃場も、
本日は正月休みで、静かでいい。
静かなのはいいが、まわりには雪のかけらも残っていない。
雪遊びに来たんやけどなあ。
先週や先々週のラッセルがウソみたいだ。
まあこの暖かさでは、しかたがないか。

それでも主稜線のほうは雪が見えるので、
とりあえずワカンをザックにくくりつけた。
しかし、ふっとマーフィ山の法則
「いらないときには持っていて、欲しいときには持っていないもの……ワカン」が頭をよぎる。
ザックにワカンぶら下げて、
土の道ばかり歩いているほどマヌケなものはないからなあ。

滝谷出合から段木尾根の末端へ取り付く。
5分ほどは少々藪っぽい急登。
ここでザックに着けたストックの先のキャップを、藪に取られてしまった。
また損した。

しばらく登るうちに切り開きが安定して、歩きやすくなった。
しかし、左右交互に木を掴んで身体を引き上げる急登は続く。
標高850mあたりから、北側斜面に残雪がちらほらと見え出した。
取り付きから小一時間登ると、砂ザレと岩で展望のよい場所に着く。
ここはもう段木の直下。

一息入れてから、潅木の間を抜けて登ると、段木に着いた。
ここは、いつ来ても強い風が吹き付けている。
草と岩が点在するこの馬の背状のピークは、
行く手を屏風のように県境稜線に囲まれ、
振り返ると伊勢平野の展望が一気に開ける爽快なピークで、
ワシの大好きなところだ。

雄大な展望を楽しんでから主稜線へと向かう。
ここは、花のシーズンには、シロヤシオのホワイトロードになる。

さて、冒頭に記したタイムテーブルの段木から主稜線までが、
異常に時間がかかっていることに気が付かれただろうか。
ここで、ワシはまた忌まわしい報告をすることになる。

昨年秋の「冬枯れの赤坂谷源流行(その2)」のレポートで、
赤テープをペナント式に3mおきにつけて歩く御仁のことを書いたが、
その御仁が、そのとき稜線から段木まで往復していたようで、
段木から上部に、その赤テープが出現したのだ。

最初の一目で6本見えた。
ああ、まるで分譲地大売出しなのだ。
現地事務所はこちら……と、テープは延々と続く。
ちゃんと前見て細い尾根に沿って動けば、何の目印もいらんではないか。
しかも、途中、
右手の谷へ下ってしまう急な支尾根の下方にふたつテープが見える。
ザックを置いて、下って回収。
テープはその先にはなかったので、
段木へ行くつもりで支尾根を間違って下って、登り返したのだろう。
だったら、ちゃんと回収しとけよ、バカタレ。
これ書いてると、だんだん腹が立ってきた。
またスーパーのレジ袋に半分、ゴミが集まったぞ。
新春鈴鹿クリーンキャンペーンだのう。
(その2へ続く)




--------------------------------------------------------------------------------

197. 【鈴鹿】段木から寒風の赤坂谷源流へ(その2)
 2004年01月05日 月曜日 00時35分 柳川洞吹

(その1から続き)
主稜線に乗ったところから、地面は積雪に覆われるようになった。
稜線には、この正月に歩いた足跡があった。
稜線の伊勢側は雪が着いているが、
斜面の緩い近江側には、なぜかあまり雪がない。

縦走路をはずれて、赤坂谷源流へと向かう。
斜面は雪が覆っていたり、イワカガミの群落が露出していたり、
思ったより雪は少ない。
源流の河岸台地も、一面の積雪を予期してきたのだが、
部分的に雪が覆っている状態で、春の雪解けの頃の感じだ。
また、予想外に谷を吹き上げる寒風が強い。
まあいい。
これはこれで、これなのだ。
自然の意思はそのまま受け入れる。

それより、お腹が空いたので、
早速、うどん鍋の儀を執り行うことにしよう。
ダシとうどんと具を入れたアルミ鍋を、
恭(うやうや)しくコンロに掛けたとたん、
「一天にわかにかき曇り」と陳腐な表現のとおり、
空が暗くなって、雪がちらつき出した。
座っているシートの上にも、うっすらと雪が積もる。
しかし、前のように、
アラレちゃんがビシビシと降ってくるよりはましだ。
ガマンしてチクワをかじっていると、しばらくして雪はやんだ。
そして、太陽が顔を見せる。
次の瞬間灰色の空。
めまぐるしい。

鍋が煮える間、文庫本を取り出す。
そう、どんなに寒かろうが、
鍋のチクワをつまみながら、本を読むのだ。

帰りは、縦走路を戻り、八風中峠へまわる。
仙香山手前の池に雪が積もって、
うっすらと池の形を見せていたのが美しかった。
中峠からの下りも、
先日の続きのクリーンキャンペーンを実施しながら、射撃場へと戻る。
せなで泣いてるマヌケなワカン……で、初登り終了。

本日は、山日和氏ご一行は鎌ヶ岳とのことで、
登山前に、「時間が合えは温泉で」とのメールを入れておいたのだが、
クルマに乗って、ケータイが通じるところまで降りてきたとたん、
山日和氏から下山の電話が入った。
グッドタイミングやね。
あとは、温泉ジプシーになった気分で、ご一行に合流。
(これ、当事者のみわかる内輪ネタでして、すいません。)

                     洞吹(どうすい)




--------------------------------------------------------------------------------

204. Re:【鈴鹿】段木から寒風の赤坂谷源流へ(その1)
 2004年01月06日 火曜日 21時53分 山日和

洞吹さん、こんばんは。
正月早々からの出会い、おめでたかった?ですね。(^_^;)
鈴鹿あたりではもう慣れっこになってしまいましたが・・・
今年はもっとびっくりするような所でお会いしたいものです。

赤や紫や色とりどりのテープは衰えるどころかますます勢力を
伸ばしているのでしょうか? 自分の行為の愚かしさに気付かな
い愚者はどうしようもないのでしょうかね。我々にできることは
掃除だけなのでしょうか。
山へ行った時ぐらいストレスを感じたくないものです。

肝心のレポートへのレスにも何にもなってませんでしたね。(^_^;)
初レスということでお許しを・・・

              山日和




--------------------------------------------------------------------------------

208. Re2:【鈴鹿】段木から寒風の赤坂谷源流へ(その1)
 2004年01月07日 水曜日 21時45分 柳川洞吹

山日和さん こんばんは

新年早々、ポストステージでご一緒させていただきました。

>今年はもっとびっくりするような所でお会いしたいものです。

もう鈴鹿はあたりまえ気分ですが、
そのうち、奥美濃、奥越でもあたりまえになるのでしょうかね。
いっそ会越国境あたりでなら、
ひっくり返るくらいびっくりするでしょうね。

>我々にできることは掃除だけなのでしょうか。

きのう、つらつらと考えました。
もうFYAMAに、他人が付けたテープのこと書くのやめようと思います。
書いてても、思い出しては腹が立つだけで、
ちっとも楽しくないですから。
それに、レポート読んでくれてる人たちも、
そんなもの読んでも、ちっとも面白くないだろうと思います。

もし今後、テープのこと書くとしたら、
揶揄するのではなく、真摯に訴えたいと思います。
でも、第一当事者がそれを読む保証などないから、
そんなことは自己満足にしか過ぎないのでしょうね。

読んで楽しめるレポートにしたいです。
でも、掃除は黙って続けますよ。

よい山旅を!
        鈴鹿クリーンキャンペーン勝手に実行委員会
          ええかげんな自称代表  柳川洞吹





--------------------------------------------------------------------------------

207. Re: 【鈴鹿】段木から寒風の赤坂谷源流へ(その1)
 2004年01月07日 水曜日 04時03分 緑水

柳川洞吹さん、こんにちは。
年末から好い天気が続きますね、正月酔うの雪も少なくなって寂しいですね。
でも見方によっては良く持った方ですよ、日陰には未だしっかり残ってる。

赤坂界隈のヒラヒラ汚染も洞さんをテレパシーで呼んだのかな、取ってくれ〜って。

>鍋が煮える間、文庫本を取り出す。そう、どんなに寒かろうが、鍋のチクワをつまみながら、本を読むのだ。

この辺がRyokuの到達しない領域なのだ(^^)
鍋が煮える間、メールしたり圏外なら感じたフレーズをメモしたりしている。
まあ似たり酔ったりかな。

雪は近場に来てくれると嬉しいですね。
酔い雪詣でをです。

                緑水。




--------------------------------------------------------------------------------

209. Re2:【鈴鹿】段木から寒風の赤坂谷源流へ(その1)
 2004年01月08日 木曜日 04時03分 柳川洞吹

緑水さん こんばんは

暖かい冬ですね。
もうすぐ、また寒波がはいりそうで、期待しています。

>赤坂界隈のヒラヒラ汚染も洞さんをテレパシーで呼んだのかな、取ってくれ〜って。

きっと、そうなのかも知れません。

>鍋が煮える間、メールしたり圏外なら感じたフレーズをメモしたりしている。
>まあ似たり酔ったりかな。

まあ人それぞれでしょうが、よく似たものではないですか。
ゆったりした気持ちで、鍋がグツグツと煮えてくるのを待つ。
なんともいえない期待感と充実の時でありますね。

よい山旅を!
                 洞吹(どうすい)

2006/03/19(Sun) 13:39:06  [No.2034]


掲示板に戻る