一括表示

例年寒の行事は藤原山荘で泊まること、でも今年はサンデーの調子が悪くこの雪では連れていけない。連れて行って欲しそうな顔をするがダメだよ。
しののめ氏のサイトで、寒山の裾から荷ケ岳尾根を歩いていることを知る。トレースが助けてくれるかな、一丁やったるか御池岳にと気合いが入る。

【日  】2004.1.20.(火)
【天気 】曇り、小雪
【行き先】藤原岳に成ってしまった

丸尾を6時間と読んで早立ちとした、車のフロントが濡れる・・・何やこれは、お天気のはずなのに。いなべ市に入る頃は雨だぎゃあ、暗いから山並みは判らない、戦意はみるみる落ちてくる。藤原観光駐車場にデッコだ。
藤原三山で山荘に泊まるかあ、意とも簡単に方向が変わる、不祥だよなあ。
ポロポロ落ちる小雨も3合目に入ると細雪になる、汚れ雪が覆われて純白の清々しい風情となる。木々も雪ラインを身肌に付けて好い感じだよなあ、赤い朝日が射し込んで、雪がピンクに染まるよ。

歩きよい道だ、丸尾ならヒーヒー言ってるだろうて、これならサンタロウも歩けるかな。ブツブツ独り言いながら行くも、6合目過ぎる頃は置いてきて正解だと思う。
雪は増えて8合目はすっかりの新雪モード、ラッセルも消えている。泊まり装備で荷は重いし山荘まで泣くか。山友の墓標にお参りして膝を越すラッセルに藻掻く。カンジキを履くほどのバイトでもないし。
木々が泡雪で飾られてる、身体が触れるとすっーと落ちて首に潜り込んでくる。
茫洋とした広がりの一角が見えだして山荘に到着だ。ボヨ〜ンとした雪の原に雪雑木が薄いベールの奥へと広がっていた。
山荘の中は清潔だ、お湯を飲みながらどうする白瀬峠まで行ってテントする。明日は天気良さそうだものね、視界は効かないよ雪は軟雪だしどうするRyokuさん誰かが聞いてくる、プシューしながら考えようか。もうこの時点で沈没だね。
片づけて出ようとした頃お爺さんが入って来る、見た感じの人だ女性が入る成り吹き込んだ雪を片づける。話をすると知り合いの人だ、後の一人は御池で遊んだ頃の湧水の君だ、貴重な人に出逢ってしまった。
別室で再び一献となる、積もる話で時は過ぎるのは早い。登山者が上がってきた小屋にザックを取りに行くと沢山の人がお昼していた。

出掛けようかな、でも誰も天狗にも展望台にも行かないのだ、新雪が深そうだしガスで見通しは効かないもの、誰が先人切るか見ているのだなあ。
小屋裏から雪原に入る、カンジキは良く効くこれなら自在かなもゴボッて抜くと股ぐらまで入る、難儀だぞ。展望への道で先人が居る、有り方や使わせて貰おう。柔雪を避けて巧い具合にルートを選んでる。
巧く回り込んで東から山頂に立った、先人と話をする。周囲は何も見えないのだ。
分かれて藤原東端、袴ケ腰に行ってみようだ。茫漠たる雪の原に雪樹が広がる、ガスは降りては舞い上がる、その僅かの隙間に天狗岩が現れて直ぐもやる。
だいたいこの見当だろう一周しながら戻ると、記憶に有る顔が現れる。
前に公開山行で参加していた方だ、年輩なのだけれど矍鑠としている。話すと日本百山やってるんですよ、昨年は27山登った、一週間の山旅ですはと明るい。スノーシューは美ヶ原に参加の練習に11時から登ったとか。元気いっぱいだ、またリーダーして下さいよとハッパを掛けられた。見習わなくてはいけないです。小屋に戻り泊まらないのだからと泡をプシュー。

小屋から北の頭に立ち、そこからダイレクトに下る快適なる尻滑りも柔雪で出来ないが、雪を蹴散らしてコロコロと転げ落ちる雪玉を見ながら大股で降りるのだ。この斜面は若い頃雪崩が有り友人の山岳会が巻き込まれたいわく斜面だ。積雪も少なくなって雑木が大きく生長しもう雪崩を起こすほどに雪は積もらないだろう。山も年々元気が無くなるのかなあ思いながら、植林のなか酔いよいと下りました。

             緑水。

-- CMN v0.40aβ --




--------------------------------------------------------------------------------

242. 【鈴鹿】あんま山行は鎌ガ岳
 2004年01月21日 水曜日 17時09分 緑水

緑水さん、こんにちは。
今日は身体中が痛い、なんでかな〜あ。それはね、普段使わなかった筋肉を使ったからなの。ダブルストックに深雪ラッセル、筋肉総動員だもんね、これをほぐすには山行きしかないものね。

【日  】2004.1.21.(水)
【行き先】鎌ガ岳
【天気 】高曇り
【友  】サンデー

遅がけからのお出かけ、準備をしているとサンデーが如何にももの悲しく泣いて請う。按摩山行だから行ってみるか、OKなら美濃にも行けるものなあ。
9時過ぎ宮妻渓の駐車場、朝明と違い気持ちの好い所だ。雪が僅かに残るが冷え込みでブロックで固いのだ。
足跡が固まっている、凸凹の雪道だ。まあそれでもトレースが有るから歩き良いんだよね。サンは快適に先を進む、雪が増えて凸凹の足跡を巧くこなしていく。溝割の道はギャップが深いと越えられない、脇の斜面を登って巻上がっていくが斜面がきつくなるともうダメの感じだ。

鎌尾根空中回廊が寒々として広がる、好い眺めだこれを周遊するのも冬のトレーニングに好いコースを提供している。
水場からは難儀の感じと成る、尻を押し首を引っ張って登らすも、ついにクゥ〜の弱音がでた。
もう少し登れば展望良好なのだけれど、此処でメシ場にしょう。椅子にテーブルセットヨシ!。熱燗美味しメール遊びもできる筋肉もほぐれてヨシとしょう。
帰りは調子好いんだよね先をトントンと降りていく、後ろから付きながらもうきつい山行は出来ないんだね、思いながら降りました。
帰り梅が咲いてる、季節は春に向いてるのだ。

               緑水。

-- CMN v0.40aβ --




--------------------------------------------------------------------------------

243. Re:【鈴鹿】あんま山行は鎌ガ岳
 2004年01月21日 水曜日 22時34分 山日和

緑水さん、こんばんは。
山の疲れは山でほぐす、いいですねー。
サンちゃんも連れて行ってもらえて満足だったでしょう。
今年は少雪かと思っていたら帳尻は合ってきそうですね。
2月以降が楽しみです。

          山日和




--------------------------------------------------------------------------------

247. Re2: 【鈴鹿】あんま山行は鎌ガ岳
 2004年01月23日 金曜日 05時42分 緑水

山日和さん、こんにちは。
>山の疲れは山でほぐす、いいですねー。

雪山での早い出発は必ずしも有利と言えませんですね、ノーマルコースでは。
当日は休みでもないのに続々と登山されてました、トレースが有って良かったよと喜ばれましたが。
バリではそうは行きませんですね、早出で頑張らなくてはです。
平常の3〜4倍は見なくては成りませんものね、雪山は隊列を組まないとやれないです。

>サンちゃんも連れて行ってもらえて満足だったでしょう。

まあ、老い先短いだろうから連れて行ってやりたいです、Ryokuもまた同列宜しく頼みます。

>2月以降が楽しみです。

立春が来れば春山だ光と友にお出かけだ(^^)。

            緑水。

-- CMN v0.40aβ --




--------------------------------------------------------------------------------

245. Re:【鈴鹿】藤原岳・袴ケ腰
 2004年01月22日 木曜日 00時19分 わかちゃん
waka_chan222@nifty.com

緑水さん、こんばんは〜!

>【行き先】藤原岳に成ってしまった

ここまで読んで、爆笑しました。
私もありますよ、亀山から高速に乗って、勢いよく走り始めて
ふと、「やっぱ入道やな」と鈴鹿で降りたりして。
一区間しか走ってない。(笑)

雪の藤原は、初の単独冬山挑戦で泣きそうになったことを
読んでて思い出して、懐かしくなりました。
嬉しいことは忘れちゃうんだけど、辛かったことは
なかなか忘れませんね。(^_^; 

緑水さんも、いろいろと思い出多き山のようで、
書ききれない想いが、なにか伝わってきますね。
単なる単独山行で終わらないとこが、緑水さんの
お人柄でしょうかね。

                   わかちゃん



--------------------------------------------------------------------------------

248. Re2: 【鈴鹿】藤原岳・袴ケ腰
 2004年01月23日 金曜日 05時42分 緑水

わかちゃんさん、こんにちは。

>>【行き先】藤原岳に成ってしまった
>ここまで読んで、爆笑しました。

段々と軟弱に成っていく、良いのか悪いのかまだ見ぬ世界に迷い込みそうです。
でもね色々やってきたことが、利子と友に戻ってくるような気がしないでもないですよ。先人を見習いますです。
わかちゃんも復帰したことだしこの会議室が盛り上がれば好いですね。

                 緑水。

2006/03/19(Sun) 13:54:44  [No.2040]


掲示板に戻る