一括表示

  (再)仙ヶ岳 南尾根コース 投稿者:わかちゃん

林道駐車地  10:45 2:16
林道終点   11:20 1:50
岩塊最後のP 12:30 すぐ折り返す

今日は先日下見した入道の池ヶ谷コースに登るつもりで出かけたのですが、所要で石水渓方面に寄り道をしたら、思いがけず遅い時刻になってしまい、急遽登山地図を見て、以前登ったことのある仙ヶ岳の南尾根コースに変更。家族にはメールで知らせた。

暖かい日の入道ならアイゼンはいらないだろうと呑気に出かけたのが失敗でした。冬山は必ず軽アイゼンくらいは持参しましょう〜。
(^◇^;

先日の小岐須渓谷と違って、石水渓谷からの林道には全く雪は無く、快適に車を走らせる。林道が細くなる場所にダムがあり、そこに駐車地がある。岐阜ナンバーの青のパジェロイオ(ミニのお兄さん)が止まっていたので、横にパジェロミニを仲良く並べた。

長い林道が終わると登山口に青色の軽トラがあり、こんなに荒れた片輪走行みたいな林道を車が通るんだ。片側は30メートルはあろうかの、覗けばゾッとするほどの谷なのに…、私には絶対運転できないので、あそこに止めといてよかった。

誰も居ない静かな山道を堪能していると、パジェロイオの方が降りてきて、大岩のところでやめて戻ってきたとのことでした。登山に無理は禁物、心の中でその勇気を称えながら、このコースってそんな危ない所なんてあったかな〜?と思いながら、まぁ慎重に歩けば大丈夫でしょうと、あまり心配もせずに登って行った。

しばらく歩くと目の前に岩塊がゴロゴロとした急登が現れ、おまけに残雪が残っている。うえ〜、やめとこうかなーと思いながら、せっかく来たのだから行けるところまで登ろうと思い、(ここでやめとけばよかった)(^_^; 滑らないように気をつけ、木の根などにつかまりながら登って行った。さらに急登となり、かなりの体力を必要とした。

でも、もう少し、あとちょっとでピークに達する。頑張んなくちゃ〜、まてよ、てことは降りるのは、もっと大変なはず。(^_^; パジェロイオの男性の勇気有る決断は正しい。今日は岩塊のピークまでにして、まだ体力のあるうちに降りることにした。

ここまで苦労して登って悔しいけれど、午後気温が下がると残雪が凍り始める。アイゼン無しではとても降りられない。山では誰にも甘えることなんて出来ないんだから、自分の判断のみ。最後の頑張りが、悲惨な結果を招くのだ。(体験済み)(笑)

降りよう! やはり靴が滑って、登る時の何倍もの体力が必要となった。スキーの要領で靴のエッジを効かせながら、苦労して降りる。下を見るとゾッとする。えらいコースを登ってしまった。(><) 一瞬足が滑っただけでも必ず頭から落ちそうな場所。カッコ悪くても四つん這いでへばり付いて降りる。慎重と冷静さだけは保とうと思い、ずっと緊張し続け、やっとのことで岩塊を抜けた。雪が無ければたいしたことの無いコースなのにな。やっぱり冬山は怖いなぁ。

林道に出るまでは緊張を緩めることは出来ず、途中、ナメ滝の横でまたまた危ない箇所があり、恐る恐る山側にへばり付いて降り、登りでなんとかなった場所も、降りる時は風景が全然ちがって怖ーい。(T^T) 緊張でお腹も全く空かず、もくもくと歩き続けた。

林道に出てようやくホッとして、へとへとなくせに、やっぱり単独登山は面白い(^o^)なんて思ってしまう、私って変?! 今日も充実感で一杯になり、車に戻ってようやく作ってきたオニギリを口にした。





--------------------------------------------------------------------------------

259. Re: 仙ヶ岳 南尾根コース
 2004年02月01日 日曜日 19時35分 緑水

わかちゃんさん、こんにちは。
読む程に恐いことしますなあ、このコースはお不動さんへのコースですな。チョット高さの有るナメリ滝をへずる所が有りますよね。
雪が付いて凍てついてると落ちたら命とりだよ、山での失敗はリセット出来ないですから。

林道終点の車は榊採りのプロが運転する車だろう、以前は鬼が牙の尾根を越えて船石林道に採取ものを出していましたね。
榊採りの人と話した事が有る、山にただ登る人の気が知れないわと、あの道を車で入るには余ほどの欲がないと出来ませんね。Ryokuはカブで出かける時有りますが。

やっぱり単独登山は面白い(^o^)なんて思ってしまう、私って変?! 

そやなあ頑張って楽しんで下され。

-- CMN v0.40aβ --




--------------------------------------------------------------------------------

266. Re2: 仙ヶ岳 南尾根コース
 2004年02月02日 月曜日 23時49分 わかちゃん

緑水さん、こんばんは。

よくご存知ですね。どのコースも熟知されておられるところが
さすがです。あの軽トラは榊取りですか、神事に使われる枝ですね。
こんなとこで何してるのかなー?と、車の中を覗き込んだのですが、
荷台にも何もありませんでした。緑水さん、色々な方とお話されるんですね〜。また色々教えて下さい。




--------------------------------------------------------------------------------

260. Re:仙ヶ岳 南尾根コース
 2004年02月01日 日曜日 19時47分 柳川洞吹

わかちゃん こんばんは

>林道に出てようやくホッとして、へとへとなくせに、やっぱり単独登山は面白い(^o^)なんて思ってしまう、私って変?

いやいや、だんだん正常になってきていますよ。
安心してくだされ。

よい山旅を!
               洞吹(どうすい)




--------------------------------------------------------------------------------

267. Re2:仙ヶ岳 南尾根コース
 2004年02月02日 月曜日 23時51分 わかちゃん

洞吹さん、こんばんは。

>いやいや、だんだん正常になってきていますよ。
>安心してくだされ。

えっ?! 同類ってこと??





--------------------------------------------------------------------------------

262. Re:仙ヶ岳 南尾根コース
 2004年02月01日 日曜日 23時57分 山日和

わかちゃん、こんばんは。
名前は変わってもやることは全然変わりませんねー(^_^;)
ともあれ、単独の時は無理をしないのが鉄則。
慎重の上にも慎重にお願いしますよ。
またどっかの山のてっぺんで会えるといいですね。

          山日和




--------------------------------------------------------------------------------

268. Re2:仙ヶ岳 南尾根コース
 2004年02月03日 火曜日 00時02分 わかちゃん

山日和さん、こんばんは。

>名前は変わってもやることは全然変わりませんねー(^_^;)

だって同一人物ですもん。( ̄^ ̄)エッヘン (褒められてないっつーの)

>またどっかの山のてっぺんで会えるといいですね。

逆光じゃない方角から登場して下さいね〜!(笑)

でもバリの方とは、同じ山を歩いていたとしても、
お会いできないんでしょうね

2006/03/19(Sun) 18:28:43  [No.2056]


掲示板に戻る