一括表示

  【奥越前】口無山・敗退記録 投稿者:矢問(やとう)
【奥越前】口無山・敗退記録 (画像サイズ: 480×360 97kB)

【行き先】福井県・口無山から県境JP計画・・敗退記録
【期 日】2006年4月1日(土) 
【メンバー】矢問 単独
【コース】 勝山市荒土町・新道集落−口無山(873.1m)手前敗退

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/kuchinashi0604.htm

家を出るのが2時間遅れて新道集落に着いたのは夜中の3時過ぎ(;_;)
車中仮眠も2時間半しかできない。口無山から県境ジャンクションピーク、そして
雪の締まり具合がよくて快調ペースで進む事が出来たら毛無山まで行くぞ!

5:30
起床。除雪最後を着いたときに見にいったが、川沿いの道には1m50cmほどの積雪。
集落の家の屋根にもまだ雪がある。道はカチンコチンに凍結。
大阪方面はもう桜も咲き始めているが、ここはまだまだ冬景色。
山中の積雪具合と締まり具合がわからない。ワカンとスノーシュー、どちらにするか。
ロープ、アイゼン、ピッケル、ツェルト、ガスなどをザックに詰め込み、悩んだが、スノ
ーシューにした。ストックも持った。気温はマイナス2℃。

6:00
集落のバス停横の道路脇に車をデポし出発。道が凍っていてツルツルだ。
除雪最後で雪に乗り込み、川沿いに進む。ツボ足で20cmほど沈む。
10分ほど歩いて足の抜き差しに疲れた。スノーシュー装着。歩きやすい。

6:20
狙っていた斜面は地形図で見るより急に感じるが、登らねば・・・。
ステップを切りながら登る。すぐに暑くなる。10分ほどで植林帯を抜けて尾根へ。
左は植林帯、左は自然林だが、尾根筋の自然林の枝がジャングルのように邪魔だ。
枝と格闘も疲れる。尾根より右斜面をトラバース気味に登る。鹿の声が多い。
雪が20cmくらいの深さの所で層になっていて、ゴソッと絨毯のようにミニ表層雪崩の
ように崩れ滑る。1m登って、自分の周囲の雪と共に5mほど滑る・・・。
なかなか上へ進まない! 暑い。汗が流れ目に入って痛い。バンダナを巻く。

7:00
ジャングル帯も抜けてまあまあ登りやすい尾根になったが、スノーシューは相変わらず
20cmほど沈む。春の湿った重い雪だ。左の真っ白な水無山の景色が目に飛び込む。
右にはこれから行くJP方面がこれまた真っ白で青空によく映えている。綺麗だ!
木の根元のへこみ部分で軽く朝食。サービスエリアで買ってきた焼きサバ寿司がうまい。
このあたりから雪質が変わった。じめじめ雪ではなく細かく軽くなってきた。
スノーシューは相変わらず20cmは沈む。斜度のきついところは膝まで沈む。

8:00
P505mに着いた。とても素晴らしい展望だ。下には新道集落も白く小さく見える。
しばらく尾根筋を進む。右の斜面では小規模の雪崩れが発生。雪崩れていない部分でも
小さな雪塊が落ち出すとバウムクーヘンのように転がり最後はタイヤよりも大きな輪っか
になって転がって行ってる。雪が緩みだし弱層が崩れ始めたか・・・。
進行方向には見上げるような20mの雪の斜面。「うっ、これ登るのか??」
つかむ木がないし、タラタラタラ〜っといくつもの雪塊が滑り落ちてきている。
地形図を再確認。やはりこれを登れば、少し緩やかな尾根になり痩せ尾根が続くはずだ。
2本のストックを中間位置で握りしっかり差し込んでステップを切りじわっと登るのを
繰り返す。途中で弱層部分がガサッと崩れて5mほど滑ったが、ストックを突き刺し
何とか止まった。登りながら「これを帰りに下るのはメチャ怖いなぁ」と思いつつ前進あ
るのみ。雪が締まっておらず崩れやすい。弱層と下の層が実感できるいやな感じ。
最後の乗り込みが崩れそうで怖かったが、何とか登りきれた。

8:40
今登ったところを振り返るが崩れても困るので、際までは行けず直下は見えない。
前進しよう。周囲の景色は360度素晴らしい。正面の口無山まではあとわずかだ。
雪の痩せ尾根だ。てっぺんは足の幅も無く、両側は落ちている。ずっと奥は雪庇になって
おり左に少し張り出している。右の斜面がタラタラ〜と雪塊崩れが続いている。
7割は行けると思いじっと見つめた。あとの3割はここも弱層が崩れだしたら止まらない
だろうと懸念した。相棒がいればビレイしてもらいつつ踏み固めて進めそうだが、今日は
単独行だ。てっぺん部分には小さな獣の足跡のみ。クラックも見える。葛藤が続く・・・。
「ここまで来たのに・・・」目の前の口無山だけでも行きたい気持ちを押さえて、この痩
せ尾根はもっと雪がしっかりしているときに来ようと、無理せず戻ることにした。
じっと口無山とジャンクションピーク方面を見つめた。残念だ。「また来るぞ」と誓う。

あの斜面を下る。左に滑ってしまうと谷底まで一直線だ。スノーシューを脱いでツボ足で
慎重に下る。乗っている雪面が滑って3mほど面で落ちた時はヒヤリとした。

9:00
P505mに戻った。この景色は去りがたい。「こんな撤退の時でも山日和さんならこの
時間を大切に楽しむだろうな」と頭をよぎり、景色を楽しみつつここで昼食にと持ってき
たラーメンを食べることにした。ダシの水が不足したので雪をたんまり入れて溶かした。
無風だし太陽もしっかり照っている晴天だ。ツェルトも要らない。
携帯が鳴った。ことちゃんからのメールだった。電波が届くのだな。
食事をしていることを返信すると「P505mでかな?」と大当たりの返信に驚いた。
至福の50分間だ。心配しているMICKEYにも「撤退を決意して戻る」とメールした。

帰りは自分の足跡に沿って戻ったが、あの枝のジャングルがいやなので右手の杉の植林帯
の尾根筋を下った。景色はない植林帯だが明るいしとても下りやすかった。

10:25
車のデポ地に着いた。振り向くと真っ白な山。「また来るぞ」と言って帰路についた。
集落を出てからも、昨夜は見えなかった素晴らしい雪景色が広がっている。
福井北ICから敦賀ICまで高速利用(1,650円)。あとは名田庄村経由の地道で帰った。
ラジオではPL学園が勝ってベスト4。タイガースは3点勝っていたのに最後は負けた。

2006/04/02(Sun) 15:29:37  [No.2203]


矢問さん、こんにちは。
ずいぶん渋いところを選びましたね。(^_^)
福井方面は週中3日間の降雪予報で外してました。

> 除雪最後で雪に乗り込み、川沿いに進む。ツボ足で20cmほど沈む。
> 10分ほど歩いて足の抜き差しに疲れた。スノーシュー装着。歩きやすい。

ツボ足で20センチくらいだとまだいいですね。川上ではヒザまで潜りました。

> 雪が20cmくらいの深さの所で層になっていて、ゴソッと絨毯のようにミニ表層雪崩のように崩れ滑る。1m登って、自分の周囲の雪と共に5mほど滑る・・・。

これは虎子の下りと同じ状況。自分が雪崩れていきそうでした。

> このあたりから雪質が変わった。じめじめ雪ではなく細かく軽くなってきた。
> スノーシューは相変わらず20cmは沈む。斜度のきついところは膝まで沈む。

これだといいですね。私の方は終始変わらずでした。

> 繰り返す。途中で弱層部分がガサッと崩れて5mほど滑ったが、ストックを突き刺し
> 何とか止まった。

こういうところはアイゼンでクラスト層まで蹴り込んでピッケルに持ち替えた方がいい
のかも。


> 雪の痩せ尾根だ。てっぺんは足の幅も無く、両側は落ちている。ずっと奥は雪庇になって
> おり左に少し張り出している。右の斜面がタラタラ〜と雪塊崩れが続いている。
> 7割は行けると思いじっと見つめた。あとの3割はここも弱層が崩れだしたら止まらない
> だろうと懸念した。相棒がいればビレイしてもらいつつ踏み固めて進めそうだが、今日は
> 単独行だ。てっぺん部分には小さな獣の足跡のみ。クラックも見える。葛藤が続く・・・。
> 「ここまで来たのに・・・」目の前の口無山だけでも行きたい気持ちを押さえて、

気持ちはわかります。ひとりだと無理できないですからね。(ひとりでなくても無理はダ
メですが・・・)安全が第一です。

> P505mに戻った。この景色は去りがたい。「こんな撤退の時でも山日和さんならこの時間を大切に楽しむだろうな」と頭をよぎり、

早くおりてもしようがないですもんね。天気が悪けりゃ別ですが、景色がいいならゆっ
くりした方が心が豊かになるというものです。(^_^)

                     山日和

2006/04/02(Sun) 18:15:12  [No.2207]


  Re: 【奥越前】口無山・敗退記録 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^)

> ずいぶん渋いところを選びましたね。(^_^)
人が来そうもなく静かそうだったので(^^)
下山時に気がつきましたが、集落のほぼ字が消えた看板にはちゃんと許可がいるようなことが書いてありました(^^;)

> ツボ足で20センチくらいだとまだいいですね。川上ではヒザまで潜りました。
食事後、油断して歩き出したら膝上というかモモまで沈み、あわててスノーシューを装着。ゆるゆるですね。

> これは虎子の下りと同じ状況。自分が雪崩れていきそうでした。
ありゃ、阻止できないですね。魔法の絨毯状態です〜。
その余韻もあり、痩せ尾根はあきらめました。

> こういうところはアイゼンでクラスト層まで蹴り込んでピッケルに持ち替えた方がいい
> のかも。
僕もそう思います(^^;) もうほとんど登り切り状態で、下って履き替えるのもなぁ・・と(^^;)

> 気持ちはわかります。ひとりだと無理できないですからね。(ひとりでなくても無理はダ
> メですが・・・)安全が第一です。
でも、ホントに悔しい限り・・・。口無山にさえ到達すれば、JPは昼には着く計算
だったのですが(;_;)

> 早くおりてもしようがないですもんね。天気が悪けりゃ別ですが、景色がいいならゆっ
> くりした方が心が豊かになるというものです。(^_^)
土曜の山行はこういう余裕がありますね(^^)。めちゃ気分が楽です(^^)

2006/04/02(Sun) 21:38:46  [No.2209]


  Re: 【奥越前】口無山・敗退記録 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、こんばんわ〜。


> P505mに戻った。この景色は去りがたい。「こんな撤退の時でも山日和さんならこの
> 時間を大切に楽しむだろうな」と頭をよぎり、景色を楽しみつつここで昼食にと持ってき
> たラーメンを食べることにした。ダシの水が不足したので雪をたんまり入れて溶かした。
> 無風だし太陽もしっかり照っている晴天だ。ツェルトも要らない。

ええ天気でよかったですね〜。福井も美濃もピカピカのお日様マークで、縫ケ原の時にそちらの方面も白い稜線が続いていたので、この雪でも行けそうな候補の山にしおりをはさんでいましたが、その一つのコースに矢問さんが行っていたとは。


> 携帯が鳴った。ことちゃんからのメールだった。電波が届くのだな。
> 食事をしていることを返信すると「P505mでかな?」と大当たりの返信に驚いた。

所用でいただいていたメールに返信をすると、今、口無山手前のピークでランチと返信があり、びっくり。

「福井の雪山」のそのページすぐに見たら、P505だとすぐ分かりました。

こちらは、残業続きで体調不良、山は残念して、布団に横たわっていました。

敗退といえど、晴天の雪山でランチとは、うらやましなぁ。

2006/04/02(Sun) 23:31:42  [No.2213]


  Re: 【奥越前】口無山・敗退記録 投稿者:矢問(やとう)

とっちゃん、こんばんは(^^)

> 所用でいただいていたメールに返信をすると、今、口無山手前のピークでランチと返信があり、びっくり。
携帯の六甲颪が鳴り出して緊急事態か、とおもいきや、とっちゃんでした(^^;)

> 敗退といえど、晴天の雪山でランチとは、うらやましなぁ。
なにがうらやましいって、25日にとっちゃんが行ってきた山のほうが断然エエやんか〜(^^) くやしい〜!!!!!!i(^^)

2006/04/03(Mon) 20:09:56  [No.2216]


  Re: 【奥越前】口無山・敗退記録 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんばんは。

> 雪の締まり具合がよくて快調ペースで進む事が出来たら毛無山まで行くぞ!
> 10:25 車のデポ地に着いた。「また来るぞ」と言って帰路についた。

お早いご帰還で。
春の湿雪は、始末の悪いもののようですね。
私は「たっぷり新雪は良い」と、単純に考えていました。

> 1m登って、自分の周囲の雪と共に5mほど滑る・・・。

まるで、アリ地獄ですね。

> ここも弱層が崩れだしたら止まらないだろうと懸念した。
> クラックも見える。葛藤が続く・・・。「ここまで来たのに・・・」
> もっと雪がしっかりしているときに来ようと、無理せず戻ることにした。

経験に裏打ちされた山で生き残る人の、賢明な判断が勉強になります。

> 心配しているMICKEYにも「撤退を決意して戻る」とメールした。

MICKEYさん、土曜日はお仕事ですか?
矢問さんのレポに「MICKEY」さんの文字が有るとなぜかニッコリします。

                          伊勢山上住人

2006/04/03(Mon) 21:19:00  [No.2218]


  Re: 【奥越前】口無山・敗退記録 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、こんばんは(^^)。

> お早いご帰還で。
f^_^;ポリポリ おはずかしいです〜。

> 春の湿雪は、始末の悪いもののようですね。
住まいあたりが雨の時はこの時期、重い雪が多いですね。

> 私は「たっぷり新雪は良い」と、単純に考えていました。
小動物と鳥の足跡以外、誰の踏み跡もない上を歩くのはやはり気持ち良いですよ(^^)

> > 1m登って、自分の周囲の雪と共に5mほど滑る・・・。
> まるで、アリ地獄ですね。
ホント、逆に登ってくれるなら魔法の絨毯なんですけどね・・・。

> > もっと雪がしっかりしているときに来ようと、無理せず戻ることにした。
> 経験に裏打ちされた山で生き残る人の、賢明な判断が勉強になります。
賢明な判断かどうか(^^;) 単に怖がりなだけって良くMICKEYに言われます。
でもその手の本を何冊も読んでると「あの例ににてるよな・・」と頭をよぎるし(^^;)
まっ、また来年でも登る機会もあると思います(^^) >ね、山日和さん、とっちゃん(^^)

> MICKEYさん、土曜日はお仕事ですか?
案外、僕が出た後、近場の自分のお気に入りの山へ行ってたりするんですよ(^^)

> 矢問さんのレポに「MICKEY」さんの文字が有るとなぜかニッコリします。
僕がボロボロの姿が想像できて、でしょ(^^) その通りです〜。息子にも言われます。

2006/04/04(Tue) 19:19:02  [No.2229]


矢問さん こんばんは

なかなか大変なコンディションの雪で、
採らぬタヌキのなんとやら山行になってしまいましたね。

> しばらく尾根筋を進む。右の斜面では小規模の雪崩れが発生。雪崩れていない部分でも
> 小さな雪塊が落ち出すとバウムクーヘンのように転がり最後はタイヤよりも大きな輪っか
> になって転がって行ってる。雪が緩みだし弱層が崩れ始めたか・・・。
> 途中で弱層部分がガサッと崩れて5mほど滑ったが、ストックを突き刺し
> 何とか止まった。登りながら「これを帰りに下るのはメチャ怖いなぁ」と思いつつ前進あ
> るのみ。雪が締まっておらず崩れやすい。弱層と下の層が実感できるいやな感じ。

この日の雪は、ナダレたら怖い。
ワシも斜面で雪を切って弱層テストのまねごとをしてみましたが、
表面から30センチくらいのところで、見事にスポンとちょん切れ、ぶっ飛びました。
ワシの歩いたところは、急斜面がなかったからよかったですがね。

> 7割は行けると思いじっと見つめた。あとの3割はここも弱層が崩れだしたら止まらない
> だろうと懸念した。相棒がいればビレイしてもらいつつ踏み固めて進めそうだが、今日は
> 単独行だ。てっぺん部分には小さな獣の足跡のみ。クラックも見える。葛藤が続く・・・。
> 「ここまで来たのに・・・」目の前の口無山だけでも行きたい気持ちを押さえて、この痩
> せ尾根はもっと雪がしっかりしているときに来ようと、無理せず戻ることにした。
> じっと口無山とジャンクションピーク方面を見つめた。残念だ。「また来るぞ」と誓う。

ひとりだと、無理は絶対ダメですね。
9割でも、残り1割が怖い。
ワシは恐がりだから冒険はようしませんので、9割9分9厘安全と思えないと進めません。

> 至福の50分間だ。心配しているMICKEYにも「撤退を決意して戻る」とメールした。
> 車のデポ地に着いた。振り向くと真っ白な山。「また来るぞ」と言って帰路についた。

残念でしょうが、安全第一。
お疲れさまでした。

よい山旅を!
                                  洞吹(どうすい)

2006/04/05(Wed) 19:53:00  [No.2235]


  Re: 【奥越前】口無山・敗退記録 投稿者:矢問(やとう)

洞吹さん こんにちは(^^)

> ワシも斜面で雪を切って弱層テストのまねごとをしてみましたが、
> 表面から30センチくらいのところで、見事にスポンとちょん切れ、ぶっ飛びました。
やはりそうでしたか。ホントにうわっつらだけ新しい雪がかぶっていて斜面はコワイですね。

> ひとりだと、無理は絶対ダメですね。
山日和さんならいくだろうなぁ・・・とじっと見つめていました(^^;)

> ワシは恐がりだから冒険はようしませんので、9割9分9厘安全と思えないと進めません。
僕もめちゃ怖がりでf^_^;ポリポリ

2006/04/08(Sat) 10:02:04  [No.2253]


掲示板に戻る