一括表示

  誘われて 大黒山 投稿者:たろぼう
誘われて 大黒山 (画像サイズ: 1000×666 496kB)

かの洞吹氏が前夜発の万全体制で挑んだにも拘わらず
無雪期なら1時間で登れるらしい入門コースが
ca750mコバにて撤退を余儀なくされる大黒山とはどんな山か?。
(仕事疲れによる寝過ごしも若干影響があったようだが・・・)
急に興味が湧いてきて予定の鈴鹿山行を急遽取り止めて出かけることにした。
ルートは勿論入門コースの椿坂峠からである。

【山 域】 湖北 大黒山
【日 時】 '06/4/7(金)
【天 候】 晴れ
【人 員】 単独
【コース】 椿坂峠→大黒山→・859往復→△鯉谷→西尾根→国道→椿坂峠
      6:30  8:00       12:00〜12:45   14:20 14:45
初めての山に出かけるのは嬉しいのか なんと3時に目が覚めた。
4時に自宅を出発 これで高速代が節約できる。
予報は朝のうち曇りで昼から晴れとのことだったが星が見えていた。
米原から8号線に入るのは本当に久し振りだ。
北国街道は随分昔夜叉ヶ池に行った帰りに一度だけ通って以来である。
古い道路地図を見て 木之本のT字路を右折し木之本地蔵の前から
街道に入ると感じはいいが狭い道。こんな道が続くのかと思いながら
しばらく走るとバイパスに合流した。トホホ。

柳ヶ瀬辺りから目の前に雪が現れ椿坂村辺りからは目立って増えてきた。
峠が近づき駐車場所を心配したが手前に置くことが出来た。
予報はいい方に外れたようで朝から青空である。
前夜下調べとして かつて何度か同行させていただいた富永豊氏の
「奥美濃とその周辺の山 130山」
を見ていると登山口は峠向こう50m程にあるらしいので巡視路プレートを探すと
「火」の字だけが見えていたが道は雪の下。
適当に取り付いたら古いワカン跡があった。洞吹氏のものか?。
登り始めにあるというブナの大木を楽しみにしていたがどういう訳か見逃してしまったようだ。

今朝はかなり冷え込み残雪も堅かったがそのまま靴で登る。
右手は最初植林が目立った。
しばらくすると残雪が消えた部分に巡視路が現れた。
今年の豪雪で登路を倒木が妨げ歩きにくい。
背後を振り向くと県境尾根が道路の反対側にあるが高度は低くなんだか妙な感じだ。
敦賀湾が見え始め懐かしい西方岳が望めた。

登るに従い傾斜が緩くなりそれと共にブナが増えてきた。
下の道路はまだ福井側が開通していないせいか至って静かで
近くの鳥の声が聞こえるだけ。
やがてブナメインの山頂部が近づいてきた。
三角点は勿論雪の下だがそれらしき付近に達すると
文字がすっかり消え失せた小さなプラスチック板が一枚だけ
ひっそりと掛かっていた。
残念ながら期待の展望は360度全開ではなくブナに全周囲まれている。

ついにやってきた大黒山の山頂。
さあ帰ろうと思ったらまだ8時だった。
これでは如何にも早すぎる。
地図を眺めて少し散歩することにしよう。
東の尾根に鉄塔がありあの辺りまで往復することにした。
少し下り三角点781への尾根から別れる。
この辺りはもうずっとブナばかりであまり太くはないが
気分がとても良いところだった。
時折地面が溶け巡視路が見えるが右手にはまだ雪庇が
残っており3mぐらいありそうだ。
雪庇のせいか左手よりも右手の展望が正面によく目立つ大きな山容は妙理山か?。
手前に見える鉄塔が通過する三角点781峰はあまりさえない感じで目立たない。
湖西の野坂山地も雪が多いが悲しいかな山名はさっぱり分からない。

鉄塔を過ぎ・859の少し先のピークまで行って休憩。
海が見えたので日本海かと思ったが琵琶湖だった。
伊吹は何とか分かったが他の山はあまり分からず残念。
隣に無料の人間マップが欲しいところだが
平日では仕方がない。
引き返しは踏み抜きが多くなってワカンを着用した。

再び大黒山に戻り滋賀最北部の県境付近を眺めるが
これまた山名が分からない。取りあえずカメラに残すとしよう。
さてそろそろ昼にしようと思ったが時計を見れば10時35分。
もう少し早いようだ。
再度地図を眺めると大黒山のすぐ北もピークの形をしている。
展望もよさそうな感じだしここでゆっくりして中河内に
下りても時間はありそうだったが慌てて印刷した地図は上が切れていた。
ここから北西尾根を下りることにしよう。
 
鞍部に向かって駆け下りると簡単に次のピークに着いたが
ここは植林が半分を占めており展望はあまりなく雰囲気も期待外れ。
再び本日3度目の三角点に戻り
今度は781峰に向かうことにした。
ガイド書によるとこの間は巡視路がなく道は送電線沿いに谷に
下りているようだ。
今は雪があるので大丈夫だろう。
この尾根も始めはブナが多く結構太い物も見られた。
しかしこれだけブナを多く見られると飽きるほどだ。
後ろを振り向くと登路の尾根がよく分かった。
雪が溶けているところを見ると尾根には薄い踏み跡もある感じだった。

さて鉄塔が近くに見えてきた。
そろそろ三角点のようだが付近は残念ながら杉の植林で
大黒山のような雰囲気もなかった。
付近にはプレート類も雪の下になっているのか何もなかった。
帰ってからこの山の名前を調べると手許のガイド書には記述がなく
点名は「鯉谷」のようだ。

さてようやく12時となったので付近の鉄塔の下で
木之本方面を眺めながら晴天無風のもとランチタイムにした。
この辺りの鉄塔は鈴鹿と違い鉄塔の下に雪止めらしきものがあった。
豪雪で鉄塔に付着した雪が下に落ち雪崩れを誘発するのを
防止しているようだ。
食後はここから西の尾根を下りることにした。
ここは最初植林でその下は雑木だったがブナはほとんどなかった。
尾根筋は途中で雪が消えたが幸い切り開きがあり
容易に国道まで下りられた。

峠まで歩き車に無事戻ったが時間も早いので
朝見逃したブナの大木を探したら国道から見えていた。
早速近寄るとコブがたくさんある本日一番の巨木だったが
残念ながら太い枝が雪の為根元から折れていた。
折れた枝先には今年の新芽が今にも芽吹きそうだった。

帰りはまだ行ったことがない菅並経由で
戻ろうと中河内に向かったが菅並方面は通行止めとのことで
そのまま戻ることにした。

ところで添付の画像。
白いなだらかなピークの左が上谷山。右が三国岳。
間の鋭い山が三周ヶ岳。手前が安蔵山でよかったのでしょうか?。
美濃俣丸は見えないのですね。どなたか教えて下さい。

2006/04/08(Sat) 10:54:42  [No.2255]


  Re: 誘われて 大黒山 投稿者:山日和

たろぼうさん、こんにちは。
みんな大黒山へと向かっていますね。(^_^)
私は行ったことないんです。ずっと気にはなってるんですけどね。

> 今朝はかなり冷え込み残雪も堅かったがそのまま靴で登る。

この日はいいコンディションだったようですね。春はこれでないとね。

> 下の道路はまだ福井側が開通していないせいか至って静かで
> 近くの鳥の声が聞こえるだけ。

スキー場の営業も終わったので、栃ノ木峠の開通まではほんのひととき、一部の人の生
活道路に戻りますね。

> 残念ながら期待の展望は360度全開ではなくブナに全周囲まれている。

これがまたいいのだろうと思います。湖北の低山の魅力。

> 隣に無料の人間マップが欲しいところだが

私がいればよかったですねー(^^ゞ

> この尾根も始めはブナが多く結構太い物も見られた。
> しかしこれだけブナを多く見られると飽きるほどだ。

そうですかー? 私はいくら見ても飽きませんよ。(^_^)

> さてようやく12時となったので付近の鉄塔の下で
> 木之本方面を眺めながら晴天無風のもとランチタイムにした。

いい時間にいいランチ場所を迎えることを考えると、別のところから登って椿坂峠に下
りるルート設定にした方がよさそうですね。

> ところで添付の画像。
> 白いなだらかなピークの左が上谷山。右が三国岳。
> 間の鋭い山が三周ヶ岳。手前が安蔵山でよかったのでしょうか?。

そうですね。奥の左側が三周、美濃俣丸は見えませんね。その右に夜叉ヶ丸と夜叉姫
岳。その間の奥に白く見えているのが高丸(黒壁山)ですね。
手前の黒い尾根は859mから729mへの尾根でしょうか? ならば安蔵山は見えませんね。
真ん中の上谷山の手前のピークは上谷山から針川への尾根の1041mピークではないでしょ
うか。

                   山日和

2006/04/09(Sun) 08:41:01  [No.2256]


  Re: 誘われて 大黒山 投稿者:たろぼう
Re: 誘われて 大黒山 (画像サイズ: 3248×985 498kB)

山日和さん こんばんは

> 私がいればよかったですねー(^^ゞ

そうですね。今まで皆さんのこの辺りの記録は拝見するだけで
地図も持っていませんでしたので山の名前などさっぱりでした。
これを機にカシミールで地図を少しずつダウンロードしていきます。
次回からは早く表示されるので素早く見られますからね。
本物の25000図も揃えたくなってきました。

> > しかしこれだけブナを多く見られると飽きるほどだ。

> そうですかー? 私はいくら見ても飽きませんよ。(^_^)

普段のフィールド鈴鹿ではこんなにブナが多くないので圧巻でした。

> そうですね。奥の左側が三周、美濃俣丸は見えませんね。その右に夜叉ヶ丸と夜叉姫
> 岳。その間の奥に白く見えているのが高丸(黒壁山)ですね。
> 手前の黒い尾根は859mから729mへの尾根でしょうか? ならば安蔵山は見えませんね。

御指南有り難う御座います。おお助かりですわ。
これは大黒山山頂付近で撮りました。
夜叉ヶ丸と夜叉姫岳というのは手元の資料等も見てもよく分かりません。
鈴鹿の御池岳に一回だけ登った人に南峰や東のボタンブチといっても通じにくいのと
同じですね。
原寸画像を切り取り一応名前を適当に書き込みましが大ボケでしたらよろしくです。

                               たろぼう

2006/04/10(Mon) 11:47:52  [No.2263]


  Re: 誘われて 大黒山 投稿者:山日和

たろぼうさん、こんばんは。

> 夜叉ヶ丸と夜叉姫岳というのは手元の資料等も見てもよく分かりません。
> 鈴鹿の御池岳に一回だけ登った人に南峰や東のボタンブチといっても通じにくいのと
> 同じですね。

そりゃそうですね。(^^ゞ

> 原寸画像を切り取り一応名前を適当に書き込みましが大ボケでしたらよろしくです。

大正解です\(^o^)/

                    山日和

2006/04/10(Mon) 20:06:36  [No.2265]


  Re: 誘われて 大黒山 投稿者:柳川洞吹

たろぼうさん こんばんは

> かの洞吹氏が前夜発の万全体制で挑んだにも拘わらず
> ca750mコバにて撤退を余儀なくされる大黒山とはどんな山か?。
> (仕事疲れによる寝過ごしも若干影響があったようだが・・・)

万全体勢などとはお恥ずかしい。
「緊張が足りん」とお叱りを受けそうな、いつもの惰性山行でござります。

> 適当に取り付いたら古いワカン跡があった。洞吹氏のものか?。

あの極悪な新雪の日はワシだけですので、たぶんそうでしょう。

> 今朝はかなり冷え込み残雪も堅かったがそのまま靴で登る。

雪が締まっていてよかったですね。

> 背後を振り向くと県境尾根が道路の反対側にあるが高度は低くなんだか妙な感じだ。
> 敦賀湾が見え始め懐かしい西方岳が望めた。

眼下の県境稜線越しに海が見える、この景色がなんともいえず、いいのですわ。

> 残念ながら期待の展望は360度全開ではなくブナに全周囲まれている。

山頂からの展望は期待できませんね。
そのかわり、静かなブナの純林が広がる、いい雰囲気の山頂です。

> 点名は「鯉谷」のようだ。

大黒山南方の三角点ですね。
北方の点名「イカ谷」同様、魚介シリーズでよろしく。
今年は、この山域も遅くまで雪がありましたね。
例年、これくらい積もっていてくれるとありがたいです。

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2006/04/09(Sun) 20:35:59  [No.2257]


  Re: 誘われて 大黒山 投稿者:たろぼう
Re: 誘われて 大黒山 (画像サイズ: 3201×849 368kB)

洞吹さん こんばんは

> 眼下の県境稜線越しに海が見える、この景色がなんともいえず、いいのですわ。

日本海と琵琶湖果ては大阪湾や太平洋に注ぐ分水嶺が意外に低いのにびっくりしました。
もっともこのお陰でこの辺りの雪が多く山屋にはこたえられないようですね。
上谷山の白さや山容のなだらかさは感動ものでした。
こんな姿を見ると春の花をほっといて北へ北へと足を伸ばされる皆さんの気持ちも
分かる気がしましたよ。

> 北方の点名「イカ谷」同様、魚介シリーズでよろしく。

同じことを考えて地理院のホームページへ行き近くに秋刀魚谷でもないかと探しましたが
さすがにこれは無いようでした

添付は・859付近から湖西の山を写したものですが
山名どころか県境も分からない有様でお恥ずかしい次第です。
                              たろぼう

2006/04/10(Mon) 12:12:04  [No.2264]


  Re: 誘われて 大黒山 投稿者:とっちゃん(こと)

たろぼうさん、こんばんわ〜。

大黒山、登られたんですね〜。鈴鹿オンリーの山行でしたが、湖北の山々もまたいいでしょう。


> 前夜下調べとして かつて何度か同行させていただいた富永豊氏

そうでしたか、そういえば、富永氏の山の会はそちらの方でしたね。

ということは、鈴鹿以外の山々を以前は歩いてはったのかしら?

>> 登り始めにあるというブナの大木を楽しみにしていたがどういう訳か見逃してしまったようだ。

登り始めてすぐの所にありますが、太い幹が雪ででしょか、折れていて痛ましかったです。

> 地図を眺めて少し散歩することにしよう。
> 東の尾根に鉄塔がありあの辺りまで往復することにした。

そうですね〜、私もこの尾根よさそうだなぁ〜って眺めてました。

2006/04/16(Sun) 21:45:19  [No.2303]


  Re: 誘われて 大黒山 投稿者:たろぼう
Re: 誘われて 大黒山 (画像サイズ: 1000×666 180kB)

とっちゃん こんばんは 気になって辞書見ると「こんばんわ」は発音で書くときは「は」みたいやで

> 湖北の山々もまたいいでしょう。

湖北は藪がひどいらしいので今の時期を狙いました。
県内でも鈴鹿より遠いのでガソリン代が大変です。
水で走る車でも発明して欲しいですね。

> ということは、鈴鹿以外の山々を以前は歩いてはったのかしら?

日帰りで何度か鈴鹿以外も行ったことがありますが好きな鈴鹿は苦手な藤内の岩登り練習
や年一回の新人歓迎の鈴鹿道標立てくらいしか予定がなくいつの間にか疎遠になってしまいました。

> そうですね〜、私もこの尾根よさそうだなぁ〜って眺めてました。

椿坂峠からだと時間が余るので車が2台あるとこの尾根の末端から歩くのも面白そうですね。
添付は三角点鯉谷付近から見た東の尾根です。稜線の木はほとんどブナでした。

                            たろぼう  

2006/04/17(Mon) 20:22:56  [No.2315]


  Re: 誘われて 大黒山 投稿者:とっちゃん(こと)

たろぼうさん、こんばんは〜。

> とっちゃん こんばんは 気になって辞書見ると「こんばんわ」は発音で書くときは「は」みたいやで

あら〜〜。ほんま、ぼけてましたわ。

は〜。(@_@)

> 水で走る車でも発明して欲しいですね。

誰か考えてくれないかな?今日も、ガスケツ寸前の車をヒヤヒヤしながら乗ってました〜。で、そのままガソリン入れるの忘れて帰ってきちゃって、明日どうしよかなぁ。

> や年一回の新人歓迎の鈴鹿道標立てくらいしか予定がなくいつの間にか疎遠になってしまいました。

じゃ、○○市山岳会に入ってはったのん?。

> 椿坂峠からだと時間が余るので車が2台あるとこの尾根の末端から歩くのも面白そうですね。
> 添付は三角点鯉谷付近から見た東の尾根です。稜線の木はほとんどブナでした。

このあたり、他のルートも2台での縦走がよさそうやね〜。
                           

2006/04/17(Mon) 22:20:08  [No.2317]


掲示板に戻る