一括表示

  【北摂】大船山サポート山行 投稿者:矢問(やとう)

【行き先】北摂・大船山(653.1m)
【期 日】2006年4月9日(日) 
【メンバー】山ネットのメンバーと矢問の45名
【コース】 JR大阪駅―三田駅―神姫バス―十倉バス停、
     大船山登山口〜大船山分岐〜大船山山頂〜波豆川バス停
     ―バス―JR三田駅―大阪駅

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/oohuna.htm

視覚障害者の登山サークル「山ネット」の今月の登山は僕にとっては近場の大船山。
「ふるさと兵庫の50山」に選定されているこの山をMICKEYと登って以来7年ぶりだ。
僕は三田駅で合流し、サポート開始、そしてまた三田駅までの参加ということで参加。

三田駅で大阪からの一行を待つ。大阪駅に7時10分集合とのことなので、参加者は少な
いのではと思っていたら僕を入れて44名。それに、現地登山口で林さんも合流するとの
ことで45名とのこと。おりーぶさんも猫むすめさんも茂木さんもサポート参加。
超久しぶりにユングさんにも会えた。

8時半過ぎから10時の間の、三田駅から十倉までの新姫バスは無くなっているので、
44人も乗るのだし、チャーター便を頼むことになった。8時50分に三田駅前を出発。

9:15
十倉バス停。バスの中で5班に分けて、僕は5班。ザックにサポートロープをつけて、
KDさんのサポートを担当。KDさんのサポートはKDさんが数年前の初参加の頃から
何度もしている。太り気味だったKDさんは今は締まった体つきとなり、足の運びも素晴
らしい。右に菜の花の咲く畑を見ながら登山口へと進む。「ひんやりするね」と声。
まだこのあたりの朝は肌寒い。ため池の横を通り、杉の植林帯へと入る。ここも鹿害か、
下草が無くて土がむき出しで段々と荒れてきている。谷道なので溝状の所に水が流れてど
ろんこ状態の所もあるが、KDさんは誘導通りうまく通過してくれスムーズ。

10:15
分岐で10分間の休憩。以前はなかった新しい道標がある。
ここからさらに30分登ると、次の分岐。ここでも休憩を取る。帰路はこの分岐を左へと
進み波豆川方面へと下山するのだ。ここから山頂までは露石がやや多くなり傾斜もすこし
きつくなる。

11:05
大船山の山頂に着いた。大野山はじめ、360度の展望。
なつかしい祠もある。山頂のタムシバの花は五分咲きだった。
KDさんに三角点の位置を教えてタッチ。
山頂は風もなくポカポカと暖かい。1時間のランチタイムとなる。
登山口で合流するはずの林さんがやってきた。アスレチック側の登山口から登るのだと思
って間違って待っていたらしい。45名が山頂を独占状態で満杯。
林さんと茂木さんと並んで食べた。茂木さんからはグァムでの沢登りの話が聞けた。
記念集合写真と新人の自己紹介が終わり、下山開始。
分岐までの急な部分がある下りを慎重にサポートしつつ進む。

13:05
舟寺跡。霧が多く湿気が多かったこの寺は、維持が困難となり、1499年に現在の集落
の所に移された。ここから3分ほどで大きな山桜の木があるが華はつけていなかった。
下までの参道には五輪卒塔婆型の町石が13基あるというが、今では下山までは3つほど
しか見あたらない。正面の線彫りの蓮華座上に錫杖と宝珠を持った地蔵菩薩の立像を薄彫
りされその下に「丁」目が刻んである。
寺跡ではオフロードバイクの数名が食事をしていたが、オフロードバイクがここまで入る
ようになってからは、以前来たときは綺麗だった参道はえぐれて溝状になり、さらには参
道の階段状の石はバラバラになりゴロゴロと転がっており、視障者にはとても歩きにくい
荒廃部分が多い参道となったことが7年ぶりに歩いて悲しい気持ちになった。

13:55
波豆川バス停。ここからは路線バスで三田駅まで戻るが、14:30のバスまで時間があ
る。周囲に沢山あるツクシやフキノトウを採取しながら待つ。
僕は待ち時間を利用して直ぐ先に見えている、寺山と広照寺山のふもとの「大舟寺」まで
久々に行ってお参りした。ここは妻恋地蔵さんや林さんたちと広照寺山に登った際に、立
ち寄ったことがあり、天然記念物の樹齢800年の大きなカヤの木がある。
境内のまだ桜は三分咲き程度だ。

14:30路線バスは山ネットのメンバーで満杯。
三田駅で解散し、僕は15:06のJRで帰路についた。

2006/04/09(Sun) 23:04:34  [No.2259]


 いいですね(^^)
 矢問さんのwebで以前の「障害」者との山行を見させてもらってます。

 エベレストのごみ掃除に勤しんで名前を挙げた似非登山家が、今度は障害者を連れてエベレストに登るんだと・。アホラシ・・・。
 なんで、障害者が唐突にエベレストを目指すんだ?
そんなの登っても「障害」者の恵まれた(?)一部じゃないのサ。「障害」者の生活の連続性など見えなくさせ、CMリズムにのせられんでしょうね(^^)
 まぁバカヤロ〜っ!

 矢問さん、わたしにはそういったおおらかな山行はまだまだですが、是非続けていってくださいね。

2006/04/10(Mon) 00:00:10  [No.2261]


  Re: 【北摂】大船山サポート山行 投稿者:矢問(やとう)

zippさん、こんばんは(^^) 
「やぶこぎ」の掲示板にはチト不似合いなハイキングの報告にもかかわらず、
レスありがとうございます。

もう、山ネットと出会って10年になります。
小学生や中学生時代はいつも一緒に参加していた息子達ももう成人。早いものです。

ここ数年はサポート不足が予想されるときと、足場がいやらしいルート主体に参加する
ように少し出力を下げているので、僕としては年間出動がずいぶんと減りました(^^;)

ただ、毎月の参加者からの山行記録や感想文などの印刷に回す前の年報の編集と原本づ
くりは1人で10年経っても担当しています。
この10年の間に、ここのメンバーからはパラリンピックでメダルを獲得する人が出た
り、盲人マラソンで上位をとったり、視障者がNHKラジオで山ネットについて語った
放送などと、有名人も出ました(^^)。
 
サポートすると自分の無知さを沢山発見できます。「あっ、この香り、なんと言う花で
すか」「あの声はなんと言う鳥ですか」「その木はどんな特徴があるのですか」とか、
いつも目にしているのにしっかり知らないことだらけ・・・(^^;) 特に花の名は弱い!

障害物の岩の大きさや足場の説明など「言葉」で即座に伝える難しさを毎回痛感しま
す。いかに「目」があいているのに「ちゃんと観察していない」「適した日本語が
即座に出ない」かで自分が情けなくなることも多々あります。ま、長年やってるので
相手も気心が知れていて逆に笑って済ませてくれるので助けられることも多いです(^^)

決して「サポートをヤッテあげてる」なんて思わず、共に山を楽しんでいる、という
気持ちが大切で、続けられるコツなんですよね。こちらもエエかっこして無理はしな
い。しかし、できることは進んでさせていただく。

今回サポートしたKDさんも初めて参加されたときは、登山口からの「第一歩」がでな
かった。視障者は大抵そうなんです。普段は通い慣れた生活圏のアスファルトルートの
み。突然、石がゴロゴロ、曲がりくねる、傾斜があるという場面では体が防御反応で固
まるのです。男性も女性もこの「第一歩」を踏み出す勇気は相当なものだと思います。
私たちが目をつむって山なんて怖くて歩けないですものね。闇下もコワイ(^^;)

一度歩いた山は僕らなんかよりもずっと良く記憶されていて「あと100mほどで木の
橋がありましたよね。もう朽ちてなくなっているかなぁ」とか僕が忘却の彼方の地形も
とてもよく覚えておられます。ご自分の歩いたルートの地形図が完璧に頭に残っている
のです。昨日のように山頂のピストン部分があるとそれは素晴らしく、「もうすぐあの
岩場ですね。右足からおろした方が無難ですね」と頭に完璧に入っているのには驚きま
す。

>  矢問さん、わたしにはそういったおおらかな山行はまだまだですが、是非続けていってくださいね。
ありがとうございますm(..)m(^^) 私も加齢しているようにメンバーも加齢しているの
で、「いつまでも若くないよ〜」と、それだけは注意していただくように昨日も話しま
した。団体保険も毎度かけていますが、視障者個人で登山保険に加入している人も増え
てきました。昨日も幹事が保険の案内や説明をしていました。
京都の北の端から4時起きでサポートに来てくれた若い女性の仲間にも感謝しました。
沢登りでは山と渓谷や岳人にも海外遡行でよく記事を書いたり、本も出している茂木さ
んも、以前このサポートに僕とともに参加していた杉の子さんが大台で遭難したさい
に、たまたま茂木さんと同じ会社とわかり、数年間捜索をともに続けてくださって、茂
木さんと「最後にしよう」と行った際に執念で遺骨を発見した縁で、沢登りに行かない
時にはサポートに来てくださっています。
感想文を音訳するグループなど、いろんな経歴や特技を持つ人たちが、それをひけらか
して自慢もせず、単なるオッちゃんおばちゃんの素の姿になってサポートしている姿は
興味深くもあり、ちょっとオーバーに言えば、いま少なくなりつつある人の温かさ、ふ
れあいを感じます。(正味、単なるオッサンおばちゃん軍団と見えます(^^;))

歳相応のまた経験相応の山を楽しんでいただきたいし、みなさん日頃のストレスを馬鹿
な会話もしながら発散されているのを見ているとこちらまで元気を頂きます(^^)
zippさんも気が向いたらいつでもお越し下さい(^^) 
静かな山とは違う賑やか山ですが、そのギャップもこれまたオツなものかも(^^)???

2006/04/10(Mon) 21:40:53  [No.2266]


  Re: 【北摂】大船山サポート山行 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、こんばんわ〜。

3月4月は仕事が忙しくて家でパソコンを開くのも、レポのレスもなかなかできずにいます。

矢問さんは、こうして山ネットの活動続けておられるんですね。

私は自分の為に山を楽しむだけで、まだまだ狭い山の楽しみ方なのかもしれません。

今日は、山仲間で私と同じ病を得た友人を囲む復帰山行でした。その優しく温かな人柄が多くの仲間を迎え入れ安らぎの輪を作ります。

その人の一番好きな山を一緒に歩けて、とっても嬉しそうな顔を見ることができ、それがなにより嬉しい山でした。

2006/04/16(Sun) 21:35:46  [No.2301]


  Re: 【北摂】大船山サポート山行 投稿者:矢問(やとう)

とっちゃん、こんばんは(^^)。

いま僕も仕事が忙しくてメチャしんどい〜(^^;)
父の再入院でこれまた心配も多くて・・・。

> 矢問さんは、こうして山ネットの活動続けておられるんですね。
たいしたことはしていませんけどねf^_^;ポリポリ
僕ができることはたかがしれています(^^)
逆に元気をもらっていることも多いかな。

> その人の一番好きな山を一緒に歩けて、とっても嬉しそうな顔を見ることができ、それがなにより嬉しい山でした。
いいですね(^^) ともに同じ苦しみ悩みを共感でき経験を理解しあえるのは。
また、そういう仲間との山行の報告も楽しみにしています(^^)

2006/04/19(Wed) 19:54:37  [No.2331]


掲示板に戻る