一括表示

【行き先】 京都北山・三国岳から経ケ岳
【日 時】 2005年5月14日(土)
【メンバー】矢問・MICKEY
【コース】 京都府立大学久多演習林−一の岩屋−三の岩屋−三国岳(959.0m)
      −経ケ岳(889m)−経ケ岳西尾根−京都府立大学久多演習林

http://homepage3.nifty.com/komachans3/yama3/mikuni0505.htm

9:15
岩屋谷の車止めで駐車。先着車が1台あるが三国岳へ行ったのではないようだ。
去年の5月に滝谷から天狗峠に登ったときに来て以来だ。
車止めのチェーンをまたいで岩屋谷の右岸の林道を歩く。沢と新緑が気持ちいい。
右からの久良谷との合流点に立派なトチの大樹が迎えてくれる。

9:30
林道終点に府立大演習林の綺麗なロッジ風の小屋がある。
登山道は看板の右手の橋を渡って行く。
「入山者は備え付けの用紙に記入して投函してください」とあるが見あたらない。
もう一つ橋を渡って右岸沿いに階段風に斜面を登ると「うわ〜すごい」とMICKEY。
一の岩屋である。なかなか立派な岩屋だ。
岩屋谷の名の通り不動明王と役の行者が祀られている。
朽ちかけた「二の岩屋」の道標に従って沢沿いに下りて進み探したが見つからない。
徒渉時に岩にMICKEYが足を滑らせたが、靴の防水が効いていて難を逃れた。
バックせずともそのまま進むと登山道に戻れた。
またまた朽ちかけたというか地べたに落ちている3方向の道標を見て、「三の岩屋」へ
と沢筋を進むと、沢はゴルジュとなり滝がある。
その右岸の炭焼き窯あとを過ぎて岩をトラバース気味に巻くと「三の岩屋」があった。
ここもなかなか立派な岩屋だ。
もとの登山道にもどり急登が始まる。しかし、今日は涼しくてとても気持ちの良い風。
斜面はイワカガミの群生が続く。「あまり人が入っていないルートのようだね」
踏み跡もそれほど荒れて無くて、新緑と小鳥の声と涼しい風にはホッとさせられる。
急登が続くがそれほど汗もかかない。実に気分が良くすがすがしい気持ちになる。
途中のスギに道しるべ。「三国岳」に「さんごくたけ」とふりがながある。
「みくにだけとは読まないのかなぁ??」尾根筋の大杉を過ぎるともうすぐ山頂だ。

10:50
三国岳山頂。2003年2月の雪の時期には佐野さん、いるかさん、森の音さんと来た。
同じ年の11月には大谷からの沢登りでBAKUさんとてるさんとともに来た。
佐野さん達と来たときにここから、経ケ岳へ足を伸ばす予定が時間切れで縦走が出来な
かった。翌年2004年の2月の雪の時期に佐野さん、森の音さん、BAKUさん、春風
さん、いるかさん、chacoさんとで経ケ岳へ登ったが、三国岳から経ケ岳への尾根ルート
を歩いたことがない。じっと地形図を見ながら「ピストンで下りるのもおもしろくないし
経ケ岳へ行かないか」というと、MICKEYは賛成してくれた。
「じぁあどこから戻るの・・・」「う〜ん・・・西尾根から下れると思う(^^;)」
「また道無き道か・・・それもおもしろいね。慣れっこになったわ(^^)」

11:10
北東にまず下る。次のこぶも地形図では三国岳。分岐には立派なブナの大樹。
西南西の尾根を進む。新緑のフナ林だ。「へ〜、綺麗な尾根道だなぁ」
上の方に赤リボンがある。「雪の頃に通った人のものだな」ミズキの花が咲いている。
MICKEYがいなくなったと思ったら木に大きな穴があるたびにのぞき込んでいる。
「動物がいないかなぁって思ってね。ちゃんと寝床のように草が巻いてるよ」
根音の部分がぐにゃりと曲がった大樹をすぎると杉の木の黄色テープに「←三国岳・
↓久良谷・→経ケ岳」とマジックで書かれている。男性1名とすれ違った。
ここから久良谷沿いにも下りられるようだ。僕らはそのまま尾根を進む。
「桑原橋2.4km・ 経ケ岳1.2km・ 三国岳1.9km」の道標が朽ちて落ちて
いる。登りになる。「なにをさっきからきょろきょろ探しているの」「桑原から佐野さん
達と登ったときは雪が積もっていたのでわからなかった茶屋跡があるかと思って・・・」
古い資料にあった所も気をつけて探してみたがわからなかった。残念・・・。

12:10
経ケ岳山頂。真新しい立派な山頂札がある。裏を見ると、なんとまさに今日の日付と
「京都北山ウォークby Asano」とある。「先ほどすれ違った男性かな」
昼食休憩30分。「ここで一昨年の2月に佐野さん達と鍋をしたんだよ」
山頂札の下の岩にはお経が書かれているのかな・・・読み取れないがお賽銭がある。
地形図を眺める。「西尾根が高度800m付近で二俣になる。通常は西南西の尾根筋をと
ると思うけど、僕は久良谷の出合へ下ってみたいから西北西の尾根に乗りたいなぁ」

12:40
下山開始。この尾根も立派なブナがある。なかなか良い尾根筋だ。
800m地点で慎重に地形を観察しコンパスと地形図を確かめる。
なんとかうまく進んでいるようだ。台風で折られたのか大きなブナがボキッと折れている。
高度がなかなか下がらないなぁ・・・と思っていたら急な下降になってきた。
右手に久良谷の水面が見えてきた。「うっ、崖や」地形図には現れない崖がある。
南西へ進路を振って下る。「うっ、またまた崖やなぁ」南へ斜面をトラバースしザレ場を
MICKEYが先に下っていく。「大丈夫、行けるよ」の声。はいはい、ついていきます(^^;)

13:40
沢を簡単に渡ると林道。演習林の車が小屋方面へ走っていった。
朝通った林道を戻る。

13:50
車止めのチェーンの所にバスがエンジンをかけて停まっていた。
車も3台増えており、河原でファミリーが遊んでいた。
のんびりと大原を通り、朝と同じく地道で帰路についた。

2005/05/21(Sat) 07:30:17  [No.235]


矢問さん、こんにちは。
このコースはずいぶん昔のガイドブック(30年くらい前?)で見たときから行きたかったのに未だ行け
ていないコースです。(^_^;)
あの当時は三国岳なんて登る人はほとんどいなかったと思います。
高校時代の合宿でコウンド谷から天狗峠を経て三国まで縦走しようと企てたものの、尾根の取り付き
で激ヤブにギブアップしたのを思い出します。

経ヶ岳経由で周遊とはうまいルートを取りましたね。参考にさせていただきます。(^_^)
ここには昔丹波越の道があったようですが、京都側は跡形もなくなっているようですね。

                      山日和

                     

2005/05/21(Sat) 10:45:09  [No.236]


山日和さん、こんにちは(^^)。
> このコースはずいぶん昔のガイドブック(30年くらい前?)で見たときから行きたかったのに未だ行け
> ていないコースです。(^_^;)
そ、そんな前から(^^;)
僕もここの岩屋がどんな物なのか興味がありました。
暑がりには、急登コースは涼しいウチにと(^^)

> 激ヤブにギブアップしたのを思い出します。
だんだん笹藪なども消えていくのかも・・・・

昨日と今日は「芦生の自然を生かし守る会」のシンポジウムに出席し、京大の教授の鹿害の様子の説明や芦生の今と10年前20年前の話を聞きました。
今日は芦生の人々(田畑・林業・猟師)とともに上谷を歩きながら昔からの生活や花や獣のことを深く勉強させてもらいました。

芦生も行くたびに谷も沢も「明るく」なっていますよね。笹や山野草がことごとく増えすぎた鹿に食べられ、大台ヶ原のようになる一歩手前状態。鹿害は芦生も実に深刻。
昨年、10年前、20年前の同じ谷や植生のスライド説明でアゼンとしました。鹿がすべてを食い尽くしてます・・・・。

「笹藪こぎをしてなぁ・・・」なんていう説明に「うそでしょ〜」という時代になってしまいそうなことになってきていると知りました。
猟師の人たちは笹薮こぎの時代の方が笹が倒れたり切れたりして良く道がわかって良かったと。いまは笹が鹿に食い尽くされてバイケイソウとトリカブトだらけ・・・。どこも道に見えてかえって迷うとか。昨年は芦生でも迷い人でヘリがでましたね。
丸裸の保水力も山野草もない山がまだまだ増えそうです・・・・。

鹿害がすくないのは多雪地帯のみ。温暖化で芦生もだんだん多雪地帯と言えなくなってきているのかも・・・・。(;_;)                

2005/05/22(Sun) 18:51:58  [No.238]


矢問さん こんばんは

このあたりは、最近とんとご無沙汰です。
でも、先週、12年ぶりに、新しい「京都北山」の山地図を買ってしまい、
どこかへ行こうかなと物色中です。

> 経ケ岳山頂。真新しい立派な山頂札がある。裏を見ると、なんとまさに今日の日付と
> 「京都北山ウォークby Asano」とある。「先ほどすれ違った男性かな」

私なら、ザックに入れてあるペンチとカッターナイフで、即撤去ですね。

> 右手に久良谷の水面が見えてきた。「うっ、崖や」地形図には現れない崖がある。

どこへ行っても、やはり崖には悩まされるようで、
林道の切り通しの崖や、
降りてきたら落石防護ネットの中で動物園のサル状態というのも、困ります。

相変わらず、お帰りが早いですね。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/05/22(Sun) 20:55:23  [No.239]


洞吹さん、こんばんは(^^)
> でも、先週、12年ぶりに、新しい「京都北山」の山地図を買ってしまい、
> どこかへ行こうかなと物色中です。
やった〜! また洞吹さんの足跡探しに行けますわ〜(^^)v

> 私なら、ザックに入れてあるペンチとカッターナイフで、即撤去ですね。
警察の検問があったら「う?持ち物が怪しい」と言われそう(^^;)

> どこへ行っても、やはり崖には悩まされるようで、
> 林道の切り通しの崖や、
> 降りてきたら落石防護ネットの中で動物園のサル状態というのも、困ります。
ロープはお守りで持っておいた方が良い場合が多々出てきました(^^;)

> 相変わらず、お帰りが早いですね。
どうも習慣のようで(^^;) 太陽との戦いの季節になってきました。

2005/05/27(Fri) 19:40:01  [No.246]


掲示板に戻る