一括表示

【鈴鹿】キトラ・東山・旭山・岳

【山 域】 鈴鹿 
【日 時】 2005/5/21(土)
【天 候】 晴れ
【メンバー】 単独
【コース】 箕川9:15---キトラ10:30/10:35---東山11:00---旭山11:45/11:55
---昼食地12:00/13:05---L182送電鉄塔13:25/13:30
---岳14:50/14:55---黄和田15:45---箕川16:35

前夜、仕事から帰ってバタバタと山の準備をし、出発したときはもう日付が変わっていた。
でも八日市までは1時間ほどなので気が楽だ。
とりあえず山に近づいておいて寝る。
明日の朝はゆっくり起きよう。

あさー。
いい天気じゃ。
いくつか候補にあげていたコースの中から、箕川からキトラ、旭山方面に行くことにする。
西内氏のガイドが参考だ。
このあたりはまだ歩いたことがなく、前から気になっている山域だ。
できればヒキノまで行きたいが、これは時間的にちょっと無理だろう。

箕川トンネル旧道の路肩に駐車し、すぐトンネルの上の尾根に乗る。
植林尾根でいきなりの急登だが、ゆっくりと一歩一歩身体を引き上げていく感覚が心地よい。
ca600mで二次林になったが、その先、また植林が現れたり、二次林になったりする。
顔にクモの巣がよくかかるので、枯れ枝を持って振り回しっぱなしだ。

キトラも東山も展望のない小さなこぶピークだった。
東山から斜面を降りたところは尾根が広がり、
いく筋もうねるような小尾根が走っていて面白い地形だ。

実はこの辺でちょっと飽きてきた。
植林主体の尾根筋は時々二次林になるものの、あまり林相がいいとは言えず、
はっきり言って歩いていてもあまり面白くない。
唯一のとりえは、誰もいない静かなこと。

最初はヒキノ方面へ行けるだけ行って、ピストンコースでクルマに戻るつもりだったが、
あまり面白くないので同じコースを戻りたくなくなった。
それじゃ、旭山から岳に行って黄和田へ降りよう。
降りてから1時間ほど車道歩きになるけど、
ほとんど車の通らない山間の生活道路だ。

そう決めたところで、黄和田から土倉岳までの長大な尾根に通る送電線巡視路に出た。
こちらはスイスイ歩ける。

これも展望のない三角点の旭山で折り返し。
これで、旭山〜ヒキノ間が未踏で残ったが、またの機会に歩くことにしよう。
穏やかに涼しい風の通る谷の源頭を横切る場所で昼食にする。
冷凍しておいたビールにカップめん。
いつものように読書は欠かさない。

食後、岳に向かって巡視路を辿る。
こちらも植林主体だが、道があるぶん歩き易いだけ助かる。
惰性で歩いていると、道の真ん中に枯れ木が落ちていた。
よく見ると、ジャジャーン!なんと小振りながら鹿の角ではありませんか。
きっと神様がワシを気の毒に思って、通行手形を授けてくれたに違いない。
ありがたく頂いて行こう。

ところどころで通過する送電鉄塔では、一気に周囲の展望が広がり、気持ちがいい。
しかし、この鉄塔を建てたとき、送電線をどうやって架けていったのだろう?

岳は、巡視路が黄和田へ向かって下り始める鞍部から、薄い踏み跡を伝うが、
踏み跡はすぐ下打ちの枝や伐木が散らばる斜面に消え、
足元が悪い斜面をふうふう言いながら登る。
頂上は三角点の周囲だけ切り開かれているが、ここも展望はない。

岳を降りて鞍部へ戻り、巡視路の続きを黄和田へ向かって降りていく。
今日は低山とはいえ、地を這うような雰囲気の一日だった。
通行手形が唯一の収穫だったが、けっこう暑かったし、のどが渇いた。
黄和田へおりたら自動販売機で冷たいお茶を買おう。
とりあえずお金を出して準備を……と
ザック常備のいつも200円ほど入れてある小銭入れを出そうとするが、ない!
なんでだろう。
うーん、考えていても、無いものは無い。

そうだ、ポーチの中に非常用として千円札を1枚入れてある。
むふふふふ。
備えあれば憂いなしじゃ。
ガサガサ。あれ?
これもない。
何度探してもない。
いつか非常に使って補充し忘れているんだ。
うわーん。
どっと疲れが出たよう。

黄和田の集落から車道歩きが始まる。
だが、別に観光地があるわけでもなく、
奥地は山間で通過交通もない地元の生活道路なので、
ほとんどクルマは通らずのんびり歩ける。

いつもは山の行き帰りの夜中や夕方に、
あわただしくクルマで通るばかりだった政所の集落も、
歩いて通ればいろいろなものが見えて面白い。
政所は、滋賀県の茶所で政所茶の生産地だが、
ご婦人たちがいっぱいあちこちの茶畑に出ていて、ちょうど茶摘みの真っ最中だった。

その先の一軒家付近で放し飼いの犬が二匹走ってきて吠えつかれ、思わず後ずさり。
生きた心地がしなかった。
昔、高校三年の夏休みに大阪から自転車で九州一周をしたとき、
大牟田で野犬十数匹に追いかけられ、必死でペダルを漕いで逃げたことを思い出してしまった。
それ以来、知らない犬が近づいてくると、繋がれていても、どうしても身構えてしまう。

しかし、黄和田で山を降りてから駐車地の箕川トンネルまで、
自動販売機は1台も見なかった。
よかった。
何がよかったのか知らないが……
とにかくよかった、よかった。

                       洞吹(どうすい)

※R421情報
石榑峠三重県側崩土通行止めは、2005年5月末日まで。

2005/05/22(Sun) 16:16:23  [No.237]


洞吹さん、こんばんは。植林主体のこの山域はあまり食指が動かないところ。でも食わず嫌いは
ダメでしょうかね。

> あさー。

谷岡ヤスジですねー(^_^)

> 実はこの辺でちょっと飽きてきた。
> 植林主体の尾根筋は時々二次林になるものの、あまり林相がいいとは言えず、
> はっきり言って歩いていてもあまり面白くない。

なんとなくわかりますねー。

> よく見ると、ジャジャーン!なんと小振りながら鹿の角ではありませんか。
> きっと神様がワシを気の毒に思って、通行手形を授けてくれたに違いない。

おーっ。普段の行いがよくなくてもいいこともあるもんですね(^_^;)

> しかし、この鉄塔を建てたとき、送電線をどうやって架けていったのだろう?

考え出したら夜も寝られませんか?

> いつか非常に使って補充し忘れているんだ。
> うわーん。
> どっと疲れが出たよう。

非常用が日常になってしまったようですね(^_^;)

> しかし、黄和田で山を降りてから駐車地の箕川トンネルまで、
> 自動販売機は1台も見なかった。
> よかった。

気持ちはわかります。
ところで湖西の黒河越の北側、黒河川の源流(芦谷岳の真東)の529標高点付近の面白い地形、気付いてました?

                     山日和
                 

2005/05/23(Mon) 23:37:01  [No.240]


山日和さん こんばんは

> 植林主体のこの山域はあまり食指が動かないところ。でも食わず嫌いはダメでしょうかね。

食いたくないものを無理に食うことはないですよ。
でも、食ってみないと味はわからんからなあ。
最初にウニを食ってみた人はエラい。
ワシは、この山域にも、地図に赤鉛筆でスジを引きたかったからね。
あとは旭山〜ヒキノ間が残っているので、
そのうち茨川林道側から片付けるつもりです。

> > あさー。
> 谷岡ヤスジですねー(^_^)

オラオラー、鼻血ドバーですわ。

> おーっ。普段の行いがよくなくてもいいこともあるもんですね(^_^;)

いやー、普段あの程度の行いで、これだから、
もっとちゃんとしていたら、3億円拾うかもしれんなあ。
改心しようっと。

> > しかし、この鉄塔を建てたとき、送電線をどうやって架けていったのだろう?
> 考え出したら夜も寝られませんか?

その、昼間が起きていられないのです。(ーー)ZZZzzz

> 非常用が日常になってしまったようですね(^_^;)

これがあったから、木曽駒でビールが買えたのではなかった?

> ところで湖西の黒河越の北側、黒河川の源流(芦谷岳の真東)の529標高点付近の面白い地形、気付いてました?

どれどれ……
なるほど、面白い地形だ。
言われて気付きました。
これは、河川争奪の跡ですね。
それも二重に起きているみたい。

よく見ると、このあたりは面白い地形がいっぱいですねえ。
その529m標高点の北東500m先に南から上がってくる谷の源頭部。
乗鞍岳の北北東2qにある786.8m三角点の南の鞍部の、谷源頭と崖の対照の妙。
駄口集落の南の380m標高点峰を取り巻く緩傾斜の谷、など。
行ってみたくなりますね。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/05/24(Tue) 23:52:34  [No.241]


洞吹さん、こんばんわ〜。

ノタノ坂から、以前一度だけこの尾根を歩きました。

一度は確かめて、歩いてみたくなりますね。地味な山歩きですが、鉄塔ができる前は、どんなだったのでしょうね。

今週は、千種街道を朝明から甲津畑まで通して歩きました。

2005/05/31(Tue) 21:26:13  [No.258]


tottyann こんばんは

> ノタノ坂から、以前一度だけこの尾根を歩きました。
> 一度は確かめて、歩いてみたくなりますね。地味な山歩きですが、鉄塔ができる前は、どんなだったのでしょうね。

御池川と茶屋川にはさまれた山域の、ノタノ坂以南が未踏だったので、
けっこう広い山域だし、どんなところかな……と、興味もわいて、
少し前にノタノ坂〜ヒキノを歩いて、今回はパート2で南部です。
これで残りは、旭山〜ヒキノ間になりました。

> 今週は、千種街道を朝明から甲津畑まで通して歩きました。

通しですか。
いにしえの、伊勢から近江への旅人のようですね。
クルマ1台では、やりたくてもできないですが、
ピストンや周回では味わえない味があるのでしょうね。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/06/02(Thu) 00:07:18  [No.263]


掲示板に戻る