一括表示

  【京都西山】明智越えから愛宕山 投稿者:矢問(やとう)

【行き先】京都西山・明智越えから愛宕山
【期 日】2006年4月29日(土) 
【メンバー】矢問、MICKEY
【コース】 亀岡保津・簾戸口−明智越え−尾根筋北進−明神峠−愛宕山
      −愛宕神社−明神峠−愛宕谷林道−簾戸口
      
http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/akechigoe.htm

保津より嵯峨に越える峰の道を「明智越え」という。明智越えは嵯峨に達する道であると
同時に、愛宕山に参拝する聖なる道でもあり、光秀は庶民や騎馬武者がたやすく通れるよ
うにと整備したとも言われているルートだ。
 明智光秀が1万5000騎の軍を三段に備えて、北より明智越え、唐櫃越え、老ノ坂越え
の三面より本能寺に向かったことでも知られている。

この時期の明智越えの尾根道は、ツツジがトンネルのように沢山咲いていて素晴らしいル
ートなのだ。昨年5月は地蔵山から愛宕神社へ行ったが、今日はこのルートで愛宕神社へ
行く。愛宕神社へよくお参りに行くMICKEYもきっと気に入るだろう。

戦国の末期、叡山の僧兵は信長に従わなかったが、これに反して愛宕山は光秀の庇護の元、
多くの寺坊は焼き討ちから免れ信長の天下統一の推進力ともなったという。
「愛宕山が焼き討ちを免れたのも火の神様として崇められている理由の1つかなぁ」

8:20
「簾戸口」から登り始めると直ぐ左に小さな祠がある。貴船神社と愛宕神社の祠であるら
しい。横には池もある。南北朝時代の「保津城跡」を右に見て左へと登る。ツツジが沢山
咲いていてツツジのトンネル。ウグイスの声も多い気持ちの良い山道だ。ここを登り切る
と山道の最高峰であり清和天皇を祀ってあるこんもりとした「峯の堂」に達する。
光秀が本能寺攻めの必勝祈願をここでしたとも言われ、一応成功したものの、山崎の合戦
で秀吉に敗れ語呂合わせで「無念堂」といわれたところだ。
明智光秀の連歌の師匠絶巴との発句に「ときは今、天が下知る五月哉」は光秀の心境を物
語るものとしてあまりにも有名だが、歩きながら頭の中に出てきた。
さらに歩くと「鐘撞堂跡」だがその面影は今はない。

いかなる夏の暑い土用にもこのような高所に清水が涸れないのか誠に不思議がられた「土
用の霊泉」があるが、今日は涸れていた。光秀軍の本能寺攻めの際、この霊泉に三七草を
つけて蘇らせ、それを鎧の袖の下に秘めて進んだと伝えられている。三七草は、止血に抜
群な薬草らしく、葉は虫刺されや止血に、根は吐血や強壮薬として用いられたという、
キク科の薬草だが、インターネットでは見たことはあるが現物は見たことがない。

9:20
土用の霊泉を過ぎると二俣になり、右へ行くと水尾から嵯峨鳥居本へと本来の明智越えル
ートと続くが、僕たちは愛宕神社へ行くために左の明神峠方面へと北進する。
右手に朽ちたトタン小屋があり左手(西)には以前登った牛松山が見える。先に鉄塔があり
そこからの展望の方が開けていて良い。
まだまだツツジのトンネルは続く。
「静かで、ツツジといいウグイスといい気持ちが良いわ〜。」とMICKEYも満足そう。

沢山のソーラーパネルを備えたNTTの中継塔を左に見ながら進むと道は下り始め、明神
峠へと続く。最後はなかなか急な下りとなり手すり状にロープが張ってあった。

10:15
明神峠。保津からの愛宕林道は以前から車で入れない。その終点のここも鉄柵の扉に施錠
されていた。不法投棄が増え、その防止のためかもしれない。
目の前の尾根をヤブコギ気味で登ると石柱やテープもあり、少しで山道に出た。
峠をもう少し西へ車道をすすめば山道に乗れるようだ。帰路はこれを使おう。
ここからは杉の植林帯や自然林帯などの道。ツツジのトンネルは無くなったが、ここもウ
グイスの声が多い。今日初めての「人」がいた。年配の夫婦連れとすれ違った。
分岐になり「左あたご道・右山道」とトタンにペンキ字。しばらく休憩し地形図を見て、
左の「あたご道」を進む。これで首無し地蔵の所に出るはずだ。

11:20
首無し地蔵。「ここ、覚えてるよ」とMICKEY。昨年の地蔵山から愛宕神社へ行った際に
下山時に通ったのだ。愛宕神社への物品を運ぶこの林道は南側の展望がすごく良い。
自分たちが進んできた明智越えからの尾根道がずっと見渡せ「あんなに歩いてきたなんて
スゴイよね」とMICKEY。尾根筋を見ているとホントにそう思う。
「山頂に行こう」というと、MICKEYは先に愛宕神社へ行って待ってるという。

11:45
愛宕山山頂。囲炉裏の新バンダナでバンダナショット。
右手の白髭神社への細い登り階段からショートカットして愛宕神社へ。

12:00
愛宕神社。気温は12度。沢山の人がお参りに来ている。
お参りして、実家に届ける樒(しきみ)を買いMICKEYのザックにくくりつける。

愛宕山山頂横の広場へと戻り、展望を楽しみながらタマゴ入りの具だくさんのラーメンを
作り、フライパンでウインナーや天ぷらを温めて満腹となり二人とも眠たくなった。
ご夫妻の写真撮影を手伝った。奥さんは通常ルート、ご主人は目の前の斜面を下っていく。
こんなところにもルートがあるのだろうか。MICKEYとともに初めて知った。

13:10
下山開始。首無し地蔵まで戻り、来た道をまずは明神峠まで行く。

14:00
明神峠。やはり峠のやや西側に出た。すこし下ると愛宕谷林道のゲート前。
もと来た尾根道から明智越えを戻るのではなく、歴史が詰まっている愛宕谷林道を下るこ
とにした。アスファルトの林道。地元の林業の人が軽トラで走った。
この林道は「歴史」を感じる立て札の整備がされているのをあまり知られていない。
山岳サイクリングの往復訓練をしている同じ人と、数度すれ違った。

「谷山池」の周囲の桜は今が満開だった。やはり気温が低い。カモのつがいがいる。
「けすみの水」は死に水に飲みたいと言われた保津三名水の1つ。

「夫婦岩」を過ぎ石積みのある「硅石発掘跡」、文覚上人ゆかりの地「不動明王げんこつ
の木」を過ぎて「書物岩」があり、文覚上人が厳行の地と言われる「不動の滝・不動明王」
がある。丹波と嵯峨を結ぶこの道で、多くの人はこの不動明王に旅の安全を祈り、足の疲
れを癒したという。「不動堂跡(水車跡)」という所もある。

「駒谷」は明智越えの「鐘突堂跡」へ続く谷。「一ツ橋」からは道は左岸に移る。
次の谷は「峯の堂」へ続く谷らしい。
十字に谷が寄る「愛宕谷十字峡」、「水車動力の木綿工場跡」、保津三名水の「ユキトゲの
水」、明智越えの山の神・石動さんへの「馬場の谷」、「金比羅相撲場跡」、「昭和20年の
爆弾投下跡」、平成16年に熊が目撃されてその捕獲ゲージも置いてある。
愛宕谷林道からの「旧金比羅参道跡(牛松山)入り口」、「金比羅神社無料参拝休憩所」、
「番所跡」、「石切場」、「こんにゃく工場跡」、「山の神・杣師聖域の地」「保津谷口古墳」、
「一ノ瀬旅籠跡」と、この愛宕谷林道には歴史を伝承する立て札が整備されている。
長い林道歩きも、歴史を感じることが出来る時間を頂いたことに感謝した。

15:15
簾戸口。7時間ほどの愛宕参り。
明智光秀の明智越え、そして下山に使った愛宕谷林道にも歴史を感じる歩行が出来た。

2006/04/30(Sun) 10:30:55  [No.2402]


  Re: 【京都西山】明智越えから愛宕山 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんばんは。

久々のMICKEYさんのお出ましですね。
矢問さんのレポはカシミールを立ち上げなくてもいいから
読者にやさしいレポです。

矢問さんは歴史にも強いのですね。
私は歴史は(歴史も)さっぱりです。

> 愛宕神社へよくお参りに行くMICKEYもきっと気に入るだろう。

MICKEYさんは、信心深いのだ。

> 三七草は、止血に抜群な薬草らしく、葉は虫刺されや止血に、根は吐血や強壮薬として用いられたという、

雑学にも強いんだ。

> 「静かで、ツツジといいウグイスといい気持ちが良いわ〜。」とMICKEYも満足そう。

MICKEYさんの満足は家内安全の要諦です。
私も四駆を手に入れなくては。

                         伊勢山上住人

2006/04/30(Sun) 23:16:57  [No.2411]


  Re: 【京都西山】明智越えから愛宕山 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、こんばんは(^^)。

> 久々のMICKEYさんのお出ましですね。
はい、ホントに久しぶりです(^^) 流石にブランクがあると歩くペースが
僕とほぼ同等に落ちて楽でした(^^)v

> 矢問さんのレポはカシミールを立ち上げなくてもいいから
> 読者にやさしいレポです。
賛否両論です(^^;)
詳しすぎる、登れたかどうかだけでいいよ〜という人もいて(^^;)
でも僕は自分の記録というか数年経つとすぐ詳細を忘れるのでそのメモ代わりと
親に無事に帰ってきてるという報告を兼ねているので、まこれでいいや、と(^^;)

> 矢問さんは歴史にも強いのですね。
日本史は好きですね。そう詳しくはないですよ(^^;)
引っ越ししたらその地区の歴史を読んだり、今回のように古い名前が付いている合戦の
尾根は歴史を読んでみたくなります。本で読み、またこの尾根の数カ所は説明板があり、「おっ、NHKの番組で言ってたなぁ」とか「あの本に書いてあったなぁ」と確認もできて面白いです。嵐山駅から清滝を抜けていくメインルートは観光客と人混みなのでどうも我々夫婦は裏街道中心になります(^^;) 

> MICKEYさんは、信心深いのだ。
おっちょこちょいなのか、台所でやけどすることが多いので、いつの間にやら愛宕好きに(^^)
1人でもよく行ってるようです。僕は学生時代の体育の時間にこの山を何度も走って登らされて辛い苦しい想い出しかない山なんですが、僕も結構行ってますね(^^;)

> > 三七草は、止血に抜群な薬草らしく、葉は虫刺されや止血に、根は吐血や強壮薬として用いられたという、
> 雑学にも強いんだ。
昔の人は本当にエライですよね。でも不思議なのが薬草の説明のあるページでは
この草は江戸時代に入ってきたとか・・・・これじゃ史実と合わないですよね(^^;)

> MICKEYさんの満足は家内安全の要諦です。
そうですね(^^) 
明日からMICKEYの希望で、3度目の春の立山にテントごろ寝に行ってきます(^^;)
じゃがいも、にんじん、レタスなど、野菜も沢山持っていくので食料だけでも重たい重たい(;_;)

2006/05/01(Mon) 21:05:56  [No.2415]


掲示板に戻る