一括表示

  【立山】雷鳥平から雄山・浄土山 投稿者:矢問(やとう)
【立山】雷鳥平から雄山・浄土山 (画像サイズ: 480×360 48kB)

【行き先】立山・雷鳥平から雄山・浄土山
【期 日】2006年5月3日(水・祝) 
【メンバー】矢問、MICKEY
【コース】 5月2日:自宅−立山駅−室堂−雷鳥沢テント場
        3日:雷鳥沢テント場−一ノ越−雄山−浄土山−雷鳥沢テント場

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/oyama0605.htm

2日の午後から天気が回復するという。大急ぎで用事を済ませて、夜中2時半に出発。
4年前の5月は、雄山から縦走する予定が天候の悪化で果たせなかった。
立山縦走は10年前の夏にしたので、今回は、縦走ではなく4年前に果たせなかった雄山
に1日目にお参りし、つづいて浄土山、2日目に奥大日岳をチャレンジする予定にした。

富山ICでおりて、「あるぺん村」で室堂への9時発の直行バスの受付を見たものの、値
段と規定時間を見てやめた。9時に立山駅に着いたときに雨がやっと止んだ。

9:20
ケーブルに乗る。美女平から室堂のバスからはガスで景色があまり見えない。
「午後から晴れてくれよ〜」ブナ平の立派な立山杉は今日もしっかり出迎えてくれた。
今年の「雪の大谷」は豪雪で19mもある。雷鳥平のテント場や山はどんな風だろう・・。
10時半に室堂に着いたものの雨が降り出した・・。天気の回復を信じて「おやき」など
を待合所で食べつつ待つ。「今日はテントで寝るだけだしのんびり行こう」

12:15
雨が上がった。しかしガスは濃くて視界は10mほど。雷鳥平のテント場までのルートは
5回以上通っているし、目印の竹棒もあるし心配なし。今回はMICKEYのリクエストに
応えてタマネギ、人参、ジャガイモ、レタス、キャベツ、卵、ウインナー、カレー、米な
どのインスタントではない食材が多くて肩にズッシリくる。冬用のテント泊装備も重い。
みくりが池はまだ雪の下で全然水が見えずまだ真っ白。4年前と大違いだ。

12:50
雷鳥平。今日はまだ平日なのでテントは15張りほど。野営管理棟は屋根より上まで埋も
れている。これまた4年前とは大違の積雪だ。テント設営場をトイレから近い所に決め、
暴風に備えて掘り、踏み固め、竹ペグを50センチほど深く埋めた。「ふぅ〜、疲れる(^^;)」
テント設営の届けをするために管理棟へ。まるでここも「雪の大谷」のような壁。
「雄山や奥大日岳の様子はどうですか」「奥大日は雪庇の滑落があり要注意」とのこと。
以前はテント泊料金を払うとキーホルダーをくれたが、今回は水に溶けるティッシュだ。

テントで寝ころんでいるとみぞれ状の雪が30分間ほど降り、テントにも積もった。
「午後に天候回復では??」と心配していると、午後4時半にはウソのように晴れだした。
「やった!これで明日の天気は大丈夫そうだね」素晴らしい景色にどのテントからも歓声
が上がっている。写真を撮りまくる。富山県警察のキャタピラ車が見回りをしている。
夕食は具を沢山入れたラーメンを作り、昼に買ったいなり寿司でお腹が一杯。
午後6時半過ぎまで明るい。ラジオで野球中継を聞く。タイガースが巨人に負けた・・。
夜中の2時頃はスゴイ風だった。テント周囲に雪の壁を作っておいて良かった。

3日(水・祝)
4:30
食当の朝は早い(^^;) ホットドック用のパンにレタスやハム、ツナ&マヨなどを挟み、
コーンスープを作る。「お〜、暖まるしおいしいね」とMICKEY。良かった(^^)

5:30
雄山に向かって出発。「体調が本調子じゃないからゆっくり行ってね」とMICKEY。
MICKEYの本調子じゃないときが僕と同じペースなので、僕は助かる(^^)v
朝が早いので、雪はガチガチに凍っていてピッケルも1センチほどしか刺さらない。
一ノ越への直接行く南南東の夏道ルートを行くか迷ったが、4年前の下山路に使った記憶
から朝一の体にはきつそうなので、みくりが池とみどりが池の間を通って立山室堂山荘横
から行くルートにした。途中、白い冬毛の雷鳥と夏毛と生え替わりかけの雷鳥がいた。
テン場からの直接ルートと合流するあたりから朝日が当たり出した。「調子の良いウチに
先に行くね」とMICKEYはペースが上がり僕を抜いていく。無風で暑い・・・(^^;)

7:15
一ノ越山荘。「4年前にあったトイレ棟がないね」とMICKEY。僕は記憶にない(^^;)
素晴らしい景色が広がる。南には槍ヶ岳も見える。4年前と違い、雄山の尾根筋も雪が多
く残っている。反対側の龍王岳と青空と流れる雲とのコントラストが美しい。

7:35
ここでアイゼンを装着して一ノ越を出発。
先行者は2名のようだ。雪は氷っていてガシガシ。アイゼンは良くきく。
岩場をよじ登るところの氷部分のアイゼンのかかり具合がやや怖い。
後ろのMICKEYがそこでやや遅れたが、なんとか乗り越えた。「下り時はもっと怖いかも」
あと2カ所ほど岩を回り込むところが急斜面で慎重を期すが、なんとか通過。
振り返ると傾斜の高度感で怖いのと、素晴らしい景色がミックスで複雑な気持ち(^^;)

8:30
雄山。三角点(2991.6m)にタッチ。雄山神社(3003m)はここから5分だ。
神社のところで先着の2人が朝食休憩していた。
僕たちは記念写真を撮り三角点横の小屋の所で休憩した。美しい展望が広がる。
無風で晴天。言うことなしの天候だ。しかし、太陽の光がきつく雪が緩み出すのも近い。
休憩している間に4人ほど登ってきた。このあと行く予定の浄土山方面を見ると山スキー
の人が数名登って行っている。雄山での展望を満喫し、一ノ越へと下り始める。
下りはじめてすぐ「ううっ」。右の岩への回り込みがとても怖い。滑ったらおしまいだ。
苦労したのにMICKEYは軽くこなした。すごい・・・。
下の方を見るとどんどん登ってくる。渋滞して立ち往生しないうちに下りたい。
「ここを下るのですか。この雪質じゃ縦走して降りた方が安全ですよ」と登ってきた男性
に言われ、やや躊躇したが、登りながら降りる方法を考えていたのでそのまま下ることに。
登るとき困った岩場も思ったよりうまく通過できた。

9:40
一ノ越。スゴイ数の山スキーの団体。ここから一気に南斜面を滑っていくようだ。
太陽が暑すぎる。僕ら二人が最も弱い暑さ・・・。しばし休憩する。

10:05
一ノ越を浄土山に向けて出発。暑い・・・実に暑い・・・。辛い登り・・・。
振り返ると先ほど登った雄山への尾根が一望できる。
「あんな所を登ったんだなぁ。」「そしてまた下ってきた(^^;)」二人とも感心した。
浄土山方面を見ると雪庇の上斜面をスノーボーダーが滑っている。危ないなぁ・・・。
無風、晴天の強烈な太陽の熱を背中に浴びながらの登りは実にキツイ。バテバテ・・。

11:00
雪に埋もれた富山大学立山研究室。ここからの展望も素晴らしい。
山スキーの人たちが居る。

11:20
浄土山。2831m。
直ぐ先に地形図で言うと鳥居マークの所に石積みがあり、山スキーの人たちが休憩してい
る。僕たちもそこで昼食休憩にした。今日の昼食はピリ辛のスパゲティー。

12:20
下山開始。ルートがわかりづらい。後から来た1人の年配の登山の男性が僕が思っている
方向に下っていく。西の等高線が詰まった地点になるとその男性は斜面の方を向き階段の
逆降り体勢で一歩一歩直線状にキックステップで下り始めた。すごく長い距離をあの体勢
でずっと??? 僕はややジグザクにステップを切り下る。雪が緩んでいる箇所で足を取
られてアッという間に10mほど滑り落ち始めたがすぐに滑落停止姿勢がとれて止まっ
た。ホッ。立ち上がり際に油断してまた滑り、5mほどでまた滑落停止姿勢。今度は慎
重にセオリー通り起きあがった。少し緩めの雪質だったので助かったのかも知れない。
上から遅れ気味のMICKEYは「こんな急斜面で2度も尻セードして滑落停止訓練でもし
ているのかと思った」と。こっちは止めるのに必死だったのに(^^;)

室堂の観光者の人混みを避けるべく、ターミナルの方へは行かず、朝来たルートでみくり
が池温泉へ行き、ゆっくり汗を流してしっかり食堂で休憩させていただきテント場へ。
雪はシャーベット状にグスグスに緩んでいる。恐るべし太陽熱!

15:30
雷鳥平。朝の出発時とはうってかわってテントの数が10倍くらいになっていた(@_@);。
明日の予定の奥大日岳方面。地形図を見ながら何度も何度も尾根への斜面を見る。
夏道で新室堂乗越にわざわざ行かなくても、斜めにP2390mかその西の室堂乗越に直接行
けるはず。「おっ!」山スキーの人が見えた。「よし、明日はあれで尾根に出るぞ」

今夜のメニューはポトフとご飯。野菜がたっぷりだよ〜(^^)
「今夜のもおいしい!」とMICKEY。お褒めにあずかりありがたいですm(..)m(^^)
ラジオをつけた。今夜の甲子園、阪神巨人戦は阪神の逆転勝利!!!

2006/05/05(Fri) 21:07:34  [No.2427]


矢問さん、こんばんは。
充実の立山ライフを楽しまれましたね。
私はラッシュアワーはどうも苦手で、なるべく人に会う恐れのないところへ足が
向いてしまいます。(^^ゞ
この時期の立山は登山者よりもスキーヤーとボーダーのメッカのようですね。
快晴下の美しい画像楽しませていただきました。
でも転・滑落には注意しましょうね。お互いに・・・(^_^;)

                 山日和

2006/05/07(Sun) 18:43:20  [No.2454]


  Re: 【立山】雷鳥平から雄山・浄土山 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^)。
いま入院先の父に立山の報告をして帰宅。

> 充実の立山ライフを楽しまれましたね。
今回初の経験ですが・・・・山に行って太りました(;_;) 食べ過ぎ(^^;)
そりに山盛り食材を積んで運ぶ人たちも実に多い。テント場までほとんど下りで
楽なBCですからね(^^)

> 私はラッシュアワーはどうも苦手で、なるべく人に会う恐れのないところへ足が
> 向いてしまいます。(^^ゞ
僕たちもそう言うところが好きですが、今回は父の願いも込めての山行でした。
また「宴会」中心のグループが多いので、僕たちの出発より1時間も2時間も出発が
遅いので、ほとんど先行者はいません(^^) 帰路で登ってくるくらいですから。

> この時期の立山は登山者よりもスキーヤーとボーダーのメッカのようですね。
4年前より断然山スキーヤーとボーダーが増えましたね。テント場にスキーやボードが
立っていないテントはごくわずかでした。それも僕たちより年配者が実に多い。
ボーダーも若者中心かと思っていたら今年は年配者が多かったですよ。

> でも転・滑落には注意しましょうね。お互いに・・・(^_^;)
はい(^^;)。また山日和さんや洞吹さんの足跡探しを楽しみたいと思います(^^)

2006/05/07(Sun) 19:20:33  [No.2455]


  Re: 【立山】雷鳥平から雄山・浄土山 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、こんばんは〜。

立山・雷鳥平から雄山・浄土山・大日・・。

連休の立山はすごい人ではないの?。

それにしても、山スキーの人が多いのかな?そこここで。

春山の立山は行ったことがないので、また、一度行ってみたいと思います。私でも歩けるかしら?

矢問さん、すごい食料持って、それから、シェフしてたんだね〜。一度、名シェフの手料理食べてみたいなぁ〜。MICKEYさんは幸せやね〜。(*^_^*)

おとうさんも、山好きなのですか?。その後おかげんどうですか。心配ですね。

2006/05/10(Wed) 23:33:17  [No.2504]


  Re: 【立山】雷鳥平から雄山・浄土山 投稿者:矢問(やとう)

とっちゃん、こんばんは(^^)。

> 連休の立山はすごい人ではないの?。
室堂は観光客だらけ。でもそこを離れると雪山の世界。
山スキーの人が多いです。雷鳥平から別山方面、雄山方面に蟻の行列になるのは
僕らの出発時間の1〜2時間後。ようするに早出は自分の時間と世界が確保できます(^^)

> 私でも歩けるかしら?
兵庫のトレースのない雪山より断然楽です(^^) テント場まで下り中心だし(^^)
しかし、ガスが出るとそりゃ流石に立山。油断は禁物ですよ。


> 矢問さん、すごい食料持って、それから、シェフしてたんだね〜。
今回の反省点「やっぱり食べ過ぎ」
僕もMICKEYも山に行って下山して太っていたのは初めての経験でした(;_;)

> おとうさんも、山好きなのですか?。その後おかげんどうですか。心配ですね。
父は山は好きではないです(^^;)
心配しているので「報告」として即ページ化して見てもらってるのです(^^)
今回は病院なのでプリントアウトして持参(^^) 毎日見舞いに寄ってから帰宅。

とっちゃんはどこへ遠征??東北??

2006/05/11(Thu) 22:32:11  [No.2513]


掲示板に戻る