一括表示

  【立山】雷鳥平から奥大日岳 投稿者:矢問(やとう)
【立山】雷鳥平から奥大日岳 (画像サイズ: 480×360 58kB)

【行き先】立山・雷鳥平から奥大日岳
【期 日】2006年5月4日(木・祝) 
【メンバー】矢問、MICKEY
【コース】 雷鳥沢テント場−室堂乗越−P2611m−奥大日岳(P2605.9m)
      −P2390m−雷鳥沢テント場−室堂−立山駅・帰路

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/okudainichi.htm

昨日は雄山と浄土山に登った。今日はその続編、奥大日岳にチャレンジだ。

4日(木・祝)
2:30
このテント数と人だ。トイレ渋滞を避けるべく先にトイレを済ませるため一旦起きる。
「うわ〜、この星空、スゴイ!!」天の川もよく見え、星の数が今までのテント泊山行で
は最高の星空だ!!。流れ星も2度見られてMICKEYは上機嫌。そして、また寝た。

5:00
今日も食当の朝は早い。しかしまだ体に昨日の疲れが(^^;)・・・やはり歳かな・・。
不覚にもコッヘルをひっかけて、出来たキノコスープを三分の一こぼしてしまった(;_;)。
「ごめんなぁ(;_;)」と僕。「済んだこと仕方ないやん(ーー;)」とMICKEY。
トイレに行ったMICKEYが「男性トイレが大渋滞で15人以上並んでるよ。先に行って
おいて良かったね(^^)」と。女性トイレはガラガラらしい。駅の逆バージョンかな。

6:00
テント場を出発。昨日の夕方、地形図と斜面を眺めて、狙っていたショートカットルート
で尾根に出るべく、斜めルートで室堂乗越へと向かうことにした。
昨日の朝と同様に雪はガチガチに氷っていてピッケルも刺さらない。
テント場よりずっと西の方角から先行者が2名。同じルートを狙っている様だ。
テント場を出て称名川へ下る前にアイゼンを装着した。アイゼンは良く効く(^^)v
斜面を半分ほど登ったところで東からの朝日に照らされた。暑くなるぞ・・・。
ずっと先の先行者はP2390mへ行くようだ。僕らはその少し西の室堂乗越を目指す。

6:40
室堂乗越。先行者はまだ東のP2390mにいるのが見える。
昨日登った雄山や浄土山方面を見る。綺麗だ! 剱岳も素晴らしい!。
別の先行者3人が奥大日方面に先に進んでいた。その先にも2人〜3人ほど山スキーを担
いでいる人が見える。どこから来たのだろう。尾根に来て初めて見えた。

7:40
見上げるような長くキツイ登りを終えるとカガミタン乗越。
奥大日岳が前方に見えるがスゴイ雪庇が見える。さらに雪崩れている斜面や雪庇に亀裂が
入っているのも見える。ルートはその左横だ・・・。行けるのだろうか・・・。
先に山スキーを担いだ男性が一人登って行っている。次にいる先行の3人連れは山岳ガイ
ドさんと依頼者のようだ。ここでハーネスを装着し、ザイルの持ち方を指導されてから僕
らより先に出発していった。「ううっ、この斜面を登るのはアンザイレンじゃないとマズ
イのかな・・・」と僕。「私、ここで待ってるから行ってきたら」とMICKEY。
後ろから来た僕らよりやや年配の夫婦連れが登っていった。
「行けるところまで行こう」と意を決して斜面の登りにかかる。
右の雪庇部分には常に気をつけて左寄りに登る。
早朝の雪が締まっている時間帯が良いはず。途中に3カ所ほどクレパス様の割れ目があり
そこも左斜面に気をつけつつ通過。「これ、下山時も怖そうなルートやなぁ・・・」

8:15
地形図のP2611m地点。大きな雪庇の上である。ここがテント場からも見えていたし、カ
シミールではここが「奥大日岳」とでている。ここがさらに西のピークより高いのでここ
で引き返す人が多いようで、先行していたご夫婦もここで引き返した。地形図ではさらに
西側のP2605.9m地点が「奥大日岳」と印字されている。山岳ガイドさんの3人連れは先
に100mほど進んでいる。「どうする?」とMICKEYに聞くと「行くに決まってる」と返
事が返ってきた。僕たちもあと少しだし右の雪庇部分を注意して左の傾斜にも注意して行
くことにした。「左の斜面に吸い込まれそうで怖いなぁ」と僕。「何ともない」とMICKEY。
「スゴイ度胸やなぁ」というと「昨日の雄山の下りや浄土山の下りで慣れた」と(^^;)

8:25
緩い下りの後、最後の緩い斜面を登り、右に行くとP2605.9m地点「奥大日岳」だ。
先行していたのガイドさん3人組が写真を撮っていた。山頂プレートを持っている。
山頂から少し急斜面を下った地点にあるプレートをガイドさんが持ってきたらしい。スゴ
イ勇気!僕には絶対に出来ない・・・。
僕たちにも貸してくださった。三脚を立てる場所も無くて(あると思ったのは雪庇)親切に
もガイドさんが大日岳方面をバックに僕たちを撮ってくださった。
お返しに3人でのショットを撮ってあげた。「ありがとうございますm(..)m(^^)」
僕の山頂バンダナショットは、反対側の剱岳をバックにMICKEYが撮ってくれた。
山頂がホントに狭くて下がって撮るにも斜面でメチャ怖い。下手な動きは命取りになる。
360度の大展望の写真を撮る。日本海も見える!! 「スゴイね〜!」とMICKEY。
さて、雪が緩みすぎないうちに下山にかかろう。ガイドさん達より先に出発した。

P2611m地点に山スキーの人たちが集結している。ここから滑り出すらしい。こわ〜ぁ。
多くの山スキーの人が登ってきたので足跡トレースが沢山ありすぎ(^^;)
斜面の滑落に注意して慎重に下る。しかし長い下りだ〜。慎重に慎重に・・・。
朝、尾根に乗るときに行かなかったP2390mに寄って、山スキーの人たちが北の斜面に滑
降していくのを見物した。見ているだけで「コ、コワ〜(^^;)」の連続だった。

10:30
テント場に到着。「予定外の早さで完了したね。昼食も食べずに持ち帰ったね。明日の朝、
帰路につく予定を今日の午後にしようか」「その方が雪もゆるくて深く埋めたペグも抜
きやすいし、道も空いている。そうしよう!」
残っている食材をふんだんに使った昼食開始だ!。食当は忙しい(^^;)
キャベツと卵を塩こしょうで炒め、シャウエッセンのソーセージも16本炒めて、専用マ
スタードで「うめ〜(^^)」といいながら食べ、カレーライスも作りお腹は超満腹!!!。

12:20
テント場を出発。食材は減ったのにやはり荷物は重い(^^;) それに晴天過ぎて暑い!!
室堂は観光客でごった返していた。美女平行きのバスは待ち時間もなく乗れた。
しかし、4年前と同様、ケーブルの待ち時間が1時間もある。待っていると「臨時代行バ
スを出します〜むとアナウンス。ケーブルは7分でぎゅうぎゅう詰め。バスは15分でゆ
ったり座れて立山駅に着く。2人同時に顔を見合わせて「決まり!」バスに乗った(^^)

立山駅で家で留守番の息子に土産物を買い、MICKEYと昨年の赤木沢の帰りにも行った
「ウェルサンピア立山」の温泉で汗を流した。(700円 10:30〜20:30)
「さっぱりして気持ちいいなぁ(^^)」日焼け止めをしっかり塗っていたがヒリヒリする。
MICKEYは唇が日焼けで腫れていた。

岩峅寺駅のすぐ西にある雄山神社に立ち寄り、北陸道の富山ICから、がら空きの高速。
途中の静かなPAでラジオを聞きつつ具だくさんのラーメンを作って食べたり仮眠したり
しながら敦賀ICまで。昨夜に続き、阪神が巨人に勝った!!
敦賀ICからは、いつもの通り地道で名田庄・美山を通って帰った。がら空きだった。
今回の立山での山行で撮った写真は、224枚にもなっていた(^^)v

2006/05/05(Fri) 21:08:48  [No.2428]


  Re: 【立山】雷鳥平から奥大日岳 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんにちは。

3日4日は、いいお天気でしたね。

> 暴風に備えて掘り、踏み固め、竹ペグを50センチほど深く埋めた。「ふぅ〜、疲れる(^^;)」
> 夜中の2時頃はスゴイ風だった。テント周囲に雪の壁を作っておいて良かった。

テントの周りのブロック塀を見ました。
備えあれば憂いなし。手抜きをしない矢問さんに拍手〜!!

> 下りはじめてすぐ「ううっ」。右の岩への回り込みがとても怖い。滑ったらおしまいだ。
> 苦労したのにMICKEYは軽くこなした。すごい・・・。
> 雪が緩んでいる箇所で足を取られてアッという間に10mほど滑り落ち始めたがすぐに滑落停止姿勢がとれて止まった。ホッ。立ち上がり際に油断してまた滑り、5mほどでまた滑落停止姿勢。今度は慎重にセオリー通り起きあがった。少し緩めの雪質だったので助かったのかも知れない。
> 上から遅れ気味のMICKEYは「こんな急斜面で2度も尻セードして滑落停止訓練でもし
> ているのかと思った」と。こっちは止めるのに必死だったのに(^^;)

MICKEYさんの危に動じない精神はとても重要な事です。
私も矢問さんの滑落停止技術に何の心配もしていません。

> 「左の斜面に吸い込まれそうで怖いなぁ」と僕。「何ともない」とMICKEY。
> 「スゴイ度胸やなぁ」というと「昨日の雄山の下りや浄土山の下りで慣れた」と(^^;)

写真で見ても吸い込まれそうな斜面。実際はものすごいと思います。
私も弥山・双門滝コースの垂直ルートを写真に撮りましたが、
画像で見るとちっとも怖くなくて、がっかりしました。
MICKEYさんの度胸は昨日や今日の慣れではないですよ。

> 4:30 食当の朝は早い(^^;) 
> 今夜のメニューはポトフとご飯。野菜がたっぷりだよ〜(^^)
> 5:00 今日も食当の朝は早い。しかしまだ体に昨日の疲れが(^^;)・・・
> 残っている食材をふんだんに使った昼食開始だ!。食当は忙しい(^^;)

連日の「食当」お疲れ様でした。しかし、

> 「お〜、暖まるしおいしいね」とMICKEY。良かった(^^)
> 「今夜のもおいしい!」とMICKEY。お褒めにあずかりありがたいですm(..)m(^^)
> 「ごめんなぁ(;_;)」と僕。「済んだこと仕方ないやん(ーー;)」とMICKEY。

MICKEYさんの、この優しい声かけが、疲れを癒してくれます。

> 明日の朝、帰路につく予定を今日の午後にしようか、道も空いている。そうしよう!
> 北陸道の富山ICから、がら空きの高速。
> 敦賀ICからは、いつもの通り地道で名田庄・美山を通って帰った。がら空きだった。

早たち、早着き。鉄則です。

> 4日(木・祝)

揚げ足取り、すみません。
4日は「祝」ではなくて、「休」です。

私は2000mより標高の高い所に行けません。
矢問さんのこのレポで、充分満足しました。

                       伊勢山上住人

2006/05/06(Sat) 10:50:50  [No.2429]


  Re: 【立山】雷鳥平から奥大日岳 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、こんにちは(^^)。

> 3日4日は、いいお天気でしたね。
弥山や八経の方も良かったようですね(^^)

> テントの周りのブロック塀を見ました。
> 備えあれば憂いなし。手抜きをしない矢問さんに拍手〜!!
早春の上高地や4年前のここ雷鳥平も夜中の暴風経験からでしょうね(^^)

となりの初心者と思われる僕らより若いご夫妻にも注意しましたが、
「こんな無風で、大丈夫ですよ」と雪の上にポンと立てて、ペグも土に刺すように
プシュと刺すだけ(^^;)。予想通り、夜中はテントが飛びそうになり「わー、きゃー」
とすごい声が(^^;)

「雪スコ貸してください」とペグをやっと埋めるのはいいけど「張り綱は夏とは
逆にしないと調整できなくなりますよ」というのに大丈夫、と。
これまた予想通り雪面近くはカチンコチンで調整不可能でダラ〜んと(^^;)
まっ、これもあの方達も経験となるでしょうね(^^)

> MICKEYさんの危に動じない精神はとても重要な事です。
ときどき「あいつはくそ度胸のオッサンか・・」と勘違いします(^^)

> 私も矢問さんの滑落停止技術に何の心配もしていません。
いえいえ、「もう滑りそう・・」と思っていたので、「滑ったら体勢をこうして・・」
と頭で反芻していたら予想通りに(;_;)
MICKEYに「スパッツにアイゼンの爪をひっかけるなよ〜」「前のめりになるな〜」と
注意の声をかけてた張本人が(^^;)

> 写真で見ても吸い込まれそうな斜面。実際はものすごいと思います。
僕、だめなんですよね〜(^^;) ずっとしたまで見える斜面は・・・。
雪の時も沢の時も・・・。

> 私も弥山・双門滝コースの垂直ルートを写真に撮りましたが、
> 画像で見るとちっとも怖くなくて、がっかりしました。
僕も昨秋そのコースへ行こうと思っていました。はしごや小屋が新しくなったとか。
怖い物見たさ(^^;)

> MICKEYさんの度胸は昨日や今日の慣れではないですよ。
ありゃ、怪物です(^_-)

> 連日の「食当」お疲れ様でした。
「山では食事準備はしなくて良いから」が10数年前の約束なもので(^^;)

> > 「ごめんなぁ(;_;)」と僕。「済んだこと仕方ないやん(ーー;)」とMICKEY。
> MICKEYさんの、この優しい声かけが、疲れを癒してくれます。
ホント、朝のスープをこぼしたのにはへこみました(;_;) 
怒鳴られたらもう奥大日どころじゃなかったかも(^^;)

> 早たち、早着き。鉄則です。
ホントですね(^^) SAの東屋ペンチで残りの食材などで、お腹を満たしつつ
帰ったのも初めてです(^^)。

> 4日は「祝」ではなくて、「休」です。
うわっ、「国民の休日」ですものね。速攻で修正しましたm(..)m(^^)

> 私は2000mより標高の高い所に行けません。
「伊勢山上」で修行を積んで忍者になり仙人になられた伊勢さんが、信仰の山、
山頂に祠のある山々に行けないわけがありませんよ〜(^_-) 

2006/05/06(Sat) 12:11:05  [No.2430]


矢問さん こんばんは

> 昨日は雄山と浄土山に登った。今日はその続編、奥大日岳にチャレンジだ。

写真を見るだけでも、素晴らしいですね。
ワシなんかが登ってる山とは、やはり積雪のスケールが違いますね。
行ってみたい気もするし、さりとて、人の多い場所はゴメンしたいし。
まあ、気持ちの動きに自然にまかせるとしましょうか。

よい山旅を!
                               洞吹(どうすい)

2006/05/07(Sun) 18:33:37  [No.2453]


  Re: 【立山】雷鳥平から奥大日岳 投稿者:矢問(やとう)

洞吹さん、こんばんは(^^)

> ワシなんかが登ってる山とは、やはり積雪のスケールが違いますね。
いえいえ、洞吹さんが通っておられる山域は僕にとってはとても魅力的。
足跡探しを少しずつしたいと思っています。

> 行ってみたい気もするし、さりとて、人の多い場所はゴメンしたいし。
人の多いのは僕たちもどうも苦手です(^^;) 
洞吹さんへの立山でのアドバイスはやはり「早起き早立ち」に限ります(^_-)
ほんと、早朝は人が歩き出しませんよ(^^) その分、夜遅くまで周囲は宴会。
僕らはさっさと寝て早起きして周囲はいびきの大合唱の中出発です(^^)v

> まあ、気持ちの動きに自然にまかせるとしましょうか。
メジャーなところは歳がいっても整備されていていつでも行けますものね(^^)。
特に雷鳥沢のテント場は下って下ってのテント場ですし(^^)

2006/05/07(Sun) 19:36:39  [No.2459]


矢問さん、こんばんわ〜。

亀さんレスしてま〜す(^^ゞ

> 今日はその続編、奥大日岳にチャレンジだ。
> は最高の星空だ!!。流れ星も2度見られてMICKEYは上機嫌。

アルプスで流れ★な〜んて、ロマンチックやなぁ。
大日岳は、昨年夏に花の山で候補に上げてたんやけど、五色ケ原の方に行ったから、今度はいかなくっちゃ〜、でも写真見たら冬もよさそう〜。

> 360度の大展望の写真を撮る。日本海も見える!! 「スゴイね〜!」とMICKEY。
> P2611m地点に山スキーの人たちが集結している。ここから滑り出すらしい。こわ〜ぁ。多くの山スキーの人が登ってきたので足跡トレースが沢山ありすぎ(^^;)

絶景なんやね〜。そんなにも山スキーの人が多いってことは迷うことはなさそう。

> 斜面の滑落に注意して慎重に下る。しかし長い下りだ〜。慎重に慎重に・・・。
> 朝、尾根に乗るときに行かなかったP2390mに寄って、山スキーの人たちが北の斜面に
>滑降していくのを見物した。見ているだけで「コ、コワ〜(^^;)」の連続だった。

聞くところによると、スキーだと恐怖心が無いとかいう人も・・。私やったらスキーの方が怖いと思うけど〜。

2006/05/16(Tue) 21:30:24  [No.2534]


  Re: 【立山】雷鳥平から奥大日岳 投稿者:矢問(やとう)

とっちゃん、おはようございます(^^)。
亀レスごめんm(..)m
ツバメの声で目覚めたら、えらい晴れてる。エエ天気やんか〜(;_;)

「立山・雷鳥平から雄山・・」のレポ自体が消えてしまってるけど、
こっちは残ってるようですね。

> 大日岳は、昨年夏に花の山で候補に上げてたんやけど、五色ケ原の方に行ったから、今度はいかなくっちゃ〜、でも写真見たら冬もよさそう〜。
白がまぶしいですよ(^^)

> 絶景なんやね〜。そんなにも山スキーの人が多いってことは迷うことはなさそう。
スキーの人はカチンコチンの早朝はまだテント内。前日にしっかりルートを見ておいてね。

> 聞くところによると、スキーだと恐怖心が無いとかいう人も・・。私やったらスキーの方が怖いと思うけど〜。
僕はあの斜面・・・というより絶壁を降りていく・・・というより落ちていくような
山スキーを見て「絶対できない」と確信しました(^^;) コワイコワイ(^^;)
MICKEYは「かっこいい〜、面白そう」と若かったらやってたようなこといってました。

2006/05/20(Sat) 05:28:53  [No.2573]


掲示板に戻る