一括表示

【行き先】 芦生・小野子西谷からブナノキ峠
【日 時】 2005年5月28日(土)
【メンバー】矢問 単独
【コース】 芦生・須後−小野子西谷−ブナノキ峠
      −小野子西谷の東尾根を下山−Ca793
      −西谷と東谷の出合−須後

http://homepage3.nifty.com/komachans3/yama3/onokonishi.htm

シャワークライムはまだ寒そうなので、小野子西谷からブナノキ峠への沢筋を歩く。
ここは1999年の5月に妻恋地蔵さんに誘われたが都合で行けなかったルート。
そのときの記録は妻恋地蔵さんの著書「低山趣味」にダンノ凡太郎さんとの同行記として
載っている。

朝4時半に須後に着いたがすごい濃霧。道路の気温計は8℃を表示している。肌寒い。
駐車場には車は自車の他に無人の1台。パンを食べて様子を見ていると霧も晴れてきた。

5:10
何度か徒渉もするので沢靴を履いて行く。研究林の入林届けを記載して研究林へ入林。
近頃はこの仮届けさえも記さない入林者も増えているという。悲しい事実だ・・・。

タニウツギの咲き誇る斜面を過ぎて、小野子谷に入るところに鹿の白骨化。昨冬は大雪で
沢筋で鹿が沢山死んでると、先々週に受講したの「芦生の自然を生かし守る会」のシンポ
ジウムでも学んだ。(その翌日の散策会で歩いた上谷にも雄鹿の死体があった)

以前遡行した小野子東谷と西谷の出合いを過ぎて西谷へ。
左岸に大トチ。右岸には岩を抱いてVの字の木。
左岸に大きな炭焼き窯あとがある。この沢筋は窯跡が点在する。
右岸を歩いていると崖となり右岸を越えようと思ったが無理。沢へと下りる。
ここからはゴルジュになる。沢に刺さる倒木を越えると沢は右へ曲がる。
「ううっ」深い淵がある。両岸とも立っている。「昔の人はどこを通ったのか???」
周囲を見てもよくわからない。「突破するしかないか・・」左のへつりを試みたが深い。
右を試みる。フリクションを効かせても滑りやすい壁面。手のホールドをしっかりつかみ
足場を探しつつ、何とか太ももまでの浸かりで突破できた。大きなアマゴがいた。
本日の第一の核心部だったといえる。水は実に冷たかったが美しかった。
右岸に立派なトチ。右の急斜面の枝沢には細いが50mは越える滝が落ちている。
沢は左へ曲がりしばらく行くとまた右へと曲がる。ミヤマヨメナ?の白い花が咲いている。
両岸に立派なトチの木。

7:15
二俣。ここにも立派なトチの木がある。
妻恋地蔵さんはこのまま北北東の左沢筋へ行かれた様だが、今日は西への右俣をとる。
二俣の出合いの登りやすそうな尾根を北東に登りそのままブナノキ峠へ登るルートも考え
たが、今回は昔のブナノキ峠への道とされたルートを忠実に登りたく西の右俣へ進む。
左岸には大きな木が点在しているが、林床は鹿害で笹もなく明るい。

7:25
両岸に大きなトチの木がありその奥が奥の二俣。右俣でぐるっと南へ回り込む方が地形図
的には楽そうだが、ブナノキ峠への昔の直登ルートではなくなる。水量の少ない左俣へ。
ガレた左岸を登り進む。右岸に立派なカツラの大木とその横にトチの大木がある。
鹿の白骨体があった。今日2つめだ・・・。
「ううっ」黒い岩の壁だ。岩肌の水量は少ないが、どこから昔は登ったのやら・・。
左から巻こうと試みたが、嫌いな傾斜でズルズルと岩屑の斜面が崩れる。やり直し。
一旦右から登り、段になっているところで慎重に左へ移り岩場を登る作戦にしたが、その
岩場の足場がみぞおちあたり・・体が硬いために足がどうしてもそこまで上がらず、手の
ホールドを探しバランスでズリ登った。今日、第二の核心部だった。
岩屑が増えてくる。「林道工事での岩屑の様だな」と考えていると林道の壁が見えた。

8:10
林道の壁際の右を登り、林道に出た。林道に分断された沢筋の先を見てアゼン・・・。
壁に近い黒い湿った岩肌。右から登り水のもうない沢筋の凹んだ部分をひたすら進む。
見なれた山頂の木が見えてきた。もうすぐなんだが傾斜がきつい。やや右へと逃げた。

8:30
ブナノキ峠。今日はゆっくりゆっくり歩いて来たが、えらく早く着いたものだ。
良い天気だが虫が多い。虫除けスプレーを服の上からかけて、朝食にした。
「ガサガサ」という音がしてどきりとした。熊よけ鈴を鳴らす。
山頂札の裏には、経ケ岳でみた書体と同じ字で「2004年10月31日・京都北山ウォーク
・By Asano」とある。
気持ちの良い涼しい風が吹く。ブナの緑も綺麗だ。西側の展望のみだが気持ち良い。
沢靴からウォーキングシューズに履き替えた。

8:55
下山開始。尾根沿いにイワカガミの咲く尾根をまず南へ進みアシウスギのところから南東
へ進み、次に南西への尾根を進むと林道の三叉路に飛び出た(9:20)。
その南西にのびる林道を終点まで進み、斜面を南南西によじ登る。真新しい熊の足跡!。
広い台地状の尾根となる。折れた台杉のところから南西尾根に乗る。人が歩いていないよ
うで北風で南向きに根から倒れた倒木や折れた枝で歩きにくいところが点在する。
Ca793へと下り始めるとシャクナゲの群生地になる。Ca793の大杉の所を過ぎても
しばらくはシャクナゲの群生地が続く。シャクナゲが多くて地形の起伏がやや読み取りに
くい。コンパスと地形図で何度も確認する。腕を曲げて力こぶを見せているような大杉を
過ぎてしばらくすると尾根は西へと延びる。なだらかな西への尾根をどこから南西に下る
か模索しつつ進み、傾斜はきついものの下りやすそうな斜面を下った。
出合いのやや東谷よりに下る。沢が見えたときに同時に釣り人のような男性1名も見えて、
上から聞こえる僕の熊よけ鈴の音に気づき下から大きな声で「こんにちは」と笑顔で挨拶
が飛んできた。

11:00
出合いに出た。今日3つめの鹿の白骨化があった。
挨拶の声の主の釣りのおじさん「どこかすら来たのですか。ああ、ブナノキ峠からですか。
こんなに早く。こんなところに道があるのですか?」と聞かれ会話。今朝、僕がへつって
通過した小野子西谷の深い淵にはやはりアマゴの大物がいてしとめたことがあるという。
また徒渉があるので沢靴に履き替えて、朝通ってきた沢筋をのんびりと戻った。

11:25
研究林の事務所付近で5名のハイカーとすれ違う。入林届けに下山時間を記す。
駐車場へ行くと、朝と違い車が満杯になっていた。
シンポジウムでお世話になった牧田さんがナメコ組合の所で見えたので車の中から会釈。
予定より早い下山となり、ザックの中の昼食は帰路に車中で食べることにした。

2005/05/29(Sun) 08:05:29  [No.250]


矢問さん、こんばんは。
また芦生通いが始まりそうですね(^_^)

> シャワークライムはまだ寒そうなので、小野子西谷からブナノキ峠への沢筋を歩く。
> ここは1999年の5月に妻恋地蔵さんに誘われたが都合で行けなかったルート。
> そのときの記録は妻恋地蔵さんの著書「低山趣味」にダンノ凡太郎さんとの同行記として
> 載っている。

私も読みました。激しい谷ではないが、芦生らしい落ち着いたいい谷だという印象でした。

> 左岸に大トチ。右岸には岩を抱いてVの字の木。
> 左岸に大きな炭焼き窯あとがある。この沢筋は窯跡が点在する。

いかにもいい雰囲気ですねー。

> 「ううっ」深い淵がある。両岸とも立っている。「昔の人はどこを通ったのか???」
> 周囲を見てもよくわからない。「突破するしかないか・・」左のへつりを試みたが深い。

こういう時ひとりだと躊躇してしまいますね。連れがいればずんずん行ってしまうところでもつい
ためらってしまいます。
> 二俣。ここにも立派なトチの木がある。

トチの木の楽園のようですね。(^_^)

> 鹿の白骨体があった。今日2つめだ・・・。

今年は雪が多かったせいでしょうか。私も土曜日見ました。

> 岩場の足場がみぞおちあたり・・体が硬いために足がどうしてもそこまで上がらず、手の
> ホールドを探しバランスでズリ登った。今日、第二の核心部だった。

苦戦ですね。

> 山頂札の裏には、経ケ岳でみた書体と同じ字で「2004年10月31日・京都北山ウォーク
> ・By Asano」とある。

どうもこの手の「犬のションベン」はいけません。「バカじゃないの」と思ってしまいます。

> 予定より早い下山となり、ザックの中の昼食は帰路に車中で食べることにした。

相変わらずですねー。せっかく行ったのにもったいないと思うのは私だけでしょうか?

                  山日和

2005/05/30(Mon) 21:42:34  [No.254]


山日和さん、こんばんは。
> また芦生通いが始まりそうですね(^_^)
どうも僕は山野草より、どっしりと構えたアシウスギを見るとうっとりして心が安まる気がします(^^) 鹿に下草や笹も食べ尽くされつつある沢筋は行くたびに明るくなり寂しい限りです(;_;)
薮こぎの野田畑はどこへ行ったの? 薮こぎの赤崎尾根はどこ?って感じで鹿害が進行していますね・・・。第2の大台になってほしくないです。

> 私も読みました。激しい谷ではないが、芦生らしい落ち着いたいい谷だという印象でした。
トチの木だらけですよ(^^) ここで昔は厳しい気候の中で炭焼きをしておられたのだなぁ。こんな斜面を炭やクヌギを担いで歩いておられたのか・・・と感慨深く見てしまいます。

> いかにもいい雰囲気ですねー。
釣り屋さんがいないうちに通らないとよくトラブルらしいですね(^^;)

> こういう時ひとりだと躊躇してしまいますね。連れがいればずんずん行ってしまうところでもつい
> ためらってしまいます。
図星(^^) それに寒かったし冷たかった(^^;)

> トチの木の楽園のようですね。(^_^)
ホント。先日の芦生のシンポジウムで教授がおっしゃってた「トチ谷」は地図にも記載が無くいまだに僕にとってはどこなのか謎・・・。京大の大学院でのどこかの谷の通称でしようかね・・・。

> 今年は雪が多かったせいでしょうか。私も土曜日見ました。
相当多いようですよ。カモシカは強いですが、鹿は細い足で寒さには強いけど雪には弱いとのこと。子鹿なら雪の頃は追いかけて捕まえられるとおっしゃってました。

> 苦戦ですね。
体が硬いのはこういう場面で損ですね(^^;)

> 相変わらずですねー。せっかく行ったのにもったいない
早く帰ってタイガースを応援しました(^^)

2005/05/31(Tue) 21:31:30  [No.259]


矢問さん、こんばんわ〜。

 芦生は、まだまだ行っていないとこだらけで、どのへんの場所なのか草川さんの本の地図を見て見ました。

「小野子西谷からブナノキ峠」須後から入りやすい場所ですね。芦生はなんか、つい林道歩きが多い感じがしちゃってます。

 でも、大木が多くて心がゆったりしますね。また、芦生に行くときの参考にさせていただきます。ミッキーさんは、山はお休みだったんですね。一人は、やっぱり、はりあいがなかったのでは?

2005/05/31(Tue) 20:59:17  [No.255]


tottyannさん、こんばんは(^^)。ちゃんと顔を浮かべて書いてますよ(^^)v

> 「小野子西谷からブナノキ峠」須後から入りやすい場所ですね。芦生はなんか、つい林道歩きが多い感じがしちゃってます。
林道を歩かずにtottyannならどんどん尾根を歩いてください。立派なアシウスギが出迎えてくれますよ(^^)

>  でも、大木が多くて心がゆったりしますね。また、芦生に行くときの参考にさせていただきます。
芦生の森で会えると良いですね(^^)
地道で2時間弱で着くのでしょっちゅういってますからf^_^;ポリポリ

> ミッキーさんは、山はお休みだったんですね。一人は、やっぱり、はりあいがなかったのでは?
ヒーヒーいいながらついて行かなくていいので汗もかきませんでした(^^) でも去年の秋から今年の夏場まではやっぱりクマが怖いですね・・。熊より怖い連れがいると安心できます(。_゜☆\ ベキバキ

鈴鹿のおすすめ巨木、巨樹の森をまたご紹介下さいねm(..)m(^^)

2005/05/31(Tue) 21:38:24  [No.260]


掲示板に戻る