一括表示

  【若丹国境】頭巾山 投稿者:矢問(やとう)
【若丹国境】頭巾山 (画像サイズ: 480×360 59kB)

【山 域】若丹国境・頭巾山(871.0m)
【期 日】2006年5月14日(日) 
【メンバー】矢問、MICKEY
【コース】 美山・丹波福居−北西へ尾根道−頭巾山(871.0m)
      −県境尾根東進−横尾峠・P718m−南進・P502m
      −西進−上谷林道−丹波福居

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/toukin.htm

「芦生か美山方面へ行こうか」「静かで新緑が綺麗で展望が良くて花もあるところがいい」
「シャクナゲはもう遅い。ブナの新緑とイワカガミやイワウチワのある頭巾山にしよう!」

「頭巾山」は山容が山伏がかぶる頭巾(ときん)に似ていることからついたらしい。
一般的な登山道は、京都府側からは綾部の古和木からのルートや(古和木ではトキンザン
と呼ばれている)、美山の山森からの上谷ルート、福井県側からは名田庄の納田終(のた
おい)からの「野鹿(のか)の滝」見物ルート(美山や名田庄ではトウキンザンと呼ばれて
いる)が知られている。地形図をじっと見た。ハイキング道以外で今回は登ってみたい。

「決めた!明日は美山の山森の丹波福居から、上谷沿いではなく尾根筋で山頂へ行こう!」
「明朝は5時頃に家を出ればいいね」「そうしよう!」

7:35
山森の集落の北「丹波福居」のバス停に頭巾山ハイキングコースの絵地図看板がある。
上谷コースを示している。今日はそのすぐ西の尾根を北西に進み山頂に行ってみたい。

「丹波福居」バス停そばの橋のふくらみに駐車。
周囲の家には芝桜が綺麗に咲いている。「ウチも来年は咲くね」ウチも昨日植えつけた。
見館谷川沿いに西へ尾根への取り付きを偵察。左に鳥居があり見上げる。鳥居の右は谷。
その谷の左岸の尾根をルートが今日の狙いルートだ。
しばらくは谷沿い左岸に踏み跡があったが・・・無くなった・・・(;_;)。

7:55
「谷沿いに進まず、左岸の尾根に乗ろう」急斜面を細い木や笹をつかんでよじ登った。
「きついな(^^;)滑るなよ。注意して!」尾根に出るとかすかな踏み跡。「取り付いたもう
少し東にあったのかな・・・」。尾根筋がずっとイワカガミの群生だ。新緑も素晴らしい。
鹿のかん高い声が直ぐそばで聞こえる。何度も。鹿が多いのだろう。足跡も多い。

「うわ〜、綺麗!」とMICKEY。ブナの新緑帯になった。淡いグリーンが素晴らしい。
「この尾根ルート、イワカガミの群生といい、ブナ林といい、ホントに綺麗だなぁ」
赤やピンクのイワカガミ、白いヤマイワカガミも群生している。

9:25
「踏み跡が無くなったな・・・。尾根道じゃなくてどこかを巻いたのかな・・。僕らは尾
根道を忠実に行こう」と進んだものの、腰高の笹が背丈になり雪の時期の重みですべて下
に向いており、笹とシャクナゲジャングルに体が跳ね返されるは、イバラにズボンは破ら
れるは、「いつまで続くのだ〜!」と言いたくなる。昨日の雨で笹は濡れており、先頭を
行く僕のズボンと上着はブルドーザー兼露払い役で、しっかり濡れている。「寒い〜」

10:00
P835m。ここからは町村境尾根を北進だ。ここからはしっかりした踏み跡を期待して
いたが、予想と期待に反して全くなし。先ほどのように笹は密生していないが、腰高の笹
とイワウチワが続く。「頭巾山が前方に見えるね」とMICKEY。あと300m程・・。

10:30
山頂まであと50mほどの所に岩が出現。ここからも笹ジャングルの急登だ!。
空き瓶や空き缶のゴミが出だした・・・。山頂直下のようだ。
岩から5分、「よいしょ!」と登ると山頂避難小屋の真横に出た。「山頂に着いたぞ!」
「この尾根ルート、後半だけが難点よね。あとは素晴らしいのに・・」とMICKEY。
ズボンのかぎ裂きが僕は10カ所、MICKEYは1カ所という結果(;_;)。
展望は素晴らしい。男性が1名、綾部側から来た。「こんにちは」

三角点の横には祠がある。弘法大師の雨ごいの祈祷も行われたという。この周辺では古く
からの水の守り神で、水不足の時には周辺の集落からの参詣であとが絶たなかったらしい。
今も毎年4月には山麓にある3市町村から多くの人が参拝し、祭礼が行われている。
灯籠が倒れているが、昔大雪で灯籠が転がり落ちて探すのに難儀して、祭礼が終わるとま
たご丁寧に今日のように散乱したように倒しておくらしい。

その「倒れ灯籠」のところで昼食とした。今日は焼きそばにラーメンに餃子の中華三昧。
食後にはMICKEYはコーヒー、僕はカフェラテ。北の福井側の展望をゆっくり楽しんだ。
2週間前の立山の時のように近頃昼にしっかり食べ過ぎかも(^^;)「また太るかもね〜」

11:35
下山開始。若丹国境尾根を横山峠まで東進する。下り初めて直ぐ左にお地蔵様がある。
5分ほどで、右へ下る上谷ルートへの分岐があるが「尾根をそのまま東進するよ」「遠回
りで尾根周遊ね」。左(北)の福井側の山々を眺めながら新緑の気持ちの良い尾根道だ。
「高速道路ね。楽な尾根道(^^)」とMICKEY。ご夫妻が登ってきてすれ違う。

12:40
横尾峠。P718m。お地蔵様が2体ある。このまま東進すると、 八ケ峰や芦生の三国
峠へと続く若丹国境の県境尾根道だ。「紅葉や雪の頃も良さそうね」とMICKEY。
「僕らはほんの少し戻って南尾根に乗るよ」。廃道のような尾根道だが踏み跡らしく溝状
になっている。「山頂への登りの時のあのヤブコギに比べたらノープロブレム(^^)」
左の崖ギリギリについている箇所もあり、笹に押されて進みづらいところもあるが青や赤
のテープがある。「この尾根を歩く人もいるのね」。「きっと、昔の峠越えルートだろう」
鹿よけネットがあり、ひっかかったのか、鹿の白骨が・・・。「かわいそうに」
P645mをすぎてしばらくするとパタリとテープが無くなった。「見落としたかな」
僕らはそのまま南進し、P502mを過ぎ、踏み跡に従って予定通り西進下降。
民家が見えてきた。右手にお地蔵様がある。谷の細い沢を右岸に移り、民家の横を目指す。

13:30
民家の横に出た。ご主人が作業をされていた。「こんにちは。すみません」と家の横を通
るのをご主人に挨拶。笑顔で頷いてくださった。
家の前は、上谷ルートの林道だ。「伊吹・比良山地 カモシカ保護地域」と文化庁の看板。
そこから15分で駐車地点に着いた。この地区でも田植えが始まりだしたようだ。
「あ〜今日もよく歩いたね」「かんかん照りでなくて良かった」
ラジオで交流戦を聞きながら帰路についた。今日はタイガースの江草が打たれまくった。

2006/05/15(Mon) 20:33:57  [No.2526]


  Re: 【若丹国境】頭巾山 投稿者:伊勢山上住人

矢問さん&MICKEYさん、こんばんは。

> シャクナゲはもう遅い。

今年はやはりシャクナゲの花は少ないですね。
14日、古ヶ丸山ではまだ咲き始めでした。

> ハイキング道以外で今回は登ってみたい。
> 上谷沿いではなく尾根筋で山頂へ行こう!

このフォーラムの人は、「外して歩く」のが好きな方が多いですね。

> しばらくは踏み跡があったが・・・無くなった・・・(;_;)。

ちょっぴり不安。しかし、未知への挑戦にワクワク。

> 「うわ〜、綺麗!」とMICKEY。ブナの新緑帯になった。淡いグリーンが素晴らしい。
> 「この尾根ルート、イワカガミの群生といい、ブナ林といい、ホントに綺麗だなぁ」

こう、うまくいくケースはまれです。
「ヤッタ〜!」て、気分。

> 「この尾根ルート、後半だけが難点よね。あとは素晴らしいのに・・」とMICKEY。
> ズボンのかぎ裂きが僕は10カ所、MICKEYは1カ所という結果(;_;)。

露払いご苦労様でした。

                          伊勢山上住人

2006/05/17(Wed) 22:15:43  [No.2549]


  Re: 【若丹国境】頭巾山 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、こんばんは(^^)。
数時間前にレスしたのですが、いつの間にか消えてる・・・なぜ(;_;)???
ま、思い出しつつ、また記します(^^)

> このフォーラムの人は、「外して歩く」のが好きな方が多いですね。
むか〜しはハイキング道を外しても不安でしたが、沢登りや尾根歩きを
かじり出すと、人に会わず自然の中に包まれているちっぽけな自分を感じて
それがいつの間にかホッとできる快感にが一種の麻薬のように(^^)

> ちょっぴり不安。しかし、未知への挑戦にワクワク。
「ひどいヤブになるなよ〜」と心で祈りつつ(^^)

> こう、うまくいくケースはまれです。
> 「ヤッタ〜!」て、気分。
春先は新緑が本当に気持ちいいですね。命の息吹って感じで。
フゥ〜ッとボーッと木々の上を眺めています。

> 露払いご苦労様でした。
露払いの後は、ズボンの修繕(^^;) やっと7箇所終了。これも僕の担当(;_;)

2006/05/20(Sat) 00:13:38  [No.2572]


  Re: 【若丹国境】頭巾山 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、こんばんは〜。

頭巾山は、名前だけ知ってて未踏の山です〜。


> 「決めた!明日は美山の山森の丹波福居から、上谷沿いではなく尾根筋で山頂へ行こう!」尾根筋がずっとイワカガミの群生だ。新緑も素晴らしい。
「うわ〜、綺麗!」とMICKEY。ブナの新緑帯になった。淡いグリーンが素晴らしい。
「この尾根ルート、イワカガミの群生といい、ブナ林といい、ホントに綺麗だなぁ」
赤やピンクのイワカガミ、白いヤマイワカガミも群生している。

もうイワカガミの季節なんですね〜。どちらかというと、イワウチワの花の方が好きなんですが、もうとっくに散っちゃっていますね。

ブナの新緑は、ほんま綺麗ですね〜。花とブナも美しいですね。春のあったかさ感じて。

また、残雪の白とブナの新緑とは、すごいマッチするのですが、そんな清々しい景色にも会いたくなっちゃいます。


> に向いており、笹とシャクナゲジャングルに体が跳ね返されるは、イバラにズボンは破ら
> れるは、「いつまで続くのだ〜!」と言いたくなる。昨日の雨で笹は濡れており、先頭を
> 行く僕のズボンと上着はブルドーザー兼露払い役で、しっかり濡れている。「寒い〜」

露払いのお役目だったんですね〜。

矢問さんも、ヤブコギ洞吹さんみたいに、こいでるうちに快感になっちゃったりして・・。

ランナーズハイとおんなじなんですかね?

私は歩きやすいブナ林が好きですが・・・。

2006/05/20(Sat) 07:11:18  [No.2577]


  Re: 【若丹国境】頭巾山 投稿者:矢問(やとう)

とっちゃん、おはようございます(^^)
午前8時までは晴天だったのに、今はまた大雨。昼から晴れるという
予報を信じて、明日の地区クリーンアップの堤防の草刈りを前倒しで
しておいて明日はどこかへ行こうかと策略中(^^;)

> 頭巾山は、名前だけ知ってて未踏の山です〜。
エアリアマップでも左上端っこなのでほったらかしの人も案外いてるようです(^^)

> もうイワカガミの季節なんですね〜。どちらかというと、イワウチワの花の方が好きなんですが、もうとっくに散っちゃっていますね。
いやいや、ポロポロとは咲いてましたよ。斜面の陽の当たり具合や標高でしょうね。


> ブナの新緑は、ほんま綺麗ですね〜。
毎年見てもやはり「ハァー・・綺麗よなぁ・・」と口をぽかんと開けて見とれます。

> 露払いのお役目だったんですね〜。
いつものことです・・・。普段はサッサと行くのにこういうところは譲ってくれます(;_;)

> 矢問さんも、ヤブコギ洞吹さんみたいに、こいでるうちに快感になっちゃったりして・・。
なれへんなれへん(^^;) ヤブは避けたいなぁ。登りは跳ね返されるし、下りは滑るし。
しかし笹の跳ね返す力はすごいよね。ジムにいってるみたい。
通過した後のズボンの汚れは全く違う。僕はボロぞうきんを煮染めたような色になり
2番手はホントに汚れない(ーー;)

> 私は歩きやすいブナ林が好きですが・・・。
僕も! σ(^-^)も! まだ変態には変身してません(^^)

2006/05/20(Sat) 08:47:43  [No.2582]


掲示板に戻る