一括表示

  懸垂下降初体験 投稿者:伊勢山上住人  URL
懸垂下降初体験 (画像サイズ: 600×800 201kB)

【日時】 平成18年5月14日(日)
【山域】 台高東部
【天候】 曇りのち晴れ
【コース】庵の谷林道終点7:00---7:40大熊谷の頭---9:10白倉山---11:20古ヶ丸山12:05---14:10白倉山---15:40大熊谷の頭---16:20林道終点

先週の日曜日に古ヶ丸山のアケボノツツジに会いに行くつもりだった。しかし、雨のため、山に向かえず。
「アケボノツツジはすっかり散り終わっているだろうな。シロヤシオにはまだちょっと早いかな。」
と、思いつつも、庵の谷林道から古ヶ丸山を歩きに行ってきました。

大熊谷の頭から白倉山までは、ガスに包まれ、幻想的なムード。
「いい感じ」

白倉山の先、ロープにすがっての岩場がある事は知ってはいたが、あんなに怖い所とは思ってもいませんでした。
途中まで進み、ロープをつかみ、足をかける所を目で追うが、どこも引っ掛かりが小さく、滑りそう。私のビムラム、濡れた岩にはとてもよく滑る。滑ったら、懸垂0回の腕では自分を支えきれない。すぐ横は果てしの無い絶壁。しばし思案。

ここは安全策。「ロープを出そう」狭い岩棚の上で、ザックを背中から降ろし、ザックの底の方に手を突っ込んで、スリングとカラビナを出す。固定ロープにプルージックを巻き、まずザックを確保する。次に体にスリングを巻いて、固定ロープと繋ぐ。
「ああ、やれやれ。これで一安心」
(今思うと、なぜ安全な所まで戻ってから、準備しなかったのか?)

ロープを出し、木に引っ掛け、先にザックを結わえて降ろす。そしていよいよムンターヒッチによる懸垂下降の初体験。体を預けてもゆっくり下がっていく。制御するのにもっと力がいると思っていたが、意外と簡単。ふんわりと下の岩棚に着いた。もっと経験したい。残り1m弱も懸垂下降の真似事。しかし、見事に足を滑らせ、ベタン。膝を打った。
「初めてにしては、上出来。どこかで、もっと練習をしよう」

ロープをそのまま残して、古ヶ丸山を往復。岩場に戻ってきた。次は登る場面だ。ザックをおもり代わりにしてロープをピーンと張り、プルージックをセット。胸に巻いたスリングと繋ぐ。少し登ってはプルージックを上に移動する。手の力を緩めてみるが、プルージックはしっかりと体を吊り下げてくれる。
「なかなかうまくいくじゃん」

シャクナゲは裏年で花の少ないのは仕方が無い。アケボノツツジも花のハリは無かったが、枝から落ちずに残っていてくれた。ただ、来週にはシロヤシオの時期だと思うが、つぼみが1つも見当たらない。1週間でポコンと出てきて、パッと咲くのだろうか?

2006/05/18(Thu) 21:37:56  [No.2557]


  Re: 懸垂下降初体験 投稿者:山日和

伊勢山上住人さん、こんばんは。
最近気合が入ってますねー(^_^)
往復が嫌いな私には取れないコースです。(^^ゞ

> ここは安全策。「ロープを出そう」狭い岩棚の上で、ザックを背中から降ろし、ザックの底の方に手を突っ込んで、スリングとカラビナを出す。固定ロープにプルージックを巻き、まずザックを確保する。次に体にスリングを巻いて、固定ロープと繋ぐ。
> 「ああ、やれやれ。これで一安心」
> (今思うと、なぜ安全な所まで戻ってから、準備しなかったのか?)
>
> ロープを出し、木に引っ掛け、先にザックを結わえて降ろす。そしていよいよムンターヒッチによる懸垂下降の初体験。体を預けてもゆっくり下がっていく。制御するのにもっと力がいると思っていたが、意外と簡単。ふんわりと下の岩棚に着いた。もっと経験したい。残り1m弱も懸垂下降の真似事。しかし、見事に足を滑らせ、ベタン。膝を打った。

なかなかうまくいったようですね。その固定ロープは信頼できるものでしたか?

> ザックをおもり代わりにしてロープをピーンと張り、プルージックをセット。胸に巻いたスリングと繋ぐ。少し登ってはプルージックを上に移動する。手の力を緩めてみるが、プルージックはしっかりと体を吊り下げてくれる。

ザックはどうしたのですか?あとからロープをたぐりよせたのでしょうか。
懸垂下降は最も確実な下降方法であると同時に最も事故の多いものです。
十分に練習して慎重にね。

               山日和

2006/05/18(Thu) 22:44:55  [No.2560]


  Re: 懸垂下降初体験 投稿者:伊勢山上住人  URL

山日和さん、こんばんは。

> 最近気合が入ってますねー(^_^)

気合は充分なんですが、問題が発生しました。
10年程前から、会社の階段で、左ひざにピリッと痛みが走る時がありました。
しかし、山で痛みを感じたことは今までありませんでした。
ところが、今回山でも痛みが出てしまいました。
さあ、困りました。

> 往復が嫌いな私には取れないコースです。(^^ゞ

庵の谷林道を歩いている方に会いました。白倉山からナンノ木平・江馬小屋と回られるものと思いますが、この林道歩きも大変なことです。
(私一人でも車の腹を擦っていましたので、「乗りますか?」と声をかけられませんでした)

> その固定ロープは信頼できるものでしたか?

運動会の綱引きほどの太いロープでした。もう1本苔むしたロープがありましたが、触れませんでした。「確保されている」という精神安定剤的要素が強いように思います。

> ザックはどうしたのですか?あとからロープをたぐりよせたのでしょうか。

そうです。
プルージックはロープが張っていないと両手が必要になると思っていますが。

> 十分に練習して慎重にね。

たったの3mに、30分もの時間を費やしました。練習しま〜す。

コメントありがとうございました。            伊勢山上住人

2006/05/19(Fri) 23:16:01  [No.2569]


  Re: 懸垂下降初体験 投稿者:とっちゃん(こと)

こんばんは〜。

> 「アケボノツツジはすっかり散り終わっているだろうな。シロヤシオにはまだちょっと早いかな。」

花のいい時期は、あっという間に終わっちゃいますね。

ツツジ科は今年裏年じゃないかな?

> 白倉山の先、ロープにすがっての岩場がある事は知ってはいたが、あんなに怖い所とは思ってもいませんでした。

ここから。先は私も未踏なんですが、なかなかスリリングなようですね〜。

今回は懸垂下降初体験でしたか、最近、ちょっとこわいそうな所選んで行ってはるのかな?

安全に冒険してくださいね〜。


> シャクナゲは裏年で花の少ないのは仕方が無い。アケボノツツジも花のハリは無かったが、枝から落ちずに残っていてくれた。ただ、来週にはシロヤシオの時期だと思うが、つぼみが1つも見当たらない。1週間でポコンと出てきて、パッと咲くのだろうか?

う〜ん。シロヤシオも裏年だと思いますが・・・・。

2006/05/20(Sat) 07:14:48  [No.2579]


  Re: 懸垂下降初体験 投稿者:伊勢山上住人  URL

とっちゃん(こと)さん、おはよ〜。

朝の7時に
> こんばんは〜。
って、とっちゃん(こと)さんの「晩」は、めっちゃ長いんね。

> 白倉山、ここから。先は私も未踏なんですが、なかなかスリリングなようですね〜。

白倉山から10分でこの岩場です。覗いてみてください。

> 今回は懸垂下降初体験でしたか、最近、ちょっとこわいそうな所選んで行ってはるのかな?

今回は、想定外の「こわいそうな所」でした。

> 安全に冒険してくださいね〜。

非力な私としては、臆病に「安全策」をとって歩きます。
コースタイムの時間のかかること。

> う〜ん。シロヤシオも裏年だと思いますが・・・・。

シロヤシオの裏年って、1つも花が咲かないのですか?
明日は久々の「晴れ」予報。
木原谷東尾根のシロヤシオを見に行く予定ですが・・・・。

コメントありがとうございました。           伊勢山上住人

2006/05/20(Sat) 09:41:18  [No.2584]


  Re: 懸垂下降初体験 投稿者:zipp

 こんばんは、伊勢山上人さん。

> 白倉山の先、ロープにすがっての岩場がある事は知ってはいたが、あんなに怖い所とは思ってもいませんでした。
 白倉山から稜線伝いに行くと5m(?)程の岩崖を降りないと行けなくなっちゃいますよね。
なるべく残置ロープを使わないようとしているんですが、ここは使わざるを得ない場面がありました(^^;
 けどね、ココ、巻き道があるんですよ、垣外俣谷側に。

> ロープを出し、木に引っ掛け、先にザックを結わえて降ろす。そしていよいよムンターヒッチによる懸垂下降の初体験。体を預けてもゆっくり下がっていく。制御するのにもっと力がいると思っていたが、意外と簡単。ふんわりと下の岩棚に着いた。もっと経験したい。残り1m弱も懸垂下降の真似事。しかし、見事に足を滑らせ、ベタン。膝を打った。
> 「初めてにしては、上出来。どこかで、もっと練習をしよう」
 えらいっ!わたしには到底無理です(^^;

> シャクナゲは裏年で花の少ないのは仕方が無い。アケボノツツジも花のハリは無かったが、枝から落ちずに残っていてくれた。ただ、来週にはシロヤシオの時期だと思うが、つぼみが1つも見当たらない。1週間でポコンと出てきて、パッと咲くのだろうか?
 21日、野江股ノ頭に行っていました。シャクナゲはそれなりに良く咲いてました、がっ!シロヤシオはまだ稜線付近(1200m)まで開花は進んでいませんが、今年のアケボノツツジ以上に花は少ないです。咲いている木はほんの僅かしかありませんでした。

2006/05/26(Fri) 00:13:14  [No.2613]


  Re: 懸垂下降初体験 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 懸垂下降初体験 (画像サイズ: 700×933 267kB)

zippさん、こんばんは。

> 残置ロープを使わざるを得ない場面がありました(^^;
> けどね、ココ、巻き道があるんですよ、垣外俣谷側に。

本当に巻き「道」ですか?
zippさんの「道」と私の「道」とは、意識にかなりの開きがあるのですが・・・・。

>  えらいっ!わたしには到底無理です(^^;

zippさんには、必要の無い無駄な作業です。
この岩場の通過に30分もの時間を費やしました。
歩くの遅い上に、無駄な時間をかけて、笑ってやって下さい。
でも初体験、面白かったです。

>  21日、シロヤシオはアケボノツツジ以上に花は少ないです。

私も木原谷東尾根で確認してきました。
1つもつぼみを付けていない木が大半でした。
シロヤシオの裏年は徹底的ですね。

>  野江股ノ頭に行っていました。

焼肉パーティー、美味しそう〜。

ハヤノ谷源流部のブナの巨木を見てきました。
すぐ上の尾根芯はいつも歩いているのですが・・・。

それで、帰りは赤ゾレ山まで尾根芯から少しずらして歩いてみました。
すると、結構太い木がいたる所にあるのですね。
心落ち着く場所も何ヶ所か見つけました。
zippさんに山の歩き方をまた教えてもらいました。

コメントありがとうございました。     伊勢山上住人

2006/05/26(Fri) 20:50:24  [No.2617]


  Re: 懸垂下降初体験 投稿者:zipp

 こんばんは。

> 本当に巻き「道」ですか?
> zippさんの「道」と私の「道」とは、意識にかなりの開きがあるのですが・・・・。
 まぁ、あの岩崖を懸垂下降したりよじ登らなくていい巻き道ですよ。
マーキングテープもありました。
今は、ヤチヤマ林道が崩れて通れなくて大杉谷自然学校はプログラミングに組み込んでいませんが、「大熊三山」周回山行って大杉谷自然学校の山行コースみたいなもんでしたから、巻き道あって当然ですよね(^^)

> この岩場の通過に30分もの時間を費やしました。
> 歩くの遅い上に、無駄な時間をかけて、笑ってやって下さい。
 無駄じゃないでしょ。

> でも初体験、面白かったです。
 良かったです(^^)


> ハヤノ谷源流部のブナの巨木を見てきました。
> すぐ上の尾根芯はいつも歩いているのですが・・・。
>
> それで、帰りは赤ゾレ山まで尾根芯から少しずらして歩いてみました。
> すると、結構太い木がいたる所にあるのですね。
> 心落ち着く場所も何ヶ所か見つけました。
 昭文社のエアリア・山高地図が誤表記していいて、「ハヤノ谷」は正しくは「ハカノ谷(墓の谷)」です。わたしのレポも訂正しておきます(^^;
 ハカノ谷のブナを見られましたか、大きかったでしょ。
画像のブナは馬駈ヶ場のブナですね。
 ゆったりあるくのはいいものですよ(^^)

2006/05/26(Fri) 22:46:09  [No.2620]


  Re: 懸垂下降初体験 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 懸垂下降初体験 (画像サイズ: 700×525 137kB)

もう、おねむのじかんですが、こんばんは。

>  まぁ、あの岩崖を懸垂下降したりよじ登らなくていい巻き道ですよ。
> マーキングテープもありました。

次回(?)探してみます。

> 「大熊三山」周回山行って大杉谷自然学校の山行コースみたいなもんでしたから、

「犁谷の北尾根」を縦走路から少し覗いてみましたが、とても道じゃないとすぐ戻りました。
「古ヶ丸北峰」もゆっくり展望を楽しめる所でした。アカヤシオも綺麗に咲いてくれていましたが、上手く撮れませんでした。

>  昭文社のエアリア・山高地図が誤表記していいて、「ハヤノ谷」は正しくは「ハカノ谷(墓の谷)」です。わたしのレポも訂正しておきます(^^;

了解しました。

>  ゆったりあるくのはいいものですよ(^^)

私の場合は「ゆっくり」歩くのですが、「ゆったり」楽しむように心掛けます。

ありがとうございました。             伊勢山上住人

2006/05/26(Fri) 23:29:21  [No.2621]


掲示板に戻る