一括表示

  【京都北山】白尾山から杉波谷山 投稿者:矢問(やとう)
【京都北山】白尾山から杉波谷山 (画像サイズ: 480×360 112kB)

【山 域】京都北山・白尾山(748.5m)から杉波谷山(鉢ケ峰・778.6m)
【期 日】2006年5月21日(日) 
【メンバー】矢問、MICKEY
【コース】 美山町・かやぶきの里−津本谷川右岸尾根−白尾山(748.5m)
      −北進−P705−P692−杉波谷山(鉢ケ峰・778.6m)
      −P677−P656南西尾根−八幡神社−かやぶきの里

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/suginamidaniyama.htm

7:05
かやぶきの里に来るまでの道も霧が立ちこめていた。少しずつ晴れ出す。
津本社の鳥居を目指して歩く。かやぶきの里の写真を撮る人がチラホラ。
津本社を過ぎ、鹿よけネットをくぐり橋を渡ってすぐ津本谷と猪血谷の間の尾根を登る。
最初から急登だが、うっすらと踏み跡があるような無いような・・・。
ギョリンソウとイワカガミが多い尾根だ。植林帯が終わるとブナと自然林。
「素晴らしい緑ね〜。気持ちいいわ〜」とMICKEYのペースが上がる。
「ちょっとゆっくり登って〜」と声をかけると「えっ? 何〜?」といいつつ止まらない。
東斜面で「暑いかな」と心配だったが、木陰で冷たい風があり実に気持ち良い。
「バタバタバタ〜」キジが直ぐ横を飛んでいった。「大きかったなぁ」
立派な太さの松の木も多いが松食い虫にやられたのか枯れている巨木が多い。
山頂まで距離にして300m位のところから目印の白紐が出だした。

8:50
白尾山(748.5m)。展望はないが爽やか。ここから尾根を北進する。
杉波谷山がちらりと見える。
「この尾根はやたらと赤テープが多い尾根ね」とMICKEY。撲もやや興ざめ。
この尾根も立派な松の木がある。こちらは虫にもやられず元気だ。
P705mをそのまま北進し「おや?おかしい」と気づく。北東に下るとテープがあった。

9:30
津ノ本谷からの合流点。手書きの道標に「鉢ケ峰→」とある。杉波谷山のことだ。
下の方で男性の声が聞こえた。右手に杉波谷山が見える。約20分でP592m。
ここからは北進。桧の植林帯の登りだ。「だんだん暑くなってきたね(^^;)」
この山は鳥の声が実に多い。

10:10
杉波谷山(鉢ケ峰・778.6m)。尖った狭い山頂だ。
東へ少しくだった所で早い昼食にした。「今日はいなり寿司+うどん+王将の餃子。」
「王将の生餃子を持ってきたの?」「昨日特売で1人前100円だったし、2人前(^^)」
フライパンで油と水を入れて、アルミホイルの蓋を作り焼く。「うま〜い!!」
ゆっくり休んでいるのに、大きなクマバチなどの蜂がブンブンと何匹もうるさい。
「今日は新兵器を試そう!"スーパー・スズメバチジェット"というスプレーを!」
ブシューッ・・・・・一瞬で蜂がいなくなった。「す、すごいなぁ、このスプレー(^^)v」

11:00
下山開始。高圧線の巡視路よりずっと東の尾根から集落の八幡神社を目指す。
単独の女性が登ってきた。立ち止まってじっとこちらを見ている。
「あっ、矢問さんですよね!その頭のバンダナで分かりました(^^)」と。
僕も見覚えがあるものの、即座に思い出せない・・・。
「山日和さんとご一緒しましたYです」「あっ、貝月山の時の(^^)」2月は冬衣装だった
のでピンと来なかったのだ。
「巡視路から登ってきました」とY夫人。「白尾山から来ました。僕たちはぐるりと尾根
を回ってかやぶきの里に下ります」と挨拶して別れた。ザックに立派な鹿の角があった。
「一人で読図して踏み跡の少ない山を巡るなんてスゴイね」とMICKEY。
「貝月山でもしっかり読図されていたよ。ホントに熱心に。」と僕。

11:40
高圧線の鉄塔。流石に展望がよい。白尾山から杉波谷山もよく見える。
「歩いてきた尾根道が見えるってスゴイね」「よく歩いたなぁ」
この先はほとんど踏み跡がないが、綺麗な尾根筋だ。早くも蝉が鳴いている。
「うわっ、蛇だ」今日はこれで3度目。暖かくなった証拠だな。
P656mへの登りにさしかかる。「うまく右へトラバース出来そうならピークまで行かなく
ていいよ」「ここから行けそう」と斜面をトラバース。「すぐ先は谷間になってる。行き
すぎ。少し戻り気味に下ればそれが目的の尾根」尾根を下っていると途中で右手に青いビ
ニールシートが見えたがそれにつられずしばらく下り、コンパスを頼りに斜面を下る。

13:00
八幡神社本殿の裏にドンピシャで出た。予想通り鹿よけネットが張り巡らされている。
どこが境目か分からない。MICKEYがやや低い部分を探し越えた。僕も続いた。
智伊之庄と知井九ケ村の総社的な社として祀られてきただけに立派な神社だ。
昔は若狭街道の道筋で旅の安全をお参りする人で賑わったという。しばらく休憩した。
この「知井八幡神社」のご神木の「北八幡宮のスギ」は周囲5mもある立派なものだ。
静かな「かやぶきの里」の集落の中を通る。レンゲが沢山咲いている。
13:15駐車場へ。今日はもう夏のように暑い。

  ※ 本日目標の「杉波谷山(鉢ヶ峰)」は、標高 778,6m。インターネットの「京都府
    の山(山名リスト)」で見ると「鉢ヶ峰(はちがみね)(京都北山2)。
    鉢ヶ峯(坂井)。ただし、鉢ヶ峰という山名は実在しないという(伊藤潤治によ
    る)。八ヶ峰と混同したものらしい(横田)。西杉波奥山・杉波谷山(山友会)。
    ハチ・西杉波奥山・杉波谷山(慶佐次)。鉢ヶ峰は使うべきでないと思われる。」
    とある。
    エアリアマップや、手書きの道標や手書きの山頂札には「鉢ケ峰」とあるが、カ
    シミールで見ると「八ケ峰」と出る。「杉波谷山」が派生している谷の名前その
    ままで分かりよいので今回の山行記録にはそれを採用した。

2006/05/21(Sun) 20:44:10  [No.2588]


  Re: 【京都北山】白尾山から杉波谷山 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんばんは。

連休の最終日から「梅雨空」が続いていますが、日曜日が晴れてくれてラッキーです。

> 「素晴らしい緑ね〜。気持ちいいわ〜」とMICKEYのペースが上がる。

新緑が本当に気持ちのいい季節です。
MICKEYさん、いつものペースですね。

> 「ここから行けそう」と斜面をトラバース。コンパスを頼りに斜面を下る。
> 八幡神社本殿の裏にドンピシャで出た。

ピンポイントの地図読みおめでとうございます。
ねらった所に出ると、「してやったり」にんまりしちゃいますね。

> 今日はもう夏のように暑い。

沢屋さんの季節到来ですね。
谷間を流れる風はホント涼しかったです。
沢屋さんにはなれませんが、「谷筋を歩くのもいいな」と感じました。
(ただ、ヤマビルが嫌いでして・・・・)

                       伊勢山上住人

2006/05/22(Mon) 21:56:04  [No.2590]


  Re: 【京都北山】白尾山から杉波谷山 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、おはようございます(^^)。

> 連休の最終日から「梅雨空」が続いていますが、日曜日が晴れてくれてラッキーです。
はい、ホントは沢のエキスパートに沢登りに誘われていましたが、ちょっと前夜泊と
遠出ができなくて、やきもきした近場プランで、前日草刈りを必死にしました(^^;)

> 新緑が本当に気持ちのいい季節です
> MICKEYさん、いつものペースですね
MICKEYは別の山を希望していたのですが、そこは木が少ない。
「日陰が少なくて暑いぞ」というと、即変更してくれました(^^)。
二人とも暑いのはダメ(^^;) 新緑の木陰が最初から最後までの山でした(^^)

> ピンポイントの地図読みおめでとうございます。
> ねらった所に出ると、「してやったり」にんまりしちゃいますね。
最後の下りの尾根と植林帯はGPSもきかず、コンパスと地形図とお友達(^^)
やっぱり嬉しいですね(^^)

> 沢屋さんの季節到来ですね。
低山は沢から登るに限る、の季節になってきました(^^)
でも今年はまだ室内クライミングでウォーミングアップしてません(^^;)

> (ただ、ヤマビルが嫌いでして・・・・)
誰もが嫌いですよ〜。市販の「虫除けスプレー」を靴やスパッツに振っておくと来ませんよ。
ヤマビル退治のスプレーと同じ成分のディートです。ヤマビルがいたら一度シューッと
かけてみてください。ナメクジに塩状態に苦しんで死にます。血を吸ってるヒルは血を
吐きつつ死にます(^^;)

2006/05/23(Tue) 05:17:46  [No.2597]


  Re: 【京都北山】白尾山から杉波谷山 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、こんばんは〜。

京都北山通いですね〜。

>白尾山(748.5m)から杉波谷山(鉢ケ峰・778.6m)

これまた知らない山です〜。

> 東へ少しくだった所で早い昼食にした。「今日はいなり寿司+うどん+王将の餃子。」
> 「王将の生餃子を持ってきたの?」「昨日特売で1人前100円だったし、2人前(^^)」
> フライパンで油と水を入れて、アルミホイルの蓋を作り焼く。「うま〜い!!」

山で餃子は焼いたことないです〜。フライパンも持参なんやね。ビールが進みそう。

> ゆっくり休んでいるのに、大きなクマバチなどの蜂がブンブンと何匹もうるさい。
> 「今日は新兵器を試そう!"スーパー・スズメバチジェット"というスプレーを!」
> ブシューッ・・・・・一瞬で蜂がいなくなった。「す、すごいなぁ、このスプレー(^^)v」

うちの職場もスズメバチが毎年出没するので、スズメバチジェット買ってます。高いんだね〜。これが。

> 単独の女性が登ってきた。立ち止まってじっとこちらを見ている。
> 「巡視路から登ってきました」とY夫人。白尾山から来ました。

一人で地図読み山行とは、さすがY婦人ですね〜。最初に山さんの山行でお出会いした時から、努力家で誠実なお人柄がステキな方だと思っていましたが、自立されている姿がほんまにすばらしいね。
地図を読むのが大好きで楽しいっておっしゃっていたのを思い出します。これを機会にヤブコギに、レポや書き込みしてくださると嬉しいですね〜。

> 見えたがそれにつられずしばらく下り、コンパスを頼りに斜面を下る。
> 八幡神社本殿の裏にドンピシャで出た。予想通り鹿よけネットが張り巡らされている。

お後、すっきりぴったり最後しめてますね。
ところで、お花は何か咲いてましたか?

2006/05/22(Mon) 23:23:32  [No.2592]


  Re: 【京都北山】白尾山から杉波谷山 投稿者:矢問(やとう)

とっちゃん、おはようございます(^^)。

> 京都北山通いですね〜。
近いし芦生通いでいつも通ってるし(^^)

> これまた知らない山です〜。
僕も知りませんでした(^^;) かやぶきの里の奥の山ってどんなだろう、と
漠然と雪の頃に麓から見ていただけですから。

> 山で餃子は焼いたことないです〜。フライパンも持参なんやね。
2週連続の餃子(^^;) 冷凍物よりやはりうまかった(^^)
コッヘルとセットだったお蔵入りしていたフライパン。今年は立山から活躍中。 

> うちの職場もスズメバチが毎年出没するので、スズメバチジェット買ってます。高いんだね〜。これが。
昨年沢で何度も遭遇して山のショップで「ミニ」を買いました(^^)。初の使用です。

> 一人で地図読み山行とは、さすがY婦人ですね〜。
いやほんと。芦生の山と似ていて案外派生している尾根があったり二重稜線的になって
いたりと、簡単なようで新緑が邪魔して見落としやすい箇所も。流石だと感じました。
向から名乗ってくださらなかったら「どこかで見たけど・・・」と不完全燃焼ものでした。

> 地図を読むのが大好きで楽しいっておっしゃっていたのを思い出します。
僕も思い出しましたし、あの下りはY夫人の読図の正解がありましたしね(^^)

> お後、すっきりぴったり最後しめてますね。
でも鹿よけネットの前で鹿のように右往左往(^^;) 鹿の気持ちが分かりました。

> ところで、お花は何か咲いてましたか?
ギョリンソウだらけ。イワカガミの残り花がチラホラ。スミレ系がチラホラ。
5月4日に一般道から歩かれたたぬきさんご夫妻の頃はページを拝見すると尾根にはツツジやが
満開だし、いろんな花が咲いたようですね。
僕ら夫婦はあまり花にこだわらないし知らないもので「綺麗だな〜」とおしまい(^^;)

2006/05/23(Tue) 05:28:42  [No.2598]


掲示板に戻る