一括表示

【鈴鹿】仙鶏尾根から仙ヶ岳へ (画像サイズ: 1536×2048 785kB)

 雨上がりの山で、ヤマヒルの大歓迎を受けました。

【月 日】5月24日(水)
【目的地】野登山(851m)、仙ヶ岳(965m)
【同行者】なし
【行 程】小岐須渓谷10:00 → マド11:00/05 → 野登寺12:00/05 →
http→ 仙鶏尾根下降点12:40 → 仙ヶ岳13:45/14:05 →
→ 小社峠14:20 → 大石橋15:35 → 小岐須渓谷16:10

【報告】
 今月はこの日を逃すともう山に行く機会はなない。前夜、疲れ気味ながらも出かける支度をした。先日行った御池にもまた行きたいが、雨の後でもあるので歩きづらそうな場所はやめ、懸案になっていた未踏の野登山を目的地に選んだ。

 毎日の出勤と同じ頃に家を出たのであるが、東名阪はリフレッシュ工事中で大渋滞。四日市まで90分という信じ難い予測時間もあながち誇張でなく、だいぶ時間をロスしてしまった。

 石大神前の駐車場は平日とあって車はわずか数台。先客が支度をしていたが入道方面に登って行ってしまった。道標に従い一の谷の登山道に進み、ガイドブックで見覚えのある橋を渡って登り始めた。暗い植林の中に清楚な白い花のガクウツギが咲いており、早速カメラを向ける。この日はとても暑くなりそうであったが、雨上がりの湿度の高いこんな環境で心配なのは・・・。

 念のため足元を見てみると、大小何匹ものヤマヒルが靴を這い上がってくるではないか!早速の大歓迎に鳥肌が立つ思いがした。こいつらは私を大好きかもしれないが、私は嫌いなんだよ〜!有難くない出迎えを木の枝で払い落としてすぐその場を立ち去った。
 沢沿いの道は初夏の花も見られていいのだが、蛭のことを思うと気もそぞろとなり、無闇に立ち止まらないように気をつけて歩いた。日が当たっているところなら大丈夫と思って花の写真を撮っていたら、降り注ぐ太陽もなんのその、どこから湧いてきたのか大きな奴がやはり何匹も靴を登ってくる。油断も隙もあったものじゃない。
 沢を離れて草付きになると少し安心できた。入道方面に広がる展望がなかなか良い。マドに至ってもう大丈夫だろうと靴を点検したらまだ一匹付いていた。

 蛭の恐怖も去り、樹林帯の登りはやや汗ばむ程度でまあまあ気持ちよく登れた。林床にはギンリョウソウが雨後のタケノコの如くたくさん顔を出していた。道にはたくさんのけもの道が交錯していた。意外と自然の残った山なのかも。


 野登は山頂付近まで人の手が入った山と思っていたが、雑木林もなかなかいい雰囲気だった。伊勢湾を見下ろす国見広場で休憩し展望を楽しんだ後、無線中継塔を経て三角点に立つ。そこから野登寺への道は下界から想像できないほどの大木が生い茂る豊かな自然の残った林で、野鳥の鳴き声がこだましてとても心地よく感じられた。ゆっくり野鳥観察をできたら楽しいだろうなあ。

 古刹野登寺を経てこの山の最高点である無線中継所まで行ったが、山頂は施設で占められて登頂の感激はまったく無い。仕方なく近くの日陰で座り込んで昼食とする。好天に恵まれて暑いほどで、アンテナが強い風で音をたてていた。

 林道を下って山の西側に回りこむと、目の前に次の目的地仙ヶ岳が現れた。仙鶏尾根とはもっと顕著な尾根を想像していたが、隣の仙ヶ岳はとても近く感じられた。
 薄暗い植林の中の道に足を踏み入れた途端、湿った土に早速足を滑らせて尻餅をついてしまった。しかし間もなく明るい二次林になり、岩場にはイワカガミの花も残っていてわくわくさせるような雰囲気だ。

 ロープが張られたキレットも怖いというほどのことはなく楽々通過。渓谷へ下る道を分けて急登にさしかかる。途中、蝮が一匹寝そべっていたが、「あっ」と思わず声を上げたら逃げていってしまった。登りの苦しさも花を見る楽しみに気がまぎれ、意外と簡単に仙の石に着いてしまった。
 
 西峰へのルートは新緑に包まれた明るい林で快適そのもの。仙ヶ岳はもう3回目で、この日のメインは野登と仙鶏尾根だったので仙ヶ岳自体はおまけみたいなものだったのだが、いざ来てみるとやはりきてよかったと思う。何といっても展望が素晴らしい。午前中に比べると大気が霞んでいるのが残念ではあった。
 尾根はベニドウダンも咲き始め、まだまだ花を楽しめる季節だ。本当はシロヤシオも花が残っていないか期待していたのだが、さすがにもう遅いようだった。

 ツツジ類の潅木が生い茂る稜線を下ると、小社峠からは暗い植林の中の道。またまたヒルが気になって、立ち止まらないように先を急いだ。林道までたどり着くともうヒルの心配はいらない。長い林道も苦にはならなかった。せっかく来たから、と屏風岩も見に行ってみた。

 ある程度予想していたとはいえ、ヒルの巣窟に飛び込んでいくようなやや無謀な?山行だったかもしれない。結局ヒルの被害には遭わずに済んだのは幸い。やれやれ。





2006/05/26(Fri) 22:25:50  [No.2619]


  Re: 【鈴鹿】仙鶏尾根から仙ヶ岳へ 投稿者:伊勢山上住人  URL

たんたんさん、こんばんは。

>  今月はこの日を逃すともう山に行く機会はなない。

平日に山を独り占めできるって、いいですね。
でも、怪我したら誰も通りかからないから気をつけて下さい。

>  雨上がりの湿度の高いこんな環境で心配なのは・・・。
>  早速の大歓迎。こいつらは私を大好きかもしれないが、私は嫌いなんだよ〜!
>  降り注ぐ太陽もなんのその、どこから湧いてきたのか大きな奴が

矢問さんからの情報で、ディートが成分の「虫除けスプレー」がいいそうですよ。

>  シロヤシオも花が残っていないか期待していたのだが、さすがにもう遅いようだった。

ちっとも遅くないですよ。今が真っ盛りのはずです。
今年はどこともシロヤシオで全山真っ白は望めないようですね。

>  結局ヒルの被害には遭わずに済んだのは幸い。やれやれ。

怒涛の猛攻撃に被害0ですか。よかった よかった

                       伊勢山上住人

2006/05/27(Sat) 22:56:00  [No.2625]


Re: 【鈴鹿】仙鶏尾根から仙ヶ岳へ (画像サイズ: 1536×2048 810kB)

伊勢さんこんばんは。


> 平日に山を独り占めできるって、いいですね。
> でも、怪我したら誰も通りかからないから気をつけて下さい。

 そうならないよう、気をつけます。
 この日は林道に下りるまで野登寺で1人(登山者でない人)会っただけでした。


> 矢問さんからの情報で、ディートが成分の「虫除けスプレー」がいいそうですよ。

 そんな心強いモノがあるのでしたら携行するようにします。


> ちっとも遅くないですよ。今が真っ盛りのはずです。
> 今年はどこともシロヤシオで全山真っ白は望めないようですね。

 シロヤシオを見に行くのは難しいですね。
 以前サラサドウダンとシロヤシオを同時に見た覚えがあり、その時期よりやや早いので見られるかと思っていたのですが・・。道に落ちているものはいくつかありました。
 今年は裏年、と他の方からも聞きました。


> 怒涛の猛攻撃に被害0ですか。よかった よかった

 たまにはこんなスリルもいいかもしれません。

2006/05/28(Sun) 22:07:16  [No.2637]


たんたんさん、ご無沙汰しております。

ヒルと聞いて、宮指路岳オフ会のことを思い出しました。
こちらの方(関東)ではヒルはあまり話題にならないので、少ないのでしょうね。
仙ヶ岳はずいぶん前に仙鶏尾根登ったことがあります。
ちょうどこの季節だったと思いますが、(ひょっとしたら4月だったかも)山ツツジが綺麗でした。
それにしても長いコースを歩かれましたね。

2006/05/28(Sun) 12:55:52  [No.2631]


Re: 【鈴鹿】仙鶏尾根から仙ヶ岳へ (画像サイズ: 2048×1536 781kB)

 宮指路さんこんばんは。こちらこそご無沙汰です。


> ヒルと聞いて、宮指路岳オフ会のことを思い出しました。

 私も参加した会でしたでしょうか。記録によれば5年前の6月2日となっております。
 ヒルにも会いましたが初夏の花がきれいでした。ソウメンも良かったですね。
 この時の記憶がなつかしくまた行ってみたいと思ったのですが、隣の山にしました。


> こちらの方(関東)ではヒルはあまり話題にならないので、少ないのでしょうね。

 この心配をしなくて良いだけ気楽に行けますね。ちょっと羨ましいです。
 最近はどこか行ってますか?近くに山が少ないかとは思いますが。


> それにしても長いコースを歩かれましたね。

 野登だけでも良かったのに、やや物足りなく思って足を伸ばしました。最近ちょっと歩いただけでは満足できないことが多いです。もう病気ですね。

2006/05/28(Sun) 22:20:39  [No.2641]


たんたんさんこんばんは

>>  最近はどこか行ってますか?近くに山が少ないかとは思いますが。

まあぼちぼちですけど、奥多摩が一番手ごろな感じですが、それでも電車で片道4時間位かかるので四日市に帰るのとほとんど時間差がないですね。
車で行くと高速代だけで1万円以上かかるので、燃料費も入れるとゴルフ代の方が安いくらいです。

2006/05/30(Tue) 00:23:17  [No.2657]


宮指路さん こんばんは〜

> まあぼちぼちですけど、奥多摩が一番手ごろな感じですが、それでも電車で片道4時間位かかるので四日市に帰るのとほとんど時間差がないですね。

早く四日市に帰れるといいですね。

5年前のオフ会、大石橋からの沢付近で、私のズボンに付いたヒルを
宮指路さんと、たんたんさんがスプレーで取って下さいました。
ご恩は一生忘れません。(笑)

皆さんそれぞれに山歩きをされておられるのに、こうして繋がっていられるのも、
通風山さんのお陰ですね。m(_ _)m

2006/05/31(Wed) 00:35:12  [No.2661]


たんたん さんこんにちわ 宮指路さん宮仕えご苦労様です

チョット余裕ができたのか 山行き出来て良かったですね 気分が晴れるでしょう

> 雨上がりの山で、ヤマヒルの大歓迎を受けました。

ご期待に沿えて嬉しいと ヒル御前は申していましたですか

> 道にはたくさんのけもの道が交錯していた。意外と自然の残った山なのかも。

ヒル御前のお陰か 入山者も少なくて自然が残る好いところです
でも良質の石灰岩鉱山は なんでもかんでも食い尽くす 最近は食べるスピードが早いこと

> 国見広場で休憩し展望を楽しんだ後、無線中継塔を経て三角点に立つ。そこから野登寺への道は下界から想像できないほどの大木が生い茂る豊かな自然の残った林で、野鳥の鳴き声がこだましてとても心地よく感じられた。ゆっくり野鳥観察をできたら楽しいだろうなあ。

好いでしょう 深い原生林が残ってる御神域だ
野登寺周辺は杉の巨木が切られて 昔の面影は無くなったです(−−)

> 岩場にはイワカガミの花も残っていてわくわくさせるような雰囲気だ。

今年のイワカガミは 近年にない美しさと思ったです
何度も来られない小岐須渓谷 楽しめました様ですね
またのお越しをです

                    緑水

2006/05/29(Mon) 16:55:29  [No.2647]


Re: 【鈴鹿】仙鶏尾根から仙ヶ岳へ (画像サイズ: 960×1280 482kB)

 緑水さんこんばんは。お庭の一部をちょっと拝見させていただきました。
 以前宮指路へ案内していただいた記憶が蘇ってまいります。


> ご期待に沿えて嬉しいと ヒル御前は申していましたですか

 これもまた豊かな自然の証し。でも献血は遠慮させていただきました。


> ヒル御前のお陰か 入山者も少なくて自然が残る好いところです
> でも良質の石灰岩鉱山は なんでもかんでも食い尽くす 最近は食べるスピードが早いこと

 藤原といい伊吹といい、秩父の名山のようにはなってほしくないですね。


> 好いでしょう 深い原生林が残ってる御神域だ
> 野登寺周辺は杉の巨木が切られて 昔の面影は無くなったです(−−)

 大木の林は見ごたえがありましたよ。
 古刹といわれるお寺は神?さびた雰囲気がなくて意外に思いました。


> 今年のイワカガミは 近年にない美しさと思ったです

 イワカガミの咲き乱れるさまは、何年前だったかのお金の塔以来でした。
 色の濃いのから白に近いのまでさまざまでした。


> 何度も来られない小岐須渓谷 楽しめました様ですね
> またのお越しをです

 鈴鹿の山は、行くほどに興味をそそられて困っています。
 小岐須も今回は時間がかかりましたが、ふだんならもっと速く着けるはず。
 また、そのうちに・・・。

2006/05/29(Mon) 22:12:34  [No.2654]


たんたんさん こんばんは〜

>  雨上がりの山で、ヤマヒルの大歓迎を受けました。

読んでいて、最初から最後まで鳥肌が立ち続けました。(><;
でも、たんたんさんのレポだもの、途中で投げ出さないで
読まないと!と思い、頑張りました。

私が初めてヒルの被害に遭ったのが、まさに小岐須からのこのコースでした。
足のヒルを払って走って登り、喘息発作を起こして窒息寸前。
まさに九死に一生スペシャルでした。

この水曜日は朝から山が綺麗に見えていて、仕事が休みでしたので
ホントは山に行きたかったのですが、めずらしく大掃除しておりました。
行かなくて良かったぁ〜。

今は犬の散歩コースで、カワセミやキジやウグイスが近くで見れるんですよ。
いいでしょ〜! (笑)

2006/05/31(Wed) 00:22:34  [No.2660]


Re: 【鈴鹿】仙鶏尾根から仙ヶ岳へ (画像サイズ: 1536×2048 742kB)

 コダマさんこんばんは。お元気ですか〜?


> 私が初めてヒルの被害に遭ったのが、まさに小岐須からのこのコースでした。
> 足のヒルを払って走って登り、喘息発作を起こして窒息寸前。
> まさに九死に一生スペシャルでした。

 血を吸われて死ぬわけでもないのに、何でこんなに嫌われるんでしょうね?
 自然が豊かでいいと思っても、ヒルは生理的に好きになれないですね。


> 今は犬の散歩コースで、カワセミやキジやウグイスが近くで見れるんですよ。
> いいでしょ〜! (笑)

 とってもいいとこですね。今回のコースでは、オオルリ♂をすぐ近くで見ましたよ。

2006/05/31(Wed) 23:48:12  [No.2668]


たんたんさん、こんばんは。

仙ヶ岳、宮指路岳、野登山
この辺りは鈴鹿でも明るいイメージがあって好きな場所です。
北部の鈴鹿や奥美濃に少し疲れを感じたときに行くとなんだかホッとできます。

仙鶏尾根は昨年、仙ヶ岳に行った時に歩いてみようかなぁと思ったのですが、何となくやめてしまいました。

野登もまだ行ったことがない。たんたんさんのレポで野登も行ってみたくなりました。また新しい目標ができました。

早くも、ヒルの歓迎に会われたんですね。この辺りでもやはりヒルはいるんですね。これからはヒルの活躍の季節。でも、ヒルをいやがってたら山歩きできませんものね。なんとか彼らと折り合いを付けながら山を楽しみたいですね。

                 Tsutomu

2006/06/01(Thu) 01:20:09  [No.2670]


Re: 【鈴鹿】仙鶏尾根から仙ヶ岳へ (画像サイズ: 1536×2048 751kB)

Tsutomuさんこんばんは。


> 仙ヶ岳、宮指路岳、野登山
> この辺りは鈴鹿でも明るいイメージがあって好きな場所です。
> 北部の鈴鹿や奥美濃に少し疲れを感じたときに行くとなんだかホッとできます。

 確かになんだか明るいイメージ、ありますね。
 それでもこれまで野登には縁がなくて、今年こそはと機会をうかがっていました。


> 仙鶏尾根は昨年、仙ヶ岳に行った時に歩いてみようかなぁと思ったのですが、何となくやめてしまいました。

 「仙鶏・・」という名前がとても魅惑的です。
 でも、野登側から見たときは尾根らしく見えず拍子抜けした感じでした。歩いてみればそれなりに面白かったのですが。


> 早くも、ヒルの歓迎に会われたんですね。この辺りでもやはりヒルはいるんですね。これからはヒルの活躍の季節。でも、ヒルをいやがってたら山歩きできませんものね。なんとか彼らと折り合いを付けながら山を楽しみたいですね。

 鈴鹿の中でもこのあたりはヒルの多いところのように思っています。朝明のあたりは夏にもよく行きましたがヒルは一度しか遭遇していません。
 いてほしくはないのですが、いないと物足りないかもしれませんね。

2006/06/01(Thu) 22:56:25  [No.2675]


掲示板に戻る