一括表示

【湖西】ブナの殿堂 大御影山から大日 (画像サイズ: 800×600 252kB)

先週、大日付近の素晴らしいブナ林に触れて、
大御影山からの稜線も歩いてみたくなった。
週末の各地の天気予報では福井県だけが雨マー
クが付いていない。これは行けという天の声か。





【日 時】2006年5月27日(土)
【山 域】福井・滋賀県境 大御影山周辺
【天 候】曇り
【コース】能登又林道入口8:20---白谷コース---11:20大御影山---14:30大日---巡視路
---15:30林道

すっかりおなじみになった美浜から新庄への道を走り、最奥集落の松屋から粟柄谷へ向
かう林道と分かれて能登又谷への林道に入る。橋を渡ったところで駐車。すぐに大日開
拓地への林道が折り返すように右に分岐する。「林道能登又線」の看板があった。
本日の予定はこの林道を終点まで行き、奥の二俣の中間尾根を上がって大御影山を往
復、そこから大日へ縦走して送電線が並走する雲谷山への尾根を巡視路を利用して、大
日開拓地手前の林道へ降り立つというものである。

今日はかなり風が強く小雨模様で寒い。雨具を着込んで歩き出したがすぐに雨は止み、
風も当たらなくなったので暑くてたまらず脱いでしまった。
右から出合う橋のかかる支流で合に赤テープがあった。これが破線路のある大日への道
だが今は廃道となっているらしい。
続いて左からの支流が入るところに「大御影山 白谷登山口」の真新しい標識があっ
た。これは予備知識の中にはなかったルートである。沢沿いなのか、尾根に上がるのか
わからないが、大御影山に行けることは間違いないだろう。面白そうなので予定変更し
て白谷ルートを選ぶ。
河原におりて本流を渡渉、この左からの支流が白谷というのだろう。踏み跡を辿って谷
沿いに進み、3回ほど渡渉したところで右山腹を絡み、白谷と能登又谷の中間尾根に乗っ
た。白谷の出合から自然林が続き、これはなかなかの拾い物かもしれないと思う。
やがてポツポツとブナが現われ始めた。道はいかにも新しくしつらえたような踏み跡
で、うるさいぐらいのピンクテープがヒラヒラと付けられている。もう少し控えめに付
けたらどうなのかと思うが、初めてのルートを導いてくれているのだからガマンガマ
ン。
Ca550m付近に素晴らしいコバがあった。太いブナが立ち並び、下生えもまったくない。
ひと息入れるにはもってこいの場所である。思わず顔がほころぶ。
まだこの時はこのコバが延々と続くブナ街道の序章に過ぎないとは知らずに。

左から入る浅い谷沿いに尾根を進むと、次々に太いブナが迎えてくれる。右に左に、間
を置かず現われるブナの巨木達。一本一本写真を撮っていたのでは前に進まない。しか
しカメラを構えずにはいられない風格のある容姿のブナを前にして、時間は徒に過ぎて
いく。
しかし、徒ではあるが心満たされる豊穣の刻。先週の大日周辺も良かったが、この森は
それをはるかに凌ぐ。

どこから現われたのか、いつの間にかよく掘り込まれた古道のような道がジグザグを切
り始めた。大谷山南尾根や三国山北尾根にあったようなしっかりした掘り込みは何のた
めに付けられたのだろう。尾根は結構強い傾斜だが、うまくジグザグを切った道は疲れ
を感じさせない。

750mを越えたあたりから、下からも見えていたように濃いガスに包まれ始めた。白い霧
の中に浮かび上がる濡れた黒いブナのシルエットがなんとも幻想的なムードを醸し出し
ている。どこかから森の精が飛び出してきそうな雰囲気である。晴れた日ももちろんい
いのだが、こういう天気の日は森の違った表情を見ることができてまたいいものだ。

傾斜が緩むとようやくブナの森も終わり、潅木帯の中を掘り込みは続いた。やがて大御
影山から北東に伸びる広い台地の一角、ノロ尾と呼ばれている尾根に出た。
潅木のトンネルを抜けてカヤ原に出た瞬間、強烈な風に襲われた。まともに立っていら
れないほどの強風に体を持っていかれそうになる。恐らく風速15mはあるだろう。向かい
風ならまともに進めないに違いない。
道は山頂へダイレクトに向かわず、北側をトラバースして県境稜線に合流した。一応大
御影山頂にご挨拶するが、大きな標識があるだけでいかにも愛想のない頂上である。
早々に県境縦走路、近江坂へと歩を進めた。ここが今日の最高点であり、ここからは下
り基調で緩やかなアップダウンがあるだけである。

いかにも近江坂らしい掘り込まれた道が続く。もう少し早ければ花の道だったのだろう
が、5月の末となっては目を楽しませてくれるものは残っていなかった。バイケイソウの
浅緑の葉がわずかに彩りを添えるのみである。
その代わり再びブナの森が稜線を包み始め、登るはずだった能登又谷ルートの分岐を過
ぎるとゆったりとしたブナのプロムナードを歩く。

このブナの散歩道は大日まで果てることなく続いた。登りの尾根と合わせてこれほどた
くさんのブナを見たのは初めてではないだろうか。見事な枝振りの大木が多く、その度
に足を止める。
標高が750mあたりまで下がるとガスが切れ、天増川方面の展望が開けたが、緩やかに高
度を上げて行くと再びガスに包まれる。
わずかに咲き残った一叢のイワカガミのピンクが目にしみた。

三重岳へのジャンクションピーク。ここにも標識が並び迷うことはない。三重岳付近で
よく見る大きくねじまがったブナがここには何本かあった。この前後では見かけること
はなかったのに不思議なものである。ここから三重岳への尾根も歩いてみたいものだ。

相変わらず続くブナのアーケード。標高750mから800mの間を保ってほとんどアップダウ
ンのない道が伸びる。
広々とした784mピーク。先週上がって来た巡視路の分岐である。
このあたりがいちばんゆったりとした尾根であるが、ブナの太さという点では物足りな
さが残る。二番目の巡視路分岐でランチとする。
風はうなりを上げているが、この森のおかげで体にはあまり感じずにすむ。

大日の三角点からは、雲谷山へと続く尾根に伸びる巡視路がルートである。山頂北のブ
ナのコバから少し下りただけで急に潤いのない放置植林ミックスの林に変わりガックリ
する。
頭上の送電線は強風にあおられて凄まじい音を立てていた。
先ほどからGPSが電池交換を要求していたが、ここでついにバッテリー切れ。交換し
ようと予備電池を探すが見つからない。2度目の失敗である。ここで軌跡ログは途切れて
しまった。
この巡視路は一部に自然林はあるものの、概ね面白くない無味乾燥の道である。部分的
に視界が開けるだけが救いだが、この展望はなかなかのもので正面に庄部谷山とその奥
に野坂岳から三国山への稜線。左には雲谷山が遠望した時の茫洋とした山容とは違った
形の良さを示している。右にはさっき登ってきた白谷ルートの尾根が望めるが、大御影
山頂上付近は厚い雲の中である。

谷筋へ下りて、小滝のかかる渓流とフジの花を愛でながら歩くと程なく林道である。
ここにも登山口の標識があるが、暗い植林に囲まれた場所でここから登ろうという意欲
の湧かない登山口である。15分ほどの林道歩きで見覚えのある林道能登又線の標識の立
つ分岐に出た。

福井県側の耳川源流部を巡る山々は、相当伐採の手が入っているもののまだまだ手付か
ずのブナ林が残っているところがたくさんあるようだ。
野坂、芦谷、庄部谷、大御影といった山々と、その尾根の反対側の滋賀県側にかけて非
常に興味深い山域である。2週続けて素晴らしい新緑のブナの森を歩いたが、紅葉の頃も
一段と美しいに違いない。またお気に入りの山域が増えてしまった。

                 山日和

2006/05/29(Mon) 21:52:30  [No.2653]


  Re: 【湖西】ブナの殿堂 大御影山から大日 投稿者:とっちゃん(こと)

山さん、こんばんは〜。

またまた素晴らしいブナ林ええね(*^_^*)

草川さんの本がきっかけで近くで、いいブナ林に出会えることが多くなったね〜。

>続いて左からの支流が入るところに「大御影山 白谷登山口」の真新しい標識があっ
た。これは予備知識の中にはなかったルートである。沢沿いなのか、尾根に上がるのか
> わからないが、大御影山に行けることは間違いないだろう。面白そうなので予定変更し
> て白谷ルートを選ぶ。

ふとした出会いで、新しいコースに会えるのも嬉しいもんですね。ましてやそのコースが超ヒットだったら、嬉しさも倍増やね。

> Ca550m付近に素晴らしいコバがあった。太いブナが立ち並び、下生えもまったくない。
> ひと息入れるにはもってこいの場所である。思わず顔がほころぶ。
> まだこの時はこのコバが延々と続くブナ街道の序章に過ぎないとは知らずに。
>
> 左から入る浅い谷沿いに尾根を進むと、次々に太いブナが迎えてくれる。右に左に、間
> を置かず現われるブナの巨木達。

こんな森が、いつまでも残っていてほしいと思わずにはいられませんね。なんでかしらんけどブナは、森を潤してくれるだけでなく心を潤してくれるもの。



> 傾斜が緩むとようやくブナの森も終わり、潅木帯の中を掘り込みは続いた。やがて大御
> 影山から北東に伸びる広い台地の一角、ノロ尾と呼ばれている尾根に出た。

あのあたり三重岳もそうやけど、頂上あたりに楓の林があったりしますが、御池のオオイタヤメイゲツを思い出します。

> 潅木のトンネルを抜けてカヤ原に出た瞬間、強烈な風に襲われた。まともに立っていら
> れないほどの強風に体を持っていかれそうになる。恐らく風速15mはあるだろう。向かい
> 風ならまともに進めないに違いない。

以前大御影山に行った時、このあたりのピークの茫々とした風景をみて行ってみたいと思いましたが、こんなお天気では展望が見られず残念やったね。晴れていたらびわ湖は見えるのやろか?

>> 早々に県境縦走路、近江坂へと歩を進めた。
> その代わり再びブナの森が稜線を包み始め、登るはずだった能登又谷ルートの分岐を過
> ぎるとゆったりとしたブナのプロムナードを歩く。
>
> このブナの散歩道は大日まで果てることなく続いた。登りの尾根と合わせてこれほどた
> くさんのブナを見たのは初めてではないだろうか。見事な枝振りの大木が多く、その度
> に足を止める。

一日の行程の多くがブナ林なんて、ほんますごいですね。なかなか近郊の山でこんなコースには出会えないね。

山頂北のブ
> ナのコバから少し下りただけで急に潤いのない放置植林ミックスの林に変わりガックリ
> する。
> 頭上の送電線は強風にあおられて凄まじい音を立てていた。

巡視路は、もともとちょっと苦手、風の日はなんだかおっかないね。

> 先ほどからGPSが電池交換を要求していたが、ここでついにバッテリー切れ。交換し
> ようと予備電池を探すが見つからない。2度目の失敗である。


こりゃいけませんね〜。ガックリしちゃったんじゃないの?帰ってからの楽しみが・・・・。三度目はしないようにね。(^_-)-☆

2006/05/30(Tue) 22:45:37  [No.2658]


Re: 【湖西】ブナの殿堂 大御影山から大日 (画像サイズ: 1000×750 233kB)





とっちゃん、どうもです。

> またまた素晴らしいブナ林ええね(*^_^*)
> 草川さんの本がきっかけで近くで、いいブナ林に出会えることが多くなったね〜。

あの本のがなかったらこの山域に興味を持つこともなかったかも・・・いい出会いでした。

> ふとした出会いで、新しいコースに会えるのも嬉しいもんですね。ましてやそのコースが超ヒットだったら、嬉しさも倍増やね。

思わぬ拾い物どころか超ヒットでした。(^_^)

> 一日の行程の多くがブナ林なんて、ほんますごいですね。なかなか近郊の山でこんなコースには出会えないね。

台高で奥美濃でもこれだけ長い時間続くブナ林はちょっとないね。

> こりゃいけませんね〜。ガックリしちゃったんじゃないの?帰ってからの楽しみが・・・・。三度目はしないようにね。(^_-)-☆

二度あることは三度ある・・・にならんように気をつけんと・・・(^_^;)

                山日和

2006/05/31(Wed) 21:42:50  [No.2665]


 山日和さん  こんばんは
静かなブナの森の豊穣な時を毎週堪能しているとは、
何と贅沢な休日でしょう
この山域には、足を踏み入れた事がありませんが、
少しずつ、歩いて実感してみたいですねぇ
滋賀県側からでルートを探ってみたいと思います。
電池切れで途中までかも知れませんが、GPSトラック
をまたアップして下さい。
明日は、貴重な平日休み!!どこか自分にとって新しい山域へ
と思ってます。
 また よろしくです。
            SHIGEKI





>

2006/05/31(Wed) 20:27:34  [No.2664]


Re: 【湖西】ブナの殿堂 大御影山から大日 (画像サイズ: 800×644 484kB)

SHIGEKIさん、どうもです。

> 静かなブナの森の豊穣な時を毎週堪能しているとは、
> 何と贅沢な休日でしょう

ほんとに贅沢なことですね。金のかからない心の贅沢。これ以上のものはありませんね。(^_^)

> この山域には、足を踏み入れた事がありませんが、
> 少しずつ、歩いて実感してみたいですねぇ
> 滋賀県側からでルートを探ってみたいと思います。

滋賀県側からだとビラデスト今津か天増川林道、石田川林道からになりますが、福井県
側からもぜひどうぞ。そんなに遠くないですよ。(湖西道路の真野ICから1時間強くらいです)

> 電池切れで途中までかも知れませんが、GPSトラック
> をまたアップして下さい。
> 明日は、貴重な平日休み!!どこか自分にとって新しい山域へ
> と思ってます。

ぜひぜひ!!軌跡の切れた部分青線で補いました。

                 山日和

2006/05/31(Wed) 21:47:12  [No.2666]


山日和さん こんばんは 
トラックルートありがとうございました。

>軌跡の切れた部分青線で補いました。

予備知識がないもんで理解力不足で・・・
これでよくわかりました。

今日は、快晴(ちょっとカスミ)の初めての石徹白
(銚子が峰)に行ってきました。
来年残雪山行の偵察かねてです。
雪多いですね、静かでした。

2006/06/01(Thu) 19:03:21  [No.2672]


SHIGEKIさん、こんばんは。

> 今日は、快晴(ちょっとカスミ)の初めての石徹白
> (銚子が峰)に行ってきました。
> 来年残雪山行の偵察かねてです。
> 雪多いですね、静かでした。

遠征でしたね。
どのあたりから雪出てきてました?
来年は願教寺参りですね。(^_^)

          山日和

2006/06/01(Thu) 20:12:22  [No.2674]


山日和さん、おはようございます(^^)

> 軌跡の切れた部分青線で補いました。
違ったのは、鉄塔のところで2方向あったところかな・・・。
山日和さんのこの青線がついた地形図も持参しました(^^)
青線が右に曲がって右側の電線沿いに下りてますが、僕が昨日下った軌跡は
左側の電線沿いのままで、沢を真横に沢沿いにくだり林道の登山口までつながっていました。
途中で「おいおい・・・・左の電線沿いのまますすんでるけど、これでエエのかなぁ」とチト不安になりましたが、同じ所に出られました(^^) 沢沿いで涼しくて暑がりには良かった下りでした(^^)v

2006/06/18(Sun) 04:55:06  [No.2898]


Re: 【湖西】ブナの殿堂 大御影山から大日 (画像サイズ: 725×800 497kB)

矢問さん、おはようございます。いつもながら早いですね(^^ゞ
ほんとにいいとこだったでしょ。(^_^)

> > 軌跡の切れた部分青線で補いました。
> 違ったのは、鉄塔のところで2方向あったところかな・・・。

地形図の破線通りに引いただけでしたが違ってましたね。
翌週、洞吹さんから軌跡もらいましたので添付します。

              山日和

2006/06/18(Sun) 09:37:47  [No.2901]


山日和さん、どうも(^^)

> ほんとにいいとこだったでしょ。(^_^)
もうMICKEYは「山日和さんに感謝感謝(^^)」と言ってましたよ。
行くまでは「近場にいこうよ・・。眠たいし・・」と言っていたのに
「来て良かった!秋も来たい」と感嘆の声の連続でしたよ(^^)

> 翌週、洞吹さんから軌跡もらいましたので添付します。
流石(^^) 波線の廃道と山日和さんが書いていた所も気になりました。

あの白谷登山口から東に入らずそのまま尾根に取り付く登り口もありそうですね。
尾根についたときに下からずっと踏み跡がありました。
またあの能登又谷をそのまま言って尾根に取り付いたら大御影山の西側に少し行った
ところの道標地点に出てきそうですね。赤テープがずっと続いていました。
いろいろこの山域の尾根を楽しんでいる方もいるようですね。癒されましたm(..)m

2006/06/18(Sun) 12:17:53  [No.2905]


矢問さん、どうです。

> あの白谷登山口から東に入らずそのまま尾根に取り付く登り口もありそうですね。
> 尾根についたときに下からずっと踏み跡がありました。

私もそう思いました。

> またあの能登又谷をそのまま言って尾根に取り付いたら大御影山の西側に少し行った
> ところの道標地点に出てきそうですね。赤テープがずっと続いていました。

もともとそのルートで上がるつもりでしたが、白谷登山口の標識を見て急遽変更したと
いうわけです。(^_^)
小浜山の会のHPに紹介されていますよ。

http://w3222.nsk.ne.jp/~ryouji-f/sayama21.htm

                  山日和

2006/06/18(Sun) 14:15:01  [No.2908]


山日和さん、こんにちは(^^)

> もともとそのルートで上がるつもりでしたが、白谷登山口の標識を見て急遽変更したと
> いうわけです。(^_^)
あっ、そうだったんですか(^^) 尾根キラーはそう考えますね(^^)

> 小浜山の会のHPに紹介されていますよ。
> http://w3222.nsk.ne.jp/~ryouji-f/sayama21.htm
情報ありがとうございます。いろんなルートがあるようですが、今回のルートが
おすすめかも。ブナに会いにまた違うルートでも行ってみたいと思う山でした。m(..)m(^^)

2006/06/18(Sun) 17:21:06  [No.2909]


山日和さん、こんばんは。

GPS軌跡を待ってのレスです。

> 面白そうなので予定変更して白谷ルートを選ぶ。

浮気性なのか、気まぐれなのか。
いやいや、好奇心旺盛と言うべきなのか。

> 次々に太いブナが迎えてくれる。右に左に、間を置かず現われるブナの巨木達。
> カメラを構えずにはいられない風格のある容姿のブナを前にして、時間は徒に過ぎて
> いく。徒ではあるが心満たされる豊穣の刻。

予定変更コースで、大ヒットですね。
やはり「徳を積んでいる」人は、山もいい顔を見せてくれます。
(徳を積んでる人は、他の方でしたっけ?)

> 白い霧の中に浮かび上がる濡れた黒いブナのシルエットがなんとも幻想的なムードを醸し出し
> ている。

白いベールに包まれ、見え過ぎない「薄暮美人」もいいですね。

> どこかから森の精が飛び出してきそうな雰囲気である。

とっちゃん(こと)さんの世界です。
山日和さんには、似合いません。

> これほどたくさんのブナを見たのは初めてではないだろうか。

山歩き豊富な山日和さんが「初めて」とは、行ってみたくなります。

                          伊勢山上住人

2006/05/31(Wed) 23:12:10  [No.2667]


伊勢さん、どうもです。

> 浮気性なのか、気まぐれなのか。
> いやいや、好奇心旺盛と言うべきなのか。

どっちもです(^^ゞ

> 予定変更コースで、大ヒットですね。
> やはり「徳を積んでいる」人は、山もいい顔を見せてくれます。
> (徳を積んでる人は、他の方でしたっけ?)

それはどこかの人ですね。私はわざわざ積まなくても「徳」が歩いているようなものです。(^_-)

> 白いベールに包まれ、見え過ぎない「薄暮美人」もいいですね。

人間と一緒ですねー。(^_^;)

> > どこかから森の精が飛び出してきそうな雰囲気である。
>
> とっちゃん(こと)さんの世界です。
> 山日和さんには、似合いません。

すみません・・・以後気をつけます。m(__)m

> > これほどたくさんのブナを見たのは初めてではないだろうか。
> 山歩き豊富な山日和さんが「初めて」とは、行ってみたくなります。

松阪からだと少々遠いですが、行く価値はありますよ。ぜひどうぞ。

               山日和

2006/06/01(Thu) 20:09:54  [No.2673]


山日和さん こんばんは

> 週末の各地の天気予報では福井県だけが雨マー
> クが付いていない。これは行けという天の声か。

天の声に呼応して、素晴らしいブナの森に行き当たりましたね。
さすが「徳」が歩いているだけのことはある。
ワシの徳は、ひとつ積んではすぐ崩れ、ふたつ積んではまた崩れ……

ワシも耳をダンボの耳にして、天の声を聞こう。
おお、聞こえる聞こえる。
「おまはんは寝とるほうがええ……」
なんでやねん?

よい山旅を!
                               洞吹(どうすい)

2006/06/01(Thu) 23:47:32  [No.2677]


Re: 【湖西】ブナの殿堂 大御影山から大日 (画像サイズ: 600×800 169kB)

洞吹さん、どうもです。

> 天の声に呼応して、素晴らしいブナの森に行き当たりましたね。
> さすが「徳」が歩いているだけのことはある。
> ワシの徳は、ひとつ積んではすぐ崩れ、ふたつ積んではまた崩れ……

賽の河原状態ですねー(^_^;)今までの徳が全部積みあがってたら、徳に埋もれて歩けないかも・・・(^^ゞ

> 「おまはんは寝とるほうがええ……」
> なんでやねん?

やっぱり天もちゃんと人をみてるようです。(^_-)
ところで最近はずっと寝たきりですか?

                山日和

2006/06/02(Fri) 09:00:02  [No.2683]


山日和さん こんにちは

> 賽の河原状態ですねー(^_^;)今までの徳が全部積みあがってたら、徳に埋もれて歩けないかも・・・(^^ゞ

いや、その点は大丈夫。
立山大谷・雪の回廊ウォークにならって、徳の回廊を目指しておったのですが……
いつの間にか、下北半島・恐山になってしまいました。

> ところで最近はずっと寝たきりですか?

朝は早起きして動き回っているのですが、夜がすぐダウンしてしまい、
なかなかレポート書く時間がありません。
手はウズウズしていても、目がトロン。
別に、トロン温泉に入ったからではないよ。

おやすみなさい。
                                  洞吹(どうすい)

2006/06/02(Fri) 12:13:56  [No.2684]


山日和さん、こんにちはです。

レポートの方が早くてコメントが追いつかなくなっちゃいました。

前回の三十三間山にしても、今回にしても距離長いですよね。
これだけ、歩いたら私はその日はバタンキュー、翌日はバタンキュ、翌々日はバタンキ、翌々翌日は…、てな具合でいつまでたってもレポが書けなくなってしまいます(−−)

ブナにはなんだか精が宿っているような気がしますよね。その精がふと語りかけてくるような気がしませんでしたか。そして、その木肌に触れたくなりますね。
いいな、そんな山歩きがしたい!

2006/06/02(Fri) 18:36:48  [No.2688]


Re: 【湖西】ブナの殿堂 大御影山から大日 (画像サイズ: 600×800 155kB)

Tsutomuさん、どうもです。

> 前回の三十三間山にしても、今回にしても距離長いですよね。

前回よりはだいぶ短いですよ。貧乏性なのか、ついつい目いっぱいの計画を立ててしまいます。(^_^;)

> これだけ、歩いたら私はその日はバタンキュー、翌日はバタンキュ、翌々日はバタンキ、翌々翌日は…、てな具合でいつまでたってもレポが書けなくなってしまいます(−−)

気力を振り絞って書いております・・・(^^ゞ
>
> ブナにはなんだか精が宿っているような気がしますよね。その精がふと語りかけてくるような気がしませんでしたか。そして、その木肌に触れたくなりますね。

そうですねー。
ブナというのは他の木とは全く違う気がします。なぜかわからないけど、安心感のよう
な、懐かしさのような心安らぐものがありますね。
今回も頬ずりしてしまいました。(^_^)

               山日和

2006/06/02(Fri) 20:38:19  [No.2689]


掲示板に戻る