一括表示

  川俣越から三峰山へ 投稿者:伊勢山上住人  URL
川俣越から三峰山へ (画像サイズ: 700×525 70kB)

【日時】 平成18年6月4日(日)
【山域】 台高
【天候】 曇り
【コース】飯高北奥林道5:55---6:20稜線(川俣越)---7:10黒岩山---7:55涸谷山---8:35平倉峰---9:15三峰山---10:40ゆりわれ道登山口---12:45駐車地

3週間前、古ヶ丸山で痛みの走った左ひざが思わしくない。平地を歩く分には問題は無いが、登る時に痛みが走る。左足は添えるだけ、右足1本で登る片肺登山を余儀なくされている。こうなると、登らない(高低差の無い)登山を計画しなければならない。
(山に行かないのが一番良いのかも知れないが、そうはいかない)

R166から飯高町田引で奥山天神へ曲がる。水ヶ平林道で飯高北奥林道に上がり、NTT無線中継所の北西、稜線に最も接近した所に車を止める。地形図を見て、この谷の等高線の間隔は登れる勾配だと判断した。高低差も130m程である。やぶこぎをしても、1時間もかからないだろう。

谷はほとんど涸谷状態。傾斜も予想通り。しかし、谷横の小尾根に階段がついている。階段を上ってみるとテープが巻いてあった。
「日本には人の入っていない山は無いのか」
鹿道を歩く。いつしかテープは消えた。やぶは全く無い。トリカブト(たぶん)の群落の中を歩きやすい一定勾配で鹿道は続く。30分もかからずに稜線に登りついた。稜線には道標が立っていて「川俣越」と書いてあった。
「なんだ、昔からの峠道があったのか」

ここから三峰まではなだらかな稜線歩きである。南側は桧の植林だが、北半分は三重大学の演習林。美しい自然林が残されている。ガスが木々の間を流れ、幻想的な空間を作り上げている。
「巨木は無いが、満足 満足」

カッコー カッコー
トッキョキョカキョク
ルリリリー
ツツ ツツ

小鳥たちの恋のさえずりが満ち溢れていました。

2006/06/04(Sun) 22:24:39  [No.2701]


  Re: 川俣越から三峰山へ 投稿者:柳川洞吹

伊勢山上住人さん こんばんは

> 3週間前、古ヶ丸山で痛みの走った左ひざが思わしくない。平地を歩く分には問題は無いが、登る時に痛みが走る。左足は添えるだけ、右足1本で登る片肺登山を余儀なくされている。こうなると、登らない(高低差の無い)登山を計画しなければならない。

これはたいへんですね。
平地だけOKですか。下りもダメですか。
下りOKなら、交通機関のある山上へ乗って行って、歩いて降りてくる……
なんて、当然考えられたでしょうね。

> (山に行かないのが一番良いのかも知れないが、そうはいかない)

そりゃそうでしょう。そうはいきませんよね。

> ここから三峰まではなだらかな稜線歩きである。南側は桧の植林だが、北半分は三重大学の演習林。美しい自然林が残されている。ガスが木々の間を流れ、幻想的な空間を作り上げている。

へえー、三重大学の演習林というのがあるのですか。

> 「巨木は無いが、満足 満足」
> 小鳥たちの恋のさえずりが満ち溢れていました。

無茶せず、ゆったりのんびり歩くのがいいですね。
早くよくなってください。
それで、お昼ごはんは、家に帰って食べるのですか。

順調な回復で、よい山旅を!
                                   洞吹(どうすい)

2006/06/05(Mon) 17:50:56  [No.2706]


  Re: 川俣越から三峰山へ 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 川俣越から三峰山へ (画像サイズ: 700×525 136kB)

洞吹さん、こんばんは。

> 下りOKなら、交通機関のある山上へ乗って行って、歩いて降りてくる……
> なんて、当然考えられたでしょうね。

お気遣い頂き、ありがとうございます。
一昨日までは1日に2〜3回は「イタタタ」と言っていたのに、
なぜか今日は痛みを1回も感じず、調子がいいのです。
もう完治かな? (そんな訳無いか)

> > (山に行かないのが一番良いのかも知れないが、そうはいかない)
> そりゃそうでしょう。そうはいきませんよね。

そりゃそうです。そうはいきません。

> へえー、三重大学の演習林というのがあるのですか。

表門は鍵がしてあって、入れないとか聞きましたが、
裏口は開けっぴろげでした。

> 無茶せず、ゆったりのんびり歩くのがいいですね。

今回の膝痛の原因は、どうも弥山からの帰りにあると思っています。
カナビキ尾根を「女性版山日和」の後を必死になって降ったのが
私の膝にはオーバーワークだったのではないかと。
こらからは自分のペースで、ゆっくりのんびりを固守していきます。

> それで、お昼ごはんは、家に帰って食べるのですか。

恥ずかしいから、聞かないで下さい。
私の山歩きに「お昼ごはん」「読書」の規定がまだ無いのです。

コメントありがとうございました。         伊勢山上住人

2006/06/05(Mon) 22:59:05  [No.2718]


  Re: 川俣越から三峰山へ 投稿者:Tsutomu  URL

伊勢山上住人さん、こんばんは。

> 3週間前、古ヶ丸山で痛みの走った左ひざが思わしくない。平地を歩く分には問題は無いが、登る時に痛みが走る。左足は添えるだけ、右足1本で登る片肺登山を余儀なくされている。こうなると、登らない(高低差の無い)登山を計画しなければならない。
> (山に行かないのが一番良いのかも知れないが、そうはいかない)

僕も、以前膝が思わしくなかった頃、このまま山に登れなくなったらどうしようと思っていた時期がありましたが、山へはそれでも行ってました。行かないわけにはいきませんものね。その内膝はなんとなくよくなりましたけど。あまり無理をせずできる範囲で山を楽しんでください。そういう時じゃないと行かない山もあると思うし。

> 「巨木は無いが、満足 満足」

満足、満足(^^)これが一番ですね。

                 Tsutomu

2006/06/05(Mon) 20:20:22  [No.2709]


  Re: 川俣越から三峰山へ 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 川俣越から三峰山へ (画像サイズ: 700×525 88kB)

Tsutomuさん、こんばんは。

> 僕も、以前膝が思わしくなかった頃、山へはそれでも行ってました。行かないわけにはいきませんものね。その内膝はなんとなくよくなりましたけど。

ご心配頂き、ありがとうございます。
なぜか今日はすっきり、調子がいいのです。
このまま完治してくれそうな気がします。
(コンドロイチン飲みだして半月。そろそろ効果が出て欲しい)

> 満足、満足(^^)これが一番ですね。

山はやっぱりいいですねぇ!

コメントありがとうございました。          伊勢山上住人

2006/06/05(Mon) 23:00:23  [No.2719]


  Re: 川俣越から三峰山へ 投稿者:コダマ  URL

伊勢山上住人さま

私も膝痛でよく悩みましたが、今では完全に治りました。
足首のスキーの捻挫は今でも爆弾を抱えていますが、
膝の痛みはほとんど有りません。

もう山に登れないのかもと、すごく心配した事もありましたが、
優しく登っているうちに治癒しました。
無理をしないで山を楽しんで下さいね。

台高ってすごいですよね〜、鈴鹿の雨乞岳でも感動していましたが、
それ以上です。もう人の住むところじゃないな〜って感じです。
薊岳では鹿も全く逃げないので驚きました。

お大事にして下さいね。

2006/06/05(Mon) 23:18:36  [No.2721]


  Re: 川俣越から三峰山へ 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 川俣越から三峰山へ (画像サイズ: 700×525 58kB)

コダマさま、こんばんは。

私のような下々の人間には、上流社会の言葉で呼びかけられると
尻の下がムズムズしてきて、腰が浮いてしまいます。

> 私も膝痛でよく悩みましたが、今では完全に治りました。
> 優しく登っているうちに治癒しました。

日曜日に山に行ってから、昨日・今日と膝の調子がいいのです。
このまま良くなっていきそうです。
やっぱり、山は自分のペースで歩かなきゃダメなのですね。

> 台高ってすごいですよね〜、

鈴鹿とはまた違う魅力を持っている山域です。
木原谷にも来て下さい。案内しますよ。

> 薊岳では鹿も全く逃げないので驚きました。

私の顔を見たら、すぐ逃げていきます。
私は仲良くしたいのに・・・。

> お大事にして下さいね。

優しい声かけ、ありがとうございました。    伊勢山上住人

2006/06/06(Tue) 23:26:14  [No.2737]


伊勢山上住人 さんお早うごじゃります

> 古ヶ丸山で痛みの走った左ひざが思わしくない。平地を歩く分には問題は無いが、登る時に痛みが走る。
> 登らない(高低差の無い)登山を計画しなければならない。

山歩き人間にとって 足の痛いのは辛いですね 他が頑丈なだけに(−−)
緑もね 膝に水たまり 騙してたけれど排水したらその後良くなった
足裏が ベットから降りるとき 飛び上がるほどの痛さが走った
医者が言うに 足の使いすぎ 高価なパットを進められたが

痛いまま歩いてた 靴が履けないのでゾウリで歩いた
畑薙からさわら島まで 足引きずって歩いた 
赤石〜荒川〜転付〜新倉 降りる頃には痛みは消えてました
その内に治るさ 医者には行きなされよ

> カッコー カッコー
> トッキョキョカキョク
> ルリリリー
> ツツ ツツ

鳥はいいよね 足痛くても羽根があるから
空が自由に飛べる 進化の最たるもの鳥を見てるとそう思うな

好い日山行きをです           緑水

2006/06/06(Tue) 02:11:02  [No.2726]


  Re: 川俣越から三峰山へ 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 川俣越から三峰山へ (画像サイズ: 700×525 48kB)

緑水さん、こんばんは。

> 医者には行きなされよ
> 医者が言うに 足の使いすぎ 
> 痛いまま歩いてた 靴が履けないのでゾウリで歩いた
> 畑薙からさわら島まで 足引きずって歩いた 
> 赤石〜荒川〜転付〜新倉 降りる頃には痛みは消えてました

緑水さんのかかられたお医者さん、言っていませんでしたか?
「そんな無茶をするのなら、私のところへ来るな!」 って。

> その内に治るさ

皆さん、治っているのですね。
山から帰ってからの2日間、とても調子がいいのです。
なんとなく、このまま治りそうです。
でも、他人のペースに合わした歩きはもうしません。

ありがとうございました。            伊勢山上住人

2006/06/06(Tue) 23:26:44  [No.2738]


伊勢山上住人 さんこんにちわ
打てば響きますね(^^)痛いの痛いの飛んでけ〜です
大方これで治るんですよ

> 緑水さんのかかられたお医者さん、言っていませんでしたか?
> 「そんな無茶をするのなら、私のところへ来るな!」 って。

そんな感じでしたね 行く 行かないは自分が決めること
こらあかんな思って 一度で行くのやめました
もうフタ昔も前の事ですから 今なら加齢と片づけられるでしょうね

>> その内に治るさ
> 皆さん、治っているのですね。

治るよ若ければ 再生可能ならば 
前にポンポン山で会った医者が言っていた
ご高齢者の方 治らないと判っていても 治るよって診断するとか
ホントに治ってしまう事あって 医者自身が不思議だなあ 思うこと有るんだって

> でも、他人のペースに合わした歩きはもうしません。

よっぽど魅力的なニョニンの酔うでしたね
Ryokuでも無理するだろうな

時には無理を ほどほどにですね(^0−)          緑水

2006/06/07(Wed) 13:40:44  [No.2746]


  Re: 川俣越から三峰山へ 投稿者:山日和

伊勢さん、こんばんは。ヒザの具合心配ですね。
こういう時は養生した方がいいのか、逆療法でガンガン登った方がいいのかわかりませ
んが、無理しないようにして下さいね。

> (山に行かないのが一番良いのかも知れないが、そうはいかない)

そりゃそうですよね。(^^ゞ

> ここから三峰まではなだらかな稜線歩きである。南側は桧の植林だが、北半分は三重大学の演習林。美しい自然林が残されている。ガスが木々の間を流れ、幻想的な空間を作り上げている。

ここは栗ノ木岳とか修験業山とかいうあたりでしょうか。行きたいと思いながら未踏の
山域です。

> 小鳥たちの恋のさえずりが満ち溢れていました。

静かな森にひびく小鳥のさえずりってほんとに爽やかですよね。

>10:40ゆりわれ道登山口---12:45駐車地

ところでこの2時間は林道歩きですか?

                山日和

2006/06/06(Tue) 19:23:11  [No.2731]


  Re: 川俣越から三峰山へ 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 川俣越から三峰山へ (画像サイズ: 700×525 35kB)

山日和さん、こんばんは。

心配かけてすみません。
50歳過ぎるまで、全く運動していなかった人間が
屈強な女性版山日和について歩いてしまいました。
私の膝には、過酷だったようです。
でも、もう治りそうな感じです。

> ここは栗ノ木岳とか修験業山とかいうあたりでしょうか。

そうです。修験業山から西へ下った鞍部が「川俣越」です。
台高は鈴鹿と違って「やぶこぎ」する「やぶ」がありません。

> >10:40ゆりわれ道登山口---12:45駐車地
> ところでこの2時間は林道歩きですか?

そうです。飯高北奥林道を歩きました。
膝に優しい、リハビリ散歩です。

コメントありがとうございました。         伊勢山上住人

2006/06/06(Tue) 23:27:04  [No.2739]


  Re: 川俣越から三峰山へ 投稿者:とっちゃん(こと)


伊勢さん、こんばんわ〜(*^_^*)

膝の痛みがとれないいんですね。

誰もが、膝の痛みを経験するけれど、それぞれに症状がちがっっていて。

私も一時は両膝にサポーターを巻いて歩いてました。洞吹さんや、山日和さんに膝に負担のかからない歩き方など教えてもらったりしていました。

でも、かなり痛そうだし一回病院で見てもらったらどうかしら?適切なリハビリが必要かも。

起伏の少ない山で、足慣らししながら楽しめるといいね。でも、自分の体の状況が思うようにいかなくなれば、いっぱい歩きたくなっちゃうんだよね。

2006/06/07(Wed) 22:51:19  [No.2751]


  Re: 川俣越から三峰山へ 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 川俣越から三峰山へ (画像サイズ: 700×525 147kB)

とっちゃん(こと)さん、こんばんわ〜

このフォーラム、ものすごい盛況。
全てを読み切ることが出来ない内に、ドンドン次々書き込まれている。
時間が足んないよ〜〜〜

とっちゃん(こと)さん、スランプだったんだって?
繊細な人はつらいね。

こちとら、天然パーに生まれたモンで、周りの人が気をモンでも
自分はなんとも感じていない。
(これもまた困ったモンだ)

> 私も一時は両膝にサポーターを巻いて歩いてました。

とっちゃん(こと)さんも経験者ですか。
でも、今は「突撃娘」 治っているんですよね。
皆、経験して、治るんだ。 私も心配していません。

> でも、かなり痛そうだし一回病院で見てもらったらどうかしら?

昨日NHK「ためしてガッテン」見ました。
膝痛には、安静が一番良くないんだって。
そういえば、日曜日に山へ行って、月火水と調子が良かった。
4日目の今日は階段を上る時に少し痛んだ。
週に2回山行きすれば、完治する気がします。
(緑水さんなんか、滅茶苦茶な山歩きで治しているんだから・・・信じられない)

ご心配頂きありがとうございます。         伊勢山上住人

自分の事より、とっちゃん(こと)さんが気になる。
でも、そのスランプになる繊細さが、とっちゃん(こと)さんの感性を形成しているのだから、これもまた良しかな。
天才は必ず根底に狂気を秘めているものだから。
(私も狂気を秘めたい・・・・ムリか)
   

2006/06/08(Thu) 22:28:46  [No.2772]


掲示板に戻る