一括表示

  別山 鎮魂ぼへ 投稿者: 緑水

梅雨の晴間が来たら 別山に行こうと手ぐすね引いて待っていた
18日 大陸育ちの乾いた晴れが来た さあ行こう

【日  】2006.6.18.〜21.
【行き先】赤兎山・別山
【天 気】晴れ

別山とは別れの山名 その先には御舎利山っうのもある
お袋が逝って鎮魂山行に訪れたのは もう十何年も前だ
その年はGW開けでも 残雪はタップリとあり御手洗池は雪の下だった 
真っ白の剣ガ峰を望み 別山神社で寒さを防いでいた覚えがある

サンデーの鎮魂山行にもと再び訪れた 登山道には雪は無くハクサンイチゲが咲き飾っていた

  18日 晴れ

18時 夕食を済ませて チョット山へ行ってくるわと出かける
通い慣れた道だ 栃ノ木峠から木ノ芽峠を廻り 南条の別荘には21時についた
ホタルがふわっと漂ってる 満天の星空は久しぶりだ
マミーにメールして アジ干物に冷えた泡プシュー 山連れにメールして遊ぶ

  19日 晴れ 赤兎山

空が白み始めた頃レッドペッカーは走る
大野盆地に入るにはこだわりが有る 
R476からの山越えだ 昔の街道名はなんて言うのだろう? 
トンネルを抜けると 眼前に荒島岳が朝霧の上に浮かびあがり 白山が大きく裾野を広げる そして眼下には大野盆地が箱庭の様に広がる 目を凝らせば大野城も見えるのだ
太古の昔から 変わらぬ眺めなんだろうな

誰もいない良い道を走り 打波川を登っていく
鳩ガ湯 昔と変わっていない 立派なトイレが建っていた
車を停めるには気を使った たんたんさんのレポが思い返されたし
前回訪れた時の主との会話が 不思議と残ってるのだ

車を停めて6時に出た 鉄階段を上がれば林道だった アレレの思い(エリアマップ忘れてきてる)
ササユリ一輪むかえてくれた
ユックリと林道を歩き 登山道に入る所で朝食だ
山道は緩やかな道 涼しくて気持いい

たんどう谷の水音が高くなり 左岸斜面をトラバースしていく
これに雪が付いてたら難儀するところだろう思う
谷の渡りは程ほどの水量で通過 ワサビ田の水の冷たいこと

尾根に上がると 山毛欅の並木道が始まる
朝陽が差し込んでくる
森の声が聞こえてくる
ホントに並木道だなあ 緩やかな登りと小径は口笛ふいての鼻歌がでる

おお有った残雪だ プシュー冷やしに貰っていこう
赤兎の山体が望める 残雪は二ヶ所あるなあです
山毛欅の変わらぬ景観に チョイ飽きしてくる頃
本体への登り 振り返れば景観は大きく広がり山頂に到達だ
向かいには白山の雪の山が 雲の帽子をかぶり広がってた

木陰は無い 標柱の影が寸詰まりで短く有るだけ 
シートを広げ素足になり ゆっくりのプシュータイムだ
程良く冷えた泡の美味さよ 
虫もいない爽やかな大気 見渡せば山海原が目の届く限り広がる

山頂から直ぐ赤兎平への道に カモシカのオロクが横たわってる
ナゼこんな所で 大雪での遭難か ・・・
池塘には沢山のタマゴ トノサマカエルか一匹泳いでた
平の先端に立てば 眼前には願教寺山から銚子ガ峰の並びが懐かしく列んでる

降りよう 
誰にも会わない ゴミひとつヒラヒラ飾りもない 思いに耽る歩きよい山行でした
15時帰着 
今夜の泊まり場 小池の山小屋にへと車を出しました

               緑水


 

2006/06/22(Thu) 08:38:05  [No.2970]


  Re: 別山 鎮魂ぼへ 投稿者:SHIGEKI  URL

緑水さん こんばんは

○○ボヘ・・やのうて、もう人生そのものボヘでんなぁ

おっと、まだ、ボヘの続き、別山を執筆中ですか

ボヘとまではいきませんが、
天候回復とともにこの山域へ、ボチボチ歩き出します。

また、よろしくです。

  SHIGEKI


 

2006/06/22(Thu) 20:23:12  [No.2974]


  別山 鎮魂ぼへ 投稿者: 緑水
 別山 鎮魂ぼへ (画像サイズ: 640×480 36kB)

小池公園は 昔と大きく変わっていた
泊まり場として訊ねた 下小池の山小屋施設は 「私有地無断で入るな」のバリケードが成されていた
前は洒落た山小屋で 畳敷きの部屋と板間の部屋 トイレも発電器もあり誰しもが自由に使えた 白山特級の施設でありました

上小池の駐車場は トイレも使えず水場も無い なんだこれはガッカリだった
マットを敷いて 兎から持ち降りた雪で泡を冷やしプシューしてふて寝だ
大きなザックを背負って 年輩の人が帰ってきた
話すと
花は蕾がふくらいで 今にも咲くような仕草だ
明日は期待できそうだな お花畑に遊ぼうか(^^)

登山届けを回収しに 施設を預かる人が来た
話せば
環境庁の山小屋は有る 使えますよのことです
行けば歳月を経た味ある姿に成っていた
が!物置と標示されてる 県の委託を受けているその人は申し訳なさそうだった
ソーラー照明もある所で ゆっくりの泊まりとなり気分も和むのです
カラスが相手してくれる 夏至の夕刻です

        20日 晴れ 別山

4時起床 今日は長く成りそうだ 準備を済ませ5時にでた
山道に入り 山越ベンチで大事な物を忘れてる なんと水ボトルが入ってない
のだ 10時間を 500CCで・・・無理だなあ
涼しい高曇りに助けられて 六本檜までに150CC飲む 今日は乾きとの戦いだ
尾根歩きは素晴らしい眺め 刈込池からカサバノ谷詰めれば つなぎぶし檜
カサバ湿地やその上の雪田 遠目にはいかにも高原の避暑地と言うところだ
遠い昔の林道開設はそれを狙ったのかな??
上小池への林道つなぎも雑作無いように見えた

太陽はボンヤリと三ノ峰に出たり入ったり 薄ら寒いほどの涼風だ
最後の登りになると 頭は水が飲みたいのが離れなくなる
避難小屋到着 別山谷側に大きな雪渓が残ってる
水分補給プシューにしよう
冷麦を肴に泡は直ぐにカラッポ 乾きは治まる
カラ缶は雪から落ちる雫を溜めよう
水は最高の非常食なんだよね

避難小屋から 大きなザックを担いだ穏和な同年輩が出てきた
話せば
石徹白から来て泊まった 水場は雪で出ていないとのことだ
重いカメラ機材を持ってる 8本アイゼンも履いたとか 二泊するとです
よくもまあ来たなあと感心した 25Kgは担いでるだろうなあ
ゆっくりして別山に向かう
別山壁には日本地図 本州とそっくりに雪形が残ってる
ホント清々しい眺めだ

男性が登り返してくる
早いですね 三ノ小屋で泊まりでしたか
いえ チブリ小屋からですよ 5時に出ました
三ノ小屋が見たいのでと 
へぇ〜 成る程なあ色んなコースをとれるもんだな
花は咲いてましたか
日本海の上あたりに沢山咲いてましたよ

御手洗池には先発のカメラの同人が休んでいた
開けた湖面には 別山が逆姿で写ってる
良いアングルに成るなあと言う
別山平はササの原っぱ 想いイメージとは程遠かった
日本海尾根辺りには 沢山のハクサンイチゲが盛りと咲いてる
程なく別山神社の境内に着く

サンデー此処にお詣りするよ
別山だ 区切りとしよう
マミーと娘にメールしてると
いつの間にか人が来ていた
空身で防虫網を被った婦人と 小さなDパックのおじさん
なにか似合わない雰囲気のお二人さんだ
ゆっくりの口調で話す婦人 早口で話すおじさん
空身でね チブリ小屋からですか
いいえ市ノ瀬から4時発でした
リュックを自宅の玄関に 忘れたのですよと笑う

フ〜ン Ryokuより上手がいるもんだ
この時期 良い天気に恵まれたと言うものの なにも持たない(−−)
おにぎりと水だけとは・・・ね

カメラの同人さんが疲れた感じで到着した
細身のどこにパワーが有るんだろう
還暦記念に来たと言う
明るくなった山頂
知らない者同士 旧知の友のように話せる天上であった

下山は早い
三ノ峰雪渓で冷たい雪雫で昼食とした
高雲が取れて暑くなった日差しは 登りには苦しいだろうなあ
大きなザックの女性と話せば
ヤブネットを承知していた やはり広く読まれているのだなあと知った
15時予定の時間に帰着できました
明日も良い天気に成るだろう

             緑水
 

2006/06/22(Thu) 20:28:50  [No.2975]


  Re: 別山 鎮魂ぼへ 投稿者:山日和

緑水さん、こんばんは。
ボヘにも磨きがかかって、日常とボヘの境がなくなってきましたね。(^_^)
今年は雪が多く、連休に上小池へ行けませんでした。
願教寺から三ノ峰周遊したかったのですが。
三ノ峰と別山の間は行ったことがないので、来シーズンにでも訪れたいですね。

> 山道に入り 山越ベンチで大事な物を忘れてる なんと水ボトルが入ってない
> のだ 10時間を 500CCで・・・無理だなあ

これは愕然としますね。水がなければ動けない。雪さえあれば大丈夫ですが。

> サンデー此処にお詣りするよ
> 別山だ 区切りとしよう

悲しみは時間だけが解決してくれますが、別山でひと区切りついたでしょうか。
サンちゃん、ゆっくり休んでくださいね。

                 山日和

2006/06/22(Thu) 21:16:02  [No.2978]


  Re: 別山 鎮魂ぼへ 投稿者: 緑水

山日和 さん おはようサンです
水無月 梅雨時とは言え 時々にお天気が有ればご機嫌な季節だ
何たって残雪豊富で日照は長い 高い山へのお出かけには最高ですね

> 今年は雪が多く、連休に上小池へ行けませんでした。
> 願教寺から三ノ峰周遊したかったのですが。

思い違いしてるのかなあ
前は三ノ峰小屋から残雪イッパイ有り 鞍部の樅の木は天辺が覗いてるだけ
別山もダイレクトに登り山頂に立った
アイゼンとピッケルの世界だったのに 
逢った人に聞けば 今年の残雪は連休頃の量だとか??

今回は花咲く遊歩道 残雪の雪形は色んな形に見えて楽しかったです

>> のだ 10時間を 500CCで・・・無理だなあ

こんなボケするんだもの もうアキマヘンわ
メールで アレ持ったコレ持ったと忘れ物チェックして貰う人確保せなあかん
出逢う人話せばいろいろだ 余り変わりないなを確認すると
順調にボケているんだと 内心ホッとします

ジャンル頑張って下され

                  緑水

2006/06/23(Fri) 08:37:38  [No.2993]


  Re: 別山 鎮魂ぼへ 投稿者:Tsutomu  URL

緑水さん、こんばんは。
サンデー…、は緑水さんのよき理解者だったようですがどんなだったのでしょう。鎮魂はできましたか。何かしらの区切りはできたようですね。

僕にとって白山地はまだ未知の世界です。これからぼちぼち脚を伸ばしてみようかと考えてます。よきところのようですね。ルートもいっぱいあるようだ。
今の、鈴鹿、揖斐、根尾といったあたりの山行が一区切り付いたら今度はそちら方面へ向かってみようかな。

しかし、ザックを忘れての山行とはすごい方もいらしたもんですね。まあ、過去に短パン、ビーチサンダルの空身で乗鞍岳に登ったことがあるので(畳平からですが)人のことあまり言えないですけど。

2006/06/24(Sat) 22:09:59  [No.3011]


  Re: 別山 鎮魂ぼへ 投稿者:とっちゃん(こと)

緑水さん、こんばんは。

上小池から刈込池を妹一家と周遊したのは、6月4日のことででした。

姪の小学生も一緒で、三の峰方面には登らず、ゆっくりと刈込池周辺でくつろぎました。

先年の5月の連休にI氏ご夫婦と行く予定だった上小池から別山は、体調不良でご一緒できず、そのまま思いを残しています。

サンちゃんとのお別れをしてこられたのですね。

でも、緑水さんの心には、サンちゃんが生き続けてくれるでしょう。そんな幸せってないですよ。時がたてば経つほど、楽しかったことはいつまでも心に鮮やかによみがえるものですもの。

2006/06/23(Fri) 02:24:08  [No.2989]


  Re: 別山 鎮魂ぼへ 投稿者: 緑水
Re: 別山 鎮魂ぼへ (画像サイズ: 640×480 72kB)

とっちゃん(こと)さん おはようサン

> 上小池から刈込池を妹一家と周遊したのは、6月4日のことででした。

晴れればいい季節ですね
小鳥さんたちは もう囀りませんね 子育てが忙しいのだろう

刈込池への道もえらい変わりようだ
階段登りが600ン段とか
上から見ると深い森ですね その外周を辿れば願教寺に上がれる
三日目にそこ行こうか思いましたが 成り行きで帰ってしまった
モミジの頃 好いだろう思ってる

> 楽しかったことはいつまでも心に鮮やかによみがえるものですもの。

時が来なければ判らない事だろうね イッパイの想い出を作れれば好いだろうな
帰る所が有る 待ってて呉れる命がいる 当てにしてくれる何かを持つ人は幸せなんだろうね
ともあれ出かけようです

              緑水

2006/06/23(Fri) 08:39:49  [No.2994]


  別山 鎮魂ぼへ 投稿者: 緑水

上小池に降りて さてどうするかなあ
あまり良い雰囲気では無い オロロがまとわりつくし(−−)

撤退だ 南条別荘でゆっくりしよう 戻ろうです
モチロン 冷え冷えの泡仕入れは抜かりないです

どれぐらい経ったのかしら意識が戻る パチン パチンとなにか切る音が聞こえる
部屋の片隅からだ
この音は? 糸切りハサミで糸を切ってるのかなあ
薄目を開けてその方向を伺うも 薄明かりの中なにも変わってない
天井では パシー パシーの音が応えてるようだ

この部屋にはなにか居るなあ ワラシかな??
すると善いことが有るかな
手元の携帯で時間を見れば 1時30分過ぎだ
音は止んだ

しばらくして パチン パチンと声らしきも聞こえてくる 糸を紡いでいるらしい
聞きながら 知らぬ間に眠りに入った

      21日 晴れ

明るくなった走りよい道 気分は壮快スッキリだ(^^)
次はあそこに行こうかなです

           緑水
     

2006/06/23(Fri) 05:15:58  [No.2992]


掲示板に戻る