一括表示

  【鈴鹿】天狗堂・サンヤリ 投稿者:柳川洞吹

【鈴鹿】天狗堂・サンヤリ

【山 域】 鈴鹿 天狗堂周辺
【日 時】 2005/4/2(土)
【天 候】 曇り
【メンバー】 単独
【コース】 登山口(御池林道)9:00---南東尾根---天狗堂10:35/10:50
---サンヤリ11:40---昼食地12:20/13:50---天狗堂13:55/14:00
---東尾根---御池林道15:25---駐車地15:40

今日は、ずっと登りそびれていた天狗堂に登ることにした。
木地師の里、君ヶ畑を過ぎ、御池林道の途中にある登山口の標識から、
天狗堂へ直登する南東尾根を登る。

道ははっきりとしている。
小沢を離れると植林の支尾根の急登になった。
右手に天狗堂がそそり立っている。

まだらに雪が残るca850m、尾根が平坦になると、
小ぶりながらブナも混じる明るい雑木林に入った。
とたんに、これでもかこれでもかと言うくらい、テープマーキングのオンパレード。
道は切り開きで、道から外れようとするほうが物理的に難しいのだが、
みんな、どうしてもテープを付けたいらしい。
もうアホらしくて、回収する気も起こらんわい。

ぐんぐんと登る急登の傾斜が緩むと、
君ヶ畑からの登山道を合わせて天狗堂に着いた。
山頂はまだ一面に雪が残っていて、気をつけないと、時々ガボる。
山頂の大岩に登ると、大展望が広がった。
御池のテーブル上は白くて、まだたくさん残雪があるようだ。

まだ時間がたっぷりあるので、ついでにサンヤリまで足をのばそう。
稜線を北へ向かう。
北斜面は残雪でおおわれていた。
この尾根がよかった。
一部シャクナゲ帯があるものの、おおむね雰囲気のよい二次林の尾根で、
歩いていて格段に楽しい。

ca920mピークからは再び植林帯となる。
サンヤリから見る天狗堂は立派だった。

引き返し、先ほどの二次林の尾根でランチタイムにする。
静かだ。
文庫本に目をやりながら、雪で冷やしたビールを飲み、うどん鍋をつついていると、
いい気持ちになってしまった。

帰りは天狗堂山頂の大岩の裏から、真東に伸びる尾根を降りる。
この尾根の末端は、小又谷出合いの広場のちょうど対岸になる。
雪の残る尾根を、ええかげんガボリながら下る。
どうせここだけやからええか……とズボラしてスパッツを着けなかったら、
靴の中までびちゃびちゃになってしまった。
歩くとブゴッブゴッと音がするし、ちめたい〜。

尾根上部は軽い藪コギもあり、下部は比較的歩き易い植林帯。
尾根末端からは杣道を伝い、御池林道に降り立った。

                    洞吹(どうすい)

2005/04/03(Sun) 12:35:57  [No.3]


洞吹さん、こんばんは。

> 木地師の里、君ヶ畑を過ぎ、御池林道の途中にある登山口の標識から、
> 天狗堂へ直登する南東尾根を登る。

ここは7年前に小山日和とふたりで辿りました。
それまで家族全員の登山しかしなかったのですが、その前月に初めてふたりで山上ヶ岳に登り、
第二回目の父子登山をした思い出の山です。

> とたんに、これでもかこれでもかと言うくらい、テープマーキングのオンパレード。

その当時はあんまりテープもなくスッキリしていましたが、
最近のトレンドなのでしょうか、腐るほどテープのあるところにまたテープを付ける犬のションベン方式は。

> 山頂はまだ一面に雪が残っていて、気をつけないと、時々ガボる。

「福井の雪山U」仕込みですね(^_^)

> 山頂の大岩に登ると、大展望が広がった。
> 御池のテーブル上は白くて、まだたくさん残雪があるようだ。

ここから見るテーブルランドは実に立派で新鮮な角度の眺めです。

サンヤリはまだ行ったことがないので課題のひとつです。
でも小又橋から登山口まで結構あったのでは・・・

頑張ってレポアップしましょう。

          山日和

2005/04/03(Sun) 19:15:38  [No.5]


山日和さん こんばんは

> > とたんに、これでもかこれでもかと言うくらい、テープマーキングのオンパレード。
> その当時はあんまりテープもなくスッキリしていましたが、
> 最近のトレンドなのでしょうか、腐るほどテープのあるところにまたテープを付ける犬のションベン方式は。

もう書くまいと思っていても、ついつい書いてしまう「テープ問題」。
いいかげんにしてほしいものですね。
テープ問題については、一度、ひとつスレッドを立ててみたい気もしますので、そのうちに。

> > 山頂はまだ一面に雪が残っていて、気をつけないと、時々ガボる。
> 「福井の雪山U」仕込みですね(^_^)

「ガボる」という表現は、そのとおり、ほんとにぴったりきますね。
すごく気に入ったので、使わせてもらってます。

> でも小又橋から登山口まで結構あったのでは・・・

下りてからの林道歩きですか。
ゆっくり歩いて15分弱ですから、すぐでしたよ。

> 頑張ってレポアップしましょう。

ほかのみんなも早く来ればいいですね。
新しい人も、ときどき投稿してた人も、
トレッキング、バリハイ問わず、みんな集まれー。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/04/03(Sun) 23:22:08  [No.6]


  Re: 【鈴鹿】天狗堂・サンヤリ 投稿者:とっちゃん

 洞吹さんの山行RPを読むの、久しぶり。とっても嬉しいです。(~o~)

 鈴鹿に来てはったんですね。天狗堂・サンヤリは地元鈴鹿やのにまだ一度も行ってないです。とりつきの植林が、なかなかその気にさせてくれないからかなぁ?

> 山頂の大岩に登ると、大展望が広がった。
> 御池のテーブル上は白くて、まだたくさん残雪があるようだ。

 ここから見れる御池岳は、一度は見てみたいなぁ〜。

 毎年青のドリーネに逢いに3月のテーブルランドに行ってましたが、今年は1月に霧氷のテーブルランドに行って以来行けていません。

2005/04/06(Wed) 01:04:53  [No.8]


とっちゃん こんばんは

>  洞吹さんの山行RPを読むの、久しぶり。

そうですね。今年に入ってから初めてです。
久しぶりに書きました。
というのも、毎週のようにあちこち出かけてはいたのだけど、
レポートに書けるようなまともなやつがほとんどなかったもので。
大雪で車が登山口に近づけなかったり、
ひとりラッセルでヘロヘロになって、すぐ昼ごはんにしたり、
車中泊で朝起きたら、もう昼前だったり。(^^;
でも、レポート書くのは、やっぱり楽しいですね。

天狗堂にサンヤリは、私も初めてです。
ずっと、行こう行こうと思いつつ、なにかと後回しになっていました。
実は、数年前の初夏に、
一度君ヶ畑の神社から、普通のルートで登りかけたことがあるのだけど、
登り始めてわずか5分で、大量のヒル攻撃に遭い、
錯乱状態になって「怨霊退散、龍角散!、洞吹退散、一目散!」と叫びながら、
即時転進(世間では「撤退」というらしいが……)してきたのでござるよ。

>  ここから見れる御池岳は、一度は見てみたいなぁ〜。

テーブルランドのまさしく真横からですね。
御池林道から丁字尾根アプローチ、
丁字尾根(「T字尾根ではなく丁字尾根と呼ぶ会」の会員募集中)、
ボタンブチ、土倉岳、鈴ヶ岳のポツコリなどなど、よく見えていましたよ。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/04/06(Wed) 22:38:02  [No.12]


Re: よい山旅を!
柳川洞吹さん、こんにちは。
>みなさん こんばんは

もう終わりなんですね、
終わりは始まりが有るから、いつかきっと来る現象ですよね。
その間いろいろと楽しませて頂き、勉強させて貰いました。
有り難うございました。

終わりの次は始まりですよね、楽しみの種を育てなくてはです。
洞吹さん、山レポの掲示板つくって頂ければ嬉しいんだけれどね。
緑水にその能力が有れば、やるのですが・・・出来ないのです。

時々に携帯に山レポしますわです。     緑水。

新・山のホォ〜ラム感覚違いをしていた様です
なかなかに好い感じですね
開設者に感謝しなくてはです、感謝には投稿かな(^^)

まだ馴れないから人見知りするし、わからんのも次々出てくる
そんな時はテープ付けてくれるかな
山は道場・・・迷った時は・・・ドウジョ〜ゥです

また宜しく         ノラ緑。

2005/04/07(Thu) 08:34:57  [No.13]


  Re^2: よい山旅を!の続き 投稿者:柳川洞吹

緑水さん こんばんは

緑水さんにいただいた、このレスの前半部は、
私が、閉鎖直前のニフティFYAMAに「よい山旅を!」と題して書き込んだ最後の投稿に、
付けていただけるはずだったコメントなのですね。

書き込みに行ったとき、すでに間に合わなかったとのことでしたが、
ここであらためてコメントを送っていただき、ありがとうございます。

> 開設者に感謝しなくてはです、感謝には投稿かな(^^)

気持ちを新たにして、みんなで盛り上げていきましょう。

> まだ馴れないから人見知りするし、わからんのも次々出てくる
> そんな時はテープ付けてくれるかな
> 山は道場・・・迷った時は・・・ドウジョ〜ゥです

何かややこしいことがあれば、またご相談ください。
但し、テープは取り外す癖がありますので、くれぐれもお迷いめされるな。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/04/07(Thu) 21:10:09  [No.15]


 皆さまこんにちは。南近畿は時々拝見していましたが、これで一方通行からコメントできる立場になったようです。藤内沢かイブネ縦走かどちらが先だったか覚えていませんが、お久しぶりです。そしてツウさん、掲示板開設お世話様です。
 天狗堂サンヤリはメッタに参加しない新ハイで、山田リーダーのときに行きました。尾根上にシャクナゲがのさばっていましたね。あのときは瀬川谷を下りたと思います。丁字尾根の名称は私も以前HPに書きましたが、Tバック尾根とかフンドシ尾根とかも呼ばれるようですね(誰じゃ)。もしあの尾根に丁字桜があれば堂々と「丁字尾根」を名乗れます。私は見たことないけど、どないでしょうね。

2005/04/07(Thu) 19:50:32  [No.14]


ハリマオさん こんばんは

直近はイブネ縦走ですね。
それ以来、長らくご無沙汰しております。
でも、ときどき樹林の回廊を覗いては、
ユーモアたっぷりなレポートに、笑いをこらえて戻ってきているんですよ。

丁字尾根ですが、
以前から、「T字尾根て何やねん。日本人やろ。
アルファベットなんか使わんと、もっと風情のある名前で呼ばんかい。」
と思っていたところ、
どなたかが「丁字尾根」と書いておられたのを見て、
「これやこれや、これのほうがなんぼ格調高いことか。」と心から賛同いたしまして、
それ以来、私も「丁字尾根」と呼ばせていただいており、
また、この呼び名を広めたいと思っております。

もう、どこのサイトで見たのか覚えていませんが、
これ、ハリマオさんのところからだったんでしょうか。
とにかく、
桜が無くても、「丁の字の形をした尾根」という日本語表現だけで充分満足です。

蛇足ですが、知多半島で「南セントレア市」の成立がポシャって、
正直、ホッとしております。
あんな名前を付けようとした合併協議会は、国賊ものですぞ。
「中央アルプス市」も、つぶれて正解。
「駒ヶ根」……いい響きじゃありませんか。
大切にしてほしいですね。

およよ、ちょいとぼやいてしまいましたが、お許しを。
これからも、よろしくお願いいたします。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/04/07(Thu) 21:42:42  [No.16]


御池岳の峰より落つる丁字尾根恋ぞつもりて橅となりぬる

                       近藤朝臣
               (御池相聞五一首より)

> 丁字尾根ですが、
> 以前から、「T字尾根て何やねん。日本人やろ。
> アルファベットなんか使わんと、もっと風情のある名前で呼ばんかい。」
> と思っていたところ、
> どなたかが「丁字尾根」と書いておられたのを見て、
> 「これやこれや、これのほうがなんぼ格調高いことか。」と心から賛同いたしまして、
> それ以来、私も「丁字尾根」と呼ばせていただいており、
> また、この呼び名を広めたいと思っております。

もちろん、それで結構です。
T字尾根の名の由来は、近藤郁夫『雫物語』269頁参照のこと。ここで緑水氏と近藤が珍妙極まりない会話をしている。葉里麻呂にこれがええおっさんの会話か、それを本にまじめに書くというセンスも、と大笑いされたほどの。

20年前はじめてボタンブチにたったとき、そこから見下ろすTの字の形をした紅葉黄葉のあの尾根が強く印象に残って、しかし僕には遠いところとずっと言い聞かせていた。尾根の名はわからぬまま。やぶこぎシリーズでとりあえずT字尾根の名を採用。草川さんがそれを受けてその名を著書で使用している。

だけどまだ暫定の名。T字にせよ、丁字にせよ、どちらもボタンブチからの眺めからの名づけ。だから登山者(伊勢側)の名づけの香りが強い。本当に知りたいのはあれだけの尾根だ、そこで働いていた人たちがどうあの尾根を呼んでいたか。(谷の名は残って伝わっているのに、なぜ尾根の名は不明なのか。名づけはなかったのか)。だから君ヶ畑の人たちがかつて、あるいは今も、どうあの尾根を呼称していたか、しているか、洞吹氏・山日和氏(友情の花束の本体諸氏)にお願い。(近江の側からみた先人の名づけ)の探求を期待してますよ。ぜひ探ってみてください。その名が掘り起こされれば、御池岳探求史に新しい成果が加わり、僕はどんなにうれしいことか。
ここへのデビューのご挨拶も、初対面?のご挨拶も省略して、お願いをしてしまった。許されよ。

2005/04/08(Fri) 21:44:55  [No.24]


> 御池岳の峰より落つる丁字尾根恋ぞつもりて橅となりぬる
>
あれま、文字化けなり。恋ぞ積もりてぶなとなりぬる>ーーが原作?なり。                        

2005/04/08(Fri) 21:49:32  [No.25]


御池杣人さん こんばんは

> T字尾根の名の由来は、近藤郁夫『雫物語』269頁参照のこと。
> やぶこぎシリーズでとりあえずT字尾根の名を採用。

ひえ〜。
T字尾根の由来は近藤先生でござりましたか。
知らぬこととはいえ、非礼なる物言い、恐縮の極みです。
でも、「T字」は私にはしっくりきませんので、悪しからず。

> だけどまだ暫定の名。T字にせよ、丁字にせよ、
> どちらもボタンブチからの眺めからの名づけ。
> だから君ヶ畑の人たちがかつて、あるいは今も、どうあの尾根を呼称していたか、
> しているか、(近江の側からみた先人の名づけ)の探求を期待してますよ。

なかなか興味深いテーマです。
私も、この尾根になぜ古来の名称がないのか、不思議に思っておりました。
しかしこれは、浅学非才な私の手に余る大事ですね。
いつか解き明かせれば、素晴らしいでしょうね。

> ここへのデビューのご挨拶も、初対面?のご挨拶も省略して、お願いをしてしまった。許されよ。

貴殿には、2001年2月にニフティのFYAMA-ALPで、
積雪期佐目峠幕営イブネ山行のレポートにコメントいただいており、
ネット初対面ではないようです。
これからも、よろしく。
                     洞吹(どうすい)

2005/04/09(Sat) 23:05:02  [No.27]


 洞吹さんは国粋主義者のようですが(笑)、合併による地名の件は同感です。歴史や地形に基づいた由緒ある地名を安易に葬り去ることは無神経に過ぎます。

 丁字の件は探したら01年6月3日の山行記末尾に書いていました。当時御池杣人さんが 

    御池岳 尾根の小径は そぞろゆかば いかにも秋の ミルキー あんぱん 

という偉大なる愚作を詠まれ、それが実は歴史的名作であることをいち早く見抜いた私は、御池岳へ「ママの味」ミルキーをお供えに行ったのでした。そして丁字尾根で思わず首をくくりたくなるような見事な枝振りのブナを見つけ、ミルキーを捧げて柏手を打ちました。すると突如降臨された神から「もろもろの人Tバックと言ふはお下品なり。倭の言の葉で考へよ」とのお告げを賜わり、文末に丁字尾根または撞木(しゅもく)尾根と呼びたいと書きました。撞木とは鉦を叩く木槌で、あの奇怪な頭のシュモクザメ(ハンマーヘッドシャーク)の語源です。まあ、何でもいいのですが、要は日本語で表現したかったということです。
 何れにしても発想は尾根の俯瞰によるものであり、御池杣人さんが書かれたように君ヶ畑には古来の別名がありそうで、それが登山者の間にも流布定着するのが最良ではないでしょうか。たぶん○○尾根とは言わないでしょう。伊勢尾、丸尾の例を引けば、尾で終わるはずです。

2005/04/09(Sat) 19:38:47  [No.26]


ハリマオさん こんばんは

むふふ。
とうとう、国粋主義者にされてしまいましたね。(笑)
難しい主義主張はありませんよ。
地図が好きで、いろいろな地名が好きなのです。
由緒ある地名が失われていくのが、とっても悲しい。
音楽は西洋かぶれで、バランスとってます。(^^ヾ

>  丁字の件は探したら01年6月3日の山行記末尾に書いていました。

やはり、ハリマオさんのサイトで見たんですね。

> 文末に丁字尾根または撞木(しゅもく)尾根と呼びたいと書きました。まあ、何でもいいのですが、要は日本語で表現したかったということです。

撞木尾根ですか。これも面白い名前ですね。
しかし、市町村合併後の名前は、
日本語であれば何でもいいというわけにはいきません。
四国中央市の市民は、恥ずかしくはないのかね。
また、泥臭いような名前でも、古来、歴史を刻んできた地名は、
消滅しないように大切に守って行くべきです。
いま流行(はやり)の「ひらがな」自治体名も、
ムード先行で、実体のない空虚な感じがしてなりません。
何で「員弁市」にせんかったのや。

>  何れにしても発想は尾根の俯瞰によるものであり、御池杣人さんが書かれたように君ヶ畑には古来の別名がありそうで、それが登山者の間にも流布定着するのが最良ではないでしょうか。

全くそのとおりだと思います。

> たぶん○○尾根とは言わないでしょう。伊勢尾、丸尾の例を引けば、尾で終わるはずです。

まさか、播磨尾ではないでしょうね。

                       洞吹(どうすい)

2005/04/09(Sat) 23:16:31  [No.28]


洞吹さんこんにちは

呼ばれたような気がしたのでしゃしゃり出ました。

> 四国中央市の市民は、恥ずかしくはないのかね。

我が故郷もこの市に飲み込まれました。
正直、元住人としても当初は恥ずかしい思いでしたが今は馴れました。
市が2つ町が1つ村が1つ、特に2つの市の勢力争いの結果、どちらの名も冠する事無くこうなったのでしょう。
この地には四国中央病院というのがあり、四国の真ん中やと言う意識があったのかもしれません。(最初に知った時、何だこれはと吃驚した)
生まれた時からの呼び名が無くなるのは残念ですが納税者が決めたこと、新しい歴史を作ってもらいましょう。

話は変わりますが、良い掲示板が出来ました。
管理人様ご苦労様です。機会がありましたら山行記投稿させていただきます。

     今は四国中央市の元住人 Jin

2005/04/10(Sun) 09:16:27  [No.30]


あわわっ、こっ、これはっ!
Jinさんは、四国中央市の前身のご出身でしたか。

Jinさん こんにちは
お久しぶりです。

もう、知らぬこととは言え、非礼なる発言、恐縮至極にござりまする。
(独白)掲示板が始まった早々、あっちこっち謝ってばっかりや。(^^;;

> 我が故郷もこの市に飲み込まれました。
> 正直、元住人としても当初は恥ずかしい思いでしたが今は馴れました。
> 市が2つ町が1つ村が1つ、特に2つの市の勢力争いの結果、どちらの名も冠する事無くこうなったのでしょう。
> 生まれた時からの呼び名が無くなるのは残念ですが納税者が決めたこと、新しい歴史を作ってもらいましょう。

いろいろ地域の事情があって、仕方ないのでしょうね。
消え行く地名は残念ですが、新しい地名も、最初は違和感があっても、
10年も経つと、昔からの地名のごとくにすっかり馴染んでしまうことだと思います。

> 話は変わりますが、良い掲示板が出来ました。

ご一緒に盛り立てていきましょう。
また、Jinさんのパワフル山歩き、アップしてくださいね。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/04/10(Sun) 14:04:04  [No.31]


掲示板に戻る