一括表示

 「では三重唱をしましょう」と言われ???

 序章・好樹林が切れて林の中をあくせく登っていくと
誰か降りてくる登山者の鐘音が聞こえ、緑の隙間から人が現れた。
 有名なご本人ですかと聞けば、思いもかけない出会いで記念写真に歓談、
「ではお元気で」と握手で別れた後に起こった。

 「♪アルプス〜」などと山の歌でも一緒に唄うのかと思ったら 例の歌がいきなりでてきて面食らう。久しぶりの山登り、尚かつ静かな山の中で虚をつかれたが、とても喜んで頂けたので良かったと思う。帰ってからテーマソング盛り上がりを見て納得した。

 岐阜の山を熱心に登られている大垣の取引先の某店長さんと以前から機会があれば山に行きましょうとの3割ほどは社交辞令が、皆さんからの刺激と気分転換を兼ね、勝手ながら前夜思い立ち、行きましょう・・いいですよ・・・何処でも。天気が良さそうなので遠出も○、殆ど岐阜以外出ていないと仰るので では皆さん口を揃えて良いというあの場所にしましょう、お忍びで。

 関ヶ原 伊吹山麓を抜け 湖北ロードは天気も良くてすがすがしい。
何年振りか日本海に抜けるとちょっと曇りだね。きっと山は涼しいだろう。
で敦賀の次は美浜 県道とクリアし 大変電所に目を奪われ 渓流の里着。
(実は前夜、目的地は決まったものの 実は山名の読み方もわからないし場所がはっきりしない、道路地図でようやく新庄、能登谷、三重嶽等を見つけ おおむね範囲がわかり閉店間際に急いで地形図仕入れる。)
 現場でも林道 橋等で勘違い続き、廻るコースも想像とは違っていたが、ようやく沢に降り、尾根に取り付くことができた。
 
 店長氏も初めての山域で期待が大きそう。山の紫陽花と鳥声が急登の苦しさを癒す。
やがて序章が尾根一杯に深く広がると期待は裏切らなかった。店長氏3日前に横山岳東尾根を歩かれたばかりであったが、こちらも楽しんでおられる。
 長い序章が幕を閉じ 冒頭の出会い後 しばらくで稜線に辿り着く。
山頂には中学生の記念プレートも有り 地元滋賀遠足の山かと、別の面もあるものかと理解する。
 稜線どこまでも緑一杯樹林の道であるが、序章を堪能してしまえば、他の木々への注目度が下がり可哀想かな。うつぎも花を落とし、お玉杓子だけが先週から生き延びている。
主に北斜面に良い木々が目立ち始めるが、生情報・立ち去りがたいという場所はまだかまだか。稜線がやや広くなると本当に良い場所だランチタイム。大木2等辺三角形の真ん中でしばし憩う。陽も射し木漏れ日がまた良いのだ。久々の大粒汗に大分飲み助になってしまった。

 ここから三重嶽分岐はすぐで、次は南下する。更にブナ街道良い光景が続くのだ。
ここだけ歩きに来てもいいな。楓もあるし秋もいいな。これは巨木だ二人で何度も手を廻して、横綱がようやく現れた。団体さんとすれ違うと大日も間近。送電線巡視路をしばらく下っていると遠足の帰り道のような気分になってしまった。

 では気合いを入れ直しましょう。店長氏が積極的というか興味津々で装備完了。鉄塔何本目からか谷にめがけて降りる。藪は薄い。一面落ち葉で茶色の印象。廃道が判ればよいが、現在地もあまり判らず、谷に捕まる事数回。3段の滝もあった。ヒヤヒヤしながら斜面トラバース。戦争ドラマの「コンバット」を思い浮かべながら進む。ここはドイツ軍の占領地である。「小隊長、突っ込んできます」「待て軍曹」「ここで援護しろ」「よし!続け!」「谷の下に敵が隠れてるぞ」「地雷に気をつけろ」「カービー銃を貸せ」「ここで休憩だ」「出発は○時○分」「タバコ吸わせてくれ」
 尾根斜面を乗越こと数回、トラバースしすぎたようで、伊勢山上さんが取り付いた尾根の下部に合流。最後に手榴弾を投げ、ドイツ軍の勢力圏からようやく脱出できた。
 ほうほうの体で林道に辿り着いた時はコンバットごっこのやりすぎで樹林の余韻はかなり消えてしまったが、店長氏・良いことも悪いことも、こんな山歩きは初めてであったようで刺激を与えてしまいました。


 

 

 

 

 

2006/06/26(Mon) 00:42:33  [No.3032]


きゅうのしんさん、おはようございます(^^)

たしか、改名された・・・6年前にみやま谷遡行をご一緒した・・・違ったらごめんなさいm(..)m(^^)

>  思いもかけない出会いで記念写真に歓談、

こういうの、いいですね(^^) ネットでのおつきあいの良いところですね。

> 「ではお元気で」と握手で別れた後に起こった。

こ、これか〜(^^) これも他の人が知らない楽しみで楽しかったのでは(^^)
ヤブこぎ隊は出会えばこの歌がテーマソングになるかも(^^;)
「あなたヤブコギ隊の???合い言葉は?」「ブナブナコブナ・・・」「おお、まさしく!」と。

また、どこかの山で!

2006/06/26(Mon) 05:40:32  [No.3033]


矢問さん ごぶさたでございます
相変わらずご活躍拝見しておりました。
みやま谷は4年くらい前ではなかったかなー。
で前年の1月に新雪の伊吹山ですれ違っていましたね。

いいですねー、共通の唄で盛り上がり
忘れられない思い出になりました。
矢問さんもお仲間にはいりたそうでしたね。
僕はてっきり ランチの時にどの木の傍らに座るのかを選ぶときに
口ずさむのかと思っていました。

前週の詳細レポ たいへん参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

2006/06/27(Tue) 00:07:17  [No.3048]


きゅうのしんさん、こんばんは(^^)
「伊吹きゅう之進」がハンドルフルネームなんですね(^^)
僕も古〜い、ニフティ会員には山で会うと「うわっ、矢問源氏さんだ」と
言われてドキッとします。きゅうのしんさんも旧ハンドルで呼びかけられるかも(^^)


> 矢問さん ごぶさたでございます

あっ、人違いではなく、ホッとしました(^^)

> 相変わらずご活躍拝見しておりました。

ちんたら道中です(^^;)

> みやま谷は4年くらい前ではなかったかなー。
> で前年の1月に新雪の伊吹山ですれ違っていましたね。

そうですね。月日は早い〜(^^)。

2006/06/27(Tue) 21:37:34  [No.3053]


おおっ、きゅうのしん殿。久々のアップですねー。
ニフティにいる時は〜 Qちゃーんと呼ばれたの〜♪

> 「では三重唱をしましょう」と言われ???
> 「♪アルプス〜」などと山の歌でも一緒に唄うのかと思ったら 例の歌がいきなりで
てきて面食らう。久しぶりの山登り、尚かつ静かな山の中で虚をつかれたが、

さすが伊勢さん、ネジがはずれてますねー(^_-) ほんとに歌うとはねー。

> で敦賀の次は美浜 県道とクリアし 大変電所に目を奪われ 渓流の里着。

敦賀あたりでニアミスしてたかも・・・

> では気合いを入れ直しましょう。店長氏が積極的というか興味津々で装備完了。鉄塔
何本目からか谷にめがけて降りる。藪は薄い。一面落ち葉で茶色の印象。廃道が判れば
よいが、現在地もあまり判らず、谷に捕まる事数回。3段の滝もあった。

ここからはQちゃん、いやきゅうのしん殿復活ですね。バリ西を思い出します。(^_^)

>ヒヤヒヤしながら斜面トラバース。戦争ドラマの「コンバット」を思い浮かべながら進
む。ここはドイツ軍の占領地である。「小隊長、突っ込んできます」「待て軍曹」「こ
こで援護しろ」「よし!続け!」「谷の下に敵が隠れてるぞ」「地雷に気をつけろ」
「カービー銃を貸せ」「ここで休憩だ」「出発は○時○分」「タバコ吸わせてくれ」

チェックメイトキング2・・こちらホワイトロック応答願います。
・・・ヘルメットを被る時はあごひも外してましたか? 銃弾がメットをかすめた時首が
絞まりますよー。(^^ゞ

>  ほうほうの体で林道に辿り着いた時はコンバットごっこのやりすぎで樹林の余韻は
かなり消えてしまったが、店長氏・良いことも悪いことも、こんな山歩きは初めてであ
ったようで刺激を与えてしまいました。

またM道にひとり引き込んでしまいましたね。(^_^;)

               山日和  

2006/06/26(Mon) 19:03:55  [No.3038]



中隊長! 斥候から戻ってきました
 道を見失い谷は手強かったであります。
しかしレジスタンスの伊勢さんがルート工作してくれたので事なきをえました。
唄は一生の思い出になりました。

> 敦賀あたりでニアミスしてたかも・・・
中隊長は東から援護してくれたのですね。
敦賀、朝はは8時過ぎ 帰りは17時〜17時半頃でした。
>
> ここからはQちゃん、いやきゅうのしん殿復活ですね。バリ西を思い出します。(^_^)

私はそんなにバリバリやってなかったつもりなんですが・・・。
 2、3回限定復活で後方待機に廻ります。

> チェックメイトキング2・・こちらホワイトロック応答願います。
> ・・・ヘルメットを被る時はあごひも外してましたか? 銃弾がメットをかすめた時首が
> 絞まりますよー。(^^ゞ

ヘルメットの話は知りませんでした。そうだったのですね。
教護兵のお世話にならず済みました。
実は装備は店長氏の軍手・長袖だけだったので
今度は沢が無くてもヘルメット被って歩けばますますその気になってきそうです。
水筒も腰にぶら下げましょうかね。

> >  ほうほうの体で林道に辿り着いた時はコンバットごっこのやりすぎで樹林の余韻は
> かなり消えてしまったが、店長氏・良いことも悪いことも、こんな山歩きは初めてであ
> ったようで刺激を与えてしまいました。
>
> またM道にひとり引き込んでしまいましたね。(^_^;)

 一名 捕虜を捉えてきました
 1階級昇進でしょうか 
 軍法会議推薦願います。
毎週のように皆さんのルート工作・設営ありがとうございました。

2006/06/27(Tue) 23:55:39  [No.3057]


  Re: 若狭ブナ街道は三重唱とコンバット 投稿者:伊勢山上住人  URL

きゅうのしんさん、こんばんは。
先日は大変失礼を致しました。

> 久しぶりの山登り、尚かつ静かな山の中で虚をつかれたが、

はい。相手のご都合・心情お構い無しの蛮行、お許し下さい。

> お忍びで。

お忍びでしたか。
公に引っ張り出し、これまたお許し下さい。

> 道路地図でおおむね範囲がわかり閉店間際に急いで地形図仕入れる。

私がカシミールの印刷で歩いていると、
「地形図を持ってください」と、言われましたね。
地図読みにはかなり入れ込みがおありのようですね。

> では気合いを入れ直しましょう。谷にめがけて降りる。現在地もあまり判らず、谷に捕まる事数回。3段の滝もあった。ヒヤヒヤしながら斜面トラバース。

ニフティ時代の事は全く未知ですが、地図読みしているのですか?

> またM道にひとり引き込んでしまいましたね。(^_^;)

なにか、お会いした時の印象とかけ離れてしまうのですが・・・。

> 最後に手榴弾を投げ、ドイツ軍の勢力圏からようやく脱出できた。

これ、山レポですか?

> こんな山歩きは初めてであったようで刺激を与えてしまいました。

私も、ええ加減な男ですが、きゅうのしんさんも相当なモンですな。
(出だしの文章がうつろにみえます)

                      伊勢山上住人

2006/06/26(Mon) 22:24:16  [No.3042]


伊勢山上さん、こんばんは。

全然だいじょうぶなので本当に気になさらないで下さい
イヤー、ホントに楽しかったですよ。
写真ができたら、一層 記念になります。
ネットの人と偶然会ったら 嬉しくなりますよね。
(後で知ったのですが、伊勢さんは 事前に公表されていたのですね)

> 公に引っ張り出し、これまたお許し下さい

これまた 気になさらないでくだい
おかげで投稿出来ました。

> 私がカシミールの印刷で歩いていると、
> 「地形図を持ってください」と、言われましたね。
> 地図読みにはかなり入れ込みがおありのようですね。

ゴメンなさい「地形図買ってください」って言ったのですが
おそらく松阪には湖北は置いてないかもしれませんね。
地図読みよりも地図売りに入れ込みがありまして、すいませんです。
カシミール等が普及して便利になったはいいのですが・・・。

> > では気合いを入れ直しましょう。谷にめがけて降りる。現在地もあまり判らず、谷に捕まる事数回。3段の滝もあった。ヒヤヒヤしながら斜面トラバース。
>
> ニフティ時代の事は全く未知ですが、地図読みしているのですか?

これまた・・以前から地図読みあまりしていませんでした。

> なにか、お会いした時の印象とかけ離れてしまうのですが・・・。

印象とミスマッチがいいところでしょうか。

> > 最後に手榴弾を投げ、ドイツ軍の勢力圏からようやく脱出できた。
>
> これ、山レポですか?

すいません脚色です。シーンを思い浮かべながら登場人物になりきって歩いていたもので、
キーボードたたいているうちに脱線してしまいました。
>
> > こんな山歩きは初めてであったようで刺激を与えてしまいました。
>
> 私も、ええ加減な男ですが、きゅうのしんさんも相当なモンですな。
> (出だしの文章がうつろにみえます)

お互い相当なもん同志 宜しくブラザーズです。

 

2006/06/28(Wed) 00:17:08  [No.3062]


  Re: 若狭ブナ街道は三重唱とコンバット 投稿者:とっちゃん(こと)

きゅうのしんさん、はじめまして〜(*^_^*)


>  「では三重唱をしましょう」と言われ???

やってきましたか〜。おっちゃんトリオ合唱団?周りに人はいなかったでしょうか〜。

>  有名なご本人ですかと聞けば、思いもかけない出会いで記念写真に歓談、
> 「ではお元気で」と握手で別れた後に起こった。

お顔はHPでみておられたのかな?それとも、正夢で?

それにしても、きゅうのしんさんは、なかなかのお話作家、空想家、でいらっしゃる〜。  
読んでるうちに、ブナ林のことより、お話に引き入れられちゃいました。

ところで、下山のとらば〜Yuじゃない、とらば〜すは、地形図の破線をねらったんですか?そうだとしたら、もうふみあとはなくなっちゃってるんですね〜。

大日への道は、伊勢さんといい、きゅうのしんさんといい、あたり〜〜ってルートにはいきあたらないんかな?

2006/06/26(Mon) 23:00:07  [No.3043]


とっちゃんさん、はじめまして〜(*^_^*)

> やってきましたか〜。おっちゃんトリオ合唱団?周りに人はいなかったでしょうか〜。

 ウィーン中年合唱団でした。鳥の囀り交響曲バックに最高でした。

> >  有名なご本人ですかと聞けば、思いもかけない出会いで記念写真に歓談、
> > 「ではお元気で」と握手で別れた後に起こった。

 正確には伊勢さんが名乗られてから「あの有名なご本人様でしたか」でした。

> それにしても、きゅうのしんさんは、なかなかのお話作家、空想家、でいらっしゃる〜。  
> 読んでるうちに、ブナ林のことより、お話に引き入れられちゃいました。

すいません コースの事やブナの話はしつこいかと思い あまり触れませんでした。
書いてるうちに脱線してしまいます。


> ところで、下山のとらば〜Yuじゃない、とらば〜すは、地形図の破線をねらったんですか?そうだとしたら、もうふみあとはなくなっちゃってるんですね〜。

破線沿いに下るつもりは無く、巡視路を下るか どこかから適当に降りるか迷っていました。
2本送電線の一番間隔が広くなる張り出した尾根の手前から降りたと思います。尾根をしっかり降りればよかったのですが、いいかげんな性格がでました。結果的には破線をクロスした感じです。450〜350の間はかなり狭かったです。落ち着いて地形図しっかり見れば判りますね。
踏み跡あるなしも判りませんでした。一部それらしいのがちょっとはあったような。

> 大日への道は、伊勢さんといい、きゅうのしんさんといい、あたり〜〜ってルートにはいきあたらないんかな?

今日は若狭の山のhp見ました。いい感じですね。大日は小御影山とも言ったのですね。
「大御影」は当て字で「近江影」とも書けると思っていたのですが違っていたようです。
「近江坂」は馬引き道・・・いいですね・・・いつまでものこってほしいですし、昔の人達もブナ・花・新緑・紅葉にみとれていたのでしょうかね。

 この辺は岩篭山しか行ったことが無かったのですが最大級に見直しました。

あまり山には行かないと思いますが宜しくお願いきゅうのしん。

2006/06/28(Wed) 00:51:09  [No.3068]


ご老公様 

拙者はその昔、山日和指南役のご同道を得て、爺様のQちゃんと言う
孫と雪の小津権現や黒津山をそれは、それは、すんばらしい山行脚を
しましたぞよ
その爺様がご健在かつ御健脚とは・・・
また 御指南の程よろしくです。

    SHIGEKI

2006/06/28(Wed) 00:30:45  [No.3065]


しげき様 ご無沙汰しております
元気に遠征されていますね。

ところで私が爺さまだとすると・・・(脳がとろけて頭が混乱している)・・・・
いつぞやは美濃の山では孫がお世話になっていたようでありがとうございました・・そういえば雪の上を闊歩している写真思い出しました。(小津権現の写真はまだ手元にありますが。)

じい様も 老体に鞭打ってブナぶな街道にいってきました。
そこは滋賀の山でもあるのですね。羨ましい限りです。
私も老後?は滋賀湖北に住みたいと思うこのごろであります。

(時代設定が混乱しているきゅうのしんより)

2006/06/30(Fri) 17:47:16  [No.3086]


> 若狭ブナ街道は三重唱とコンバット

救心之助さん こんにちわ 大辺にレスが遅れましてスミマセンです
でも未だ一週間ほどしか経ってない

パソが各駅停車 ローカルなものですから チョット野暮用してると
ページから消えて過去ログに成っちゃうの 

> 「では三重唱をしましょう」と言われ???
> 有名なご本人ですかと聞けば、思いもかけない出会いで記念写真に歓談、
「ではお元気で」と握手で別れた後に起こった。

かなりのMマンですね
大垣の取引先の某店長さんの手前で 品が上がったのか下がったのか微妙なところかな(^^)

> 店長氏も初めての山域で期待が大きそう。

何たって初めての茶屋に揚がるのは ドキドキワクワク感が有りますものね
期待は裏切らなくて良かったです

> では気合いを入れ直しましょう。店長氏が積極的というか興味津々で装備完了。鉄塔何本目からか谷にめがけて降りる。

冒険ゴッコは幾つに成っても楽しいな 
ゴッコ遊びは強いの弱いの混ざって 大勢ですると尚楽しいですよね

> 戦争ドラマの「コンバット」を思い浮かべながら進む。ここはドイツ軍の占領地である。「小隊長、突っ込んできます」「待て軍曹」「ここで援護しろ」「よし!続け!」「谷の下に敵が隠れてるぞ」「地雷に気をつけろ」「カービー銃を貸せ」「ここで休憩だ」「出発は○時○分」「タバコ吸わせてくれ」

気持が高揚して山のケモノ仲間に成った気分ですね(^^)
ときたまにお出かけくださいです

            緑水

2006/06/30(Fri) 13:21:54  [No.3082]


緑水さん こんばんは
気になさって戴きましてこちらこそ済みません。
>
> パソが各駅停車 ローカルなものですから チョット野暮用してると
> ページから消えて過去ログに成っちゃうの 

 こちらもいまだダイヤルアップ式で電話代アップアップしていきそうです
6月分いくら請求来るかな?
>
> > 「では三重唱をしま
> 「ではお元気で」と握手で別れた後に起こった。
>
> かなりのMマンですね
> 大垣の取引先の某店長さんの手前で 品が上がったのか下がったのか微妙なところかな

 本人も楽しんでおられたようなので さしずめ珍ハイキングの山行としておきましょうか。

> 何たって初めての茶屋に揚がるのは ドキドキワクワク感が有りますものね
> 期待は裏切らなくて良かったです

 最近整備された横山岳東尾根よりも良かったそうです。
 樹林景色もごっこ遊びも出会いも 全て強烈だったようで
 何度も「今までに無い山歩きで楽しかった」言ってられました。
 ごっこ遊びは大勢でやると良いのでしたか。

> 気持が高揚して山のケモノ仲間に成った気分ですね(^^)
> ときたまにお出かけくださいです

 けもの気分まではなかなか悟れませんが、手つかず大自然の中のホンの一部分でも
かじれたかと思っています。
半年ぶりの山歩きは体力も鈍っているかと思えば、
そうでもなく感覚も鈍っておりませんで 良かったです。

2006/07/01(Sat) 22:34:10  [No.3104]


きゅうのしんどの こんにちは

びっくり山旅でしたね。
お忍びのはずが、白日のもとにさらされて、
最近、何が起こるかわかりませんから、怖いですねえ。
尚、お忍びのときは、頭巾をお召しくだされ。
それにしても、またひとり、異界の業にひきずり込んでしまったのですね。

よい山旅を!
                                   洞吹(どうすい)

2006/06/30(Fri) 16:13:57  [No.3084]


  洞吹さん こんばんは

 去年の今頃も久々の山に行き、その時は樹林の緑が数日間 頭に残っていましたが、
今回は、今日で1週間経ちましたが、自分の中では樹林の印象よりも、わずか1時間位の下山の印象が強く残っています。でパソコンでは出会いが強調され、このイメージが湧いてきます。
 
 で今日やっと写真が出来上がり、樹林の表情を再確認しております。
でもブナが良すぎて 他の木々が目立たず そちらの方にも目を向ける奇特な方はいないでしょうか?。
 また伊勢さんとの写真もあり、これは出会いに高揚された伊勢さんの表情が蘇ってきました。

 今度は樹林を目的に、また誰か誘って行ってみたい所でした。

所で昔話ですが、お参りの土産に煎餅や饅頭などありましたが、
当時小さかった私には、何とか印のチョコボールの味が忘れられません。
甘いというか珍味というか・・・。何処かに売ってないかな?。

2006/07/01(Sat) 23:27:57  [No.3105]


きゅうのしんさん、こんにちは
超遅レスで申し訳ないです。

ブナ街道、楽しい道中だったようですね。ご一緒された方も早くもきゅうのしんワールド・YABUワールドの虜になられたのでは。よいですね。出会いは世界を広める。

ここに行かなければ南宮山に来られていたということ。西と東から山頂を目指しどこかでお会いしていたのかも知れないのですね。そして、「やあ、やあ、我こそは…」などと名乗りをあげていたのかなあ。そして一献。
いずれにしてもきゅうのしんさんはこの日YABUメンバーに会う運命だったんですよ。なんとなく不思議な感じです。

いつか名乗りをあげられる日を楽しみにしてます。

            Tsutomu

2006/07/02(Sun) 18:57:35  [No.3110]


tsutomuさんにまでコメントを戴いてしまい済みません。
私も皆さんにコメントださないといけないな・・・。

そうですね 運命だったのですね。
今年初めてと言って良い山行だったのにお会いできて幸運でした。
一緒に写した写真が出来上がり
伊勢さんとも もっとゆっくりしてくればよかったと後悔しているところです。
コースを紹介していただいた方に感謝、同行者に感謝、家族に感謝、皆様に感謝です。

2006/07/02(Sun) 23:16:55  [No.3119]


掲示板に戻る