一括表示

  三国川から・・・ 投稿者:長谷川雅俊
三国川から・・・ (画像サイズ: 600×400 82kB)

 この時期、雨を心配しながら何処へ行こうか考える。
雨なら多志田から孫太尾根、曇りなら三国川から三国、烏帽子周遊・・・
何と無く天気がもちそうなので、篠立へと21:55出発。
 毎度の事だが暗闇の集落、長楽寺への入り口が解からず、アッチへフラフラ、コッチへフラフラ・・・ようやく見つけ出し、こんな道、車が通れるのかしらん、という程の狭い道を抜け、23:30、長楽寺に到着。残念ながら篠立林道には鎖がかかっている、最も車で入ったとしても、この時期、大雨になれば落石で帰れなくなるので、お寺の駐車場で仮眠する事とする。
 
 0:10、御就寝、三時起床、3:37、出発。暗闇の中、ヘッドライトを点けて歩き出す。途中、樹林帯の中で何かがぽっと明るくなる。最初、動物の目が光るのかと思ったのだが、上の方でも光る・・・いくら寺のそばでもまさか人魂ではないのに、と、思ったが、どうやら蛍のようだ。数えてみると、十個以上の光が点いたり消えたりしている・・・さすが山の中、町のネオンの光と違って中々高尚だわい、と思いながら歩くが、もし、今ここに絶世の美女が現れて「お兄さん、寄ってかない?」何て誘われたら果たして断る勇気があるだろうか?・・・などと、とろくさい事を考えながら歩く。
 
 しだいに夜が明けてきて、鳥が泣き出す、この時間が山の中が一番騒々しくなる頃だ。4:23、林道が二股になり、左のゲートのある方へ降りて、三国川に4:31、到着。
 
 さてこれからどう行くか考える、最初に烏帽子に登って三国から降りる場合、もし雨が降って川が増水したら帰れなくなる。三国から登って烏帽子からタカンス谷を降りるとすれば、もし雨が降った場合、谷をやめて尾根通しでクルソンから篠立へ降りればよいのでこちらに決定。
 
 登りのルートは、南谷で篠立鞍掛峠が一般的だが、藪が物凄いので、南谷左岸尾根で三国岳最高点へ行く事にする。この尾根は以前、秋に降りた事があるのだが、あまりの素晴らしさに一度じっくりとツエルトでも張って一晩過ごしたいと思ったところだ。
 いきなりの急登で灌木に掴りながら登る、暗くてよく判らないが、どうもヒルさんがもうお出ましのようだが、とても相手はしておれない。390Mで釜跡を見る。5:36、640Mで二次林の雰囲気のよい尾根となる。6:03、740Mで斜面がヤセ尾根となり280度へ進むが、835Mですごい藪になる。この当たりはだいたい藪にはシャクナゲがあるようだ。
 そこら中ひっかけたり、匍匐前進したりしながら登るがとうとう雨が降り出す。
 895Mで藪を抜け出し、7:16、三国岳最高点に到着、オニギリを一個食べる。
 
 そのまま三国山頂を通過、烏帽子分岐へ行くがそこからはマーキングだらけ!まだ新しいマーキングだが、数メートルおきに付けられていて、この山想尾根もかなりメジャーになったようだ。こんな尾根の一本道に果たしてマーキングが必要なのだろうか?
7:40、展望のよい岩に着いたがガスで何も見えない。7:57、ヌタバに到着、この水溜りを池と呼んだらどうでしょう・・・御池ではこの池より貧相な池がたくさんあるのだが・・・(上池、山東池、空池、霧池、キハダの池・・・)。
 
 一時間程歩くと送電線の鉄塔に着く。昔、ガスの中、いきなりこの鉄塔が現れてビックリした事がある。何時の間にこんなものが!・・・地形図を見ても載っていない、こんな尾根で道に迷ったのか!それともキツネに化かされたのか・・・下山してから新しい地形図を買ったら、ちゃんと載っていました・・・皆さん、地形図は時々買い替えましょう、心臓に悪いです。
 
 そういえば、昔、烏帽子へ登りかけた処で、地元(たぶん)の林業のおじいさん(60〜70歳くらい)に道を尋ねられた事があった。まさか地元のおじいさんにこんな所で道を尋ねられるなんてビックリしたことを覚えています、あのおじいさんまだ元気かなあ?・・・たぶん今頃は天国でしょうねえ・・・
 
 9:50、烏帽子最高点に到着。三角点には寄らず、雨も降るので尾根歩きにするか迷ったのだが、ここからクルソンへ抜ける尾根はつまらないし、雨も小ぬか雨なので谷に決定。西側斜面を覗くと、ガスでよく判らない・・しかしこの当たりは何処を降りても必ずタカンス谷へ降りるので心配は無いのだが、とは言っても、ガスッた急斜面を降りるのは気持ち悪い。しばらくすると、斜面の両側が谷になり尾根芯を下るようになる。右手の谷に水流が現れる。その左右の谷が合流する所に炭焼き窯が有り、炭があたりに堆積している。高度は680M.それからは次から次へと釜跡が現れる。と、言う事は、この谷がいかに安定した谷かわかって安心して降りることが出来る。三国岳へ突き上げるオゾ谷などは、木があまり生えていなく、釜跡もほとんど無いので、雨が降れば土石流が起きるのではないかとビクビクしながら降りなくてはならない。
 
 650M位で最初の滝が現れて右岸を降りる、555Mでも滝があり、落とし口を左岸から右岸へ渡る。10:59、505M位で谷が広くなりたおやかになっつたので、ひとまず安心する。11:16、435Mで右からオゾ谷が合流、これでタカンス谷は終わり、三国川北谷と名前が変わる。この当たりの谷の雰囲気は何処かに似ているとさっきから思っていたのだが、ふと、青川の三鉱谷を思い出す。そういえば三鉱谷の下流部もこんな感じだったような・・・11:45、南谷出合、篠立林道に11:51、着。長く苦しい林道歩きに気が重いが、ヒョッとするとこの林道歩きが今回の最大の苦難かも知れない・・・長楽寺に12:58、無事御帰還、あ〜良かった!

2006/06/26(Mon) 23:28:15  [No.3045]


  Re: 三国川から・・・ 投稿者:とっちゃん(こと)

長谷川さん、こんばんは〜。

奥村さんの山では、案内役・お世話役ごくろうさまでした〜。お世話になりました。

あいかわらず、お早いお発ちですね。

明け方、鳥の鳴き声がすっごくしますね〜。前夜テント泊さんぞしますと、目覚まし時計が鳴るより、効果的。

>登りのルートは、南谷で篠立鞍掛峠が一般的だが、藪が物凄いので、南谷左岸尾根で三国岳最高点へ行く事にする。この尾根は以前、秋に降りた事があるのだが、あまりの素晴らしさに一度じっくりとツエルトでも張って一晩過ごしたいと思ったところだ。


篠立からは、三国・烏帽子方面に入ったことないので、楽しく読ませてもらいました。

秋になったら、行ってみたくなっちゃった。

2006/06/27(Tue) 21:12:15  [No.3049]


  Re: 三国川から・・・ 投稿者:長谷川雅俊
Re: 三国川から・・・ (画像サイズ: 600×400 76kB)

 とっちゃん、今晩は、 
 
 ここの秋は最高ですよー!黄葉で谷も尾根も明るく気持ちよいですし、ヒルさんがいないから・・・
 
 山日和さん、今晩は、
 
 下山して靴を脱いだら、十匹程靴下に張り付いていましたが、運悪く献血させていただけませんでした、残念!
 
 朝早く起きるコツですか・・・う〜ん、そうしなければ山行きの許可がおりないだけです(かあちゃんが早く帰らないとうるさいのです・・・)。
 
 伊勢山上住人さん、今晩は、
 
 決して、ヒルさんは好きではないのですが、入山料として、ある程度はやむおえないと思っています。
 
 舗装された道を歩くより、山の中を匍匐前進する方が、はるかに楽しいですよ!今回は久しぶりに、鉈のお世話になりました。
 
 あっ、それから、やぶこぎネットの皆さんの投稿に対して、中々コメント(書き込み)出来ませんで申し訳有りません。鈴鹿の一部の山域以外は全く知らないので、どう書き込みしてよいのかわかりません。ごめんなさい、・・・これからもよろしくね!

2006/06/28(Wed) 00:35:35  [No.3067]


  Re: 三国川から・・・ 投稿者:山日和

破地輪駆さん、こんばんは。(^^ゞ
この時期の三国岳周辺はヒルの巣窟ではないですか?
血の気が多そうですから多少の献血は平気かな?(^_-)
三国川周辺は興味のある地域ですが、大阪からはなかなか遠い・・・
この谷を中心に烏帽子、三国、焼尾とめぐるルートは考えました。(考えただけですが)
ところで3時に起きるコツを教えて下さーい。(^_^)

             山日和

2006/06/27(Tue) 21:27:44  [No.3050]


  Re: 三国川から・・・ 投稿者:伊勢山上住人  URL

長谷川雅俊さん、こんばんは。お久しぶりです。

この時期は闇夜が短い季節なので、楽しみが少ないのではないですか?

> 3:37、出発。暗闇の中、何かがぽっと光る・まさか人魂では、

私はここで一巻の終わりですわ。
とろくさい事を考えながら歩く余裕なんてありません。
ここから先には足が一歩も動いてくれないでしょう。
しかし、蛍は朝前にも光るのですか。起きて見たこと無いので知りませんでした。

> どうもヒルさんがもうお出ましのようだが、とても相手はしておれない。

「相手はしておれない」って、
「勝手に体中を這いまわしてお好きな所でチューして下さい」って事ですか?
ヒルさんにとって長谷川さんは観音菩薩みたいな人なんですね。

> ガスッた急斜面を降りるのは気持ち悪い。

暗闇もガスも見えないのは一緒と思うのですが・・・・?

> ヒョッとするとこの林道歩きが今回の最大の苦難かも知れない

匍匐前進の方が楽ですか・・・

> 無事御帰還、あ〜良かった!

今回はメガネは無事だったようですね。

                       伊勢山上住人

2006/06/27(Tue) 21:49:01  [No.3054]


  Re: 三国川から・・・ 投稿者:SHIGEKI

長谷川さん 初めまして
というか、数年前に御池岳南峰付近でお会いしました?ような気が・・・
ヒルにもめげずに突進ですか・・
かなり、献血されたのでは?
この時期、雨でも鈴鹿の山には入るのはさすがですね
また、よろしくです。

/\ ☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
  / \ 
⊂⊃⊂⊃ /\/\     SHIGA SHIGEKI,O
/ /\/\/\ ryu-un.soukyu-@iris.eonet.ne.jp
       http://www.eonet.ne.jp/~ryu-unshigeki/index.htm
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2006/06/28(Wed) 00:35:00  [No.3066]


  Re: 三国川から・・・ 投稿者: 緑水

長谷川雅俊殿 お早うござる

先日はお目に掛かり イメージの違いに落胆されたことでしょう
貴殿のお洒落な山遊戯の出で立ち 色白で甲冑装着したらヨカ男だ羨ましい姿に映りました

HPは見ていないので どんなレポが勝手に歩いてるのか知らない
チョット気になりますが しゃない事なのかなあ??? 思う

> 三時起床、3:37、出発。

今時期だと薄明るくなり 四時にも成ると灯りは要らなくなる
涼しくて鳥が鳴く やまが賑やかになる良い時間帯ですね
篠立てのホタルは有名です 迷い魂みたいで見てると不思議だ

> 今ここに絶世の美女が現れて「お兄さん、寄ってかない?」何て誘われたら果たして断る勇気があるだろうか?・・・などと、とろくさい事を考えながら歩く。

おお!嬉しいこと思いながら歩くんだ 牡鹿はこうでなくっちゃね
でも良く見なくてはダメですよ お顔ばかりじゃなく足元を確認して下さいね
薄くホタル灯なら帰れなくなるよ
 
> いきなりの急登で灌木に掴りながら登る、390Mで釜跡を見る。5:36、640Mで二次林の雰囲気のよい尾根となる。6:03、740Mで斜面がヤセ尾根となり280度へ進むが、835Mですごい藪になる。895Mで藪を抜け出し、7:16、三国岳最高点に到着、

数字登山ですね 読んでてもよく分かんない
まえに降りたことがあるが 記憶が甦らないです

> この山想尾根もかなりメジャーになったようだ。

このネーミングもメジャーに成ってるのだ 団体さんが通るものね

アンゾ谷から尾根越えて タカンス谷〜白石鉱山跡への送電コースは完全な廃道なんだ

> 高度は680M.それからは次から次へと釜跡が現れる。と、言う事は、この谷がいかに安定した谷かわかって安心して降りることが出来る。
 
> 篠立林道に11:51、着。長く苦しい林道歩きに気が重いが、ヒョッとするとこの林道歩きが今回の最大の苦難かも知れない・・・

苦難ですか Ryokuならゆっくりのエンデングに酔いながら歩くだろうな
そのまま谷を降りれば 苦難から解放されたですよ
なかなかおもしろい谷筋ですよ お試しをです

                 緑水

2006/06/28(Wed) 03:15:35  [No.3070]


  Re: 三国川から・・・ 投稿者:長谷川雅俊
Re: 三国川から・・・ (画像サイズ: 800×533 72kB)

 SHIGEKIさん、今晩は、
確かに、御池では二回お会いしていますよ、頂いた写真入りの名刺もちゃんと二枚持っていますよ。
 
 
 緑水さん、今晩は、

> 先日はお目に掛かり イメージの違いに落胆されたことでしょう 

はははは、そうですねえ、もっと厳しい方かと思っていましたが、意外と柔和でホッとしました。これからもよろしくお願いいたします。

> でも良く見なくてはダメですよ お顔ばかりじゃなく足元を確認して下さいね
> 薄くホタル灯なら帰れなくなるよ
 
あははは、小生はそちらの方は全く縁が無いですからねえ・・足がなくともO.K.かな?

> そのまま谷を降りれば 苦難から解放されたですよ
> なかなかおもしろい谷筋ですよ お試しをです

確かに、一度そのまま谷を下りたいとは思っているのですが・・・今度ヒマな時にでも降りてみようかな。                

2006/06/30(Fri) 22:41:23  [No.3093]


  Re: 三国川から・・・ 投稿者:ハリマオ
Re: 三国川から・・・ (画像サイズ: 330×271 41kB)

 山ヒルも幽霊も恐れぬ山行、感服仕りました。烏帽子・三国の縦走路は山想尾根ちゅうんですか。全然知りませんでした。某山の会の名からでしょうか。以前私は添付画像の美しい三角形を周回し、ビキニラインと命名しましたが、ごく一部の賛同者が喜んだだけで全然普及しませんでした。だいたいあんなヤブ谷から烏帽子や三国へ登ろうという人は殆どおりませんから無理もないのですが。

 私もたまには人様の投稿にコメントしたいと思いますが(思うだけですが)、長谷川さん同様鈴鹿しか知らんので、他の山域は地名すら???です。

2006/07/01(Sat) 20:10:18  [No.3101]


  Re: 三国川から・・・ 投稿者:とっちゃん(こと)

あの〜、ハリさん、こんばんは〜。

>  山ヒルも幽霊も恐れぬ山行、感服仕りました。烏帽子・三国の縦走路は山想尾根ちゅうんですか。全然知りませんでした。某山の会の名からでしょうか。

わたしも、そんな名前あるなんて、しらんかったなぁ〜。

以前私は添付画像の美しい三角形を周回し、ビキニラインと命名しましたが、ごく一部の賛同者が喜んだだけで全然普及しませんでした。

あれは、ハリさんらしい???、インパクトのある命名やったね〜。表ざたには、普及しなかったかも〜。ふむふむ、ほんまやん〜、な〜んて内心うなずいてる誰かさんがいっぱいいるかも。(^_-)-☆

>だいたいあんなヤブ谷から烏帽子や三国へ登ろうという人は殆どおりませんから無理もないのですが。

たまには、ここええやん、行ってみたいなぁ〜って、鈴鹿のほりだしもののコースも紹介してよ〜。(^^♪

>  私もたまには人様の投稿にコメントしたいと思いますが(思うだけですが)、長谷川さん同様鈴鹿しか知らんので、他の山域は地名すら???です。

たまには、知らん山域に行ったら、けっこうはまっちゃうかも〜。

雪山、ヤブコギオフ会は、美濃あたりでどうでしょう?。
え〜、まだ一回目もやってないのに、二回目の話題で、ごめんちゃい。

2006/07/02(Sun) 21:23:29  [No.3114]


掲示板に戻る