一括表示

  久しぶりに佐目子谷へ 投稿者:Jin

【日時】05/6/18(土) 多分晴れだった
【山域】鈴鹿 1/2500地図 日野東部、御在所山
【メンバ-】単独

梅雨になってからも意外と週末の天気は良い。
今日も前夜の予報で雨の確率は低い。
これは行かねばと急に思い立った佐目子谷から左岸尾根を回るコースへ向かう事にした。
ここならご無沙汰している名物のヒルも会えるだろう。

地図を見ながらイメージを描くが、どう考えても最低8時間はかかりそうだ。
アゲンギョ11時、車に15時を目安と決めた。

佐目子谷の入口に5時に到着。準備していると一台の車が到着。
竿を持っているので釣りのようだ。
写真を撮るには暗いが歩くのに何の支障もない。
少し早いが5時15分に出発する。

山道に入り少し歩いて長靴を見ると数匹のヒルが。
今日は楽しみだワクワクしてくる。
試してみようと100円均一で買った霧吹きに塩水を詰めてきた。
長靴の上の方に早速吹き付けてみる。
登ってきたヒルはそこでストップ、横にぐるぐる回るだけ。
無理して登ってきたヒルは途中で転げ落ちた。
なかなか面白い、効果もありそうだ。
以降、時々吹き付けるだけで谷歩き中、終始長靴に付いていたヒル気にする事は無かった。
ただ、時々小枝でヒルにちょっかい出して楽しんだ。

カラカラカラと小石が落ちてくる。小規模な新しい崩落だ。
少し緊張する一瞬。
1時間あまりでやっと姫ヶ滝、サルナシの実やヤマボウシの花が。
カメラを向けるがフラッシュなしではきつい。
秋なら頬張れるのに残念。

北ソブ谷を過ぎて右岸に上がる、アルミのナベや一升瓶が散らばっている。
作業小屋でもあったのだろうか。
一度谷を外れるとなかなか降りるタイミングが難しい。
そのまま踏み跡をたどり、やっと谷に降りる。

フカ谷を過ぎて長靴を見ると立派なヒルが這っている。
これはもう一つの疑問をただそうとザックから竿を取り出す。
ヒルを餌に流れに沈める。
魚がいないのか腕が悪いのかピクリともしない。
少し深い目に沈め、引き上げるとすこし重い。
小石が一緒に上がってきた。
そうだヒルに吸盤が付いていることをすっかり忘れていた。
残念これでは釣りにならない、続は次の機会にしよう。

最初の二股は右、次の三ツ股は中央と順調に進む。
その先の分岐ではたと困った。
東だ東だと言う指令に地図も出さず従う。
東向きに近かった谷は北へと向きを変えた。やっぱり間違った。
だんだん急になった谷を詰め、飛び出した所はイブネだった。
遮るものの無いこの地は溝の底と比べて圧倒的な開放感がある。
しばし見とれるのに十分な値打ちがある。

佐目峠に11時着。釣りも含めるとここまで1時間のロスだろう。
ゆっくり食事をする時間が無くなってしまった。
しかたない、アンパンを囓りながら歩くとするか。
といいながら最初はカレーパンを食べて気分だけ力を付ける

タイジョウから歩きやすい尾根を降りて、ふと左を見ると p911に続く尾根が見える。
あ〜あ、またまたやってしまった。
正規ルートに復帰したものの、とにかく暑い。
歩は急に鈍くなる。ダウンはいいけどアップはきつい。
もはやエスケープルートは無い。ひたすら歩くだけだ。

カクレグラを過ぎると後は下降のみ。
途中から中部電力の巡視路に入り、15:15車まで帰った。
流石にこんなアホルート、誰にも会わず静かなものだった。
しかしアゲンギョからの尾根道はとにかく暑く長く辛かった。

長靴に塩水はコストもかからずお気に入りの一品となった。
ここ数年噛まれたことは無いが数匹は長靴の中に入っているのが常だった。ところが今回は全く進入した形跡がなかった。
多分効いたのだろう、そう思っておこう。
Jin

2005/06/19(Sun) 09:56:23  [No.323]


Jinさん、お久し振りです。

> 山道に入り少し歩いて長靴を見ると数匹のヒルが。
> 今日は楽しみだワクワクしてくる。

ヒルがお好きのようで。山の仲間ですからね。忌み嫌っているだけではね(^_^;)

> 試してみようと100円均一で買った霧吹きに塩水を詰めてきた。
> 長靴の上の方に早速吹き付けてみる。
> 登ってきたヒルはそこでストップ、横にぐるぐる回るだけ。
> 無理して登ってきたヒルは途中で転げ落ちた。
> なかなか面白い、効果もありそうだ。

ほおー。なかなか効くもんですねー。
私はもっぱらディートの防虫スプレーです。でも塩水の方がコストパフォーマンスが高いですね。(^_^)

> これはもう一つの疑問をただそうとザックから竿を取り出す。
> ヒルを餌に流れに沈める。

こりゃまた聞いたことのない試み。すごい好奇心ですなー。

> タイジョウから歩きやすい尾根を降りて、ふと左を見ると p911に続く尾根が見える。

ここは歩きやすいところを行くと間違いですね。下り口は少々分かり辛い。

> 流石にこんなアホルート、誰にも会わず静かなものだった。

いやいや、なかなかいいコース取り。実は数年前に初めて佐目子谷へ行った時同じようなルートを
辿りました。ただ10月だったので最後は日没となりルートが分からず樋ノ谷へ下りて佐目へ出てし
まいました。(真っ暗でどこをどこへ下りているのかわかりませんでしたが、巡視路の黄色い標識を
見て「助かったー」とホッとしたことを思い出します。)

> 長靴に塩水はコストもかからずお気に入りの一品となった。

長靴は不安定そうでどうも苦手ですが、塩水はぜひ採り入れてみたいですね。

                      山日和

2005/06/19(Sun) 20:15:18  [No.324]


山日和さんおはようございます
>
> ヒルがお好きのようで。山の仲間ですからね。忌み嫌っているだけではね(^_^;)
>
雨上がりのカクレグラでそれはもう沢山のヒルと出逢って、お腹といい背中といい、かなり噛まれました。それ以来少々のヒルには驚きません。
>
> こりゃまた聞いたことのない試み。すごい好奇心ですなー。
>
底に着くと手当たり次第にくっつくようで今回は失敗でした。
>
> 長靴は不安定そうでどうも苦手ですが、塩水はぜひ採り入れてみたいですね。
>
長靴は本格的な登山には不向きだと思います。でも沢が絡むと登山靴より滑らなくはるかに安全かと思います。
なにより安いのと手入れ不要が気に入っています。
             Jin

2005/06/20(Mon) 05:33:07  [No.326]


Jinさん ご無沙汰です。
お得意のの早い出発と長いルート、健在ですね。
ヒルに塩水噴霧はなかなかのようで・・
しかし、ゴム長とのマッチングが必須ですかねえ
そうそう、ヒルを餌に釣りは当方も以前から
気になってましたが、何せ、あやつをつまんで
針にかけるのが嫌で・・
また、独特の山行 アップ期待してます。
こちらもやっと、一番安いGPS入手してトラックの記録
と帰宅後の確認を楽しみにしてます。
また、よろしくです。

   SHIGEKI

2005/06/19(Sun) 21:20:39  [No.325]


SHIGEKIさんご無沙汰しています。

> お得意のの早い出発と長いルート、健在ですね。

いや思った以上に長丁場でした。

> しかし、ゴム長とのマッチングが必須ですかねえ

そうですね。安物でないと塩水を吹き付けるのに躊躇します。

> こちらもやっと、一番安いGPS入手してトラックの記録
> と帰宅後の確認を楽しみにしてます。

それは良いですね。
私は毎回ルートを間違えるので特に楽しみです。
しかし学習能力がないので次に全く生かせません。

           Jin

2005/06/20(Mon) 05:48:40  [No.327]


Jinさん、お久しぶりです。

フォーラムを開いたら、じんさんのRPがあってとっても嬉しかったです。

>佐目子谷は、前に3人で、佐目峠に向かって歩いたので、思い出ふかい谷です。

相変わらず、Jinさんらしいロングコースですね。
こちらは、タイジョウから、鉄橋のあたりに下ってしまいましたが、カクレグラまで行かれたんですね。

>長靴に塩水はコストもかからずお気に入りの一品となった。

いいおもいつきですね。また試してみま〜す。

次もまた、JinさんのRPが見られるといいなぁ〜。

2005/06/20(Mon) 21:15:28  [No.332]


tottyann ご無沙汰しています。

元気でご活躍の様子、嬉しい限りです。

> フォーラムを開いたら、じんさんのRPがあってとっても嬉しかったです。

人に会わない変な藪ばかり歩き、人様にお見せできるものがほとんどありません。

> >佐目子谷は、前に3人で、佐目峠に向かって歩いたので、思い出ふかい谷です。
> 相変わらず、Jinさんらしいロングコースですね。

カシミールで確認するとイブネまで8km、800mの登りでした。だらだら登ったせいか思った以上に距離感がありました。

> いいおもいつきですね。また試してみま〜す。

長靴に付いたヒルにさ〜どうすると観察するのも結構面白いです。
               Jin

2005/06/21(Tue) 23:28:22  [No.335]


おはようさんです、お久しぶりですね 
相変わらずの強脚は読んでいても惚れ惚れします

> ここならご無沙汰している名物のヒルも会えるだろう。
> 地図を見ながらイメージを描くが、どう考えても最低8時間はかかりそうだ。
> アゲンギョ11時、車に15時を目安と決めた。

イメージングして決めた!!そしてそのとうりにする、出来きた”好いですね。
皆が忌み嫌うヒル様に、心ウキウキとは悟りの境地なのでしょうなあ(^^)

> 登ってきたヒルはそこでストップ、横にぐるぐる回るだけ。
> 無理して登ってきたヒルは途中で転げ落ちた。
> なかなか面白い、効果もありそうだ。

抜群の効果のようで、是は特許ものですね。
長靴の腹に帯状の溝を取り付け、塩水を入れ零さずに歩くってのはどうですか??

> 少し深い目に沈め、引き上げるとすこし重い。
> 小石が一緒に上がってきた。
> そうだヒルに吸盤が付いていることをすっかり忘れていた。

え〜っ〜眉毛に唾かな、
ヒル様も上げられ無いように石にしがみついてたか。検証の価値ありだ、やってみようかな。
楽しいレポありがとうでした。

             緑水。

2005/06/22(Wed) 02:11:51  [No.337]


緑水さん おはようございます。ご無沙汰しています。

> 皆が忌み嫌うヒル様に、心ウキウキとは悟りの境地なのでしょうなあ(^^)

嫌ってばかりでは山の楽しみが半減します。少しでも楽しみに変えようと観察しています。

> え〜っ〜眉毛に唾かな、
> ヒル様も上げられ無いように石にしがみついてたか。検証の価値ありだ、やってみようかな。

そうなんです。すぐそこら中のものにくっつき、小石や小枝が釣れます。あれだけ沢山いるんだからイワナが食べないはずは無いと思っているのですが。

            Jin

2005/06/23(Thu) 05:43:59  [No.343]


掲示板に戻る