一括表示

  【台高】木梶山 投稿者:柳川洞吹

【山 域】 台高北部 木梶山周辺
【日 時】 2006/7/29(土)
【天 候】 晴ときどき曇り
【メンバー】 単独
【コース】 木梶林道駐車地8:50---904m標高点9:25/9:30---木原谷二俣9:45
---昼食展望地11:10/12:20---1316m標高点「馬駈ヶ場」12:25
---木梶山13:00/13:05---登山口13:25---駐車地14:00

木梶林道の途中にクルマを置いて歩いていると、後から四駆車が来て横に止まった。
二人連れの登山者のようで、「よかったら乗って行きませんか」とお誘いを受けたが、
「ありがとうございます。せっかくですが、歩きたいので。」と丁重に辞退する。
世知辛い世の中だが、まだ心優しい人たちがいる。

10分ほどで小屋跡の広場に止まっている彼等を追い越し、林道を奥へと進む。
904m標高点の地蔵谷出合いを過ぎてしばらくすると、
左に小尾根があって「木梶山登山口」の標識が立てられていた。
帰りはここに降りてくる予定だ。

そのまま先に進むと、林道はすぐ終点になり、そこからは川に添って歩く。
右岸が詰まってきたので左岸に渡ると、すぐ二俣に着いた。

ここから二俣の間の尾根を登る。
尾根は最初は急だが、うまくジグザグに登る古い道型がある。
明るい尾根は涼風が吹き抜けていて、なかなか気持ちがいい。
しばらく登ると、道はca970mで左俣の左岸に水平道となって続いていた。
一息入れる。
この道はどこに続いているのか興味が湧くが、今日はそのまま尾根を登る。

尾根は、斜面とコバを繰り返しながらだんだん高度を上げていく。
尾根の左斜面が自然林で、右斜面の植林はあまり気にならなかったのだが、
途中の平坦部から尾根芯に植林がかぶさってきて、
伐木が転がっていたりして、ちょっと歩きにくくなった。

少しの間、面白くない感じだったが、
ca1090mで次の斜面に変わると、
「待ってました」という感じで一面がブナとヒメシャラの林となった。
下生えは全く無く、どこでも気持ちよく登って行ける。
どういうわけか、今日は涼しい風がけっこう強く吹いているので、汗もすぐ乾いて助かる。

Ca1200mピークを過ぎると一旦少し下り、ブナの美しいコルに着いた。
いい雰囲気のコルだ。
この先、尾根が山腹に吸い込まれるような面白い地形を登る。

小ピークを過ぎ、稜線への最後の登りにかかると、樹林が途切れ展望が広がった。
木梶山と、木原谷の源流をぐるっと取り巻いて木梶山に続く尾根、
そして、でーんと聳える台高北部の盟主高見山、それに連なる三峰山。
その稜線の奥に見える怪異な山容の山は倶留尊山かな。
ずっと右にはツンと尖った局ヶ岳など、台高北端〜室生の山々が一望できる。

ここが本日一番の展望地だろう。
ちょっと早めだが、日陰だし、涼しい風も吹いて気持ちのいいこの草地で昼食にする。
今日は、とろろ蕎麦だ。
コンビニで買った、ツユととろろを掛けるだけの簡単なやつだが、
冷えたビールにこいつがうまい。

しかし、えらく涼しい風がずっと吹き続けている。
それも冷蔵庫から吹き出してきたような冷たい風だ。
いったいどうしたというのだろう。
ずっとそれに吹かれていると、すごく寒くなってきた。
身体が凍えそうになったところで出発。

すぐ稜線に達し、ちょうど1316m標高点で、「馬駈ヶ場」の標識があるところに出た。
ここから台高北部縦走路に出て少し南へ行ったところにも「馬駈ヶ場」と呼ばれるところがあるが、
そちらは「本家・馬駈ヶ場」で、ここが「元祖・馬駈ヶ場」だ。
また、ここから東へ少し行ったところには「総本家・馬駈ヶ場」があるという噂だ。

稜線上ははっきりとした道があり、すぐ木梶山へ続く尾根の分岐に着いた。
この尾根は、ところどころ草地になっていて展望が良く、木原谷の源流域を俯瞰できる。
冷たい風は相変わらずゴウゴウと吹き続けていた。

源流をぐるりと取り巻く尾根を辿ると、木梶山に着いた。
ここは樹林の中で展望はないが、しっとりと落ち着いた雰囲気の山頂だ。
三角点の標石に腰を掛けて休んでいると、同じ方向から朝の四駆車の二人組が追いついてきた。
地蔵谷出合いから赤ゾレ山への尾根を登られたそうだ。
挨拶して先行する。

ここから先はテープがベタ張りだった。
歩きやすい道なので小走りに歩いていると、
最後は植林の小尾根を急降下して、あっけなく林道へ降り着いた。

                                   洞吹(どうすい)

2006/08/03(Thu) 19:07:31  [No.3273]


  Re: 【台高】木梶山 投稿者:SHIGEKI  URL

洞吹さん  こんばんは

この春狙ってましたが、夏になってしまい、
また、秋に延びました

秋には、そのままなぞらせてもらいます。

この盛夏に涼しい風・・何と寒くなったとは

この日、私はあの モジキ谷で寒い寒い思いを・・・

盆までに、もうひと谷をと思ってますが

どうなることやら

  また よろしく

     SHIGEKI

2006/08/03(Thu) 22:11:30  [No.3277]


  Re: 【台高】木梶山 投稿者:柳川洞吹

SHIGEKIさん こんばんは

> この盛夏に涼しい風・・何と寒くなったとは

びっくりするほど冷たい風でしたよ。

> この日、私はあの モジキ谷で寒い寒い思いを・・・

なんでっしゃろ?

> 盆までに、もうひと谷をと思ってますが

本格的に暑くなってきましたね。
わたしゃ、ぼちぼちやりますわ。

良い山旅を!
                                 洞吹(どうすい)

2006/08/04(Fri) 18:05:52  [No.3286]


  Re: 【台高】木梶山 投稿者:山日和

洞吹さん、こんばんは。
あまりの暑さにナメクジのように溶けたのかと思ってました。(^^ゞ

2週続けて横谷川とは思いませんでしたよ。雲谷山をはさんで反対側にいたんですね。
桃源郷でゆっくりと静養されたようでなによりでした。(^_^)

己高山、懐かしいですね。あの時は腰痛のリハビリで結構苦しいラッセルだった記憶があります。
あの時に洞吹さんとの沈み方の差を痛感してアルミワカンに買い換える決心をしたのでした。

木原谷のこの尾根は昨年の12月、強風のため敗退した尾根ですね。顔に吹きつける雪つ
ぶてにたまらず稜線手前で断念しました。
天気がよければいいだろうな。しばらく行ってないのでまた行きたくなりました。

                山日和

2006/08/04(Fri) 00:58:03  [No.3284]


  Re: 【台高】木梶山 投稿者:柳川洞吹

山日和さん こんばんは

> あまりの暑さにナメクジのように溶けたのかと思ってました。(^^ゞ

ナメクジはワシではありません。
あのヒトです。

> 2週続けて横谷川とは思いませんでしたよ。雲谷山をはさんで反対側にいたんですね。
> 桃源郷でゆっくりと静養されたようでなによりでした。(^_^)

ほんとにゆっくりできました。
静かでいいとこですね。

> 己高山、懐かしいですね。あの時は腰痛のリハビリで結構苦しいラッセルだった記憶があります。

腰が痛かったのですか。
なんであの山へ行くことになったのかも、覚えていないのですが、
どこかがダメで、その替わりに行ったんでしたね。

> 木原谷のこの尾根は昨年の12月、強風のため敗退した尾根ですね。顔に吹きつける雪つ
> ぶてにたまらず稜線手前で断念しました。

きっとあそこは風が強いところなんでしょうかね。
なかなかいいところでしたよ。

良い山旅を!
                                  洞吹(どうすい)

2006/08/04(Fri) 18:11:31  [No.3287]


  Re: 【台高】木梶山 投稿者:伊勢山上住人  URL

洞吹さん、こんばんは。

木原谷にみえたのですね。これは一言書かなくては。

> ここから二俣の間の尾根を登る。

SHIGEKIさん、ここは尾根を登らずに左の谷に入ってください。
靴を濡らさずに谷芯を歩けます。いい谷ですよ。

> Ca1200mピーク

に適当な所から登ってください。

> 少しの間、面白くない感じだった

思いをしなくて済むと思います。

> この先、尾根が山腹に吸い込まれるような面白い地形を登る。

初めてここを降った時、霧に巻かれ、この山腹から痩せ尾根に降り立つことが出来ませんでした。

> 稜線上ははっきりとした道があり、すぐ木梶山へ続く尾根の分岐に着いた。

稜線上を外すと結構趣のある樹に出会えますよ。
書きたいのですが表現が難しいので、9月10日に話します。

> ここから先はテープがベタ張りだった。

??? 洞吹さんが腹を立てていないですね ???
私はテープの巻いてある隣の木に新たにテープを巻く人に我慢がならないのですが・・・。

                     伊勢山上住人

2006/08/04(Fri) 22:21:38  [No.3290]


  Re: 【台高】木梶山 投稿者:柳川洞吹

伊勢山上住人さん こんばんは

伊勢さんのフィールドにおじゃましました。

> SHIGEKIさん、ここは尾根を登らずに左の谷に入ってください。
> 靴を濡らさずに谷芯を歩けます。いい谷ですよ。

私も次はそうしてみましょう。
それに、途中にあった杣道の水平道も興味駸々です。

> 初めてここを降った時、霧に巻かれ、この山腹から痩せ尾根に降り立つことが出来ませんでした。

そうですね。
ここの下りは、視界がないと尾根に乗るのが難しいでしょうね。
私もここを登りながら、下りのことを考えていました。

> 稜線上を外すと結構趣のある樹に出会えますよ。
> 書きたいのですが表現が難しいので、9月10日に話します。

楽しみにしています。

> > ここから先はテープがベタ張りだった。
> ??? 洞吹さんが腹を立てていないですね ???
> 私はテープの巻いてある隣の木に新たにテープを巻く人に我慢がならないのですが・・・。

腹の立つテープと立たないテープ、
許せるテープと許せないテープ、
心情的にも、状況的にも、いろいろありますね。
ちょっとだけテープ論をさせてください。

風に叩かれると細かく裂けて見苦しくなる、荷造り用の平形ポリ紐はダメですね。
あれがヒラヒラしてると、気が狂いそうになります。
ビニール系のテープでも、タラーンと垂れてるやつはダメ。
ビニールの粘着テープがきちっと巻きつけてあるのは、木の成長にはあまりよくないけど、
まだ精神的には安らかでいられます。
しかし、どちらにせよ、続けざまに付けられているのは、いただけませんね。

道のないバリエーションルートなら、
自分でルートを探す楽しみを奪うようなテープは、ただひとつもあってほしくないですし、
場合によっては、全部排除してしまうこともあります。

でも、道のある場所で、一般登山道になっているようなところは、
目障りなだけで、テープがあろうが無かろうが、ただ道を歩けばいいだけですから、
勝手にしなはれ……と、半分あきらめの境地で歩きます。
道をふみはずせというほうが難しいような、はっきりした道のあるところに、
テープを取り付ける神経は理解できませんが、
テープはずしてる時間がもったいないですから。

しかし、テープを全面否定するわけではありませんよ。
ルート探しが面倒くさくなったときなど、テープを参考にして進むこともありますから。
あくまで参考ですけど。

好ましいテープのあり方は、こんなイメージがあるのです。
踏み跡のない細い尾根を下っていると、地形図に表現されていない尾根の分岐があった。
微妙な角度の分岐で、コンパスを振っても、どっちも正解のように思える。
樹林の尾根なので、先の様子はわからない。
さあどっちへ進もうか。
あとはカンで決断するしかない。
そのとき、一方の尾根のやや下方に、
「わかる人にはわかる」という風情で、
赤いビニールテープが、木の枝に遠慮がちにひと巻きしてあるのが目に入る。
テープは……ただそれひとつだけ。
「おぬし、なかなかやるのう。」と、ニヤリと笑う。
これこそ、オトナの美学だと思いませんか。

よい山旅を!
                               洞吹(どうすい)

2006/08/06(Sun) 00:07:27  [No.3292]


掲示板に戻る